チェックリスト付き 面接時の持ち物アイテム全集

公開

大切な面接当日、絶対に避けたい忘れ物。

この記事では、用意すべき持ち物と、持っていれば安心なお役立ちアイテムを紹介します。

面接時に持っていくべき持ち物

面接時の持ち物チェックリスト

12点の持ち物の写真

(1)持ってくるよう指示されたもの(2)クリアファイル(3)履歴書・職務経歴書のコピー(4)求人票や会社案内などの資料(5)地図(6)メモ欄のあるスケジュール帳(7)筆記用具(鉛筆・シャープペンシル、ボール)(8)スマートフォン(9)腕時計(10)現金・ICカード(11)身分証明証(12)ハンカチ・ティッシュ

面接当日に必ず持っていったほうがいいものは13点。下のアイテムすべてを持っていけば安心です。面接前日までに用意し当日に備えましょう。

面接の持ち物チェックリストのダウンロードはこちらから。

持ってくるよう指示されたもの

履歴書や作品(ポートフォリオ)など、企業から面接時に持参するよう指示されたものは忘れないようにしましょう。

クリアファイル

大事な資料を折ったり破いたりしないためにクリアファイルは持参しておくといいでしょう。面接当日に履歴書を持参する場合も、必ずクリアファイルに入れていきましょう。

履歴書・職務経歴書のコピー

履歴書は書いた時点で自分用にコピーしておき、荷物に必ず入れましょう。書いてから時間が経ってしまうと、案外書いた内容を忘れてしまうものです。面接時の質問に答えられるよう、空き時間に履歴書を読み返すのもいいでしょう。

就職活動の場合、企業によっては受付時に受付票を提出しなければならない場合があります。氏名や面接時間のほかに、本人であることを証明するID番号やQRコードがついているものも。すべての情報がわかるように印刷して持参しましょう。

求人票や会社案内などの資料

求人票や会社案内などの資料は、持っていると面接前に企業情報の確認ができます。緊急時に備え、企業の担当者と連絡先は紙に控えておくといいでしょう。

地図

当日道に迷わないためにも地図はプリントアウトして持っておきましょう。行ったことのない土地は慣れないものです。プリントアウトしておけば、スマートフォンの充電が切れても安心です。

メモ欄のあるスケジュール帳

次回の面接の日程を調節するため、予定をその場で聞かれる場合もあります。面接の前後で気になったことを書き留めるためにも、メモ欄があるスケジュール帳は持っていたほうがいいでしょう。

カレンダーアプリを使っている人も多いと思いますが、面接中にスマートフォンを取り出すのは失礼にあたるので避けましょう。

筆記用具(鉛筆・シャープペンシル、ボールペン)

筆記試験や能力検査が予定されている場合、鉛筆かシャープペンシルを持参しましょう。面接で書類の記入を求められることもあるので、筆記用具はカバンに入れておきましょう。

スマートフォン

電車の遅延や思いもよらない事故などで遅刻しそうな時など、企業に連絡するためのスマートフォンは絶対に必要です。ただし、面接が始まる前には必ず電源を切りましょう。

腕時計

面接会場で時間をスマートフォンで確認することはできないので、腕時計をしましょう。ビジネスシーンにあったシンプルなデザインの時計を着けましょう。

現金・ICカード

企業までの交通費が想像以上にかかってしまったときのためにも現金は持っておくべきです。改札が混雑してしまったときを考え、ICカードには事前にチャージしておくと安心できます。

身分証明書

書類に必要事項を記載する時などに必要になることがあるので、免許証や学生証などの身分証明書は常に持っておくべきでしょう。セキュリティの厳しい企業では建物やオフィスに入るときに提示を求められる場合があります。

ハンカチ・ティッシュ 

マナーとしても、ハンカチ・ティッシュは常備しましょう。ハンカチは、夏場は汗をかいたり突然の雨で濡れてしまったり時に役立ちます。風邪や花粉症の人はティッシュも忘れないようにしましょう。

コラム:保育士や看護師、美容師など免許が必須な職業の場合

保育士や看護師、美容師など免許が必須な職業では、面接時に免許証を提示する場合があります。原本が手元にない場合、コピーでもいいので持参しておきましょう。

2015年に看護師免許を偽造し、提出したとして偽造公文書行使の疑いで逮捕される事件がありました。この事件をきっかけに、コンプライアンスへの取り組みが強化され面接の段階で免許の提示を求める医療機関が多くなっています。

備えあれば憂いなしお役立ちアイテム

あると安心なアイテム9点

面接に行く時、持っていればいざという時に役に立つ持ち物を9点紹介します。

印鑑

交通費の精算のための書類や、個人情報の取り扱いに関する同意書などに捺印を求められる場合があります。企業に持参するよう言われていなかったとしても、念のため持っておくといいでしょう。

折り畳み傘

天気予報を確認し、雨が降りそうな時は折り畳み傘を持っておくと安心です。

モバイルバッテリー

スマートフォンの充電切れに備え、モバイルバッテリーを持っておくと安心です。地図アプリを使って面接会場までの経路を確認したり、乗換案内アプリで電車の運行状況を調べたりしている人も多いのではないでしょうか。最近では小型のものも数多く発売されているので、1つ持っておくといいかもしれません。

