ひとこと解説 東証一部上場とは?何社ある?

更新

東証一部上場という言葉を、ニュースなどで聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?就職活動でもよく見かける言葉の一つです。

この記事では、東証一部上場企業とはどのような意味なのか、就職する際の注意点をわかりやすく解説します。

東証一部上場とは?

まずは東証一部上場の意味について理解しておきましょう。

株式市場にはどのような種類があるのか、証券取引所の種類についてもあわせてご紹介します。

東証一部上場とは東証一部で株取引が行われること

東証一部上場とは、株式市場の一つである東京証券取引所の市場第一部(東証一部)に株式を公開することです。

上場とは、証券取引所で株式を売買できるようにすることで、上場した株式会社はより多くの投資家から会社の資金を集めることができるようになります。

また、東証とは東京証券取引所の略で、その中の市場第一部という株式市場で株式を公開している企業が東証一部上場企業と呼ばれます。

証券取引所には、東京証券取引所のほかに、名古屋証券取引所・札幌証券取引所・福岡証券取引所があります。

各取引所と市場は、以下のようになっています。

各取引場と市場一覧表。以下、取引所名:通常市場|新興市場|プロ市場。東京証券取引所:一部・二部|マザーズ、JASDAQ|あり。名古屋証券取引所:一部・二部|セントレックス|なし。福岡証券取引所:本則市場|Q-Board|なし。札幌証券取引所:本則市場|アンビシャス|なし。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

東京証券取引所には4種類の株式市場がある

東京証券取引所では、東証一部・東証二部・マザーズ・JASDAQ(ジャスダック)の4種類の株式市場を運営しています。

ニューヨークやロンドンと並ぶ世界三大証券市場の一つでもあり、国内だけでなく世界の経済活動を支えているともいえる証券取引所です。

東京証券取引所のそれぞれには、以下の特徴があります。

上場企業の特徴

  • 東証一部上場企業
    …大企業が多く、知名度や社会的信用度が高い
  • 東証二部上場企業
    …中堅企業が多く、東証一部上場企業よりも知名度が劣る
  • マザーズ上場企業
    …ベンチャー企業が多く、東証一部・二部への上場を目指している場合が多い
  • JASDAQ上場企業
    …新興企業が多く、今後成長していく

※上場企業についてより詳しくは→上場企業とは? 意味やメリットをわかりやすく解説

東証一部上場企業は何社? 上場の条件は?

東証一部上場企業の数や上場の条件について詳しく説明します。

東証一部上場企業の数は2,160社

東証一部上場企業の数は2,160社(2019年末時点)です。総務省の調査によると、2016年の日本の企業数は約558万社。

すなわち、東証一部上場企業の割合は日本の企業全体の0.1%以下と考えられ、上場のハードルは非常に高いといえます。

※参照:企業活動|総務省統計局上場会社数・上場株式数|日本取引所グループ

東証一部には日本人なら誰もが名前を知っている企業が名を連ねています。

また、経営が安定しているため福利厚生がしっかりしている会社が多い傾向にあります。

<例>電通グループ、ZOZO、ソニー、資生堂、トヨタ自動車、任天堂、NTTドコモなど

東証一部に上場する条件

東証一部は、上場の基準が最も高い株式市場です。条件の項目は、株主数・流通株式数・時価総額・純資産・利益・設立年数などで、以下のような基準を満たす必要があります。

  • 株主数2,200人以上
  • 流通株式数2万単位以上、もしくは、流通株式数(比率)上場株券等の35%以上
  • 時価総額250億円以上
  • 取締役会を設置して、事業継続年数が3年以上
  • 連結純資産の額が10億円以上
  • 2年間の利益総額が5億円以上、もしくは、時価総額が500億円以上
  • 虚偽記載または不適正意見等がないこと
  • 単元株式数が100株以上となる見込みがあること   など

※参照:上場審査基準|日本取引所グループ

東証一部と東証二部の上場基準の違い

東証二部に上場する場合は、東証一部よりも条件が緩和されます。

そのため、ほとんどの企業はまず東証二部に上場するのが一般的です。東証二部に上場した後、さらに厳しい基準を満たすことで東証一部へ変更します。

東証一部と東証二部の上場基準の違いイメージ。東証二部上場の条件…株主数800人以上・流通株式数4,000単位以上・流通株式数(比率)上場株券等の30%以上・時価総額20億円以上。東証一部上場の条件…株主数2,200人以上・流通株式数2万単位以上・流通株式数(比率)上場株券等の35%以上・時価総額250億円以上。

東証一部上場企業に就職する際の注意点

東証一部上場企業で働きたいと考えている人のために、就職する際の注意点についてご紹介します。

上場企業では英語が必要な可能性が高い

海外展開をしている企業の場合、仕事内容によっては英語が必要な可能性が高いです。TOEICの運営団体による2013年の調査によると、上場企業の75%に業務で英語を使用する機会があります。

東証一部に上場するような大企業は海外進出をしていることが多く、海外と取引を行うグローバル担当などの職種であれば、何らかの形で英語を必要とするといっても過言ではないでしょう。

※参考:2013年「上場企業における英語活用実態調査」報告書|一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会

従業員持株制度について勉強しておく

従業員持株制度とは、従業員が会社やその親会社などの自社株を保有する制度で、上場企業の多くが導入しています。基本的には従業員が給与天引きで自社株を購入して配当金を得るというシステムになっており、福利厚生の一環として自社株購入費の一部を負担する企業もあります。

上場企業に転職した人の中には自社の株と言う安心感や「株=儲かる」というイメージから安易に従業員持ち株制度を利用する方がいますが、投資である以上、損失を被るリスクも存在します。

従業員全員が必ず利用しなければならないわけではないため、知識を蓄えたうえで利用するかどうかを判断しましょう。

気になる企業は株価をチェックしておく

気になる東証一部上場企業があれば、事前に株価をチェックするのがおすすめです。株価の動きは、企業の成長性や将来性を判断する指標となるからです。

株価は発行された株数と、株を購入したい投資家の需要と供給のバランスによって、日々変動しています。どれだけの人がその企業に期待して投資をしているのかを株価から読み取り、会社選びの参考にしてください。

まとめ

東証一部上場とは、東証一部の証券取引所において株の売買ができるようになることです。東証一部はほかの株式市場と比べて審査基準が高く、一部上場企業は限られた大企業のみとなっています。

ただし、すごい企業だというイメージだけで入社を志望すると仕事の大変さで苦労するかもしれません。上場企業に就職したい人は、企業の知名度だけでなくどんな環境でどんな仕事をしたいかをハッキリさせることが大切です。

  • HOME
  • 【ひとこと解説】東証一部上場とは?何社ある?