好きなことを仕事に選ぶことが、賞賛される風潮。とはいえ、成功が見えないまま夢にまっすぐ向かうのは、リスクがいっぱいです。

「夢追い人」といえば、バンドマン。華やかではありますが、浮き沈みがとても激しい職業です。「”好き”と”現実”のバランス、どうとっているの?」「どうやって、バンドで食べていく決心をしたの?」……。

アーティストにはなかなか聞きにくいトピックですが、Dybe!は今回、会社員とバンドマンの二足のわらじ生活を経て、紅白出場も経験している人へのインタビューを企画しました。ゲスの極み乙女。のベーシスト、休日課長さんです。大手上場企業でサラリーマンをしていた彼は「サラリーマンとしても全力だった」と話します。

会社員時代のことから「得意なんです」という面接対策までいろいろ教えてもらいました。

音楽で食べていこうなんて考えもしなかった学生時代

休日課長
休日課長(きゅうじつかちょう)。バンド「ゲスの極み乙女。」のベース担当。大学在学中にバンド「indigo la End」に加入。大手上場企業に就職後、いったんはバンド活動を辞めるが、「ゲスの極み乙女。」の一員として再びバンド活動を始める。サラリーマンとバンドマンの二足のわらじ生活を経て、現在はバンド活動一本に。

──休日課長さんは、もともとサラリーマンだったんですよね。学生時代からバンドを組んでいたのに、就職を選んだのはなぜですか?

休日課長さん(以下、課長):学生時代は「バンドで食っていこう」なんて考えたことがなかったんです。大学の軽音部で組んでいたのも、コピーバンドでしたね。

──ゴリゴリのプレイヤーになったのは、川谷絵音さんのバンドに入ってからなんですね。

課長:indigo la End(*)に入ったのは、就活中かな? 最初はサポートメンバーとして加入してのちに正式メンバーとなりました。

(*)ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんがボーカル、ギターを担当するバンド

──最初から、就職前提だったんですね。

課長:就活は就活で結構楽しんでやってたんです。いろんな会社の情報を満遍なく拾えますからね。採用担当者の人と話すのも、毎回嬉しくて。学生だと、知らないことも堂々と聞けるじゃないですか。

──就活が楽しい……!? 苦しいイメージがあるので、予想外です。

課長:企業のセミナーも、「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」を観てるような感覚で、面白かったんですよね。就活が進んでいくうちに、サラリーマンとしてやりたいことがどんどん広がったんです。

──就活では、どんな業界を受けてたんですか?

課長:大学では、電子工学科で医療超音波の研究をやってたんです。だから、最初は医療機器メーカーを受けてましたね。

──結構、お堅い業界を志望していたんですね。

課長:でも、第一志望の会社に入って、しかもやりたい部署に行ける確率って、かなり低い。だからこそ、ガチガチには絞らなくてもいいんじゃないかと思うようになったんです。そこに気が付いてからは、いろんな企業を受けてましたね。

──業界を絞りすぎて、うまくいかずに心が折れてしまう学生さんも多いですが、すごい柔軟性ですね。

元大手企業サラリーマン・休日課長が教える、面接必勝テクニック

休日課長
「取材で聞かれたのは初めて」と、ちょっと楽しそうに面接のコツとカレー作りの秘訣を教えてくれた。

課長:あとね、自分で言うのも変なんですけど、僕は面接が得意なんですよ。教授からも「お前、持ってる実力以上に得するタイプだな」って言われてたくらいに(笑)。

──ちょっと、そのコツ教えてほしいです。面接必勝テク。

課長:必勝なんていう大それたものじゃないですけど、僕の場合は趣味のカレー作りの話をした企業は、だいたいうまくいきました。

──カレー作りの話???

課長:履歴書に趣味の欄があるじゃないですか。そこに「カレー作り」って書いておきつつ、面接官に突っ込まれたら、「50食分カレーを作って売って、即完売したことがあるんです」なんていうツカミのフレーズを伝えて、その50食即完売カレーをいかにして作り上げたかの話をおもむろにしだすんです。その話にさりげなく、“こいつ仕事で使えそうだな”って思わせる要素を入れておくところがポイントです。

──というと???

