京都で転職したい!最新の転職事情大公開

更新

観光で京都を訪れて以来、いつかは暮らしてみたい、働いてみたいと憧れる方も多いのではないでしょうか?

京都といえば観光地のイメージがある一方で、実は製造業にも強いという特徴があります。京都のリアルな転職事情をご紹介します。

求人はものづくり&観光の二本柱

京都市内様子2018年現在、京都の雇用状況は数字を見る限りでは好調のようです。

京都の2018年3月の有効求人倍率は1.62倍で前年同月比より増加しています。年間を通しても、ゆるやかではありますが、右肩上がりに上昇しています。
有効求人倍率の全国平均(同月)が1. 59倍であることから、全国よりやや高め。ただし、現金給与総額は、245,402円(2018年2月)で前年同月と比べてマイナス0.1%となりました。

世界的にも有名な企業が多く存在することからも製造業が強く、多くの観光客をおもてなしする観光業も発展しています。

※参照:「京都府の雇用失業情勢(京都労働局)」「府の賃金・労働時間・雇用(京都府)」「職業紹介-都道府県別有効求人倍率(独立行政法人 労働政策研究・研修機構)」

京都は技術力の高いハイテク工業都市

京都の製造業を代表する伝統的な工業(織物)意外かもしれませんが、京都はものづくりが強い都市です。京都府の製造業の労働者数は、観光業と接点がある卸売・小売業に次いで多く、世界的にも有名な企業が多く存在します(2018年3月 毎月勤労統計調査 平成30年3月分結果速報「常用雇用及び労働異動率」より)。

具体的には現代的なハイテク工業のほか、西陣織や友禅染など、京都を代表するような伝統的な工業が京都の経済を支えています。もともと京都には伝統産業で培った技術力があり、さらに京都大学などの研究環境が日々技術を進化させています。それらを武器に、特定分野において国内&世界でトップシェアを誇る有名企業が名を連ねています。南北、縦に長い京都のうち、製造業は県内全体でさかんです。

求められる職種としては、技術職や工場での製造職、製品を国内外へ運搬する運輸職などがあります。

京都に本社のある企業

製造業で京都に本社を置く代表的な企業は以下のとおり。独自の技術力で世界に進出している企業が多いのも特徴です。

京セラ
ファインセラミック技術を幅広い事業に展開し、太陽光発電や携帯電話の分野も展開中。京都が誇るグローバル企業のひとつ。

オムロン
家庭用血圧計は世界シェアNO1!世界全体でも約50%を占めています。

村田製作所
電子部品の製造で海外シェアを伸ばしています。売上の92.6%(2017年3月期)が海外というグローバル企業。

ローム
携帯電話やテレビ、パソコン、タブレットなど電化製品の部品として欠かせないトランジスタとダイオードで世界トップシェアです。産業機器市場でも成長中。

島津製作所
日本で初めてⅩ線写真の撮影に成功し、医療用Ⅹ線装置のパイオニアとして様々な発明をしてきました。2002年サラリーマンとしては初となるノーベル賞を受賞した田中耕一氏が在籍していたことでも有名。

ほかにも、任天堂やワコール、タキイ種苗なども有名です。

観光業に関連した求人が増加中

製造業が強いとはいえ、「京都といえば観光」という印象を持つ方も多いのではないでしょうか? そのイメージどおり、とくに京都市を中心に旅館、飲食店、小売店などが数多く軒を連ねており、他の県と比べると求人も豊富です。ただし、非正規の求人が多いことに注意しておきましょう。

京都ハローワークによる2018年3月分の「求人・求職バランスシート」のなかで観光業に関わる求人数をみると、販売業は求人倍率2.34倍、サービス業のうち、接客・給仕が2.68倍、調理が2.92倍になっています。
この内訳を非正規に限ってみると、販売業で2.41倍、接客・給仕が5.87倍、調理が4.02倍となっており、求人数は多いが求職者は少ないという現状がみられます。
※参考:求人・求職バランスシート

また、観光客の中には外国人も多いため、どの職種も英語をはじめとした外国語でのコミュニケーションが可能な人材が求められています。観光施設や伝統産業の体験施設などでもスタッフの募集が行われることがあります。

ベンチャー&研究志望は注目の学究都市

自動車の排ガス分析機器で世界の8割のシェアを誇り、「ベンチャー企業の元祖」ともいわれていた堀場製作所など、京都には数多くのベンチャー企業があります。大学が多くアカデミックな環境に恵まれているため、今までにない新しい研究や技術を生み出そうというベンチャー精神が生まれやすいからでしょう。
行政としても、この分野に力を入れていて、京都府南エリアの山城地域には、「関西文化学術研究都市」が整備され、研究施設・研究開発型の産業施設の立地が進んでいます。産・学・公の連携で研究を進め、産業化することで地元企業に付加価値をつけることを目指しています。

