「今の仕事は天職なんだろうか?」「得意な仕事をしているわけでもないし、なかなかチャンスが回ってこない……」「会社からも、期待されていない気がする」そんなモヤモヤを抱えながら働いている人、多いと思います。

今回お話を伺ったのは、福岡発のアイドル”LinQ”のメンバーとしてデビューしたものの、「人気がまったく出ずにクビになった」伊藤麻希さん。アイドル時代にDDTプロレスリングとコラボした経験からプロレスラーにキャリアチェンジ、「アイドル時代にはなかなか聞けなかった(笑)」という多くの声援を浴びるようになりました。

TOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座の写真(奥:伊藤麻希、手前:山下実優)
弱い自分もさらけ出し、感情を前面に出したプロレスで多くのファンの心をつかんだ伊藤さん。(写真提供:DDTプロレスリング)

「伊藤ちゃん!」と伊藤コールが会場に響きわたるようになるまでには、たくさんの悩みがあったそう。うつと診断されるくらい気分が落ちこんでいた状況から、思考を変えて天職にめぐりあうまでのお話を聞きました。

学校では浮いていたけど、ポジティブすぎる理由でアイドルに

伊藤麻希
伊藤麻希(いとう・まき)。福岡発のアイドルLinQのメンバーとして活躍。2016年12月にDDTでプロレスデビュー後、LinQを卒業してプロレスラーに。圧倒的なカリスマ性を持ったマイクパフォーマンスと生き様を映したプロレススタイルで高い人気を誇る。

──学生時代の伊藤さんは、クラスに馴染めず苦労していたのだとか。そこから一転して、アイドルになろうとオーディションに応募したの、すごいパワーだと思います。

伊藤麻希さん(以下、伊藤):学生時代は好きな男の子とうまくいかなかったり、悪口言われたり、上級生からいじめられたりしてましたね。でも、学校に馴染めないのは、「わたしが他の子とは違う、”何か”を持っているからだ!」って思ってたんですよ。なぜか。

──超ポジティブ!

伊藤:ずっと友達もいなくて、寂しかったけど、小さい頃から「稼いでみんなよりもいい生活したい」って思ってたんです。ちょうどLinQがメンバー募集していたので、2期メンバーとしてアイドルになりました。

──なかなか人気が出なくて、苦しい時代が続いたんですよね。つい、自虐に走ってしまったりとか。

伊藤:LinQは大人数のグループだったから、何かないと輝けないと思ったんです。いかに自分が必要とされるか、を考えてた。「伊藤はしゃべれるし、バラエティいけますよ!」って思ったんだけど、うまくいかなかったから、どんどん過激になっちゃった。

──苦しいのに、アイドルを続けられた理由は?

伊藤:いや、デビューして3カ月くらい経った頃から、ずっとアイドルやめようと考えてましたね。人気も出ないし、辛いだけだったんです。選抜メンバーに入れなかったから、ライブも出られないし。アイドルになったものの、考えていたのとは全然違う生活でした。「あと1カ月くらいやってみるか」が連続して、ずるずるやってたって感じですね。

──「会社やめたい」ってずっと言ってるけど結局やめない、モヤモヤOLみたいですね。

伊藤:そうそう。周囲にも「やめる」って言いまくってました。グチったあと、「伊藤ちゃんならできるよ」って言われたいだけだったのかもしれないです。でも、今だから言えるけど「伊藤は早くやめたほうがいい」って、運営サイドから言われてたみたいで。

──戦力外扱いだったんですね。それはつらい。

伊藤:どうしても、アイドルの枠からはみでちゃうから。運営は、グループを正統派で売りたかったみたいだし。「伊藤、だめでしょ」って扱いで。「認められないから、どんどんやっちまえ!」の精神でやっていたら、発言もどんどん激しくなっちゃったんですよね。

“自虐”も“ブスいじり”も「受け入れなきゃ」と思っていた

伊藤麻希
今では多くのファンに支持される伊藤さんだが、アイドル時代は「求められるポジション」を探しすぎて迷走していたという。

──そこからバラエティー番組『ゴッドタン』で「顔がデカすぎるアイドル」として自虐がウケて、プチブレイクしましたよね。でも、顔デカ自虐をしつつも、伊藤さんはずっと触覚ヘアでした(※)。本当は、アイドルとしてかわいく小顔に見せたかったのでは?

