図解でスッキリ 初任給はいつ?時期と金額まとめて解説

初任給はいつもらえるのでしょうか?頑張って働いたからこそ、今か今かと待ち遠しいものですよね。でも初任給は時期も金額も人それぞれ。様々な支給パターンを詳しくご紹介します。

新卒の初任給はいつ?時期も金額も人それぞれ

初任給は会社によって4月か5月以降かにわかれます。もらえる金額や締め日・支払日の仕組みとあわせて、様々な支給パターンを詳しくご紹介します。

初任給を4月中にもらえるケース

月末締め当月○日払い

【月末締め当月25日払い】のようなケースでは、初任給は【4月25日に満額】支給されます。4月1日~4月30日分の給料が4月25日に支給されるので、1ヶ月分の給料(満額)が実質「前払い」となります。

ただし、残業代は翌月に持ち越しとなるので注意が必要です。残業代のような変動給は締め日である月末にならないといくらになるのかわからないため(4月25日から30日の6日間に残業する可能性もあるため)、翌月の給与とあわせて支給されます。

△日締め当月○日払い

【15日締め当月25日払い】のようなケースでは、初任給は【4月25日に、実際に勤務した日数分】支給されます。

3月16日~4月15日分の給料が4月25日に支給されますが、実際に働き始めたのは入社日の4月1日からのため、金額は日割りで約半額となります。締め日が5日や10日の場合、金額はさらに少なくなります。残業をした場合は、残業代もあわせて支給される場合がほとんどです。

初任給が5月以降になるケース

△日締め翌月○日払い

【月末締め翌月10日払い】のようなケースでは、初任給は【5月10日に満額】支給されます。

4月1日~4月30日分の給料が5月10日に支給されるので、初任給は残業代込みの満額ですが、働き始めてから1ヶ月以上待たなくてはなりません。支払日が20日や25日の場合、2ヶ月近く待つことになります。

△日締め翌々月○日払い

【月末締め翌々月1日払い】のようなケースでは、初任給は【6月1日に満額】支給されます。

4月1日~4月30日分の給料が1ヶ月またいで支給されるので、2ヶ月間は収入がないことになります。

公務員の初任給は民間企業よりさらに早い

国家公務員の初任給は4月16日前後

中央省庁に勤める国家公務員は【毎月16日払い】のケースが多く、初任給は【4月16日に満額】支給されます。省庁によって差はあるものの、支払日は16日・17日・18日が多いようです。

地方公務員の初任給は4月21日前後

県庁や市役所に勤める地方公務員は【毎月21日払い】のケースが多く、初任給は【4月21日前後に満額】支給されます。支払日は自治体によって違いがあり、例えば東京23区の区役所に勤める職員は、【毎月15日払い】で初任給は【4月15日に満額】支給されます。

公務員の残業代は5月分に合算

公務員の初任給は、自治体によっては4月1日~4月30日分の給料が4月16日や21日に支給される「前払い」方式を取っています。その場合残業代のような変動給は5月の給料とあわせて支給されます。

給与規程を確認しましょう

締め日や支払日は会社によって様々です。会社が定める就業規則のうち、給与規程(賃金規程)を確認することで、初任給がいつ、どのくらい支給されるのかを知ることができます。

締め日は【計算期間】をチェック

締め日は【計算期間】欄で確認しましょう。例えば月末締めの会社の場合、以下のように記載されています。

給与は,月の1日から末日までを一給与計算期間とし,月の末日をもって締め切る。

支払日は【給与の支払日】をチェック

支払日すなわち給料日は【給与の支払日(支給日)】を確認しましょう。例えば当月25日払いの会社の場合、以下のように記載されています。

給与の支払日は、毎月25日とする。ただし、当日が休日に当たるときは、その前日に繰り上げて支払うものとする。

また【計算期間】と【給与の支払日】は必ずしも分けて記載されているとは限りません。会社によっては【給与の計算期間と支払日】や【給与の支払について】といった項目でまとめられていることもあります。入念にチェックしましょう。

コラム:初任給の翌月の手取りが減る?

初任給を満額でもらっている場合、翌月の手取り金額は減ります。社会保険のうち健康保険料と厚生年金保険料は翌月控除としている会社が多く、4月分の初任給からは控除されていません。しかし翌月からはこれら2つの社会保険の控除が始まるため、5月分以降の手取り金額は減ってしまうのです。

給料を20万円とした場合の手取り金額の違いを表にまとめました。

給料を20万円人した場合の手取り金額の違い

健康保険と厚生年金保険が新たに控除されることで、手取り金額は3万円近く減ってしまいます。この事実を頭に入れつつ、お金の使い方には気をつけましょう。

※手取り金額について詳しくは→【給料の手取り計算方法&平均給与の実態】

中途やアルバイトの初任給はいつ?

転職で中途入社した場合、入社日(初出勤の日)によって初任給の時期や金額が異なります。入社月にもらえるケースとそれ以降になるケースをそれぞれまとめました。

初任給が入社月になるケース

支払日が当月、かつ締め日の翌日に入社

【月末締め当月25日払いの会社に、1日付で入社】のような場合、【入社月の25日に満額】支給されます。入社日の1日から締め日である月末までの丸々1か月分の給料(満額)が、他の社員と同じように支給されます。ただし残業代は変動給のため、翌月の支給となります。

支払日が当月、かつ締め日より前に入社

【15日締め当月25日払いの会社に、5日付で入社】のような場合、【入社月の25日に、実際に勤務した日数分】支給されます。入社日の5日から締め日である15日までの11日間のうち、例えば土日の2日間休んだ場合、出勤した9日分の給料が入社月の25日に残業代とともに支給されます。

初任給が入社月の翌月以降になるケース

支払日が当月だが、締め日より後に入社した場合

【15日締め当月25日払いの会社に、20日付で入社】のような場合、【翌月に勤務日数分】支給されます。直近の給料日は当月の入社月ではあるものの、20日以降の勤務分は翌月の給料として計算されるので、初任給は翌月に持ち越しとなります。

支払日が翌月以降の場合

【月末締め翌月10日払い】や【月末締め翌々月1日払い】のように支払日が翌月以降の会社に入社した場合、入社のタイミングに関わらず、初任給は翌月以降になります。

アルバイトの初任給はいつ?

アルバイトの場合も中途入社同様、初任給を支給されるタイミングは初出勤の日によって決まります。上記の図を参照して下さい。しかしアルバイトは時給制である場合がほとんどのため、金額はきっちり働いた時間分になります。

まとめ

初任給がいつ、どのくらい支給されるのかわかりましたか?初任給は時期も金額も人それぞれです。ご自身の会社の給与規程で締め日と支払日をチェックしてみましょう。

(文:転職Hacks編集部)

この記事の監修者

社会保険労務士

山本 征太郎

山本社会保険労務士事務所東京オフィス

静岡県出身、早稲田大学社会科学部卒業。東京都の大手社会保険労務士事務所に約6年間勤務。退所後に板橋区で約3年開業し、2021年渋谷区代々木に移転。若手社労士ならではのレスポンスの早さと、相手の立場に立った分かりやすい説明が好評。様々な業種・規模の会社と顧問契約を結び、主に人事労務相談、給与計算、雇用保険助成金などの業務を行う。

山本社会保険労務士事務所東京オフィス 公式サイト

  • HOME
  • 初任給はいつもらえる?金額とあわせて解説