「今の仕事って、本当にやりたいことなのかな?」「このままでいいのかな」と、モヤモヤを抱えてしまうこと、あると思います。

もともと作家志望だったバービーさんは、周囲の「芸人やってみたら?」という声に身を任せてお笑い業界に入ったそう。

バービー。お笑いコンビ「フォーリンラブ」ボケ担当。現在は執筆、下着プロデュース、町おこし、YouTubeなど多岐にわたり活躍。自身初の書籍「本音の置き場所」好評発売中。

芸人として楽しく働いているバービーさんに、やりたい仕事に一直線じゃなくても、前向きにキャリアを開拓するためのヒントを聞きました。

自己分析ノートで「悩みに向き合う」

──バービーさんは、「イエス、フォーリンラブ!」でブレイクし、現在はさまざまなジャンルのお仕事をされています。今のキャリア像は、もともと描いていたんですか?

バービーさん(以下、バービー):全然! 自分のキャリアについては、目標も設定していませんでした。テレビで仕事する上でのキャラクター「バービー」として、どうしたら発言が使われやすいかは考えてたけど、それも自分でノートに書くくらい。マネージャーに伝えることもなかったですね。

書籍『本音の置き場所』著:バービー より引用

バービー:中学時代から、ノートに気持ちや夢を書いて吐き出すのが習慣で。まず、自分の中にある「人見知り直したい」「友だちが欲しい」とか、課題や願望を箇条書きするんです。「こうすればよかった」はあまり書かなくて、自分の中の悩みに向き合う感じです。

──バービーさんのノートは、全部自分のことだけが書いてありますね。他の人と比べることはないんですか?

バービー:冷静な分析が必要なときは比較が入ることもありますけど、自分の価値は他者との比較で生まれるものじゃないと思っています。

他人と比べて自分の価値をつけているから落ち込むのか……!

──反省・内省って自己嫌悪に繋がることもあると思います。バービーさんは、どうしていますか?

バービー:誰しも、自己否定しちゃったり、落ち込んじゃうときもあると思うんです。でも、私は自己否定する自分を否定しないで、そのまま受け入れたいです。

「落ち込む=ダメ」じゃないんですよ。落ちているときにしか見えてこないこともあるし。私は落ち込んでるときに思ったこと、考えたことを忘れないように、積極的にノートに書き留めています。

──なるほど、気分が落ちるのもしかたない、と割り切るのがカギなんですね。

バービー:ダウナーなときに出るのは、ネガティブな言葉でもいいんです。マイナスっぽい言葉でも、類義語をなんとなく検索してみると、ポジティブな言い換えができますから。「臆病」→「慎重」とか、「おおざっぱ」→「タフ」とかね。短所と長所って、結局つながってるんです。

落ち込んでいるときって、自分では短所を長所に変換できないですもんね。

──それ、いいですね! すぐ実践できそうです。

バービー:自分の内面にあるものを掘っていって、個性濃度を濃くすることが大切なのかなって思います。

最初の一歩は誰かが見出してくれるもの

──バービーさんはデビュー後、すぐブレイクしましたよね。若手時代、どんなことを考えていましたか?

バービー:人からいただいた仕事に感謝はあるんですが「私だからじゃなくて、補欠で入った仕事かも」と考えることはたくさんありました。でも、そもそもテレビの仕事って、だいたい請負仕事だと思うんですよ。

──請負仕事……!? それでも、いつも全力でやりきれるのがすごいです。

バービー:請負仕事っていっても、たくさんの大人が私のことを真剣に考えてくれるんですよ。番組の台本を見ると、「バービー」を魅力的にするためのヒントがたくさんあって

バービー考え方が違う人の意見を取り入れて「自分」を太く強くするためには、外のエネルギーを取りに行って、そこで全力でやることが大切なんじゃないかな、と思います。他の人が作ってくれた「バービー」を全力で演出するうちに、幅も広がるし、視点も広がっていくんです。

──与えられた仕事を全力でやっていくうちに、やりたいことや方向性が見えてくるんですね。

バービー最初の一歩は自分で切り開くのではなく、他者に見出してもらって始まるんですよね。私が文章を書けるようになったのも、ラジオでふとこぼした本音を、編集者の方が聞いてオファーしてくれたからなんです。

まずは他の人が準備してくれた神輿にヒョイッと身軽に乗ってみる、って感じでいますね。

──柔軟……! いきなり飛び乗った神輿って、乗りこなせますか?

