すぐ書ける! 英文履歴書の基本【テンプレート付き】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
resume_main

外資系企業や海外への転職活動を始めるにあたって、多くの人にとってネックになる英文履歴書(レジュメ)。

英文履歴書は、日本でいう履歴書と職務経歴書を合体させたようなもの。単純に日本語の履歴書を英訳するのではなく、海外ビジネスの常識を汲んで書く必要があります。

ここでは初めて英文履歴書を書く人に向けて、基本的な書き方を説明します。さらにすぐに使える英文履歴書のテンプレートも用意しました。

 すぐにテンプレートをダウンロードしたい方はこちら

 

【目次】
1. 英文履歴書を書く上で大切な5つの基本ポイント
(1)大切なことは先に書く
(2)職歴や学歴は新しい順に
(3)無駄な情報は省く
(4)箇条書きを活用し、要点を整理する
(5)フォーマットを見やすく整える
2. すぐわかる! 英文履歴書の様式
英文履歴書は読みやすい見た目も重要
実例入り! 英文履歴書の3種類の書き方
英文履歴書のテンプレートのダウンロード
3. 英文履歴書に入れる項目
(1)氏名、連絡先 PERSONAL INFORMATION
(2)技能 QUALIFICATIONS
(3)職歴 EXPERIENCE
(4)学歴 EDUCATION
希望職種(OBJECTIVE)について
レファレンス(REFERENCE)について
その他、入れなくていい項目
4. 英文履歴書を書くための注意点
英文履歴書の内容で気をつけること
文章を書くにあたって気をつけること
5. 英文履歴書を書くのに役立つ便利ツール
6. 英文履歴書のオンライン提出について
メール添付、アップロードの場合
ウェブサイトの応募フォームの場合
7. まとめ

 

1. 英文履歴書を書く上で大切な5つの基本ポイント

英文履歴書は、「自分を売り込むための宣伝ツール」です。自分のスキルや経験、業績がいかに企業の求める人物像と合致しているかを戦略的にアピールすることが目的です。そのために大切なポイントは以下の通り。

(1) 大切なことは先に書く

英語は文法上、結論から先に話す言葉です。同じように英文履歴書でも、結論や大切なこと、自分の一番のセールスポイントは初めのほうに書きましょう。

(2) 職歴や学歴は新しい順に

過去の職歴よりも、直近にあなたが何をしていたのかが重要視されます。「大切なことは先に書く」というルールにのっとれば、おのずと一番最近の職歴が一番先になりますね。

(3) 無駄な情報は省く

すっきりとまとまった英文履歴書を書くために、無駄な情報は省きます。日本語の履歴書でありがちな「趣味・特技」などは、仕事に関係ないので入れません。

(4) 箇条書きを活用し、要点を整理する

箇条書きはわかりやすく要点を伝えるためにとても有効です。「I am~」と文章を書き連ねるのではなく、大切なことを強調しながらシンプルにまとめることが大切です。

(5) フォーマットを見やすく整える

企業の採用担当者はとても忙しく、履歴書を数秒見ただけで詳しく読むかどうかを判断します。要点が凝縮されていて、パッと見て読みやすい、そんなフォーマットで書きます。

 

2. すぐわかる! 英文履歴書の様式

英文履歴書は読みやすい見た目も重要

英文履歴書は、PCを使って作成します。専用の用紙が売っているわけではないのでフォーマットは自由ですが、読みやすいデザインになるよう注意して作成してください。

  • 紙はA4サイズ
  • 枚数は1枚、長くても2枚以内に収める
  • 本文のフォントはTime New Romanの12~14ptなど、見やすいものを使用
  • 見出しのフォントは本文よりも2ptほど大きくする
  • 色は使わない(モノクロ)
  • 出力が必要な場合は厚めのコピー用紙(上質紙厚口0.11mm程度)に印刷する
    ※欧米では透かし(ウォーターマーク)入りの厚紙に印刷するのがベストとされているが、よほど格調にこだわりたい人以外はそこまでしなくてよい

※用紙サイズについて
海外の中でもアメリカやカナダなどのオフィスでは、215.9mm×279.4mmのレターサイズが一般的ですが、日本から応募する場合は最も近いサイズのA4で代用してかまいません。

海外サイトの英文履歴書テンプレートはレターサイズになっている可能性があり、そのままではA4で出力できません。A4のテンプレートを使いましょう。
→A4の英文履歴書テンプレートはこちら

