みなさんの職場に「怖い上司」はいますか? きっといると思います。そういう上司がいると職場に行くのが辛くなりますよね。とてもよくわかります。

しかし、ちょっと考えてみてください。「みんなから好かれている上司」と「みんなから嫌われている上司」どちらのほうがつけ入……親密な関係を築きやすいのかということです。

みんなから好かれている上司というのは、当然ですが「人に好かれる方法」を心得ている人です。その好意は「みんな」に向けられているものであり、外面上の姿に過ぎません。どれほど感じのいい上司も当然ですが人間の好き嫌いはあります。ある意味で、「感じのいい上司」というのは感情や好悪が見えない分だけ恐ろしいのです。

組織に勤めている以上、上役とは良い関係を築いておく必要があります。コミュニケーション・コストは関係が良好であればあるほど低くなるものです。人間関係の最大の潤滑油は好意であるというのは人類が滅びるまで変わらない絶対原則であると言い切ってしまっていいでしょう。本日は、この「好意」を「怖い上司」から獲得する方法について、考えていきたいと思います。

癇癪(かんしゃく)上司―感情のコントロールが下手

怖いですよね、怒鳴る上司。たまにいる「部下を怒鳴りつけて怯えているのを見ると気持ちよくなってしまう」というタイプのサイコさんの場合は手のつけようがありませんが、実際のところそうではないパターンもよくあります。いわゆる「癇癪持ち」の方です。

「いい年こいて癇癪なんか起こすなよ」というのは大正論ではあるのですが、それでも上司は上司。なんらかの実力を認められてその立場にいる方です。仲良くなっておいて損はありません。さて、このサイコさんと癇癪さんの見分けは結構簡単につきます。一通り怒鳴った後、居心地悪そうにしていればそれは癇癪さんです。

誰かに上司のカミナリが落ちた後は大チャンスです。横目でさっきまで怒鳴り散らしていた上司を観察してみてください。貧乏ゆすりをしたり、そわそわと目線を走らせたりといった行動が見てとれればその人は「怒鳴りたくなかったが癇癪を起こしてしまった」人の可能性が極めて高いと言えます。カミナリを落とされたほうも落ち込んでいるでしょうが、よく見てみると落としたほうはその10倍くらい落ち込んでいたりします。

部下を叱る側になって僕自身初めてわかったのですが、「叱る」というのはものすごくエネルギーを消費します。叱られた部下は機嫌がいいわけがありません。その感情がチクチクと刺さって、叱った側としてもどうしていいかわからなくなってしまうのです。しかも、職場から逃げ出すことはできません。

「感じのいい上司」なら一通り叱った後、アフターフォローまで入れて関係を修復するのでしょうが、衝動的に怒鳴ってしまう癇癪上司にそんなことができるわけもありません。あなたがここでアフターフォローをしてあげることができれば、癇癪上司とはとても良い関係を作ることができます。

あなたが叱られた側なら、勇気を出して帰りがけに「本日は申し訳ありませんでした。明日は頑張りますのでよろしくお願いします。失礼します」と一言声をかけてみましょう。ここでポイントは「明日は頑張りますのでよろしくお願いします」の部分です。「私はあなたを一緒に仕事をする仲間と承認しています」という内容を伝えるだけで、叱った側の気持ちは本当に楽になります。僕も優秀な部下のこの一言にどれだけ助けられたか……。

「叱っていただいてありがとうございます」は性格が傲慢なタイプの上司や体育会系の職場では効果的な場合もありますが、あからさま過ぎてあまりおすすめはできません。「私はあなたを上司として承認しています」を伝えるだけで十分なのです。

また、職場の誰かが叱られていた場合も(もちろん、ただ単に理不尽なだけだった場合は除きますが)折を見て「お疲れ様です」と叱った側に一言添えておくのが大変効果的です。オトナがオトナを叱るというのは本当に大きいストレスです。その後に与えられる「おつかれさまです(あなたが大変な仕事をしたことを私は理解しています)」の一言は、心に染み入るように癒してくれます。

人間が「怒った」後はその人の心の一番弱い部分がむき出しになっている、ということを心得てみましょう。癇癪型は良く言えば裏表のない方の場合が多いです。そして何より、そういう人は得てして承認に飢え乾いています。さぁ、ジュワっと満たしてあげましょう。

「癇癪野郎にそんな気づかいしたくない」というお気持ちは理解できますが、人間にケリ入れるなら背後からのほうが楽ですよ。

無言上司―何を考えているかわからない

さて、怖い上司のパターン2。無言上司です。癇癪上司よりむしろ怖い場合が多いですね。怒りが察知できないことが多いので、気づいたら致命的なまでに評価を下げられているなんてことも普通に起こります。このパターンの方は癇癪上司とは対照的に、感情を出すのが下手な場合が多いです。何かが起きた時の基本行動方針は、「心の内に呑み込む」でしょう。

