初対面の相手や、よく知らない相手と話して場をつながなければいけない……。社会人にはそんなシーンもよくあります。でも、雑談が苦手な人にとっては、とても苦痛な時間になってしまうことも。

そこでお話を伺ったのが、人気放送作家でお笑い芸人養成所の講師も務める田中イデアさん。お笑い芸人のトークを研究し続け、面白いトークの法則を知り尽くした田中さんは、まさに人を楽しませるコミュニケーションのプロ。

そんな田中イデアさんに、すぐに実践できる雑談上手になるコツを教えてもらいました。

「雑談チューニング」で相手との距離を縮める

──今日は雑談上手になるコツを聞きにきました。雑談が苦手で困ってるんです……。

田中イデアさん(以下、イデア):なるほど。では、雑談が上手な人ってどんな人だと思いますか?

──話題が豊富で、人見知りしない人……じゃないでしょうか?

イデア:それができたら最高ですね。でもそれより簡単に、雑談上手になれる方法があるんです。それは、「相手のペースに合わせること」だと僕は考えています。

田中イデア
田中イデア(たなか・いであ)。放送作家、クリエイティブ集団「プラトン企画」代表。若手芸人の発掘や育成を目的として、お笑い芸人養成所で講師、ネタ見せの活動を行う。

──えっ? 相手のペースに合わせると雑談上手になれるんですか?

イデア:そうですね。雑談上手な人は、声の大きさや高さ、テンポ、テンションを相手に合わせるのがうまいんです。僕は「雑談チューニング」と呼んでいますが、このあたりがズレていると会話の歯車がうまく回らないと思います。

──どうして相手のペースに合わせるといいんでしょう?

イデア:相手の話し方や状態、呼吸などに自分を合わせていくと一体感が生まれて、相手は安心して話すことができるようになるんです。雑談チューニングはペーシングと同じだと考えればわかりやすいと思います。

──相手が安心して話せる状態を作るんですね。

相手の名前をたくさん呼ぶと好感度がアップする

イデア:もうひとつ、雑談をする上でとても大事なのは相手の名前を呼ぶことなんです。それも、できるだけたくさん呼んだほうがいいんです。

──名前を呼ぶんですか?

イデア:心理学では「ネームコーリング」と呼ばれているスキルがあるんですが、会話の中で相手の名前を呼ぶと好感度がアップするそうです。「趣味は何ですか?」と聞くのと、「〇〇さんの趣味は何ですか?」と聞くのでは、それだけで印象が違いませんか?

──たしかに! そういえば、インタビューの時も取材相手が名前を呼んでくれると、一気にその人のことを好きになっちゃいます。

イデア:僕は人の名前を覚えるのが苦手なんですが、これを意識するようになってからは相手の名前をしっかり覚えるようになったし、相手には「イデアさんと話して楽しかった」というイメージが残るので一石二鳥ですよ。

──でも、あまりに名前を連呼するのもおかしくないですか?

イデア:気にしなくていいですよ。人は自分の名前を呼ばれるのが大好きなんです。一説によると、パーティーのようなにぎやかな場所でも、人は自分の名前が呼ばれたら自然と聞き取ることができると言われているほどです。

──なるほど。呼べば呼ぶほど好感度がアップすると考えて大丈夫ですか?

イデア:大丈夫です。名前をたくさん呼ぶという点でいえば、相槌を打つ時に相手の名前を入れるのもおすすめです。「へぇ〜、◯◯さんは××がお好きなんですね」みたいな感じですね。

──それなら自然に名前が呼べそうですね。

「オウム返し+質問」で話を広げる

田中イデア
雑談が苦手な取材班へのアドバイスに熱が入るイデアさん。勉強になりました。

イデア:相槌についてもう少し話しましょう。実は、雑談上手になるには、相槌をうまく使ってできるだけ相手に話をしてもらうことも大切なんです。

──相手に話してもらう?

