未経験OKなのは? 転職におすすめの業界・職種や資格まとめ

公開

「何となく転職したいな、何か良い仕事はないかな?」と迷っていませんか。

転職におすすめの業界や職種は人によって異なりますので、さまざまな仕事を知り、転職に備えておきましょう。

ここでは未経験からの転職にも比較的おすすめの業界・職種をご紹介します。

将来性&安定性重視!転職におすすめの職種や業界

転職するからには、将来性があり長く勤め続けられる仕事が良い、と考える人も多いはず。

中途採用はスキルや経験を重視しているため、経験者が有利になりがちですが、もちろん未経験でも挑戦できる仕事はあります。

ここでは業界未経験でも比較的仕事が見つかりやすい職種や業界をまとめました。

営業職

営業職は未経験から挑戦できる仕事の代表格です。

主に新たな顧客を開拓する新規営業と、既存の顧客を回るルート営業の2種類があります。どちらも高いコミュニケーション能力や積極性、情報収集力などが求められる仕事です。

営業スタイルは業界や企業によって若干異なりますが、基本的な営業スキルを身に付ければ業界問わず幅広く活躍できます。

システムエンジニア・プログラマー

システムエンジニア(SE)とプログラマーは、どちらもシステムの開発に関わる仕事です。

SEはコンピューターのシステムを設計し、仕様書を作成します。その仕様書通りにシステムを制作(プログラミング)するのがプログラマーです。

IT業界の成長とともに需要が増加しているため、未経験の人材を採用し技術者に育て上げる企業もあります。

必須の資格はありませんが、情報処理技術者試験やITパスポートなどの資格を持っておくとスキルのアピールにつながります。

採用が活発化するIT業界

IT業界にはソフトウェア業、情報通信サービス業、webサービス業などの分野があります。ビッグデータの活用やクラウドサービスの普及から、その将来性に注目が集まっている業界です。新進気鋭のベンチャー企業も多く、採用が活発に行われています。

未経験でも企業の営業職としての就職は可能であり、プログラミングなどを学んでプログラマーやSEを目指す方法もあります。

看護師

看護師になるためには看護師免許が必須です。

専門学校や大学の看護学部で指定のカリキュラムを履修し、看護師国家試験に合格すると免許を取得できます。社会人向けのコースを設けている学校もあり、未経験からの挑戦も十分に可能です。

資格を取得するまでには一定の時間を要しますが、一生使える資格であり、病院だけでなく介護施設や訪問介護など活躍の場も広がっています。

介護士

資格なしでも介護の仕事に就くことは可能です。

また、未経験からも挑戦できる「介護職員初任者研修」の資格を取得すれば業務の範囲が広がります。

さらに実務経験を積み「実務者研修」の資格を取れば、医療的なケアに関わることもできます。

また、介護に関する資格の中で唯一の国家資格が「介護福祉士」。

より高い看護技術が身に付き、転職でも有利になります。介護職では難しい資格を持っている人ほど仕事の範囲が広くなるため、給与も高くなります。 

少子高齢化により需要が高まる医療・福祉業界

医療業界には医療機関、製薬メーカー、医療機器メーカーなど、福祉業界には施設介護サービスや在宅介護サービスなどの分野があります。

双方とも少子高齢化の影響で需要が増加していく業界であり、採用が活発化していくことは確実です。

看護師や介護士などの資格職も多く存在しますが、メーカーの営業や事務職、介護助手などは未経験から挑戦可能です。

公務員

安定性のある公務員は転職でも人気の仕事で、試験の倍率も非常に高くなっています。

デスクワークのほかに窓口業務や渉外を担うこともあり、仕事の幅が広いため、色々なことにチャレンジしたい方に向いています。

採用枠には「民間経験者採用枠」と「大卒程度一般枠」の2種類がありますが、採用者数が多いのは「大卒程度一般枠」の方です。

自治体や職種によって年齢制限が異なるため、事前に確認しておきましょう。

※公務員への転職について詳しくは→中途採用で公務員になるには? 実態紹介から試験情報まで

建設業界・製造業界へのチャレンジも可能

上記で紹介した職種・業界のほか、建設業界や製造業界の仕事に挑戦する道もあります。

成長が期待される建設業界

建設業界にはゼネコンや不動産のほか、住宅メーカーや住宅設備メーカーなどの分野があります。東日本大震災の復興需要、また2020年に開催される東京オリンピックの建設ラッシュなどの影響があり、成長が期待されている業界です。

未経験なら建設現場の作業員として技術を身に付け、現場監督などを目指すことも可能です。

さらに、資格を取得して施工管理や設備工事などの仕事に就く選択肢もあります。

未経験からのキャリアアップも可能な製造業界

製造業界には自動車や精密機械、鉄鋼、食品、アパレルなどさまざまな分野があり、多くの企業が存在します。

中でもロングセラー商品を売り出しているメーカーなど、業界シェアの高い企業は安定性があると言えるでしょう。

職人や技術職のイメージが強い業界ですが、工場などではマニュアル化された仕事も多く、未経験から挑戦できるケースもあります。

製造スタッフからリーダー、品質管理や生産管理の仕事を目指すことも可能です。

知って得する転職おすすめマメ知識

効率良く転職活動を進めるためには、転職計画の立て方や事前の情報収集がカギを握ります。

ここでは転職について知っておくと役立つマメ知識をご紹介します。

有効求人倍率から見る最近の転職動向

有効求人倍率とは、求人情報の数に対する求職者の数の比率を意味します。

有効求人倍率が高いほど仕事の数が豊富であり、転職を希望する人にとっては有利な状況です。

厚生労働省によると2017年の平均有効求人倍率は1.50倍で、2010年から8年連続で上昇しています。これは転職者にとっては好条件です。

2017年末には製造業や医療・福祉業で有効求人倍率が伸びており、転職のチャンスが増えていると考えられます。

転職の時期は2~3月と9~10月がおすすめ

企業の求人数は2~3月頃と9~10月頃に増加します。

これは、新年度が始まる4月や下半期がスタートする10月に向けて、企業が退職者の補充や人員の強化を行うためです。企業の採用意欲が高まっている時期とも捉えられるので、転職には最適です。

