転職×天職 > 半導体業界での転職 > 半導体用語辞典 一覧 > 半導体業界転職の可能性

半導体業界の動向から見る、職種軸・異業界転職の可能性

■半導体関連業界の現状と今後

世界的な好景気が続いてきた半導体関連業界も、2007年後半くらいから、好調を持続している企業とそうでない企業との明暗が分かれはじめているようです。

まず、半導体デバイスメーカー。引き続き活況が続く自動車、デジタル家電、モバイル(携帯電話)、ゲーム機器…といった業界に深く入り込んでいるメーカーは、依然として好調が続いています。特に目立ったのが日系メーカー。

2007年に売上高を伸ばした半導体ベンダートップ20の中で最も成長率が高かったのがソニー(前年比56.8%アップ)、2位が東芝(同24.1%アップ)でした。3位は米国のクアルコムとなっています。逆に、前出の好調業界に食い込みきれなかった半導体デバイスメーカーは伸び悩む傾向が見られました。

デバイスメーカーとともに注目される半導体製造装置メーカーはどうでしょうか。こちらも半導体需要の高まりを受けての受注増が続いていましたが、2008年以降は一段落する可能性が指摘されています。デバイスメーカーが最新設備を導入した結果、大幅な増産が可能となり、世界的に半導体の値崩れの芽が出てきているためです。そのため、デバイスメーカーとしてはさらなる設備投資には慎重になるのではないかといわれています。

半導体関連業界は、今後も大口需要先である自動車、家電、モバイル…など各業界の動向、さらには世界的な景気の動きに影響を受けながら推移していくものと思われます。

半導体業界での転職 トピックス

半導体業界特集
半導体業界特集

半導体業界担当コンサルタントが選ぶ優良企業情報や、日米半導体業界の最前線で20年間マーケティング分析を行ってきた石田氏による、日本半導体業界の激動の20年史を特集

自動車部品業界特集
自動車部品業界特集

次世代の環境対応車への積極的投資が見込まれており、機械系エンジニアのみならず、電気電子・ソフトウェア・化学系エンジニアの注目度が高まっています。(08.12.19掲載)

外資系大手自動車部品メーカーの動向と企業レポート
外資系大手自動車部品メーカーの動向と企業レポート

今、外資系大手自動車部品メーカーは、ビックビジネスを成功させるための拠点としての日本進出を強化しています。外資系企業の日本参画に伴う転職市場の変化をお伝えします

無料天職サポートを利用する

コンサルタント紹介

一部の半導体業界コンサルタントを紹介します。

半導体用語辞典半導体用語辞典はこちら

半導体業界への
無料転職サポート

  • 半導体関連求人情報や転職に役立つ情報のご提供
  • 応募書類、面接、退職手続き等のアドバイス
  • 給与、入社時期交渉の代行

…など

たいせつにしますプライバシー 17001920

転職×天職を運営する(株)クイックは、個人情報保護に取り組む企業を示すプライバシーマークを取得しています。