イデア:自分で話すよりも相手に話してもらったほうが楽じゃないですか? 人は自分のことを話したがるものだから、相手も気分良くなって最高ですよ。ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんは奥さんとの会話でも、「へぇ〜」「そうなんだ」「すげぇ!」だけでほとんどの会話に対応できるそうです。

──本当ですか? 「ちゃんと聞いてるの?」って叱られそうな気が……。

イデア:同じ「へぇ〜」でも、テンポよく使えば、話の続きをうながす感じになりますし、ゆっくりうなずくように使えば、感心している気持ちが伝わります。相槌ひとつでも感情を込めることで会話は十分成立するんです。

──相槌もテンポを変えたり、感情を込めたりすることが大事なんですね。

イデア:上司や取引先相手なら、「はい」「なるほど」「勉強になります」「そうなんですか」といったフレーズを使うといいでしょう。いくら感情を込めても、毎回「なるほど」では単調になるので、言葉を入れ替えていくことも忘れないでくださいね。

──なるほど。勉強になります。

イデア:早速、使ってますね(笑)。もうひとつ相槌のテクニックをお話しすると、相槌の中に「オウム返し」を交ぜていくという方法があります。

──オウム返しって、相手の言葉をそのまま繰り返すってことですよね。子どもの頃、それをやって「バカにするな!」ってめちゃくちゃ叱られたんですが……。

イデア:単純にオウム返しするだけではダメですよ。「昨日徹夜だったんだよ」と言われたら、「徹夜だったんですね」と受け止めた上で「質問」をプラスするんです。

──「オウム返し+質問」ですか?

イデア:たとえば、上司が「今年の夏は暑かったなぁ」と言ったとします。そうしたら「暑かったですねぇ。お盆休みはどこか行かれましたか?」と質問を続けると、話が広がって続いていきますよね。さっきみたいに「徹夜だったんだ」と言われたら、「徹夜だったんですね。何かトラブルがあったんですか?」なんて続ければいいんです。

──なるほど! それならできそうです。

イデア:ひとつ注意してほしいのは、相手が誰かの悪口を言ったなど、ネガティブな発言をした場合です。もし、「田中イデアって最悪だよ」と言われて、「最悪ですよね」とオウム返ししてしまったら、一緒になって悪口を言ったことになってしまいます。

──そんな時はどうしたらいいですか?

イデア:その場合は「そうなんですか〜+質問」で対処してください。「そうなんですか〜」は、共感も否定もしていない言葉なんです。女性アイドルやキャバクラ嬢がよく使う方法ですね。

──「そうなんですか〜+質問」ですね。

イデア:「そうなんですか〜。何かあったんですか?」と返しておけば、相手を無視したことにもならないし、誰も傷つけずにすみますよ。雑談は相手と仲良くなるのが目的ですから、反論や否定をしても、害にこそなれ得にはなりません。

──イデアさんは最悪なんかじゃないです! って言わなくてもいいんですね。

イデア:そこは否定してほしいところですけどね(笑)。もうひとつ、3人以上で話している時にしか使えない手ですが、どうしても答えづらい話題の場合は、もう一人に「××さんはどうですか?」と話を振ってしまう方法もあります。ただし、後でその人に叱られるかもしれませんが。

話題を見つけるには「共通項」を探す

田中イデア
「そこは否定してほしい」と笑うイデアさん。

──何か話題を見つけなきゃいけない時もあると思います。そういう時はどうしたらいいんでしょうか。

イデア:よく「共通の話題を見つけよう」なんて言いますが、そうそう見つかるものではありませんよね。僕がおすすめしたいのは、「共通点」ではなく「共通項」を見つけるという考え方です。

──「点」ではなく「項」ですか?