実例入り! 英文履歴書の3種類の書き方

英文履歴書には、大まかに分けて以下の3つの書き方があります。それぞれ何に焦点を置いて経歴をまとめるかに特徴があります。

クロノロジカル・レジュメ(Chronological Resume

chronological resume

特徴
・職歴や学歴を時系列で新しい順に並べたもの

メリット
・職歴に穴がないことが伝えやすい
・伝統的な形式なので硬い印象に
・大学や官公庁では、募集要項でクロノロジカル・レジュメの形式を指定される場合も

デメリット
・自分の売り込みたい要素を目立たせるのがやや難しい
 (時系列に沿って書くため特定の経歴を抽出して上に書いたりできない) 

 

ファンクショナル・レジュメ(Functional Resume)

functional resume特徴
・スキルや経験、業績の要点のみをまとめたもの

メリット
・勤務期間を書かなくてすむ
・転職回数が多い人や職歴にブランクがある人に有効
・キャリアチェンジを考えている人に有効
 (自分ができることに焦点を置いているため)

デメリット
・客観的に読んで説得力があるようにまとめるのが難しい
 (自分の経歴から重要なポイントだけを抽出してまとめるため)
・採用担当者が「わざわざこの形式で書くなんて、経歴上都合が悪いことを書かずにすませているのでは」と勘繰る場合も。

 

コンビネーション・レジュメ(Combination Resume

resume_sample_engineer特徴
・クロノロジカル・レジュメとファンクショナル・レジュメを合体させたもの
・先に自分のスキルや業績を説明し、その後に職歴・学歴を時系列でまとめる

メリット
・自分のアピール・ポイントを強調しつつ、経験の概略も伝えられる

 

もっとも一般的なのはコンビネーション・レジュメ

このうち、現在一番よく使われているのはコンビネーション・レジュメです。よほどの事情がない限り、この形式を使いますので、本記事でもこのコンビネーション・レジュメの書き方を紹介していきます。

英文履歴書のテンプレートのダウンロード

英文履歴書テンプレート英文履歴書(コンビネーション・レジュメ)のテンプレートは以下からダウンロードして使用してください。その際、提出前に日本語の指示は削除するのを忘れずに。

英文履歴書テンプレートのダウンロード

 

3. 英文履歴書に入れる項目

英文履歴書では、入れる項目も自分で自由にカスタマイズできます。長くなりすぎないように注意して、効果的に書きましょう。

一般的なコンビネーション・レジュメで必ず入れる項目は以下の通りです。

(1) 氏名、連絡先 PERSONAL INFORMATION

氏名、住所、電話番号、メールアドレスを記載します。電話番号に自宅の固定電話の番号を書く場合は、日中に連絡を取れる携帯電話の番号も併記しましょう。
氏名はこのレジュメのタイトルのようなものですから、大きめの文字で中央においてください。

※住所の書き方
英文では、住所は「建物名・部屋番号→番地→町(区)名→市区町村→都道府県→郵便番号(→国名)」という順番で書いていきます。
都道府県名は「神奈川県→Kanagawa」と「県」などを入れずに書きます。市区町村は「藤沢市→Fujisawa-shi」「世田谷区→Setagaya-ku」のように「市」「区」などを入れてかまいません。

※電話番号の書き方
電話番号の頭に日本の国番号である「+81」をつけ、市外局番の最初の「0」を省略します。携帯電話の場合も同じです。たとえば「03-1234-5678」という番号であれば、「(+81)-3-1234-5678」となります。

(2) 技能  QUALIFICATIONS(またはPROFILE、SUMMARY)

resume_2_1

応募者がどんな能力を持っているのかを端的にまとめます。職務に必要なスキルはもちろん、リーダーシップやコミュニケーション能力、語学力といったアピールできる能力もここにまとめます。その能力によって具体的に達成した数字などを交えて書くと、より説得力が増します。

例)10 years’ experience in DEVELOPMENT DESIGN in automotive industry.
  自動車産業での開発設計における10年間の経験。

例)Achieved 150% of individual target on average for last 5 years.
  個人売り上げ目標の平均150%を過去5年にわたって達成。

※見出しを「PROFILE」「SUMMARY」としたほうがいい場合
「QUALIFICATIONS」はある程度経験がある人という印象になるため、学生や社会人経験が浅い人は「PROFILE」「SUMMARY」という言い方を使うのもよいでしょう。