ただし、転職活動も活発な時期でライバルが増えやすい時期でもあります。転職のゴールを定めて早めの準備を心掛けましょう。

働きやすい企業の見分け方

ここでは安定して長く働ける企業を見極めるためのポイントをご紹介します。

ただし、以下の条件を満たしている企業が必ずしも働きやすい環境であるとは限りません。また、労働環境が良くても社風が合わないというケースもあります。

情報収集はもちろんですが、企業研究や面接を通して自分の目で確かめることが大切です。

企業規模が大きい

大手企業には研修制度や人事評価が整備されている会社が多数あり、未経験の人材を育成する体制が備わっています。

また、経営が安定している企業も多く、長期的に安定して働ける点もメリットです。

財務が安定している

財務は会社の経営状況を知るための大きな手がかりです。

財務状況を判断するポイントはいくつかありますが、例えば「自己資本比率」の高い企業は借入金などが少なく、財務基盤が安定していると判断できます.

中小企業であっても経営が安定していれば、倒産のリスクも低いため長く働ける可能性があります。

なお、自己資本比率を求める式は「自己資本比率=(自己資本÷総資本)×100」です。自己資本などの金額は企業の決算書などに掲載されています。

福利厚生が充実している

社員食堂や託児所、時短勤務制度など、福利厚生の種類はさまざまです。

一人暮らしの人は住宅手当や社員食堂の有無、出産予定のある人は育児休暇や託児所の有無を確認するなど、個人のライフスタイルに合った福利厚生があるかチェックしてみましょう。

育児休暇や介護休暇については、制度の有無だけでなく利用実績を確認することも大切です。

福利厚生は求人票や企業のHPなどに書かれていますが、不明な点は面接の際に尋ねるか、転職エージェントを使っている場合はエージェント経由で質問してみましょう。

離職率が低い

社員が働きやすい職場ほど離職率は低くなります。一般に、入社後の3年以内離職率が3割未満であれば離職率が低い職場であると判断されます。

また、社員の平均勤続年数が長い会社も働きやすい環境であるといえます。

離職率は就職四季報や求人票などで調べられます。大手にも関わらず公開していない企業は注意が必要かもしれません。

転職サイト・エージェントの選び方

転職活動をスムーズに進めるため、転職サイトやエージェントを利用するのも1つの手です。

多種多様な転職サービスから、自分にぴったりのサービスを見つけるポイントをまとめました。

転職支援サービスの内容を確認

転職サイトやエージェントに下記のようなサービスがあると、転職活動に役立ちます。

【転職サイト】

自己分析ツール、職務経歴書作成ツール

サイトによっては自己分析ツールや書類作成ツールを利用できるところもあります。自己PRの作成や書類準備に活用できるため便利です。

検索条件の保存、ブックマーク機能

求人検索をスムーズに行うための機能です。検索条件の保存機能があれば、毎回条件を入力し直す必要がなく、スムーズに検索を行えます。さらにブックマーク機能があれば、気になる求人情報をまとめて検討することができます。

【転職エージェント】

エージェントによる勤務条件や給与の交渉サービス

転職エージェントの担当者が労働条件の交渉を代行してくれるサービスです。企業と直接交渉することなく、勤務形態や給与について交渉できるため重宝します。

求人掲載数が多いところを選ぶ

目指す業界や仕事が決まっていて、色々な会社を比較したいという方は求人掲載数の多いサービスを利用しましょう。職種や働く地域、社風などから譲れない条件を決めておくと、志望先を絞りやすくなります。

複数のサービスを利用し、幅広く情報を集めることも有効です。

目指す業界・職種に強いところを選ぶ

介護士やSEなど、将来的に専門技術が必要な職種や業界内での転職が多い仕事を希望している人は、業界や職種に特化した転職サービスの利用がおすすめです。

また、サービスによっては「若手向け」「ハイキャリア向け」などのように利用者のターゲットを定めているものもあります。登録前に確認しておきましょう。

転職アプリを活用する

「仕事が忙しくて転職活動している暇がない!」という方には、スマホ1つで始められる転職アプリがおすすめです。

ブラウザからの閲覧に比べて表示速度が早く、すぐサイトにアクセスできるので、休憩中や寝る前などのスキマ時間にも手軽に情報を収集できます。

プッシュ通知などの機能面や操作性で優れている点も多く、アプリ1つでそのまま求人情報に応募し、選考に進むことも可能です。

さらに、アプリで転職マナーを学んだり、面接対策を行ったりといった利用法もあります。

※転職で使えるアプリについて詳しくは→仕事探しに役立つ求人アプリ10選!

まとめ

業界や職種についてしっかりとした知識を持っていれば、未経験からの転職も可能です。

自分の転職スタイルに適した転職サイトやエージェントを選び、転職を成功させましょう。

  • HOME
  • 転職におすすめの業界・職種や資格まとめ|未経験OKなのは?