転職×天職 >  医療機器の転職・求人 >  医療機器 サービスエンジニアの転職・求人

外資・日系の医療機器メーカーの求人を網羅 医療機器 サービスエンジニアの転職・求人

業界経験者はもちろん、他業界でのメンテナンス経験をお持ちの方でもチャレンジ可能な求人多数。安定企業、大手メーカー、年収アップなど、希望どおりの転職を実現。

医療機器 サービスエンジニアの業務内容

製品によって異なる、サービスエンジニアの仕事

医療機器の点検・メンテナンスを行うサービスエンジニアは、担当機器の大きさによってその業務内容が異なります。
医療機器のなかでも、注射器やカテーテルのようにディスポーザブル(使い捨て)のものは修理の必要がありませんから、サービスエンジニアの仕事もありません。しかし、図のような大型〜中型機器の場合、サービスエンジニアの役割は重要です。

大型機器 MRI、CTスキャン、エコーなど画像診断装置 中型機器 人工呼吸器
麻酔器
放射線治療装置 心電図・生体情報モニタ
人工心肺装置 マンモグラフィー

高額な大型機器の場合、頻繁な買い替えは発生しませんから定期的なメンテナンスが不可欠です。また、容易に動かせるものでもないので、サービスエンジニアが客先に出向き、点検・修理を行います。そのため、フィールドサービスエンジニアと呼ぶ場合もあります。

大型医療機器を扱うメーカーにとって、装置自体の販売で利益を上げるのはもちろんですが、販売後の導入・設置、据付・稼働試験、保守・メンテナンス、パーツ交換を行うなかで継続的に利益を上げることも重要です。装置を安定的に稼働させることが製品を導入した医療機関からの信頼に直結し、次の製品販売につながるため、保守・点検を行うサービスエンジニアの役割は、企業にとっても重要性の高いポジションといえます。

MRIやCTといった高額な大型機器も、厚生労働省の統計を見ると安定した規模があることが分かります。これらの機器は定期的なメンテナンスが必要なため、継続的に求人が出ています。また放射線治療装置は、がん患者への治療導入事例の増加から販売数が伸びており、増員募集がかけられるケースが増えています。

一方、中型機器のなかには、客先でメンテナンス業務を行うのではなく、医療機関からカスタマーセンターなどに送られてきた製品をチェックし、修理・部品交換を行って送り返すかたちがとられるケースがあります。この場合、基本的に出張はありません

サービスエンジニアの求人・転職動向

経験者はもちろん、他業界出身者も歓迎

サービスエンジニアの求人は大手医療機器メーカーをはじめ、各社で出ています
医療機器のサービスエンジニアとしてのご経験があれば、担当製品は不問の企業がほとんどですので、「将来性のある企業に行きたい」「出張を減らしたい」「他の機器も見てみたい」という方は、医療機器専門 無料転職サポートにお問い合わせ下さい。

また、自動車産業機械家電半導体FA機器といった他業界経験者でも、機械や電気に関する知識をお持ち(高等専門学校・大学・大学院で機械工学・電気工学を学んだ方)で、メンテナンス経験があれば応募可能な求人も少なくありません。なかには、電子関係の知識やIT・情報分野での実務経験があれば応募可能な求人もあります。

医療機器は製品群が多岐に渡るため、ご経験を活かせる求人を見つけやすいといえます。「自分の経験で応募できる求人を知りたい」という方には、ご経験やご希望を踏まえた求人をご案内いたしますので、お気軽にご相談ください。

医療機器業界のサービスエンジニアのメリット

他業界と比較したとき、医療機器のサービスエンジニアのメリットは次の3点です。

医療機器 営業のメリット

[1] 安定した業界である
医療機器はリーマンショックの影響が軽微だった数少ない業界です。

今後も、高齢化に伴う疾病予防や診断・治療の重要性の高まりを受けて、堅調な発展が見込める領域といえます。

リーマンショックや欧州不況などの影響を受けた業界ご出身のエンジニアのなかには、「医療機器の求人はありますか」と転職のご相談に来られる方もいらっしゃいます。今なら他業界から医療機器にチャレンジすることも可能ですので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

[2] 年収が比較的高い
医療機器は年収レンジが高い業界といえます。

30歳代半ばで年収700万円を超える方も少なくありません。

[3] 夜勤や残業が少なく、落ち着いて働ける
産業機器、各種製造ラインにおける装置のサービスエンジニアの場合、日中に生産ラインを止められない性質上、メンテナンスを夜間に行なう場合も多いため、二交代や三交代による勤務体系が多くなっています。

一方、医療機器・医療装置の場合、手術や検査は計画的に行われることが多いため、日中にメンテナンスを行うことができます。また、カスタマーセンターに送られてきた製品の保守・点検を行う場合も、深夜に及ぶ残業が必要になるのは突発的に重大な不具合が発生したときなどに限られます。

いずれにしても、医療機器のサービスエンジニアは他業界に比べて夜勤や残業が少ないため、落ち着いて働けるといえます。

現在、医療機器業界のご経験者はもちろん、他業界でのメンテナンス経験をお持ちの方でも応募可能な求人が多数ございます。

転職の必要性・タイミングについて相談したい」「自分が応募できる求人を見てみたい」という方もお気軽にご相談ください。

安定企業、将来性、待遇アップ・・・医療機器  サービスエンジニアの転職なら、転職×天職の無料転職サポート

転職×天職は、外資・日系の大手機器メーカーから、ニッチな領域では世界的に有名な中堅企業、再生医療などのベンチャー企業まで幅広い企業の求人を網羅
運営する株式会社クイック(東証一部上場)は設立30年の人材サービス企業ですので、求人や企業の情報が入手しづらい医療機器業界において、ご希望にマッチした求人紹介・豊富な情報提供による最適な転職支援を提供しています。

無料転職サポートへのお申し込みはこちらから

無料天職サポートを利用する