(※)前髪の両サイドを下に長く垂らす髪型。アイドルが小顔効果を狙って輪郭を隠すためにやる場合が多い。

伊藤:あはは! 本当は超イヤでした。でも、「顔デカい」って言われたら、明るく返さなきゃ次は呼ばれない。しかたなくやってました。「自虐をしている伊藤」が求められていると思い込んでいたんですよね。だから、やめられなかった。『ゴッドタン』に出られたのも「ブスいじりOKのアイドル」だったからだし、「受け入れなきゃいけない」と思い込んでいたんです。

──それはつらい……自虐って、呪いのように自分に跳ね返ってきませんか。

伊藤:そうですね。超病んだのも、この時期です。うつになって。夜、急に呼吸のしかたを忘れちゃうところまでいきました。過呼吸になるから、レジ袋を抱きしめて寝たこともあります。

──壮絶です。落ち込んでいる時、どう過ごしていましたか? 伊藤さんを支えてくれる人はいたんでしょうか。

伊藤:とにかく一人で過ごしました。落ちてる時は、意識高い人と一緒にいないほうがいいんですよ。あと、ネガティブすぎる人も遠ざけたほうがいい。辛い時って、人の言葉が何も届かないから、距離をとったほうがいい。

──閉じこもる時間も必要だったと。そんな時「アイドル・伊藤麻希」を推してくれていた、ファンとの関係は?

伊藤:わたし、アイドル時代はずっと人気なくて、握手会も1日2人くらいしか並ばないんだけど(笑)、その人たちはずっと列をループしてくれたりしてました。

──いい話。

伊藤:今も試合を観に来てくれますね。両親も来ないのに。ありがたいことですよね。

──ご両親は、アイドルからプロレスラーへのキャリアチェンジについて、どんな反応ですか?

伊藤:プロレスラーになったこと、今でも反対してます。博多で凱旋試合があったんですけど、それも観に来てくれませんでした。

──やっぱり、娘さんが殴られるのを見るのがつらいのでしょうか。

伊藤:そうですね。仲が悪いとかじゃなくて、娘がボコボコにされるのが嫌みたい。もともと、アイドル時代から、家では仕事の話はしませんでした。アイドル時代は土日が稼働メインで、平日はずっと実家にいる生活だったんです。何もしてない、宙ぶらりんな感じがして気まずかったので、今は家を出ました。自立できたし、精神的にも落ち着いたかな。

「嫌なものからは逃げていい」。ようやくそう思えるようになった

伊藤麻希
「ブスいじりされても明るく返さないと次は呼ばれない」。その思いが伊藤さんを苦しめていた。

──今の伊藤さんは、ポジティブな発信が増えましたね。

伊藤:昔の自分とは、絶縁しました。あの頃には絶対に戻りたくないし。昔の自分とは、同じクラスにいても友達になれないと思います。今はもう、ネットの悪口にウジウジ悩んだりすることもないし、タフになりましたね。

──今も、エゴサーチはしてますよね?

伊藤:ちょっと元気がない時は「伊藤ちゃん」で検索します。“ちゃん”づけだと、褒めるコメントしか出てこないから(笑)。「伊藤麻希」で悪口言っている人も、「麻希」の漢字変換が合っていれば「名前をしっかり覚えてくれて、ありがとうな!」って気持ちになりますね。うれしい。

──マインドが180度変わったきっかけは。

伊藤:一回、病院でうつだと診断を受けたことがあるんです。だからこそ「あ、これは無理かも」のラインがわかるようになったかな。根性論じゃなくて、自分が苦しくなるものからは、きちんと距離を置けるようになりました

──逃げてもいい、無理して頑張らなくてもいい、と。

伊藤:苦手なことに一生懸命向き合って、努力で乗り越えようと思った時期もあるんです。けど、苦手なことはいくらやったってダメだった。今は嫌なものからは逃げてもいいんだって思ってます。そのかわりに、何か自分の得意なことや好きなことだけは絶対に手放さないことに決めました。何でもかんでもやる必要はないなって、ようやく気がついたんです。

──素敵な考え方ですね。伊藤さんが今までやってみたけど、向かなかったことは?

