転職会議で分かること、分からないこと・・・信憑性は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
口コミイメージ

人生の大きな転機となる転職。それだけに、入社してから「聞いてないよ…」「こんなはずじゃ…」ということになるのは避けたいものです。

そんな時に参考になるのが、その企業で働いた経験のある人たちが書いた口コミが読める「転職会議」というサイト。ここでは、転職会議でどんな情報が得られるのか、ほかの口コミサイトとどう違うのか、そして気になる口コミ情報の信憑性についてご紹介していきます。

【目次】
1.転職会議ってそもそも何?
現役社員や元社員が書く企業の口コミが見られる
口コミサイトには「キャリコネ」「Vorkers」なども
2.転職会議で何が分かる?
会社の評判が分かる
社風が分かる
給与水準が分かる
口コミを閲覧するには「自分で投稿」か「お金を払う」
3.転職会議、キャリコネ、Vorkers…口コミサイト、どこが違う?
一目で分かる! 3サイトの違い
掲載企業数は最多。社風を知りたいなら転職会議
キャリコネは年収情報が充実。独自取材によるコンテンツも
ランキングが豊富なVorkers。チャートを重ねて比較できる
業種・業界にも違いが
4.転職会議の口コミ、信憑性は?
コピペ禁止で信憑性は担保されている
とはいえ正しい情報ばかりとは限らない
口コミは参考程度に
5.まとめ

1.転職会議ってそもそも何?

現役社員や元社員が書く企業の口コミが見られる

転職会議トップイメージ転職会議とは、現役の従業員や元従業員が書き込む企業の口コミを見ることができるサイトです。インターネットメディア運営会社の株式会社リブセンスが2010年7月に開設したサイトで、60万5,441社(2016年1月8日現在)に関する口コミが掲載されています。

転職会議に掲載されているのは、企業に関する口コミ(コメント)と、アンケートに基づく企業の評価。口コミはその企業に勤めた経験のある人しか書き込むことはできませんが、アンケートには取引先や社員・元社員の知人・家族といった人も答えることができます。具体的にどんな情報が掲載されているかは「2.転職会議で何が分かる?」で詳しくご説明します。

転職会議では、口コミや評価に加え、その企業の求人情報を見ることもできます。求人情報を提供しているのは、「DODA」(インテリジェンス)や「マイナビ転職」(マイナビ)などの大手転職サイト。気になる企業の求人があれば、クリック一つで転職サイトの応募ページに飛ぶことができます。

転職会議の利用は無料です。企業の評価は会員登録をしなくても見ることができます。口コミを見るには、自分が勤めた経験のある企業の口コミを投稿する必要がありますが、お金を支払うことで一定期間、閲覧することも可能です。

口コミサイトには「キャリコネ」「Vorkers」なども

転職口コミサイトは転職会議だけではありません。主な転職口コミサイトには、転職会議のほかに次のようなサイトがあります。

キャリコネキャリコネトップイメージ

株式会社globalwayが運営。2007年5月オープン。口コミ掲載企業数は43万9,180社(2016年1月8日現在)。

Vorkers

Vorkersトップイメージ株式会社Vorkersが運営。2007年6月オープン。口コミ掲載企業数は4万3,081社。(2016年1月8日現在)

いずれのサイトも企業の口コミと評価を掲載していますが、口コミや評価の項目、どんな情報が充実しているかには違いがあります。「3.転職会議、キャリコネ、Vorkers…口コミサイト、どこが違う?」では、転職会議とこれら2つのサイトを比較しながら、それぞれのサイトの特徴をご紹介していきます。

2.転職会議で何が分かる?

会社の評判が分かる

転職会議では、従業員や元従業員とその知人・家族、取引先といった人たちから見た会社の評判が分かります。こうした人たちに対するアンケートをもとに、次の10項目について5点満点で評価し、総合評価も公開しています。

【転職会議の評価項目】
(1)給与水準
(2)企業の安定性
(3)企業の成長性、将来性
(4)仕事のやりがい
(5)企業の理念と浸透性
(6)ブランドイメージ
(7)社員の雰囲気
(8)入社難易度
(9)福利厚生
(10)教育、研修制度

レーダーチャートサンプル評価では点数しか分かりませんが、口コミでは下のような項目に対して従業員や元従業員のコメントを見ることができます。

さらに、(6)と(7)を除く8項目についてはレーダーチャート(グラフ)で示され、企業の評判をぱっと見て視覚的に把握できるようにしてあります。複数の企業を比較するときには、このレーダーチャートを見比べると便利です。

【転職会議の口コミ項目】
・仕事のやりがい、面白み
・年収、評価制度
・スキルアップ、キャリア開発、教育体制
・福利厚生、社内制度
・事業の成長性や将来性
・社員、管理職の魅力
・社長の魅力
・ワークライフバランス
・女性の働きやすさやキャリア
・入社理由、入社後に感じたギャップ
・退職理由、退職検討理由
・入社対策

社風が分かる口コミを見れば、「入社後の給与の伸びはどうなっているの?」「会社案内には女性が働きやすい職場って書いてあったけど本当かな?」「面接では残業は少ないって言っていたけど、本当のところはどうなの?」といった疑問も解決できるかもしれません。