課長:たとえば「数種類のスパイスを各々どのくらいの分量で入れるか検討する際に、スパイスの分量だけが違うカレーを数パターン作って、各々食べて印象を、官能評価ではありますが、表にまとめて詰めていきました。その際、それぞれのパターンごとに1から作っていたら時間がかかるので、ベースとなるスープをまず作ってから鍋を分けて作りました」だとか。

休日課長考案のカレーレシピ
それぞれの工程にかける時間、食材・スパイスの量を管理するために作ったExcelファイル。ここまでやったから50食即完売カレーが実現した。

──なるほど。

課長:他にも「自分自身の評価だけでなく、本番までに、何人かの友達に振舞って感想を聞いたり、反応を見たりしながら改善のテーマを探していきました」とか、“50食完売”という結果を残すために趣味の範囲内で色々工夫して“計画”“評価”“改善”したという話をついで話程度に話しました。

──それを“趣味”について聞かれた時に答えるんですね。

課長:そこがミソだと思います。もちろん面接対策でカレー作ってたわけではなくて、面接でどうやって 自分を“工夫してブラッシュアップできる人間ですよ”ってアピールしようかと考えた時に、カレー作りの話ならそれができるな、と思いついたんです。実際、自分の好きなことだったら、人それぞれ楽しむために何かしら工夫してるはずですから、自分が無理なくやってきたことを盛らずに、一度分析してうまく話せばいいと思います。

──すごい。趣味の話から、オペレーション改善や、マーケティングにまでつながってますね。

課長:みんな、就活で「サークルの幹事長やってました」とか話しがちなんですよ。でも、組織であげた成果って「本当に自分だけでやったことなのかな?」みたいな、怪しい場合もあるじゃないですか(笑)。

──あるある。他人の手柄を自分でやったことにしちゃうやつですね。

課長:それをやっちゃうと、嘘になりますからね。他の人と協力した点をアピールする場合も、自分は明確にどう貢献したかと言う点は重要。各々が力を出し合うことが協力ですし。スケールが小さくなっても、自分自身で行動したことをはっきり話したほうがいいです。「生活の中でどんな工夫をして、どういう成果を出したか」をきちんと言えるほうが、魅力が伝わると思うんですよ。

──なるほど。他には、どんなエピソードを話したんですか?

課長:「9大学合同ライブの打ち上げの幹事をいかにスムーズにやったか」とか。「150人ぐらい参加の大規模な会でしたが、1円の誤差を出すこともなく、集金オペレーションも徹底しました」とか具体的な数字も入れてアピールしたほか、「集金だけでなく、自分が参加者の時に不満を感じたライブ会場から打ち上げ会場のアテンドもスムーズにいくように工夫しました」みたいなことまで話しました。

──飲み会の幹事……! 確かに、大人数だとお店選びから大変です。

課長:地味だけど、これがめちゃめちゃウケがよかったんです(笑)。カレーの話と同様、一切嘘のない実体験だから、緊張する面接でも、言葉につまることもないし。平凡なエピソードかもしれないけど、自分が意識・改善したポイントを、きちんと話しました。結果、無事に入りたかった企業からの内定をもらうことができました。

副業禁止の会社で、仕事とバンドを両立できたのはなぜ?

休日課長
「全力で会社員をやってました」と、ストイックな表情でサラリーマン時代のエピソードを語る休日課長さん。

──就職してからは、いったんバンド(当時はindigo la End)を辞めることになったんですよね?

課長:入社半年経った頃に、両立が厳しくなってきたんです。ちょうど、indigo la Endも色々と声がかかってきたタイミングで。非常に悩んだ末、辞めることにしました。サラリーマン一本でやってたのは、1年くらいかな? 結局、ゲスの極み乙女。を組むことになったんですけど。

──またバンドを組もうと思った背景には、何か心境の変化があったんですか?

