転職×天職 > ゲーム業界の転職 > 東京ゲームショウ2008 注目の7企業徹底レポート > コーエー

コーエー

爽快歴史バトルアクション「三國無双」シリーズのブレイクによって、家庭用ゲーム機の分野で十分な知名度を得るようになったコーエー。もともとパソコン用の歴史シミュレーションを得意とした同社だが、エンターテインメント性に歴史のエッセンスを加えるタイトルをリリースすることで、他社にはない独自の世界観を打ち出している。

たとえばTGS2008で初お披露目となるニンテンドーDS用「采配のゆくえ」は、関ヶ原の合戦で石田三成が仲間の大名を説得して勝利を目指すという異色のアドベンチャーゲームである。コーエーブースではこの采配のゆくえのスペシャルステージを行われたほかに、同社が注力するオンラインゲーム「信長の野望 Online 〜争覇の章〜」、「大航海時代 Online 〜Cruz del Sur〜」、「真・三國無双 Online」、「三國志 Online」の4タイトルのプロデューサーが一同に介する「ネットエンターテインメントフェスタ2008」も催され、オンラインゲームの方針などが打ち出された。なお、このステージではPS3用の大航海時代Onlineのリリースも発表されている。

今回のコーエーブースでは采配のゆくえやオンラインゲーム4タイトルのほかに、PSP用「真・三國無双 MULTI RAID」や、PSP用「Zill O’ll 〜infinite plus〜」、ニンテンドーDS用「モンスター☆レーサー」、Wii用「ジーワン ジョッキー Wii 2008」、PSP用「ネオ アンジェリークSpecial」の試遊台を設置し、多くのファンにゲームの魅力をぞんぶんに味わってもらっていた。

(筆者の眼)
もともとパソコン用のゲームをリリースしていたメーカーだけに、既存の歴史ゲームタイトルのオンラインゲーム化はスムーズに行えた同社。今後はPS3やWiiだけでなくPSPのような携帯ゲーム機にもオンラインゲームのニーズが押し寄せることを考えると、他社に比べてノウハウを蓄積している同社が優位をキープできると考えてよいだろう。その意味では同社がPS3で出す大航海時代Onlineは将来を決めるといえる。

取材記者プロフィール 岩尾 学

伝説のパソコンホビー誌「LOGiN」の元名物編集者。 その後、週刊ファミ通編集者、プロボクシングA級レフェリー、インプレスの企画編集スタッフを経て、2004年にフリーライターとして独立。
ゲーム以外の業界も含め、独自の視点で分析した内容をテキストとして書き連ねている。