転職×天職 > 金融の転職求人特集 > 個人営業の転職研究室 > 個人営業の転職座談会 その1

金融転職 座談会 転職にまつわるエトセトラ
金融転職座談会 職種にまつわるエトセトラ
その他の職種を読む
個人営業にまつわるエトセトラ 〜個人営業で失敗しない為に〜
個人営業(リテール)は法人営業と並んで金融機関の活動の根幹を支える職種である。具体的な職務内容は銀行・証券・保険・ノンバンクといった業界ごとで細かく分類されるため一概に「これが営業」ということは出来ないが、例えば銀行の個人営業であれば、従来から行われていた預金の獲得(特に定期預金)といったものだけでなく、そこから派生して、現在では投資信託・国債・外貨などの金融商品の販売や運用のアドバイスや、住宅ローンなどの個人ローンの販売などへと移りつつある。
個人営業における転職状況は、バブル崩壊後から長く続いていた低迷期をようやく脱しつつある状況で、つい先日も日系大手の銀行が、100人単位の増員を発表したばかりである。こういった状況を受けて、金融業界への転職を考える人の数も増えてきているが、そこに落とし穴はないのだろうか。金融業界を専門とするキャリアコンサルタントに話を聞いた。
つい先日も日系大手の銀行がリテールの増員を発表したように、バブル崩壊後の長い低迷期をようやく脱しつつあるようですね。これを機に金融業界への転職を考えられている方も多くいらっしゃるかと思いますが、銀行や証券などの業界を問わず、金融業界全体というところで見て、何か共通した採用条件は見られますか?
A 氏: そうですね…。金融業界というとかなり広いくくり方にはなってしまいますが、求められる人物像というところでは共通したものが見られますね。具体的には「誠実さ・真面目さ」、「顧客の立場に立って物事を考えられる」、「探究心旺盛」といったことが挙げられます。
それらの要素が求められる理由はどういったところにあるでしょうか?
B氏: 誠実さや真面目さといったところは、他の業界と比べても金融業界では特に求められるのではないでしょうか。富裕層や経営層といった人々と仕事をしていく上では、ビジネスパーソンとして非常に大事なところですからね。また、探究心旺盛というところでは、近年特にそうなんですが、金融商品の新規投入や導入のスピードが速く、営業をする側にも勉強熱心な姿勢が求められますからね。
C氏: 自分の業界だけの商品知識では営業ができませんからね。また、「顧客の立場で物事を考えられる」ということも、営業をされる方には欠かせない要素ですよね。トップセールスを上げられた方にお話を伺うと、やはり口を揃えて「お客様第一主義を徹底していた」ということをおっしゃいますからね。やはり長い間良い成績を上げるには場当たり的な営業では通用しないようです。
A氏: 転職活動をされる際には、これらのことを上手に面接の時の話の中に盛り込んでいくことが求められますね。サービスの向上が重視される時代ですから、企業の側も売った者勝ちだと考えるような無責任な営業は求めていませんからね。面接の際に具体的な数字を出すと共に、何を考えて営業をされていたか、というところも併せてアピールされると良いでしょう。こういった点は他業界から転職される方も大いにアピールできるはずですよ。
1/3 1 | 23続きを読む→