エチケットブラシ

スーツは糸くずやホコリが目立ちます。面接では身だしなみも重要なチェックポイントとなるので、エチケットブラシも持っておくといいでしょう。

手鏡

手鏡も小さなものを持っていると、空いている時間に髪型やメイクなどの身だしなみの最終チェックができます。

ヘアケア用品

髪型は崩れてくると清潔感が損なわれるので、面接前のヘアチェックは欠かせません。ワックスやスプレーなどのヘアケア用品を持っていると安心です。

ソーイングセット

普段着慣れないスーツだと突然ワイシャツのボタンがほつれたり、糸くずが出てきたりすることもあります。そんな時にはソーイングセットが役立ちます。

制汗剤

夏場の面接で汗や匂いが気になるという人は、制汗スプレーやシートを持っておくといいでしょう。

薬・絆創膏

胃腸薬は面接前に急に緊張してお腹が痛くなってしまった時のために、絆創膏は履き慣れないヒールのせいで靴ずれができてしまった時のために用意しておくといいでしょう。精神的にも安心できます。

面接時に女性は持っておいたほうがいいアイテム

面接時は、身だしなみにはとくに注意しなければなりません。ここでは、女性が持っておいたほうがいいアイテムを紹介します。

ストッキング

ストッキングは思いもよらないタイミングで穴が開いてしまったり、破けてしまったりしやすいものです。ストッキングが伝線していると目立つので、そのまま面接に臨むのはやめましょう。念のための替えの1枚を持っておくと安心です。

化粧道具

朝のメイクは時間がたつとよれてきてしまいます。いつも使っているメイク道具をすべて持っていく必要はないので、化粧直しに使うアイテム数点だけは用意しておきましょう。リップやファンデーションなどを入れた小さなポーチを作っておくのもいいかもしれません。

 

コラム:面接時、ビジネスバック以外の手荷物を持っていくってアリ?

面接会場にビジネスバック以外の荷物を持っていくのはやめましょう。自分の席の近くに、荷物を置くスペースがあるとは限りません。また、別の用事のついでに面接に来ている印象を与えてしまします。

遠方から来ていてスーツケースを持っている場合は、宿泊先のホテルに預けるか、会場近くのコインロッカーに入れましょう。部活動の道具やバックを持っていくのもNG。前後のスケジュールを工夫して、余計な荷物を持っていかなくてもいいようにしましょう。

こんな時どうする?2つの問い合わせパターン

初めて行く企業で「履歴書はどのタイミングで提出すればいいのかわからない」「持ち物について特に連絡がなくて困っている」という時は直接企業に問い合わせてみましょう。

電話で問い合わせる場合

面接時の持ち物について電話で確認をする際は、自分がいつの面接を予定しているかを伝えると、話がスムーズです。

:当日交通費の精算があるが印鑑必要か不明な時

自分「お忙しいところ失礼します。私、○月○日の○時から○次選考で面接の予定がある田中太郎と申します。人事の△△様はいらっしゃいますでしょうか」

受付「少々お待ちください」

~~~保留音~~~

人事「お電話代わりました。〇〇です」

自分「お世話になっております。〇〇です。次回の面接での持ち物についてお伺いしたいのですが」

人事「はい」

自分「当日交通費の精算があるということですが、印鑑は必要でしょうか?」

人事「そうですね。持ってきていただけますか?」

自分「承知しました。ありがとうございます。それでは当日、よろしくお願いいたします」

人事「よろしくお願いいたします」

自分「ありがとうございました。失礼いたします」

メールで問い合わせる場合

件名で持ち物について問い合わせたい旨がわかるようにしましょう。持参すべきか不明なものがある場合、ついでにほかにも必要なものがないか確認するといいでしょう。

:履歴書を持参すべきなのか不明な時

件名:面接時の持ち物について

本文:

株式会社○○○

人事部 △△様

 

お世話になっております。

私、○月○日の○時から○次面接のお時間をいただいている田中太郎と申します。

面接日当日の持ち物について確認させていただきたくご連絡しました。

履歴書について特に記載がありませんでしたが、当日持参したほうがよろしいでしょうか。

また、その他に必要なものはありますでしょうか。

大変ご多忙なところ恐れ入りますが、ご返信をいただけますと幸いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

氏名:田中 太郎

PCメールアドレス:abc@123mail.jp

自宅電話番号:012-3456-7890

(学生の場合は、大学名・学部学科名も記載)

まとめ

持ち物は必ず持っていくべきものと、あると安心なアイテムに分けられます。

企業から必ず持ってくるよう言われたものは絶対に忘れないように。必要なアイテムは面接前日までに用意し、当日に備えましょう。

持ち物に関する詳細が分からず不安な場合は、直接電話やメールで問い合わせるようにしましょう。

 

  • HOME
  • 面接時の持ち物アイテム全集【チェックリスト付き】