(3) 職歴 EXPERIENCE(またはPROFESSIONAL EXPERIENCE、CAREER HIGHLIGHT)

resume_3_1

これまでの経歴を新しいものから順に書いていきます。経験してきた職を必ずしもすべて書く必要はなく、多くても重要なものだけ4つほどにとどめます。
会社名と肩書、勤務期間(年のみ)、そこでどんな仕事をしたか、何を達成したかなどを記述します。海外の会社に応募する場合は、よほどの有名企業でない限り日本の会社名だけ書いても担当者に伝わらないので、業種や売り上げなどの概要を書いておきましょう。

例)Conducted development and design for vehicle engines.
  自動車エンジンの設計・開発。

例)Successfully led multiple projects with multiple clients as project manager.
  プロジェクトマネージャーとして、複数クライアントとのいくつものプロジェクト指揮に成功。

※肩書きの書き方
たとえこれまでの会社では肩書のつかない平社員であっても、英文履歴書には自分の職務に見合う肩書きを考えて書いてください。たとえばマーケティング部所属の社員であれば、「marketing specialist」「marketing assistant」「marketing coordinator」などが使えます。

※「staff」は使わない
日本語ではよく使われている「staff」という言葉はプロフェッショナルにはふさわしくありません。たとえ平社員であったとしても、「staff of marketing department」といった書き方は避け、上記のような肩書きを考えてください。

※見出しを「PROFESSIONAL EXPERIENCE」「CAREER HIGHLIGHT」としたほうがいい場合
「EXPERIENCE」と書くのが一般的ですが、専門職が長い人や管理職を経験している人は、見出しを「PROFESSIONAL EXPERIENCE」「CAREER HIGHLIGHT」とすると経験豊富な印象が強まります

(4) 学歴 EDUCATION

resume_4_1

学歴も新しいものから順番に書いていきます。日本の履歴書と違って、大学名・学部を書くのではなく、取得した学位を略称で書きます(日本でも、大学の卒業用件を満たすと学位が与えられます)。その後に大学名、所在地、学位取得年(卒業年)を書いていきます。
大学や修士・博士課程中退の場合で、もし職種とかかわりのあるコースを選考していた場合などは、受講していたクラスと在籍年を書くのもいいでしょう。また、とくに学位を持っていない場合(高卒など)は、最終学歴となる学校名を書きます。

※学位の書き方
それぞれの略称を使う方法もありますが、ここでは汎用性の高い書き方を紹介します。
4年生大学卒業(学士号): Bachelor of ~/~学(学部名)の学士
 例)Bachelor of Laws(法学士)、Bachelor of Medicine(医学士)
大学院卒業(修士号): Master of ~/~学(学部名)の修士
 例)Master of Business Administration(経営学修士)、Master of Engineering(工学修士)
大学院卒業(博士号): Doctor of ~あるいはPhD in ~/~学博士号
 例)Doctor of Sociology(社会学博士)、PhD in Agriculture(農学博士)

主な学部名一覧
学部名については、最近は変わった名前の学部も多いので、卒業した大学のHPを見たり直接問い合わせたりして確認してください。

文系 理系
法学部 Laws 理学部 Science
教育学部 Education 工学部 Engineering
文学部 Arts (Literature) 建築学部 Architecture
心理学部 Psychology 農学部 Agriculture
政策学部 Policy Studies 医学部 Medicine
経済学部 Economics 薬学部 Pharmacy
国際関係学部 International Relations 歯学部 Dentistry
商学部 Commerce 獣医学部 Veterinary Medicine
経営学部 Business Administration 看護学部 Nursing
教養学部 Liberal Arts 保健学部 Health Sciences
社会学部 Sociology 情報科学部 Information Science
音楽学部 Music 海洋学部  Marine Science

※学位を略称で書きたい場合について、詳しくはこちら
英語の学位一覧

希望職種(OBJECTIVE)について

2015年現在、英文履歴書に希望職種(OBJECTIVE)を書く人は少なくなってきています。

ただし職歴のない新卒や職種を変更したい人は、意志を表明する意味で入れるのもよいでしょう。その際には画像のように名前の下、技能(QUALIFICATIONS)の上に大きめの文字で入れます。

resume_5_1

レファレンス(REFERENCE)について

レファレンスとは、採用にあたって企業が応募者の能力や経験、資質などについて第三者に照会を求めることです。レファレンスになってもらえる人は、職場の上司や同僚、学生時代にお世話になった先生などです。