理系出身の研究者志望の方、新たな研究に関わりたいという技術者にはチャレンジできる土壌があるといえます。

コラム:雇用の拡大に期待大!?「2020年に向けた観光業の強化」「文化庁の移転」

「ラグビーワールドカップ2019」「2020東京オリンピック」「関西ワールドマスターズゲームズ2021」など、世界的なスポーツ大会が控えています。日本が話題になるとともに京都にも注目が集まることでしょう。
そして、今後の外国人観光客の増加にともない、観光業の市場規模の拡大や雇用の増加にも期待が高まっています

また、文化庁の京都移転が決定したことで、雇用の増加も期待されています。そういった点からも、京都への転職市場は明るいと予測できるでしょう。

京都の求人情報を探すならここ

転職を考えている男性京都の転職事情をチェックした後は、いよいよお仕事探し。
大阪から通勤圏の京都は、全国展開の大手転職サイトやエージェントによる求人情報が充実しています。

各ジャンルごとに求人数や利用法をご紹介しましょう。

まずは大手の求人サイトをチェック

求人を探すに当たって、一番に見たいのが求人サイト。京都は他の地方に比べて地元特化の求人サイトは少ないようですが、その分大手サイトの情報が充実しています。
特に京都府の求人が多く掲載されているサイトは以下の通りです(2018年5月現在)。

DODA(パーソルキャリア) 1821件 
マイナビ転職(マイナビ)  857件
リクナビNEXT(リクルートキャリア) 761件 
エン転職(エン・ジャパン) 566件 
はたらいく(リクルートホールディングス) 55件

いずれのサイトでも毎日新着の情報が掲載されるので、こまめにチェックすることが希望の職種に就くためのポイントとなるでしょう。

また、「そのサイトにしか載っていない求人〇%」というふうにオリジナリティを打ち出しているところもあるので、いくつかのサイトに希望条件を登録しておき、こまめに見比べるのがおすすめです。

転職エージェントの厚葉方法

転職エージェントとは、プロのキャリアカウンセラーがカウンセリングを行い、求職者に最適な企業を無料で紹介するサービスです。

例えば以下の様なサポートが受けられますので、働きながら転職活動をする忙しい方、時間をかけても自分に合った仕事を見つけたいという人におすすめです。
また、UIJターン希望者とっても、現地に行った際に何社かまとめて面接をセッティングしてもらえるなどの利点があります。

・自分のキャリアや適性に関する客観的なアドバイス
・履歴書、職務経歴書の書き方指導
・企業に合わせた面接対策
・推薦状をつけての応募、面接日時の設定
・内定後の年収、諸条件の交渉
・高収入案件やIT業界など特定分野への強みがある

エージェントによって得意ジャンルが異なり、担当者との相性も大事なので、はじめは2~3社に登録して比較。自分に合ったところにしぼっていくのがおすすめです。おすすめの転職エージェントをいくつかご紹介します。

リクルートエージェント(リクルートキャリア)

業界最大手の転職エージェント。京都府の求人数も多く、業界やポジションに関わらず幅広いユーザーから支持を得ています。非公開案件の多さも目立ちます。

DODAエージェントサービス(パーソルキャリア)

業界ナンバー2の転職エージェント。大手有名企業からベンチャー企業まで、幅広い仕事の中から自分にあった求人を探せそうです。

コトコト(株式会社ヒトコト)

京都に特化した転職エージェントです。大手ほど求人数は多くありませんが、より京都に密着した求人を探したい人は登録してみるといいでしょう。

公務員として観光業に関わるには

京都市役所京都市は公務員の年収が政令指定都市のなかでとりわけ高いため、人気の職業です。とくに公務員として観光の仕事に関わりたいと思う人も多いようです。

京都市には産業観光局の観光MICE推進室という部署があり、観光の仕事をするなら、ここに配属される必要があります。
ここでは、観光資源の保護や整備、観光施設、観光振興対策、国内外への観光宣伝、観光客の誘致、宿泊環境の整備など、行政の面から観光に関われます。

京都市で公務員として働くためには、定期的に実施される職員採用試験のうち、一般事務職の行政職を受験。転職組の場合は、11月に民間企業等職務経験者 一般事務職 採用試験が予定されています。
現在 27~59 歳で、 直近 7 年間に 5 年以上の職務経験があることが条件となっています。

試験にパスしたからといって必ずしも観光職に就けるとはかぎりませんが、従事したい業務内容や開発したい能力などを申告する制度を設けているので観光への熱き思いをアピールするチャンスはあります。
※詳しくは→京都市職員採用案内ページ

コラム:転職にご利益のある京都の神社

京都には色々なご利益のある神社があります。その中でも転職にご利益があるとされている神社をご紹介します。

口入稲荷神社(荒木神社内)

