企業側が受ける印象とは 履歴書を速達で送る方法

履歴書を速達で出すと「そそっかしい」と悪い印象を与えてしまうのではないかと気になりますよね。

この記事では、履歴書を速達で送ることによって企業側に与える印象や、速達での郵送方法について解説します。

履歴書を速達で送ると失礼?印象悪い?

速達でも印象は変わらず選考に影響はない

履歴書を速達で送ったからといって、人事・採用担当者に対する印象は変わりません。履歴書の到着した順番が選考に影響することは稀でしょう。

期日に間に合いさえすれば、いつ届いたかよりもどんな内容かの方がはるかに重要です。採用担当者の興味を引く内容が書けているか、誤字脱字がないかを改めて確認しましょう。

提出期限まで余裕があるなら普通郵便

提出期限までに余裕がある場合、速達ではなく普通郵便で送りましょう。金額も普通郵便が一番安く済みます。

普通郵便は速達のように「○日以内に届く」という確約はありませんが、提出期限まで目安の配達日数+1週間ほどの余裕があれば、問題なく間に合うでしょう。

コラム:履歴書を速達で送ったら何日かかる?

速達は都内から都内への配達の場合、翌日の午前中に届くとされています。ただし、ポスト投函だと集荷の時間帯によってはさらに日数がかかることも。営業中の郵便局が近くにある場合、窓口での手続きをおすすめします。

また、配達日数は輸送距離によっても変わるため、速達であれば当日中に確実に届くというわけではありません。提出期日が「消印有効」なら締切当日に送っても問題ありませんが、「当日必着」だと速達でも間に合わない可能性があります。

最寄りの郵便局から配達したい地域までの配達日数は、郵便局の公式サイトで調べておきましょう

※参考:お届け日数を調べる | 日本郵便株式会社

ちなみに、関西圏→都内に速達で送った場合も、翌日中には都内の集配郵便局に到着します。郵便局の規模にもよりますが、速達は一日に複数回配達するため、午前中に集荷郵便局に到着した郵便物は、その日のうちに配達してもらえる可能性が高いでしょう。

速達で送っても間に合わないとわかった場合、応募先企業に直接持参するか(※持参が許可されている場合のみ)、あるいは企業に電話して、どうすべきか指示を受けましょう。

履歴書を速達で送る方法|切手料金や封筒の書き方

封筒の書き方配達料金など、履歴書を速達で送る時に知っておきたい情報を解説します。

封筒:ポスト投函なら赤い線を書く

速達で送りたい郵便物をポスト投函する場合、封筒の右上部に太い赤線(朱書き)を引きましょう

ポストに投函する時は封筒に朱書きをする。速達だと見分けが付きやすいように、封筒の右上部に赤い線を表記するようにしましょう。

郵便局に持ち込む場合、窓口で「速達でお願いします」と言えば、朱書きは必要ありません。

料金:基本料金+290円分の切手

履歴書を速達で送る場合、料金は430円になることが多いでしょう(基本料金140円+速達料金290円)。

クリアファイルにはさんだA4サイズの履歴書を角2封筒に入れて送る場合、重さは100g以内、基本料金は140円に収まるのが一般的です。そこに速達料金290円がかかり、計430円分の切手が必要になります。

郵便物の重さと送料料早見表。以下、重さ/料金:中身の目安。 50g以内/120円:クリアファイル+A4コピー用紙 2枚以内。100g以内/140円:クリアファイル+A4コピー用紙14枚以内。150g以内/210円:クリアファイル+A4コピー用紙27枚以内(※中身の重さは、封筒18g・クリアファイル24g・A4コピー用紙1枚4gとして計算)。

ちなみに速達料金も重さに応じて価格が上がりますが、250gまでは290円均一なので、履歴書だけを送る場合、気にする必要はありません。

ポストに投函した場合、切手料金が足りないと郵便物が戻ってきてしまいます。郵便局の窓口であればその場で計量してもらえるので、自宅に計量器がなく不安な場合、切手を貼らずに郵便局に持ち込みましょう

※切手料金について詳しくは→履歴書を郵送する際の、切手料金はいくら?

出し方:郵便局に持参またはポストに投函

履歴書を郵送する時は、郵便局に直接持参するか、コンビニや街中にあるポストに投函しましょう。

ただし、ポスト投函は集荷のタイミングによっては時間をロスするため、提出期限が迫っている場合は、郵便局に直接持ち込む方が無難です。その場合、集荷・振り分けの時間ロスをできる限りなくすために、地域の小さな郵便局ではなく、大きな集配郵便局に持ち込むようにしましょう。

都心部の住宅が多いエリアにおける、主な集配郵便局は以下の通りです。

世田谷区

練馬区

大田区

江戸川区

足立区

コラム:速達・簡易書留・特定記録の違い

郵便には速達以外にも、簡易書留特定記録といった便利なオプションサービスがあります。

  • 簡易書留:日曜・祝日でも配達される。手渡しのため、郵便物が紛失する可能性がほとんどない(+320円)
  • 特定記録:簡易書留より値段が安く、配達状況の追跡サービスが使える(+120円)

履歴書を企業の担当者に手渡ししてもらいたい場合は簡易書留、配達状況を逐一確認したい場合は特定記録を追加でつけると良いでしょう。

ただし、簡易書留は受け取る時に受領印が必要なため、企業にとっては手間になってしまう可能性もあります。

※簡易書留について詳しくはこちら→履歴書の郵送マナー 履歴書を簡易書留で送るのは失礼?

まとめ

速達で履歴書が早く届いたからといって、採用・人事担当者が受ける印象は特に変わりません。大切なのは期日に間に合うことと、履歴書の内容が充実していることです。

履歴書を速達で送る方法は、ポスト投函か郵便局への直接持参があります。急いでいたり、切手料金がわからなかったりする場合は、集配郵便局に持ち込む方が無難です。

  • HOME
  • 履歴書を速達で送る方法|企業側が受ける印象とは