英文履歴書には、募集要項で指示されている場合のみ記入してください。多くの本で定型文として紹介されている「Available upon request(要求に応じて提出可能)」も書いておく必要はありません。

ただし、履歴書が通ったあとの選考段階では実際にレファレンスを求められることも多いです。事前にレファレンス先になってくれそうな人に「転職先の企業に、自分を推薦してもらえないでしょうか」と事情を説明して、人となりや仕事ぶりについて話してくれるようにお願いしておきましょう。

その他、入れなくていい項目

日本の履歴書では入れるのが当たり前でも、英文履歴書には入れない項目があります。入れなくていい項目は以下の通り。

  • 年齢
  • 性別
  • 顔写真(指示がある場合は入れる)
  • 配偶者の有無
  • 子供の有無
  • 家族構成
  • 健康状態
  • 過去の給与
  • 退職理由、志望動機

※志望動機について
とくにアメリカやカナダなどでは雇用における差別に関してさまざまな法律があります。そういった国の企業に提出する英文履歴書に余計な内容を入れてしまうと、ルールを知らない人だと思われて評価が下がる可能性があるので注意しましょう。
履歴書を郵送する場合はカバーレターに、メール添付で送る場合はメールの内容に盛り込みます。履歴書のなかには入れません。

※学位取得年について
学位取得年を入れるとだいたいの年齢が推測できてしまうため、学位取得年を入れないほうがいいという意見もあります。しかし、とくに20~30代の人はわざわざ「入れない」選択をするのも不自然ですから、よほど年齢を伏せたい事情がある場合以外は入れておきましょう。

 

4. 英文履歴書を書くための注意点

ここまでで、おおよそ英文履歴書にどういった内容を書けばいいのかというイメージはついたのではないでしょうか。ほかにも英文履歴書を書くにあたっては、いくつかの注意点があります。内容を考えたり、英文を書いていくうえでの参考にしてみてください。

英文履歴書の内容で気をつけること

募集要項をしっかりと読む

募集要項には、英文履歴書の形式や盛り込む情報についての指示が書かれている場合があります。自分の履歴書の内容に漏れがないかしっかりと確認しましょう。

また、多くの募集要項には仕事内容の説明やその職に求められる技能などが書かれています。これは大きなヒントです。自分の経験や技能と募集要項を照らし合わせてふさわしいキーワードを盛り込み、「自分はこれらのポイントに答えられる人材だ」とアピールしましょう。

コピぺはNG

英語で書くのが難しいからといって、インターネット上にある英文履歴書を安易にコピー&ペーストしてはいけません。自分の能力を正確に表現した履歴書になりませんし、場合によっては嘘を書くことになってしまいます。

英文履歴書を書くときは、自分に何ができるのか、志望する企業でどんなふうに役に立てるのか、まず自分でしっかり考えるプロセスが大切です。英語表現に不安があっても、きちんと自分で内容を考えてあれば、英語に詳しい人に文章を直してもらうことができます。くれぐれもコピペはNGです。

謙虚は美徳ではない

日本では謙虚であることが美徳とされがちですが、海外では自分にできることは「できる」とアピールするのが当たり前。英文履歴書もその考えのもとで書きます。自分はまだまだ……と謙遜せず、アピールできることは積極的に盛り込んでください。

たとえば外国人の履歴書を見ると、少ししゃべれるくらいの日本語レベルでも「Japanese: fluent」と書いてあることがあります。極端な例ですが、そのくらいの気概で自分の能力をしっかりとアピールしてください。 

文章を書くにあたって気をつけること

冠詞は省く

不定冠詞(a/an)、定冠詞(the)は基本的に省略して書きます。

 一人称は使わず、書き出しには名詞句や動詞を使う

日本の履歴書の感覚では、「私は~」などと書きたくなりますが、一人称は不要です。

・技能(QUALIFICATIONS)欄の場合
名詞句や形容詞で書き始めることが多いです。

例)~について効果的なプロジェクト管理を行った。
 ○ Effective project management; Experienced ~
 × I effectively managed project which is ~

・職歴(EXPERIENCE)欄の場合
動詞(Action verb)の過去形から始めてシンプルにまとめてください。

例)私は業者に建築資材を販売しました。
 ○ Sold building materials to vendors.
 × I sold building materials to vendors.

