種類とサイズの基本 履歴書で使えるフォントはどれ?

公開

PCで履歴書を作る際、どのフォントを使用すべきか迷う人も多いのではないでしょうか?このページでは、履歴書で使えるフォントの種類とサイズについて詳しく解説します。

履歴書で使用するフォントは明朝体が基本

履歴書をPCで作る場合、フォントは明朝体を使用するのが基本WindowsならMS明朝Macではヒラギノ明朝が一般的です。
使用するフォントは1つに統一し、読みやすく整った仕上がりになるように心がけましょう。

明朝体とゴシック体の比較画像:明朝体は止めや払いがあり、縦線が太く横線は細くなっているのが特徴ですが、ゴシック体は止めや払いがなく、縦線と横線の太さが均一です。

PCでよく使われるフォントには、大きく分けて明朝体とゴシック体の2種類があります。

明朝体は止めや払いがあり、縦線が太く横線は細くなっているのが特徴。一方、ゴシック体は止めや払いがなく、縦線と横線の太さが均一です。明朝体とゴシック体は、横線の太さが縦線に対して細いか同じかで見分けることができます。

種類別見やすさ比較

明朝体以外のフォントを使いたい人もいるかもしれませんが、文書にした時に読みづらくなってしまう可能性があります。

ここでは4つのフォントの印象を比べてみました。

 明朝体【MS明朝】:履歴書の日付、氏名、生年月日を明朝体で書いた場合。

ゴシック体【メイリオ】:履歴書の日付、氏名、生年月日をゴシック体で書いた場合。

行書体【HG行書体】:履歴書の日付、氏名、生年月日を行書体で書いた場合。

POP体【HG創英角ポップ体】:履歴書の日付、氏名、生年月日をポップ体で書いた場合。

明朝体は書籍や参考書にも使われていて、日本人にとって馴染み深いフォントです。すっきりしていて読みやすく、きちんとした印象を与えられるので、ビジネス文書である履歴書には最も適していると言えます。

一方、ゴシック体はポスターやプレゼン資料などによく使われますが、明朝体に比べるとカジュアルな印象になるので、履歴書には適しません。

小さな文字が見づらい行書体や、くだけた印象を与えるPOP体もNGです。

英数字を書く場合

英数字を書く場合、基本的には明朝体半角を使用すればOK。
こだわりたい人は、明朝体と相性のいいセリフ体のCentury(Windows)やTimes New Roman(Mac)がオススメです。

 フォントの比較と相性 図:明朝体は、英数字の書き始めに飾りがついているセリフ体との相性が良い。ゴシック体は、太さが均一なサンセリフ体と相性がよい。

英数字は全角?半角?

「エリア内営業成績1位」「全国大会3位入賞」など英数字を1文字だけ書く場合は、全角のほうが自然です。一方、2桁以上の英数字は半角に。全角にすると、文書全体のバランスが悪くなってしまいます。

例文「昨年度は1260万円を売り上げ、年間営業成績は全社で2位となり表彰されました。」を、英数字をすべて半角で書いた場合と、1文字だけの英数字は全角にし2文字以上の英数字は半角で書いた場合、英数字はすべて全角で書いた場合の3つのパターンの見た目の印象の比較。2文字以上にもかかわらず半角にすると、ギュッと縮こまった印象で見た目のバランスが悪い。一方、全て全角にしても横幅を取り、これもまたバランスが悪い。

 

コラム:履歴書をPCで作る場合の3つのNGポイント

履歴書では、文字に色をつけたり太字や下線を使ったりするのはNG。

PCでは文字の設定を自由に変えられるので、アピールポイントに特殊効果をつけて強調したくなるかもしれませんが、あくまで履歴書は正式なビジネス文書であることを忘れずに作成しましょう。

 3つのNG例 図:例文「特技はサッカーです。高校時代に全国大会3位に輝いたこともあります。」の「サッカー」「全国大会3位」に色を付けた場合。例文「特技はサッカーです。高校時代に全国大会3位に輝いたこともあります。」の「サッカー」「全国大会3位」を太字にした場合。例文「特技はサッカーです。高校時代に全国大会3位に輝いたこともあります。」の「サッカー」「全国大会3位」に下線を引いた場合。

フォントサイズは10.5pt~11ptが標準

本文のフォントサイズは10.5pt~11ptが標準です。
10.5ptはWordでは初期設定値となっているので、読みやすく全体としてのバランスもいいでしょう。

名前など記入欄の大きな部分は14pt~18pt程度の大きさで書きましょう。                                                                                                        

フォントサイズ別入力文字数比較

PCで履歴書を作る場合は、フォントの大きさによって枠内に書ける文字数が異なります。
A4の用紙で10行の枠に入力可能な文字数をpt数ごと比較してみました。

サイズに対する入力可能な文字数の比較 図:10行の履歴書を書く場合、文字数が9ポイントであれば最大530文字入力可能。10.5ポイントであれば最大460文字。14ポイントでは最大340文字。

たった1.5ptサイズを小さくするだけで、入力できる文字数は70文字も増えます。ただし、10pt以下にすると読みづらくなってしまうので、フォントサイズは10.5pt以上が良いでしょう。

逆に、サイズの大きな文字で枠を埋めるのもやめましょう。書きたいことが少ない=志望度が低いとみなされてしまう可能性があります。

英文履歴書の場合はTimes New Romanで

英文履歴書を作る場合は、セリフ体であるTimes New Romanを使うのが一般的です。本文のフォントサイズは10.5pt~14ptあれば見やすいでしょう。

英文履歴書は書き方に厳密な決まりがありません。名前や本文の見出しなど目立たせたい部分は、フォントサイズを大きくした上で大文字にするなど、変化をつけると読みやすいものになります。

Times New Romanを使用した英文履歴書のイメージ画像。

まとめ

履歴書をPCで作る場合、フォントは明朝体でサイズは10.5pt~11ptが基本です。

英数字は明朝体半角で構いませんが、こだわりたい人は明朝体と相性のいいセリフ体を使うと良いでしょう。英数字1文字には、明朝体全角を使うと自然です。

PCではフォントの種類やサイズを自由に選べるからこそ、履歴書を作る場合は基本をしっかりと押さえ、読みやすく整ったものにすることを意識しましょう。

  • HOME
  • 履歴書で使えるフォントはどれ?フォントの種類とサイズの基本