40歳代の平均年収を徹底分析!あなたの年収を上げるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
40歳 平均年収の図2

40歳代になると、人によって年収に大きな差が出てきます。同窓会で久しぶりに会った同級生が随分と裕福に見えて、複雑な気分になる人もいるかもしれません。

この記事では、世の中の40歳代がいくらくらいの年収をもらっているのか、平均年収のデータをまとめてみました。
また、より高い年収を目指して転職を考えたい人に向けて、転職活動の狙い目の転職先も紹介します。

<目次>
1.40歳代の年収徹底分析
40代前半の平均年収は461万円、後半は486万円
【平均年収の推移】リーマンショックで30万円減…いまだ回復せず
【年代別】40歳以降、年収は上がりにくくなる傾向に
【学歴別】高学歴が年収・アップ率ともに高い
【企業規模別】やっぱり大企業ほど高年収
2.40代で高い給与を得るパターンとは?
高年収な大企業へは早めの転職が吉
産業別でもっとも平均年収が高いのは金融・保険業界!
高収入なら東京都! 少なくとも大都市圏を狙うべし
3.まとめ

1.40歳代の年収徹底分析

40代前半の平均年収は461万円、後半は486万円

「40歳」というピンポイントの平均年収データはありませんが、国税庁の調査によると、40代前半の平均年収は461万円、40代後半486万円です。

男女で比較すると、40代前半は男性が567万円、女性が294万円、40代後半は男性が626万円、女性が292万円です。いずれの年代でも男女では300万円近くの差があります。また、男性は40代前半から後半までで59万円年収がアップするのに対して、女性は2万円年収が減っていることがわかります。

ただしこのデータはあくまでも全雇用形態、全学歴、全企業規模をすべて含んだ平均値です。そのため、大学を卒業して長年同じ会社に勤めている、といった人にとっては「低いな」と感じられる数字かもしれません。

※出典:国税庁 平成27年度民間給与実態統計調査より

【平均年収の推移】リーマンショックで30万円減…いまだ回復せず

同じ調査で直近10年の平均年収の推移を見てみると、リーマンショックのあった2008年が40代前半で494万円あったのに対し、翌2009年は466万円と30万円近く年収が落ちていることがわかります。

その後は上下を繰り返しながら徐々に回復しているものの、いまだリーマンショック前の水準には戻っていません。また、リーマンショック前と比較して、40代前半と後半の年収格差も広がっています。

40代前半、後半の平均年収(男女計)

※出典:国税庁 平成27年度民間給与実態統計調査より

【年代別】40歳以降、年収は上がりにくくなる傾向に

年代別・平均年収とアップ率年代別平均年収のデータを見てみると、30代後半から40代前半は6.7%、40代前半から後半にかけては5.4%平均年収がアップしています。このことから、40代になると残念ながらそれまでのような年収の伸びは期待できないと言えます。

20代では、前半から後半にかけて39.1%も平均年収が伸びていましたが、年代が上がるに連れて徐々にアップ率は低下していきます
もちろん企業によっては、管理職が増える40代に大きく年収をアップする場合もありますが、転職で年収アップを狙う場合は難しくなる可能性が高いでしょう。

また、20代で初任給をもらっていた頃は企業間の年収差が少なかったものの、年代が上がるにつれて人によって年収のばらつきが大きくなることもこのアップ率の低さに貢献していると考えられます。

※出典:国税庁 平成27年度民間給与実態統計調査より

【学歴別】高学歴が年収・アップ率ともに高い

学歴別・40代男女の平均年収今度は厚生労働省のデータから40代の平均年収を試算し、学歴別に見てみましょう。大学・大学院卒と高校卒では40代前半の男性で150万円近く差ができていることがわかります。

女性はもっと差が大きく、40代前半の大学・大学院卒と高校卒の差は約160万円。学歴が高いほうが年収も高い、というのは当たり前のことのようですが、こんなにも大きな差になるわけです。

また、男性で高校卒の場合、40代前半から後半にかけて年収は横ばいとなっていますが、高専・短大卒だと46.5万円、大学・大学院卒だと90.7万円も年収がアップしていることがわかります。学歴が低いほど、若いうちに年収が頭打ちしてしまうと考えられます。

女性も同様に高校卒は横ばいですが、高専・短大卒では14.2万円アップ、大学・大学院卒では36.7万円もアップでしています。ただし、男性に比べて年収の増加率は低め。これは管理職おける女性比率がまだまだ低いことが影響していると考えられます。

ちなみに2013年の内閣府男女共同参画局の調査によると、民間企業において女性が係長になっている割合は14.4%、課長は7.9%、部長は4. %と非常に低い状態です。もし自分が女性管理職である場合は、男性の平均年収をチェックしたほうが実際の年収に近い数値となっているのではないでしょうか。

※出典:厚生労働省 賃金構造基本統計より
計算方法:年収=賃金×12ヶ月として試算(ボーナス等は考慮せず)

