忘年会シーズン真っ只中。楽しい反面、度重なる暴飲暴食でみるみる肥えていきそうな予感がしている人も多いのでは? そしてお正月は食っちゃ寝の日々も予想されます……!

そんな“太りたくないけど飲みたい勢”に向けて、ダイエットにまつわる記事を3本ご紹介。しかも登場人物全員15Kg減量に成功しています! 飲み会前にぜひご一読ください。

飲む前にやるべき3つのこと! 15Kg痩せた管理栄養士が種明かし

高杉保美

アルコールの血中濃度が高まると食欲が増すほか、アルコールの代謝が優先されてしまうので、食べ物が脂肪に変わりやすくなるのだとか。でも、飲み会前に3つのことをするだけで、太りにくくなるといいます。管理栄養士の高杉先生によると……

高杉:飲み会の前にやっておくこととして、おすすめが3つあります。それは、「水をたくさん飲む」「乳製品をとる」「〇〇を普段の倍量飲む」の3つです。

──「水をたくさん飲む」のは、飲み会の最中は気をつけていますが、飲み会前から飲んでおいたほうがいいんですね。

高杉:水を最初にとっておいたほうが、お酒をダイレクトに入れるよりもアルコールの血中濃度が上がりにくくなるので、先に飲んでおいたほうがいいですね。

──なるほど。「乳製品をとる」というのは?

高杉:乳製品は胃に負担をかけにくくしてくれて、アルコールの吸収も穏やかになるんです。ヨーグルトや牛乳など飲んでおくといいですね。

──そうなんですね。水や乳製品はなんとなくイメージできましたが、「〇〇を普段の倍量飲む」というのは初めて聞きました。

一体〇〇とは……続きは記事でチェック!

3カ月で15Kg減の大木亜希子実録エッセイ

大木亜希子

元SDN48で現ライターの大木亜希子さん。コラム「29歳、人生に詰んだ元アイドルは『赤の他人のおっさん』と住む選択をした」で反響を呼びました。

実は彼女、アイドルを辞めてからしばらくは生き方で悩んでおり、うまくいかないストレスから体重が20Kg以上も増加。身長は155cmで体重は62Kgだったそう。

そんな彼女が体も心も軽くなるまでの軌跡を綴ったコラム。読めば挫折しかけのダイエットを再び決意できるかもしれません。

ちゃんと寝てる? 睡眠不足が招く激太りを解説!

友野なお

睡眠時間や質を見直してみたら15Kg痩せた睡眠コンサルタントの友野さんによると、睡眠と肥満は以下のような関係性があるといいます。

①睡眠時間が5時間を切っている人は太りやすい!

コロンビア大学の研究グループの調査では、7~9時間眠っている人と比べ、5時間しか眠っていない人の肥満度は50%高く、4時間以下しか眠っていない人にいたっては、肥満度が73%も高かったという結果が出てきます。

年末年始、残業続きで睡眠時間を削っていたり、お正月に夜更かししたりする人、要注意です!

②睡眠不足だと余計にカロリー摂取しやすい!

睡眠時間が短い人は、1日当たりのカロリーを350~500kcal余分に摂取しているという指摘もあるほどです。

日清カップヌードルは343Kcalほど。カップヌードル食べてないのに食べたことになってしまうなんて……!

とはいえ、日々仕事に忙しいとなかなか睡眠時間を確保することはできないですよね。そんな時は睡眠の質をあげる工夫をしましょう。誰にでもすぐできる睡眠力アップの方法は、ぜひ記事でご確認ください。

お酒も食事も楽しみつつ、体調管理も心がけていきましょう!