イデア:そうです。僕自身のケースでお話しすると、たとえば相手がかつて高校球児だったことがわかっても、僕の高校時代は深夜ラジオに夢中でバットも握ったことがありません。その時点で、共通「点」はなくなっていまいます。

──そうですね。無理に高校野球の話とかしたくないですし……。

イデア:そういう時こそ、「高校時代に熱中していたこと」という「共通項」の視点で見ましょう。相手から「僕は高校時代、野球少年だったんですよ。野球は好きですか?」と聞かれた時に、「野球は詳しくないんです。僕は高校時代、深夜ラジオの投稿に夢中でした」と返しても問題ないのです。

──なるほど。でもそうしたら、その後はどう展開したらいいんでしょうか?

イデア:その後も共通項で見た質問をすればいいんです。野球の深い知識はなくても、野球と深夜ラジオの投稿と「共通項」があるはずです。たとえば、どれだけ練習していたか? は、深夜ラジオに自分がどれだけ投稿したかと共通項ですし、ライバル選手の話などは、ライバルのリスナーと似ています。プロ野球選手を目指さなかったのか? という質問も、僕が放送作家を目指した経験と重ねて聞くことができるんです。

──それなら知識が無くても、共感して話を聞くことができますね。でも、慣れるまでは難しそうですね。

イデア:最初は意識して探すことが必要かもしれません。アンテナを張って、相手の言葉から連想を広げていきましょう。慣れれば自然とできるようになりますよ。

──ちょっと練習が必要ですね……。

イデア:トーク番組も盛り上がっている時は、たいてい「点」よりも「項」で共感し合っています。「項」のほうが自由が利いて、共感できる材料が見つかりやすいんです。

ひとつの質問には2つ以上で返す

──他にもすぐに使えるテクニックはありますか?

イデア「ひとつ質問されたら2つ以上で返す」と覚えておいてください。

──どういうことでしょうか?

イデア:たとえば、相手が「この前のクレームは解決したんですか?」という質問をしてくれた時に、「はい、解決しました」とだけ答えてしまうと、「そうですか」とか「よかったですね」で話が終わってしまいます。

──思い返してみると僕はそういうパターンがすごく多いです……。

イデア:「はい、解決しました」の後に、「でも、おかげで3kgも痩せましたよ」なんて感じで、もうワンフレーズ加えてみましょう。そうすれば「いいダイエットになったじゃないですか。普段、何かスポーツはされているんですか?」と話が転がっていくかもしれません。

──なるほど。会話を広げるために一言つけくわえるということですね。

イデア:会話はキャッチボールです。相手がボールを投げてくれたら、「オウム返し+質問」や「ひとつの質問に2つ以上で返す」を使って相手にボールを投げ返すんだと考えてみてください。

──でも、逆に相手がボールを返してくれなくて沈黙が流れてしまったらどうしましょう?

イデア:そんなに沈黙を恐れなくても大丈夫です。むしろ、適度な沈黙は必要ですよ。ずっと話し続けるのもお互いに疲れますからね。

──いったん沈黙してしまうとまた会話の糸口をつかむのが難しくて……。

イデア:そんな時は、「そういえば……」「ところで……」「話は変わりますが……」といった前置きをすると話しやすいですよ。その後に、「先日の○○はどうなりましたか?」という感じでボールを投げてあげればいいと思います。

──なるほど。前置きすればいいんですね。

イデア:コミュニケーションは経験を積めば、誰でも上達するものです。もともと人見知りで、人前で話すのが苦痛だった僕でも何とかなったんですから、きっと大丈夫。いつもより少しだけ積極的に話してみる、といったところから始めてみてください。

田中イデア(たなか・いであ)

放送作家、クリエイティブ集団「プラトン企画」代表。テレビやラジオの企画構成の他、イベントやライブの構成も行う。若手芸人の発掘や育成を目的として、芸人養成所で講師、ネタ見せの活動を行っている。「笑い」に関する著書多数。

Twitter:@IdeaTanaka

取材・文/飯野実成
撮影/黒澤宏昭
イラスト/小田原ドラゴン