転職×天職 > 金融の転職求人特集 > 個人営業の転職研究室

個人営業の転職研究室

個人営業は法人営業と並んで金融機関の活動の根幹を支える職種です。その職務内容は銀行・証券・保険・ノンバンクといった業界ごとで細かく分類されますが、例えば銀行の個人営業であれば預金の獲得に加え、投資信託・国債・外貨などの金融商品の販売や運用のアドバイスや、住宅ローンなどの個人ローンの販売など多岐に渡ります。
景気が上昇局面を迎えている中で、個人営業の求人数もバブル崩壊後の長い低迷期を脱しつつあり、個人営業の求人も急速に出てきている状況です。数年前まではあまり目にすることのなかった40歳以上の求人も、雇用形態にややばらつきはありますが、その数はかなり増えてきています。

勝ち組の法則 個人営業の転職成功者カルテ

  • ■ 前職
  • 業種:大手日系証券会社
  • 職種:リテール営業
  • 年収:350万円
  • ■ 転職後
  • 業種:大手外資系銀行
  • 職種:プライベートバンカー
  • 年収:500万円+インセンティブ

勝ち組の法則 個人営業の転職成功者カルテ

金融転職座談会 職種にまつわるエトセトラ - 個人営業転職で失敗しないために -

個人営業(リテール)は法人営業と並んで金融機関の活動の根幹を支える職種である。具体的な職務内容は銀行・証券・保険・ノンバンクといった業界ごとで細かく分類されるため一概に「これが営業」ということは出来ないが、例えば銀行の個人営業であれば、従来から行われていた預金の獲得(特に定期預金)といったものだけでなく、そこから派生して、現在では投資信託・国債・外貨などの金融商品の販売や運用のアドバイスや、住宅ローンなどの個人ローンの販売などへと移りつつある。
個人営業における転職状況は、バブル崩壊後から長く続いていた低迷期をようやく脱しつつある状況で、つい先日も日系大手の銀行が、100人単位の増員を発表したばかりである。こういった状況を受けて、金融業界への転職を考える人の数も増えてきているが、そこに落とし穴はないのだろうか。金融業界を専門とするキャリアコンサルタントに話を聞いた。

金融転職座談会 職種にまつわるエトセトラ - 個人営業転職で失敗しないために -

個人営業転職のQ&A