【企業規模別】やっぱり大企業ほど高年収

企業規模別・40代男女の平均年収さらに同じデータから、企業規模別の傾向も見てみましょう。
1000人以上が働いている「大企業」では、40代前半の男性が493.4万円、女性が351.5万円と高水準であることがわかります。

一方、100人未満の「小企業」では40代前半の男性が374.9万円、女性が276.0万円と、それぞれ大企業と比べると4分の3程度の給料となっています。

また、年代が上がるにつれて、大企業と中小企業の年収格差が広がっていくことも特徴です。とくに管理職になるなどして大きく昇給する人の増える40代では、大企業と中小企業の年収格差も大きくなるのだと考えられます。

※出典:厚生労働省 賃金構造基本統計より
計算方法:年収=賃金×12ヶ月として試算(ボーナス等は考慮せず)

2.40代で高い給与を得るパターンとは?

高年収な大企業へは早めの転職が吉

tenshokuここまで統計を見てきた中でも、もっとも40代の平均年収に対するインパクトが大きかったのは勤務先の会社規模でした。そのことから、40代で年収アップを目指すのであれば、大企業と言わないまでも少しで規模の大きい会社へ転職を試みるのが近道と言えます。 企業規模が大きい方がベースの賃金が高く、同じ仕事でも高い年収が得られる可能性があるからです。

しかし、40代になってからの転職にはマッチングの難しさがつきものです。自分の経験を生かせる仕事を探すと求人が少なくないことに加え、人材を募集している企業側も40代には高度な専門性や管理職としてのマネジメント経験、これから社風に合わせて柔軟に働いてくれるかなど、要求が多くなる傾向にあります。

そのため、給与アップを目指して転職するのであれば、早めのタイミングが吉。また、自分に合う求人を自力で見つけるのが難しい場合は、経歴を聞いた上でぴったりの求人を紹介してくれる転職エージェントを使用するのもオススメです。

産業別でもっとも平均年収が高いのは金融・保険業界

kinyuu勤務する企業の産業によっても平均年収は異なります。厚生労働省の調査によると、高収入の業界は以下の通り。

1位 金融業・保険業
2位 情報通信業
3位 教育、学習支援業

これは40代前半でも後半でも変わりありません。例えば40代前半男性であれば、1位の金融業・保険業では654.4万円、2位の情報通信業で534.4万円、3位の教育・学習支援業で526.7万円という結果です。

女性に限ると、金融業・保険業よりも情報通信業の方がより高収入です。逆に40代前半の男性で低いのは、運輸業・郵便業353.8万円、サービス業の361.3万円、宿泊業・飲食サービス業367.9万円となっています。

業界をまたいだ転職は、とくに年齢を経てからでは難しい傾向にありますが、例えば経理、財務、広報、人事といったバックオフィス系の仕事であれば産業をまたいでも転職しやすい傾向にあります。
また、技術職としてのバックグラウンドを生かした工場のコンサルタント業や、培った経験を他人に教える仕事など、意外な形で転職できる可能性もあります。

※出典:厚生労働省 賃金構造基本統計
計算方法:年収=賃金×12ヶ月として試算(ボーナス等は考慮せず)

高収入なら東京都! 少なくとも大都市圏を狙うべし

言うまでもなく、東京都の平均年収は高く、労働者全体の平均で459.6万円。全体の平均年収を超えていたのは埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府の7県です。
いずれも企業の集まる大都市圏で、求人の数も地方と比べれば多い地域です。もちろんこういった地域は家賃や物価なども高いため、可処分所得が多いとは一概には言えませんが、高収入を目指すなら東京で働くのが一番の近道でしょう。

40代になると、地方から上京してきて東京や都市部で働いていた人も、親の介護問題などが出てきて地元に帰って仕事を探すか悩み始めるケースが出てきます。その場合も年収のことだけを考えるなら都市部で働くほうがよいでしょう。
ただし、もちろんこういったことは家庭の事情や家族の意見などもあり、一概に年収だけで決めることはできません。もし転居を伴う転職を考えている場合は、年収以外の要素もじっくりと考え、家族と話し合って決めましょう

3.まとめ

こういったことを加味して考えると、「東京都にある大手の銀行」なら高い給与が期待できそうです。メガバンクの有価証券報告書(2016年3月期)を確認すると、それぞれの平均年収は、みずほ銀行が757万円(平均年齢37.8歳)、三井住友銀行が830万円(36.5歳)、三菱東京UFJ銀行が787万円(37.8歳)とたしかに高収入です。

しかし、40歳という年齢でこれからまったく異業種の転職することはあまりおすすめできません。あくまでも、これまで自分が積み重ねてきた経験の延長線上に、年収アップの可能性を見出すことが大切です。
40歳代の平均年収を知り、自分の状況と比較した上で、転職すべきかどうかを一度考えてみてはいかがでしょうか。