不安をなくす3カ条と解消法を紹介 新しい職場への不安はどう解消する?

公開

転職や異動した先で、上手くやっていけるのか怖くて不安になることは多いでしょう。中には、明日から新しい職場に出勤なのに、不安で眠れないという人もいるかもしれません。

この記事では、新しい職場への不安をなくすために気をつけるべきポイントを紹介します

新しい職場への不安を解消するには?

ここでは、新しい職場への不安を解消するためのポイントとなる3カ条を紹介します。

新しい職場への不安をなくす3カ条

新しい職場に配属されるときや異動が決まったときは、誰しも「馴染むことができるだろか」「良い印象を与えられるだろうか」といった不安を感じるものです。

新しい職場で少しでも好印象を与えるための立ち居振る舞いや言動をまとめた3カ条を確認してみましょう。

【新しい職場への不安をなくす3カ条】:1.明るい笑顔と大きな声で話すべし。2.素直に話を聞き入れ、社内ルールに従うべし。3.仕事に関することを自ら学び、提案するべし。

1.明るい笑顔と大きな声で話すべし

まずは明るい笑顔と大きな声でコミュニケーションを取るように心がけましょう。

転職初日から不愛想で声が小さい人は、近寄り難いと思われたり敬遠されたりしてしまいがちです。初対面の相手には良い印象を与えたほうが、今後の関係性を築きやすくなるでしょう。

新しい職場では自己紹介を求められることも多いですが、その際はハキハキと元気に話すと好印象です。事前に自己紹介で話す内容を1分程度で考えておくと良いでしょう。

2.素直に話を聞き入れ、社内ルールに従うべし

入社してしばらくの間は、様々な色んな仕事を頼まれることもあるかもしれませんが、まずは何事も積極的にチャレンジすると◎。上司や同僚のアドバイスは素直に聞き、改善しようとする姿を見せると更に良い印象を与えられるでしょう。

中途社員の場合、新入社員のように何でも質問するのは難しいかもしれませんが、独自のやり方で仕事を進めてしまうのはNGです。会社のルールに従わずに自分勝手な行動を取る人は、協調性がないと思われて心証が悪くなってしまう可能性もあります。

新しい職場なりの仕事のやり方やルールがあるので、分からない場合はすぐに聞くようにしましょう。

3.仕事に関することを自ら学び、提案するべし

仕事に関することは、自ら学んでいこうとする姿勢が大切です。積極的に学ぼうとする姿や仕事に前向きな様子は、周りの社員にも良い影響を与えます。

その一方で、前の職場で培った知識やマネジメント手法などをできるだけ伝えてみるといいでしょう。

企業は即戦力となる人物を求めていますが、職場に「新しい風」を吹かせてくれることも期待しています。

ただし、前の職場のやり方を押し付けたり、前職の考え方に固執したりしすぎて、現職の批判にならないように気をつけましょう。

 よくある不安4パターンとその解消法は?

ここでは、新しい職場で感じやすい不安4パターンと、その解消方法を紹介します。

【新しい職場で感じやすい不安4パターン】:1.配属先の人間関係は良好か。2.仕事内容を覚えられるか。3.正当に評価してもらえるか。4.休みは取りやすい環境か。

不安1:配属先の人間関係は良好か

新しい職場で一から働き始めると、「配属先に雰囲気は良いか」「上司や同僚とやっていけるか」など、人間関係に不安を持つ人は多いでしょう。

まずは自己開示をして趣味や好きなものを知ってもらい、話しかけてもらいやすい雰囲気を作るようにするのが、不安を解消するはじめの一歩です。

飲み会やランチにできるだけ参加し、正直に人間関係に不安を抱えていると相談してみるのもありです。職場内の雰囲気や人間関係について訪ねてみても良いでしょう。

不安2:仕事内容を覚えられるか

今までの仕事と異なる業界や業種に転職する場合は、「果たして自分にできるのだろうか」「業務について行けるのか」などを考えて緊張するものです。

まずは、その業界や業種についてできる範囲でリサーチしておくことが、不安を解消するには有効です。入社先の会社が展開する事業やサービスについての理解を深めておくのも◎。事前に自ら学んでおくことで、仕事への不安を解消することができるでしょう。

入社してからは、「分からないことがあればすぐに聞く」のがポイント。新しく覚える仕事だと、いつまでも一人で考えていても分からないこともあるため、すぐに分かる人に話や仕事の進め方を聞いたほうが良いでしょう。

不安3:正当に評価してもらえるか

新しい職場で正当な評価をしてもらえるのかどうかは、実際に一定の期間働いてみないと分からないことなので、不安になる人も多いでしょう。

そんな人は、まずは自分のスキルを最大限に発揮することを心がけて仕事に取り組むことが大切。

また、定期的に上司と「自分に求めている役割」をすり合わせる時間をとると、どのように頑張ればいいのか、どこを評価されやすいのかが分かり、高いモチベーションを保ちながら仕事できるでしょう。

ただし、新しい職場でのペースを掴むまでは、無理をしすぎるのは厳禁です。

不安4:休みは取りやすい雰囲気か

休みが取りやすいかどうかなどの職場の雰囲気については、不安のタネになりやすいです。

入社してすぐに有給休暇など休みについて聞くのは気が引けるので、1ヶ月ほど経ち職場に慣れてきたタイミングで周りに聞くのがベター。有給を取る人があまりいない職場であれば、あえて空気を読まずに申請してみても良いでしょう。

有給を取りにくい職場でも、体調不良などであれば気にせず休んでも問題ありません。新しい環境になれるまでは仕方がないと割り切りましょう。

まとめ

新しい職場で良い第一印象を与えられるように、「明るい笑顔と大きな声」を意識しましょう。

自分勝手ではなく社内に馴染もうとする姿や、上司と同僚の話やアドバイスを聞き入れる素直な態度も好印象に繋がります。

新しい環境に慣れるまでは疲れがたまりやすくなるので、ペースを掴むまでは任された仕事をひとつひとつ丁寧にこなしていくのがベスト。

自ら学ぶ姿勢を忘れずに、前の職場で培った能力や技術を通し、仕事で新しい提案をできるようになると更に良いでしょう。

  • HOME
  • 新しい職場のことを考えると不安で怖い… 不安を解消する3カ条を紹介