転職×天職 >  医療機器の転職・求人 >  医療機器 臨床開発の転職・求人

外資・日系の医療機器メーカーの求人を網羅 医療機器 臨床開発の転職・求人

臨床開発職の採用意欲は各社とも高どまり。パイプライン豊富な企業、年収アップなど、希望どおりの転職を実現。

医療機器 臨床開発職の求人動向

国内での臨床試験増加に伴い、
臨床開発職の必要性も高まる

医療機器の臨床開発職は、ここ数年、企業の採用ニーズが高まっているポジションです。

以前は海外で製造された機器の場合、海外で先に販売され、使用実績が多数あるため、日本国内への導入時には臨床試験が必要ないケースが大半でした。

しかし、医薬品におけるドラッグ・ラグと同様、日本では最先端の医療機器が使用できないというデバイス・ラグが問題視されるようになり、現在では海外と同時発売が目指されるようになってきています。

そのため、これまでであれば海外での治験データを集めて厚生労働省に申請すればよかったものが、海外での実証データが無いため、国内で臨床試験を行う必要が出てきているのです。これに伴って、臨床開発職の重要性が高まってきています。

医薬品の臨床開発モニターを含め、求人ニーズは高い

医療機器の臨床開発経験者を求める求人は各社で出ています。「将来性ある製品に携わりたい」「待遇アップしたい」という方は、今なら幅広い企業から求人を選ぶことが可能です。
また、医薬品の臨床開発に関わった方も歓迎されます。製薬メーカーのモニターはもちろん、CROでのCRAご経験者も高く評価されますので、詳しい話を聞いてみたいという方は無料転職サポートにお気軽にお問い合わせ下さい。

医療機器メーカーの臨床開発の仕事

医療機器メーカーの臨床開発職は、臨床試験全体のマネジメントを担当します。治験計画書(プロトコール)の立案、申請業務、CROの対応、医療機関での臨床立会いなどが含まれます。
医薬品と比較したときの、医療機器の臨床開発職のメリットとしては以下3点が挙げられます。

医療機器 臨床開発のメリット

[1] プロトコール作成に関われる
医療機器メーカーでは臨床開発担当者としてプロトコール作成に携わることができます。実施施設とドクターを選定し、いかに少ない症例数で申請を通せるかが臨床開発担当者の腕の見せ所です。

「CROではなく、製薬メ ーカーで経験を積みたい」という臨床開発モニター(CRA)の方は多くいらっしゃいます。しかし、現在のところ、製薬メーカーからCROのモニターが応募可能な求人が出るのはごく稀です。

ですから、一旦医療機器メーカーでプロトコール作成やCROなどとの仕事の進め方といった実務経験を積んだうえで、タイミングをみて製薬メーカーに転職する、というのも1つの手といえます。

[2] 臨床試験全体を見渡しつつ、場数を踏める
医療機器の臨床開発の場合、CROと連携してモニタリングのオペレーションを行うだけでなく、臨床試験全体の設計やコーディネートができる点も魅力です。プロトコールの企画にとどまらず、承認申請の最初から最後まで幅広い仕事に関わることができます。

また、医療機器の治験は1〜2年スパンと短期間なのも特徴です。そのため、多くの臨床試験に立ち会うことが可能です。純粋に多くの経験が積めるという面白さがあるとともに、場数を踏むことで実務知識を高めることができるというメリットがあります。

[3] 製品化に立ち会える可能性が高い
医薬品の場合、治験の途中に副作用が発生するなどしてプロジェクトが中止になったり、申請が承認されなかったりして上市にたどり着かないケースも少なくありません。その点、医療機器は医薬品に比べて承認にこぎ着く割合が高いため、担当機器が製品化される可能性も高くなります。

業務にあたって求められる厳密さという点では医薬品のほうが上かもしれませんが、製品の上市に関われるのはやはり嬉しいもの。「自分が世に出した製品を見たい」という方は医療機器も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

今なら、医療機器、医薬品ともに、臨床開発職経験者は引く手あまた。
「どんな求人があるか見たい」という方はお気軽にお問い合わせ下さい。

安定企業、将来性、待遇アップ・・・医療機器  臨床開発の転職なら、転職×天職の無料転職サポート

転職×天職は、外資・日系の大手機器メーカーから、ニッチな領域では世界的に有名な中堅企業、再生医療などのベンチャー企業まで幅広い企業の求人を網羅
運営する株式会社クイック(東証一部上場)は設立30年の人材サービス企業ですので、求人や企業の情報が入手しづらい医療機器業界において、ご希望にマッチした求人紹介・豊富な情報提供による最適な転職支援を提供しています。

無料転職サポートへのお申し込みはこちらから

無料天職サポートを利用する