社風が分かる

転職会議社風サンプル転職会議では、会社の社風も知ることができます。やりたいことができ、労働条件にも納得して転職しても、いざ入社したら「何か雰囲気が合わないな」と感じた経験を持っている人も少なくないでしょう。

そうならないためにも、事前に会社の社風は知っておきたいものです。転職会議には、以下の項目について5段階でその会社がどのあたりに位置しているかを示す図が掲載されています。

【転職会議の社風の評価項目(1)
・女性中心←→男性中心
・若い人が多い←→年配者が多い
・仕事が多い←→仕事が少ない
・実力主義←→年功序列
・トップダウン←→ボトムアップ
・体育会系←→頭脳系
・堅実な社風←→挑戦的な社風
・成果に厳しい←→過程を評価
・論理・規則に従う←→感情・調和に従う
・チーム重視←→個人重視

また、次の項目については、「当てはまる」と答えた人の割合を掲載しています。

【転職会議の社風の評価項目(2)
・クラブ活動が盛ん
・イベントが盛ん
・美女が多い
・美男が多い
・社内恋愛が多い
・長く働ける
・起業が盛ん
・オシャレな人が多い
・合コンが盛ん
・風通しが良い
・育児介護休暇がある
・オフィスがきれい
・英語を使う

社風の評価はアンケートに基づくもので、従業員や元従業員に加え、家族や知人、取引先といった人の評価も含まれています。

給与水準が分かる

転職先を検討するにあたって重要な要素である給与。転職会議には年収に関する口コミ項目があり、従業員や元従業員が具体的な年収の額を投稿しています。

口コミでは、年収の額以外に、書き込んだ人の年代や職種、役職も知ることができますし、コメントの中には給与体系や評価制度について書かれているものもあります。

転職サイトや企業からの情報で入社時の給与は分かっても、5年後、10年後にどれだけもらえるか把握するのは難しいもの。口コミを参考にすれば、将来のおおよその給与水準を予想することもできるでしょう。

口コミを閲覧するには「自分で投稿」か「お金を払う」

転職会議の利用は原則ですが、口コミを見るには会員登録をした上で次の2通りの方法のうちいずれかを行う必要があります。なお、上でご紹介した企業の評価と社風の評価は、以下の方法をとらなくても誰でも見ることが可能です。

自分で口コミを投稿する

1つ目は、自分が現在勤務している、あるいは過去に勤務した経験のある企業の口コミを投稿する方法です。口コミの投稿は上で紹介した項目ごとに行うことになっており、1項目投稿するごとに39日間、転職会議に掲載されているすべての口コミを見られます。口コミは1項目につき100文字以上と決められています。

980円(税込み)を支払う

「口コミを投稿するのが面倒くさい」「従業員が少ないので書き込んだらバレそう」といった人のために、口コミを投稿しなくても980円(税込み)で39日間見られる方法も用意されています。支払い方法はクレジットカードのみで、VISAとAmerican Express、MasterCard、JCBが使えます。

3.転職会議、キャリコネ、Vorkers…口コミサイト、何が違う?

疑問

転職口コミサイトには、転職会議のほかにもいくつかのサイトがあることは「1.転職会議ってそもそも何? 」でもご紹介しました。いずれのサイトも、評価と口コミという基本的な構成は同じですが、それぞれに特徴があります。それぞれのサイトの特徴を知っておくと、知りたい情報にアクセスしやすくなりますので、参考にしてみてください。

一目で分かる! 3サイトの違い

まずは転職会議とキャリコネ、Vorkersについて表にまとめましたので、ご覧ください。

3サイト比較表

それでは、ここから3つのサイトの特徴を詳しくご紹介していきます。

掲載企業数は最多。社風を知りたいなら転職会議

3つのサイトの中で掲載企業数が最も多い転職会議。超大手企業から中小企業、ベンチャー企業まで幅広くカバーしています。

ほかのサイトと比べて特に充実しているのは、社風に関する情報。2.の「社風が分かる」でもご紹介した通り、社風については細かく評価項目が設定されています。「この会社はどんな雰囲気なんだろう」「社風は合うだろうか」といったことが気になる方は、転職会議を使ってみるといいかもしれません。

キャリコネは年収情報が充実。独自取材によるコンテンツ

キャリコネは年収の情報が充実しています。企業の評価ページには平均年収が記載されていて、20代、30代、40代の世代別最高年収も表示しています。

また、従業員や元従業員が登録した給与明細を公開しているのも大きな特徴の一つ。月給は「基本給」「時間外手当」「住宅手当」「家族手当」「役職手当」「資格手当」「通勤手当」「その他手当」、賞与は「定期賞与」「インセンティブ賞与」「決算賞与」と項目ごとに細かく金額を知ることができます。

さらに、転職や企業に関するコンテンツが豊富に用意されているのも特徴です。中には、給与や給与体系、社内事情について現役社員に独自取材した記事もあり、読み物としても楽しめます。