数字はアラビア数字で

数字を出す場合はアラビア数字を使います。そのほうが一見してわかりやすく、実績も伝わりやすくなります。また、「○年以上」は「○+ years」と表現します。

例)~における3年以上の経験
 ○ 3+ years’ experience in~
 × over three years’ experience in~

スペルミスには要注意

スペルミスはごく初歩的なミス。ひとつでもあると履歴書の評価は大きく下がってしまいます。スペルミスによって応募者の知性や英語能力を疑われる上に、もしかすると誤解を招く事態にもなりかねません。提出前には必ず印刷して新鮮な目で読み返すようにしましょう。

 

5. 英文履歴書を書くのに役立つ便利ツール

ここでは、英語に困っている人や、さらにレベルの高い英文履歴書を書きたい人に向けて、英文履歴書を書くためのヒントとなるサイトを紹介します。

Lang-8(外国語添削SNS

世界のさまざまな国の人が、自分の勉強している言語で日記を書き、ネイティブスピーカー同士で添削し合うSNS。履歴書の文章で表現に迷ったとき、意見を求めることができます。
http://lang-8.com/

履歴書の実例がまとまっている海外サイト

職種とポジションのレベルに合わせてさまざまな英文履歴書の例が掲載されています。
Resume Samples By Industry – Find Resume & CV Examples From Different Industries | Monster

履歴書のテンプレートがまとまっている海外サイト

基本の英文履歴書の書き方をマスターした後に、もっと自分の能力を強くアピールしたい場合は、他の人のテンプレートを参考にしてもよいでしょう。
FREE RESUME TEMPLATES: 279 professional resume samples in Word | Hloom 

履歴書で使うのに有効な単語を集めたサイト

英単語のチョイスも英文履歴書を書くにあたっては大切なポイント。こういったサイトを参考にしながら語彙を増やしてみましょう。
ビジネス英語単語帳 Vol.2 【英文レジュメ編】 グッとくる!英文履歴書英単語集
List of Action Verbs for Resumes & Professional Profiles

 

6. 英文履歴書のオンライン提出について

最近では履歴書をオンラインで提出させる企業も増えています。どんなふうに提出するのか、募集要項を確認して対応しましょう。

メール添付、アップロードの場合

履歴書のデータをメール添付で送る、あるいは応募フォームからアップロードするよう指示がある場合は、それに従って提出しましょう。

・ファイル名
単に「resume.doc」とするよりも、「takashi_saito_resume.doc」のように自分の名前を入れると親切です。 

・データの保存形式
基本的には企業の指示に従います。
指示がない場合はwordが無難。拡張子は、相手が古いバージョンのwordを使っていても開けるように「docx」から「doc」に変更しましょう。 

ウェブサイトの応募フォームの場合

企業の採用ページに応募フォームがあり、氏名や職歴などの必要事項をひとつずつ埋めていく形式の場合もあります。事前に準備している英文履歴書の内容をコピー&ペーストして埋めていく人が多いかと思いますが、求められている項目ときちんとマッチしているかを確認しながら記入しましょう。また、箇条書きや太字の設定など、wordからそのまま反映されない設定には十分注意してください。

 

7. まとめ

以上が英文履歴書を書く上でのポイントです。これらを守っていれば、企業の採用担当者の目に留まるような英文履歴書が書けるはずです。

外資系企業や海外への転職は人生の大きなチャンスです。自分の目標としている仕事に就くためにも、ぜひ英文履歴書を書くことにがんばってトライしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料Ebook|転職hacks転職成功マニュアル

転職成功マニュアル

「自分に合う職場が見つかるだろうか」「無事にちゃんと転職できるだろうか」
…そんな悩みを抱えていませんか?
本書は、毎年2万人以上の転職者をサポートし、8万社以上の企業の採用現場を知り尽くした私たちの求人探しのノウハウを、60ページ以上に渡って解説したものです。

  • 企業選びに失敗しないで済む転職活動の進め方
  • 直近で最も有利に転職できる時期を見極める方法
  • 世の中のあらゆる企業の求人を一括で検索する方法
  • 転職成功率が格段にアップする求人の探し方

など、途方に暮れそうなほど求人が見つからない場面からでも転職成功を狙える術を、あますことなく解説しています。もちろん、履歴書や職務経歴書の作成方法や面接通過のためのコツなども紹介。

ぜひ、あなたの転職活動にご活用ください。