バービー:神輿を担ぐ人が増えて上手く乗りこなせなくなったり、しんどくなってきたら、またヒョイっと別の神輿に乗り換えればいいんですよ。

とりあえず乗っちゃって、しんどくなったら乗り換える。シンプル!

いわゆる「芸人らしさ」に縛られていた時期も

──バービーさんは、これまでリアルな心情をあまり表に出さなかったように思います。「本音」をテーマに執筆をし、発信をするようになったのはどんな心境の変化があったんですか?

バービー:30歳くらいのときに、「このまま芸人でずっとやってくのかな」って疑問が浮かんだんですよ。ずっと芸人として突っ走ってきて、本来の「笹森花菜」としての自分を蔑ろにしていた気がして。自分の感情より、仕事としての「バービー」を優先している部分が大きかったんです。

──バランスが崩れちゃったんでしょうか。

バービー:そうですね。「芸人は涙を見せない」「芸人は真面目なこと言わない」「笑えなくなるから、弱みは見せない」とか、「昔ながらの芸人道」にとらわれて、自分がワクワクすることや好きなものを、忘れてしまったような時期があったんです。

気づいたら「こうしなきゃ」に囚われてしまってること、あるあるです……。

──芸人になりたくてなったわけじゃないのに、「芸人はこうあるべき」に縛られていたのはなぜなんでしょう?

バービー本来の私が芸人っぽくないからこそ、徹底的に染まらなきゃダメだと思ったんです。「芸人っぽさ」を知らないままでいたら、いつまでたっても環境に馴染めないでしょう? お笑い現場で、どんなパスが来てもキャッチできるような素養がなかったし、まずは「芸人たるや」を自分の中にいれなきゃ! と必死にハマっていったんです。

──バービーさん、とっても真面目なんですね。

バービー:「貯金がなくなるくらい高い家賃に住め」とか「散財するのが美徳」「プライベートでも無茶するのが美しい」「体壊すくらい酒飲むのがかっこいい」とか、芸人の世界に飛び込んだからには、そういうのをやんなきゃ! と思い込んでたんですよね(笑)。

──極端……! 「芸人らしい芸人」を全力でやってみて、得たことは?

バービー:豪快にお酒飲むことで、知らない世界を見られたし、色んな人とコミュニケーションをとれるようにもなりました。でも、継続的に散財して人に奢っても、本当の意味での信頼関係は築きにくいなって気がついたんです。

最近だと、人脈を広げるために毎日会食してたけど、新型コロナウイルスの影響で全部なくなって。「あれ? 結局15分のオンライン会議でよかったじゃん!」って(笑)。

「1ヶ月2ヶ月パンッパンに会食を詰めてた」そう。バイタリティがすごい。

「配属ガチャ爆死」は、得意分野を増やすチャンス

──社会人も「配属ガチャ」というか、やりたかったことをやれずに、モヤモヤを抱える人が多いんです。バービーさんは、芸人志望ではなかったのに、なんでこんなに楽しく働けているんでしょうか。

バービー:自分からは選ばないポジションで頑張るのは、いいことですよ。強くなれるはずだし、得意分野をいくつも持つのは悪いことじゃないですから。私の場合は、「やってみたら意外と楽しかった」が多いかな。新しい仕事に躊躇したり、考えちゃう前に踏み出してるタイプなのかも。最初の一歩が軽いんです。

──前向きな発想! 素敵です。

バービー「ただじゃ帰らないぞ、行った先で拾って帰るぞ」っていう気持ちは、かなり強いですね。好奇心もあるし、色んな人の視点や考え方を自分の中に入れていきたいんです。他人の意見も一旦取り入れて、言われたことを100%全力でやってみるのはいいですよね。養成所の先生に「芸人やってみなよ」って言われたから、今の私があるので。

バービー

お笑いコンビ「フォーリンラブ」ボケ担当。「イエス、フォーリンラブ!」でブレイクし、現在は下着プロデュースでピーチ・ジョンとコラボ、FRAU WEBにてコラム連載など、多岐にわたり活躍。地元・北海道栗山町の町おこしにも携わる。自身初の書籍「本音の置き場所」好評発売中!

Twitter:@Barbie_Babiro

YouTube:バービーちゃんねる

取材・文/小沢あや(@hibicoto
撮影/飯本貴子(@tako_i