このタイプの攻略は小技をたくさん使う必要があります。というのも、人間の承認欲求というのはそうそう消せるものではありません。「みんなに好かれ承認されたい」という欲求がゼロの人間など存在しないのです。しかし、癇癪上司のように感情を出してくれないのでどこからつけい……親密になればいいのかわからない。

そこで、「外形的承認」という概念を導入しましょう。人間というのはしょせんデカいサルなので、その行動は意外と外形的に評価されます。チンパンジーはチャージングディスプレイ(示威行動―俺のほうが強いぞウォー! という自己主張)という、奇声を上げて走ったり、枝を揺らしたりという行動で序列を確認しますが、ヒトのサラリーマンも大体同じような行動をしています。そう、上司がチャージングディスプレイをしてきた時に、すかさず「私はあなたを上司として承認しており、親密でありたいのです」という外形的行動を返すのがこの手の無言上司には効果的なのです。

人間のチャージングディスプレイ的行動といえば「挨拶」でしょう。「示威じゃないだろ? 別に俺は強いぞウォーじゃないだろ?」と考えたみなさん、それは甘い。

「おはよう」の一言でめちゃくちゃ「俺はえらいぞ」って示して来るアイツいるでしょう。無言上司は言葉が少ないだけ、行動の示威性が強くなります。「あれどうなってる?」の一言で部下をビクっとさせるあの力のことです。この示威に対して外形的承認を返す。これを繰り返すことで、無言上司は「十分に承認された」と判断するのです。

では、「外形的承認」をどう示せばいいか。これは上司の特権性を外形的に見せてあげることに尽きます。具体的に言うと出勤したらまず上司に挨拶しそれから同僚に挨拶をするなどのヒエラルキー確認的な行動が極めて効果的です。あなたは私の上司でえらいのです、という行動をさりげなく繰り返しましょう。何故無言上司が無言をやっているか、それは「しゃべり下手」ということもあるかもしれませんが、多くの場合「しゃべらない」ことの効果を十分に理解しているからです。

サルの群れのヒエラルキーと「言葉」は実は相性がよくありません。部下が上司を言い負かしてしまうことだってありえますし、会話のイニシアチブを部下が取ってしまうこともあるでしょう。いわば、群れのヒエラルキーは言葉によって常に脅かされているのです。だからこそ、上司は「無言」を選択することになります。それは、「俺は長だ、俺に注目しろ、俺はえらいぞ強いぞ」という示威行動なのです。

ご時世柄厳しくなってしまいましたが、かつて無言上司攻略の最終確認は喫煙所で行われることが多かったでしょう。いつも余計なことはしゃべらない上司にちょっとした雑談を振ってみたら、不意に本心を出してくれた。そんな経験がある人も多いのではないでしょうか。

無言上司も人間です。常にボス猿でいられるほど心が強い人はそういません。人間と人間の交流を心のどこかで求めています。一度堰を切ったら止まらない……そういうこともよくあるでしょう。職場をピリっとさせる怖い無言上司でいるつもりだったけど、我慢できなかった……そんな経験を持っていらっしゃる方もたくさんいるはずです。かくいう僕も……できなかったです。

無言上司はしゃべらせた時点で勝ちです。喫煙所がなくなってしまった昨今では少し難度が上がってしまったかもしれませんが、十分に外形的行動をした上でたまにポンと雑談を振ってみてください。オススメは「上司の新人時代の話を聞く」です。人間というのは過去を語ると気持ちよくなってしまうのです。どんどん気持ちよくしてあげましょう。

上司はサルであり、人間である

上司との関係というのは永遠の悩みだと思いますが、部下との関係というのも終わりなき苦しみです。僕自身、大変至らない人間ですので部下を持って以来ほとほと苦労してきました。大変お恥ずかしながら、癇癪を起こしたこともあるいは部下にナメられないように無言を試みたこともありました。本当はみんなに好かれる感じのいい上司でいたかったですが、それは本当に難しいことでした。

そんな時僕の心のオアシスだったのがこのコラムに登場したような対処をしてくれた優秀な部下たちです。僕は自分の会社を潰した後サラリーマンに戻ったというキャリアなのですが、その頃には新卒の頃とは段違いに上司とのコミュニケ―ションができるようになっていました。

上司は時にチャージングディスプレイをするサルであり、時にナイーブでさみしがりやの人間である。これさえわかればあなたは大丈夫です。やっていきましょう!

この記事を書いた人

借金玉

借金玉(しゃっきんだま)

発達障害サラリーマン。1985年生まれ。診断はADHD(注意欠如・多動症)の発達障害者。幼少期から社会適応ができず、紆余曲折を経て早稲田大学を卒業後、金融機関に就職。まったく仕事ができず逃走した後、一発逆転を狙って起業。一時は調子に乗るも大失敗し、それから1年かけて「うつの底」を脱出。現在は営業マンとして働く。著書に『発達障害の僕が「食える人」に変わったすごい仕事術』。

Twitter:@syakkin_dama