ランキングが豊富なVorkers。チャートを重ねて比較できる

Vorkersは口コミ評価に基づく企業ランキングが豊富です。転職会議は総合評価ランキング、キャリコネは働きやすい企業ランキングのみですが、Vorkersはレーダーチャートの評価項目すべてについてそれぞれランキングを作成しています。

業種ごとのランキングも用意されており、気になる会社の業界での立ち位置を調べたり、複数の企業を比べたりする際に役立ちます。

また、2つの企業のレーダーチャートを重ね見ることもできますので、こちらも企業の比較には便利です。

業界・業種にも違いが

このようにそれぞれ違いのある転職口コミサイトですが、掲載されている企業の業界・業種の傾向も異なっています。下の表は、3つのサイトに掲載されている企業の業界・業種別の数を多い順から並べたものです(業界・業種の分類はサイトによる)。

転職会議業界・業種表

キャリコネ業界・業種表

Vorkers業界・業種表

それぞれのサイトで最も掲載企業数の多い業界・業種は、転職会議が「建築・建設・設計・土木」、キャリコネが「サービス業」、Vorkresが「Sier、ソフト開発、システム運用」となっています。気になる企業の業界・業種に応じてサイトを使い分けるといいかもしれませんね。

4.転職会議の口コミ 信憑性は?

転職会議は、企業で働いた経験のある人の口コミを見られる便利なサイトですが、やはり気になるのは情報の信憑性。ここからは、転職会議などの転職口コミサイトに掲載されている口コミの信憑性について解説していきます。

コピペ禁止で信憑性は担保されている

転職会議をはじめとする転職口コミサイトは、口コミの信憑性を担保するため、それぞれ独自のルールを設けています。

転職会議では、投稿は1項目につき100文字以上の入力を必須とし、コピー&ペースト(コピペ)もできないようにしています。わざと面倒にすることで投稿のハードルを上げ、不適切な投稿を防ぐためです。ほかの転職口コミサイトも同じようなルールを設けており、投稿の文字数はキャリコネが130文字以上、Vorkersは500文字以上と決めています。

掲載前のチェックも行われており、転職会議の場合、プライバシーの侵害や名誉毀損に当たるような投稿は掲載していません。キャリコネやVorkersも投稿された情報に不適切なものがないかチェックしています。

とはいえ正しい情報ばかりとは限らない

なりすましイメージこのように各サイトとも不適切な投稿を防ぎ、信憑性を高めるための取り組みを行っていますが、それでもすべての情報が正しいとは限りません。

他人になりすまして口コミを投稿することも不可能ではありませんので、例えば、悪意を持った人が企業をおとしめる意図でウソの書き込みをすることもありえるでしょうし、逆にイメージアップのために企業が自分の会社を絶賛するような口コミを投稿することもないとは言い切れません。

事実、転職会議を含む転職口コミサイトは、口コミの正確性や信頼性は保証しないということを、利用規約で定めています。

弊社は、ユーザーによって投稿される情報の合法性、道徳性、信頼性、正確性について責任を負いません。

(転職会議「利用規約」)

転職会議などの口コミサイトに掲載されている口コミは、こうした面倒な手順を踏んだ人が投稿したものです。サイトの利用者の多くは転職を検討している人であるため、こうした人が口コミを見るために投稿した情報には、会社に対する何らかの不満が反映されている可能性が高いと考えられます。加えて、口コミを投稿している人はどんな人なのか、ということにも注意が必要です。

転職口コミサイトに会員登録をするためには、自身の学歴や職歴、転職を希望する業界・職種など多くの情報を登録しなければならず、手間がかかります。口コミの投稿も一定以上の分量を求められますので、こちらも結構な手間です。

逆に「今の会社に何の不満もない」という人は、わざわざ手間をかけてまで口コミを投稿する可能性は低く、全体的な傾向として口コミはネガティブな情報が多くなりがちであるということは押さえておくべきでしょう。

口コミは参考程度に

転職会議をはじめとする転職口コミサイトに投稿された情報は、すべてが正しいとは限りません。情報に偏りがあるかもしれないということも頭の片隅に置いておく必要があります。

また、同じ物事でも見方や感じ方は人によって違うということも忘れてはいけません。ある人がイヤだと思ったことでも、あなたにとっては楽しいと思えることかもしれませんし、その逆もありえます。口コミを書いた人の感じ方を、そのままあなたの感じ方として受け取ってしまうと、間違った判断をしてしまいかねません。

口コミの情報をそのまま鵜呑みにするのは危険ですので、口コミの情報は参考程度にとどめるのがよいでしょう。転職先を判断する際には、企業のホームページや求人情報サイト、新聞・業界紙、会社四季報、転職イベントで企業の担当者から直接聞いた話など、さまざまな情報を検討することが重要です。

5.まとめ

転職会議は、企業に勤めた経験のある人の生の声から、転職活動をしていて気になる企業の評判を知ることができるという利点がありますが、口コミの情報がすべて正しいとは限らないということには注意しておく必要があります。

実際に転職先を決める際は、口コミの情報だけに頼るのではなく、さまざまな視点から企業を見て判断することが重要です。