狐の口入人形口入稲荷神社は伏見稲荷大社の裏参道にある荒木神社の敷地内にあります。口入とは紹介、仲介、斡旋するという意味です。
縁結びの神様として有名ですが恋愛や結婚だけではなく、就職や求人などでも人と人を繋ぐとされています。
稲荷で神のお使いとされる狐の「口入人形」が人気です。夫婦と仲人の三体セットで、願いが叶うと神社にお返しするのが習わしとされています。

京都府京都市伏見区深草開土口町12-3
075-643-0651
JR奈良線「稲荷」駅から徒歩8分
京阪本線「伏見稲荷」「鳥羽街道」駅から徒歩9分

出世稲荷神社

出世稲荷神社戦国時代に初めて天下を統一した豊臣秀吉が建てたといわれているため、出世を成し遂げた秀吉にちなんで「出世稲荷神社」と呼ばれています。
出世開運・勝負運の神様として信仰されていて、10種類もの福が授かるといわれています。
なかでも、開運出世、地位名望、生業大繁栄、金銀財宝など出世にまつわるご利益が多いとされています。白い鈴に赤字で「出世」と書かれたお守り「出世鈴」が人気です。

京都市左京区大原来迎院町148
075-744-4070
京都駅から京都バス大原行き「大原」バス停から徒歩10分

京都ならではの憧れの仕事に就くには

京都観光をしている外国人観光客世界各国から京都を訪れる外国人観光客と交流することで日本にいながらグローバル体験ができたり、先代から受け継いだ技術を現代流にアレンジして世界に発信する若手職人集団が注目されたり……。

語学力を生かした観光の仕事や伝統工芸の職人の世界は京都ならではの魅力ですよね。

具体的にどんな働き方や仕事があるのかご紹介します。

語学力をいかして外国人観光客と交流

語学力を生かしながら、外国人観光客との交流を深められるのも京都で働く魅力ですよね。最近、バックパッカー向けのゲストハウスが増えているのでアルバイトとして経験を積みながら、独立開業のチャンスを狙うのもありでしょう。

施設によっては正社員での募集や経験によってはマネージャー候補を募集していることもあります。ゲストハウス専門の求人サイトなら効率よく求人をチェックできます。
※詳しくは→やどびと

▼ゲストハウスのスタッフ 求人の一例
社員・契約社員
月間平均労働時間175時間の場合/月収157,500~177,500円
2年目/月収175,000~195,000円
※以降、1年毎に昇給あり

伝統工芸の職人になりたい!

西陣織や京くみひも、京扇子など京都には数多くの伝統工芸の世界があります。歴史ある職人の世界だけに厳しい部分もあるものの、後継者不足が悩みの種でもあります。
この技術を学びたいという職人を見つけて直接、弟子入りを志願すればチャンスがあるかもしれません。また、タイミングがあえばハローワークで募集していることも。求人の一例をご紹介します。

▼西陣織物製織の職人
特殊織物製織に関する全般業務(着尺・帯地の製織)  
製織、織機のメンテナンス 
基本給(月額換算・月平均労働日数 22.3日) 160,000円~250,000円

仕事旅行
旅と職業体験が一度に経験できる大人のための自分磨きサービス。プロの職場を訪問して、職業体験できます。時期によって、体験できるプログラムが変わるのでまめにチェックを。京都は西陣織や和ローソクの職人体験など。

憧れの舞妓・芸妓の気分を味わうには?

京都といえば舞妓や芸妓に憧れる方もいるでしょうが、残念ながら年齢制限があります。未成年での入門をして5年間、舞妓として修行を積み、その後、芸妓として活躍するというルートなので転職世代の方は難しいでしょう。
でも、舞妓や芸妓気分を体験することは可能です。衣装やメイクを施して記念撮影をする観光プランや、元芸妓による体験プランなら現役時代の裏話を聞けそうですね。

コラム:町家で暮らして京都気分を満喫!

町家イメージ憧れの京都で新生活を始めてみたい! と考えている人の中には、お仕事だけではなく住まいにも京都らしさを感じたいと野望を燃やしている人もいるのではないでしょうか。

旅行者向けに町家にステイできるプランはありますが、定住者向けにも町屋を貸し出す専門サイトもありますのでチェックしてみてください。

ルームシェア、ファミリー向けの物件も充実。京都の最新の賃貸住宅情報を知れます。

※詳しくは→京都の貸家、町家、借家の専門サイト「京都カーサ」

まとめ

いかがでしたか? 古都・京都といえば観光の仕事ばかり、というイメージを持っていた方も、製造業の強さやベンチャー企業の豊富さを知って、京都で働くイメージが変わったのではないでしょうか。

京都での転職を成功させて、新たな一歩を踏み出しましょう!

  • HOME
  • 京都で転職するなら要チェック!最新の転職事情を公開