伊藤:一瞬、ユーチューバーになろうと思ったことあるんですよ。でも、編集作業が無理で「あ、これ続かないわ」って悟って。即やめました(笑)。

好感度なんていらない、ただ一番になりたい

伊藤麻希
「嫌なものからは逃げていい。そのかわり自分の得意なことや好きなことは絶対に手放さない」と力強く語ってくれた。

──今の伊藤さんは、スイッチがパッと切り替わったみたいな感じがします。プロレスで認められたから、自己肯定感がついてきたのでしょうか。

伊藤:アイドル時代はずっと人気なかったから、リングでたくさんの声援をもらえるのは、やっぱり嬉しいですよ。

──手応えを感じたのは、どのタイミングでしたか?

伊藤:ちょうど1年前、2018年1月4日の男色ディーノ戦から「あ、人気出てきたかも」って感じがしましたね。でも、最近また落ちてきちゃった。

──なぜそう感じるんでしょうか?

伊藤:試合に負けてばっかりだし、「お前なんかがベルトを巻けるわけがない」「ベルトの価値が下がる」みたいなこと言われたりするんですよ。強いレスラーに立ち向かうのが伊藤のポジションで、ずっと負けてるから説得力がないみたい。結果がどうでも、伊藤自身は勝つことしか考えてないし、そのための努力をしているのに!

TOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座の写真(上:伊藤麻希、下:山下実優)
2019年1月4日にはTOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座に挑戦。ギリギリのところまでチャンピオンを追い詰めた。(写真提供:DDTプロレスリング)

──あくまで勝ちにいく、と。これまで苦しい状況は続いていますが、印象に残っている試合は。

伊藤:竹下幸之介(※)戦。試合前に、記者会見があったんですよ。竹下幸之助に「お前はライバル候補だ」って言われたんです。

(※)DDTプロレスリング所属のプロレスラー。DDT新世代のエース。「DDTドラマティック総選挙2018」の結果を受けて、18年11月25日に伊藤麻希と竹下幸之介のシングルマッチが行われた。

──ライバル”候補”?

伊藤:対戦相手に向かって中指立てたり、振る舞いがアングラだと言われたんです。正統派がやることじゃないって。「中指立てるのやめたらライバルになる」って。「実力も人気もあるレスラーからライバルとして認められるならうれしいな、中指立てるの、もうやめようかな」って一瞬思ったけど、それじゃ竹下幸之介のためにやめたことになっちゃうし、私のスタイルじゃなくなっちゃう

──「貫くぞ!」と、ふっきれた?

伊藤:結局ボコボコに負けちゃって、試合後のマイクパフォーマンスで「また会おう」みたいなこと言われたんです。でも、そういう正統派の“相手を讃える”みたいなのに合わせるのは違うと思って。最後まで中指立てて帰ってきました。

──自分のスタイルを貫かれたんですね。どんな気持ちだったんでしょうか。

伊藤:「好かれたい」って気持ちがどこかに残っていたけど、あの試合をきっかけに、「好感度とか、もういらないな」って思えた。先輩レスラーやお客さんに好かれるために行動するの、違うなって。自分を高めた結果として、お客さんがついてくるのが理想。プロレスでもなんでも、正統派はみんなから好かれるけど、カリスマにはならないでしょう? 私はカリスマになりたい。自分の言葉で語りたいんですよ。

竹下幸之介戦の写真(左:伊藤麻希、右:竹下幸之介)
最後まで自分のスタイルを貫き通した竹下幸之介戦。「好感度とか、もういらないな」と吹っ切れたという。(写真提供:DDTプロレスリング)

──そんな伊藤さん、プロレスラーとしての目標は。

伊藤:プロレス大賞で新人賞を獲りたい。「元アイドル」としてのポジションで行こうとか、まったく考えてないんです。プロレス界の中で一番になりたい。自分がレジェンドになれると信じてるから。

──あくまで、目指すのは頂点。強気ですね。

伊藤:今まで、強い人と戦った時も、恐怖心は一切出てこなかったんですよ。どんな状況でも、「負けたくない」「絶対に勝つ」って気持ちでいっぱいになるんです。まずは勝って、新しい時代をつくりたいです。

伊藤麻希

伊藤麻希(いとう・まき)

1995年生まれ。福岡発のアイドルLinQのメンバーとして活躍。2016年12月にDDTでプロレスデビュー後、LinQを卒業してプロレスラーに。観客を一体にする圧倒的なカリスマ性を持ったマイクパフォーマンスと生き様を映したプロレススタイルで高い人気を誇る。

Twitter:@maki_itoh

HP:東京女子プロレス
  (DDTプロレスリング公式サイト)

取材・文/小沢あや(@hibicoto
撮影/飯本貴子(@tako_i