課長:いや、まったく(笑)。社会人が趣味でバンドを組んでいる感覚でしたね。音楽仲間と遊びながら、セッションしてる感じでした。

──ゲスでプロを目指そうとは思ってなかったんですね。

課長:そうそう。最初のミニアルバム『ドレスの脱ぎ方』をリリースしたときも、「バンドでやっていこう」なんて思っていなかったと思います。

──そこから、いきなりゲスの極み乙女。が凄い勢いでブレイク。しばらく二足のわらじ生活でしたが、職場の理解を得るのも大変だったのでは?

課長:そもそも、会社が副業禁止だったんですよ。

──えっ、MVガンガン出てたし、即バレますよね? どうしてたんですか?

課長:どっちもやりたかったから、上司に報告しましたね。考えた結果、バンドの収益を、僕は一切もらわないことにしていたんです。

──どういうことですか??

課長:「お金は発生していないから、副業ではありません。趣味です。なので、会社の規定には反していないはずです。仕事も頑張ります。バンド活動は、基本的には土日にやります」と。

──すごい。最初から突っ込まれるポイントを潰した上で相談してたんですね。

課長:だから上司もすぐに理解してくれたんですよね。正直に話すことが大事です。変にごまかすと、嘘をつくことになっちゃいますから。

──直属の上司以外にも、バンドをやっていることは話してたんですか?

課長:隠しているつもりはなかったけど、自分からは話さなかったですね。「あいつはバンドやってるから」みたいな、色眼鏡で見られるのが嫌だったんで。売れていくにつれて、音楽好きの同期から、自然と噂が広まっていっちゃった感じです。

──ストイック! 仕事では、どんな振る舞いをしてましたか?

課長:器用に仕事ができるタイプじゃなかったけど、積極性は見せていました。朝も定時前に出社して、上司と話をしたり。企画の立ち上げの際にも、率先して手をあげました。海外出張も行ったし、全力で会社員をやってましたね。周囲からも、少なくとも怠けてるようには見えなかったと思います。

──全力投球! バンドも売れてきたタイミングですが、スケジュールの調整はどうしてたんでしょうか。

課長:ゲスのスケジュールを組む際には、川谷が特に配慮してくれましたね。「ライブは土日にやろう。課長の会社は水曜がノー残業デーだから、平日にやるなら水曜日ね」みたいな感じで。

──他のメンバーは音楽一本で人生かかってるし、「もっと有休とってよ!」となりそうなものですが、超優しい……。

課長:本当にありがたかったですね。会社自体も結構忙しかったんですよ。新卒だと有給日数もあんまりないし、常にギリギリでした。

──全国ツアーが入ると、移動も大変ですよね。

課長:他のメンバーは車で帰るのに、僕だけ新幹線に乗らせてもらうこともありました。まだ、ギャラもそんなにもらえなかった時期です。メンバーの理解なしでは間違いなく成立しなかった。日曜の夜中に東京に帰って、また朝出社。そんな生活が続きました。

4月1日という最悪のタイミングに辞表を提出

休日課長
会社を辞めるか悩んでいた時、直属の上司に言われたという言葉が素敵すぎて、取材陣も思わず感動。

──紅白歌合戦に出る前には、ついに会社を辞めたんですよね。退職を決意した時、誰かに相談しましたか?

課長:会社が大好きだったので、辞めるかどうかはギリギリまで悩みました。はっきり相談したのは、1回だけですね。直属の上司と飲みに行った時に。

その時、上司が「もし10年後、バンドでも仕事でも成功しているとする。その時にどっちを選ぶか現時点ではっきりしているのならそっちの道に進んだほうがいい」と話してくれたんです。辞めろとも、辞めないでとも言わずにね。その上で、「もしも会社に残るとしたら、一緒にこういう仕事をやろうよ」って。

──なんていい話……。

課長:ありがたかったですね。結果、もっとバンド活動をやりたいという自分の本心に気づいたわけで。心を決めてからは、会社を辞めることで頭がいっぱいになっちゃって。うっかり、エイプリルフールに辞表を出しちゃったのを覚えています(笑)。

──「嘘なの? ほんとなの?」ってなりますよね。しかも、年度が変わってすぐじゃないですか(笑)。

課長:辞表を出すタイミングとしては、最悪ですよね(笑)。でも、それくらい心の余裕がなかったんですよ。「もう心は決まったから、早く辞めなきゃ!」って。

休日課長
「うっかり、エイプリルフールに辞表を出しちゃったのを覚えています(笑)」。すごくいい話の後なのに……(笑)。

──気持ちに嘘がつけない、真面目な性格なんですね。実際、すぐに辞められたんですか?

課長:なるべくスムーズに退職できるよう、配慮してもらえましたね。もともと、誰がいつ異動してもいいように、ちゃんと考えられている組織だったんです。引き継ぎ資料もなるべく丁寧に作りました。

──しっかりしてますね。会社を辞める時、ご家族からはどんな意見がありましたか?

課長:「困っても、貸す金はないからな! でも、帰る家くらいはあるぞ」と。

──かっこいい。素敵な温度感ですね。

課長:ありがたかったですね。「やるだけやってこい!」ってことだったんだと思います。

嘘はつかずに、両方全力で楽しんでやることが大切

──サラリーマンを辞めた今、本当に後悔はないですか?

課長:会社は大好きだったけど、あの時に辞めてよかったですね。それまでなんとか乗り切ってこれたけど、以前はレコーディングに1週間まるまる使えることもなかった。時間に余裕ができた分、本気で音楽と向き合えるようになりました。会社にいた時は、音楽をやっていきたい気持ちを抑えていたんだなって。

──会社を辞めてからわかったんですね。

課長:会社の先輩を見ていると、みんな本気で仕事と向き合ってるんですよね。だからこそ、生半可な気持ちで居座るのはよくないなって思えたんです。

──会社員時代にお世話になった方とは、今どんな関係ですか?

課長:送迎会も盛大にやってもらえたし、上司とは今でも交流があるんですよ。ライブにも来てくれるし、一緒にレコードバーに行って飲むこともあります。

──3年間の会社員経験が役立ってることは?

課長:仕事で出会う人と話すのが、楽しくてしかたがないですね。サラリーマン時代、開発をやっていたので、楽器メーカーの人の気持ちや苦労が、よくわかるんですよ。そこに対して、リスペクトもあるし。

──業務的なことは?

課長:タスクは、すべてTODOリストを作って可視化していますね。といってもメモレベルですけどね。細かいところだと「ツアーの持って行くものリスト」とかも用意しています(笑)。こういうのは、「運用しやすく」「時間をかけずに」「楽する」がモットーです。ここらへんもサラリーマン時代に得たものかと。

──これから、会社員の副業があたりまえになっていくと思うんです。最後に、二足のわらじ経験者からのアドバイスをお願いします。

課長:会社に「やるべきことはやってます」という姿勢を伝えることが大事ですね。もちろん、自分の中で細かなバランスが崩れることもありますけど、嘘はつかない。なんでもそうですが、誤魔化せば誤魔化すほど後々面倒臭くなる。誠実であることで、自然と周囲の理解がついてきます。あとは、両方全力で楽しんでやることが大切だと思います。

DADARAY
ワンマンライブ「DADADAY vol.1」
  • 日程:2018年12月12日(水) 
       OPEN 18:00 / START 19:00
  • 会場:Shibuya WWW X
  • 券種:オールスタンディング
  • 料金:¥3,800
       (税込・整理番号付・ドリンク代別)

チケット発売中:DISK GARAGE

休日課長(きゅうじつかちょう)

バンド「ゲスの極み乙女。」のベース担当。大学在学中にバンド「indigo la End」に加入。大手上場企業に就職後、いったんはバンド活動を辞めるが、「ゲスの極み乙女。」の一員として再びバンド活動を始める。サラリーマンとバンドマンの二足のわらじ生活を経て、現在はバンド活動一本に。バンド「DADARAY」「ichikoro」のベース担当も務める。

Twitter:@eninaranaiotoko

<取材・文/小沢あや(@hibicoto) 撮影/飯本貴子>