なぜ必要?理由も解説 履歴書のメールアドレスの書き方とは?

公開

POINT 履歴書のメールアドレスのポイント・ブロック体ではっきり書く・就活生は大学のアドレス・転職者はPCのフリーメール・アドレスを書かないのはNG

履歴書のメールアドレス、正しい書き方とは?

メールアドレスはブロック体ではっきり書こう

履歴書にメールアドレスを書く場合は、ブロック体ではっきりと書きましょう。筆記体は読みにくいのでNGです。

また、アンダーバー(_)やハイフン(-)といった混同しやすいものは、しっかり区別できるよう位置に注意して書くこと。

不安な方は、間違いやすい記号が含まれないメールアドレスを使用するのも良いかもしれません。

間違えやすい文字や記号にはふりがなを

「0とo」「1とi」「1とl」「9とq」「-と_」「uとv」といった間違いやすい文字や記号には、「ゼロ」「オー」などとふりがなをふっておくと安心です

全ての文字や記号にではなく、間違えやすそうなところだけふっておきましょう。

履歴書にメールアドレス欄がない場合は?

履歴書にメールアドレスの記入欄がない場合は、連絡先の欄に書けばOKです。

その際はいきなりアドレスを書くのではなく、「メールアドレス:◯◯@◯◯」と記載し、一目でメールアドレスが書かれていることがわかるようにしましょう。

メールアドレスの記入欄がない場合は、連絡先の欄に書けばOK

メールアドレスが入りきらないときは?

履歴書のメールアドレス記入欄に入り切らない場合、できるだけ小さい字で詰めて書きましょう。それでも入り切らなかったり見えづらくなったりする場合、別の短いアドレスを使うのもOK

フリーメールで構わないので、転職・就職活動用のものを用意すると良いでしょう。

どうしても長いメールアドレスを使いたいという方は、2行にして書くこと。その際は@以降を2行目に書くなど、少しでも見やすくなるように工夫しましょう。

E-mail:hanako×××○○○
       @×××○○○.jp

記入し忘れた場合はどうする?

履歴書にメールアドレスを書き忘れてしまった場合は、すぐに採用担当者に電話かメールで連絡し、今後の対応を確認するようにしてください。

企業によってはメールで面接日程のやりとりなどをする場合があるので、連絡がつかないとそのまま不採用にされてしまう可能性もないとは言い切れません。

就職・転職活動にふさわしいメールアドレスとは? 

大学生は学校のメールアドレスがベスト

就活生は大学から与えられたメールアドレス(末尾が「ac.jp」などのもの)を選択すれば間違いありません。

どこの大学の学生かを企業に証明することができる上、採用担当者に安心して開封してもらえます。

ただし大学のアドレスがスマホから見られない場合、効率を優先してフリーメールなど私用のアドレスを使っても構いません。

転職ではフリーメールでOK

転職活動では、フリーメールを使用しましょう

フリーメールとはGoogleやYahoo!が提供している無料のサービスで、「~@gmail.com」や「~@yahoo.co.jp」といったメールアドレスのことを指します。

フリーメールは誰でも簡単に利用できるため、かつては転職活動には適していないと言われていましたが、現在では気にされなくなっています。

ただし応募先からのメールが迷惑メールなどに分類されないよう、しっかり設定しておきましょう。

ちなみに現在在籍中の会社のメールアドレスはNG。社会常識が疑われ即不採用になりかねません。

スマホや携帯のメールアドレスは避ける

「…@docomo.ne.jp」「…@ezweb.ne.jp」などのスマホや携帯のメールアドレスは就職・転職活動には不向きです。

理由は「添付ファイルが見られない」「ファイルをダウンロードできない」など、就活において不便な点がいくつもあるからです。

就職・転職活動をスムーズに進めるためにも、パソコンでも使用できるメールアドレスを選んでください。

NGなメールアドレスの例

パソコンのメールアドレスであっても就職・転職活動には不向きとされるものはいくつか存在します。例えば、以下のようなものです。

  • 意味ない文字が長々と続いているもの

例)・sedrftgyh1324@××.jp

  ・Kr45kc38vlsmx9@××.jp

  • プライペートや趣味を前面に押し出したもの

例)・lovelove-taro@××.jp 

  ・nekozukinyannyan@××.jp

不信感やカジュアルな印象を抱かれるようなメールアドレスは避けましょう。内容によっては採用担当者に悪印象を与えることも。

選考してもらう立場だということを忘れず、ふさわしいメールアドレスを選びましょう。

履歴書にメールアドレスを書かないのはNG?

履歴書には必ずメールアドレスを書くべき

就職・転職活動にメールを使うのは今や当たり前のなので、スムーズなやりとりのためにも履歴書にはメールアドレスをしっかり書いておきましょう。

もし履歴書に書いた電話番号が間違っていたら、もう一つの連絡先としてメールアドレスが役立ちます。

また、履歴書を提出する前にすでにメールでのやり取りをしている場合であっても、万が一先方の担当者が変わったときなどに備えてアドレスを書いておくのがベターです。

転職・就活でメールアドレスを活用する場面とは

転職・就職活動において、メールアドレスを活用する場面にはどのようなものがあるのでしょうか?

日程調整のやりとり

履歴書にメールアドレスを記載することで、採用担当者と面接などの日程調整がスムーズになります。

電話だとタイミングが悪ければなかなか連絡がつきませんし、連絡を受けた側も相手の都合を考えた上で折り返しの電話をしなければいけないため、時間がかかります。メールなら自分の都合の良いときに送受信できます

面接に関するデータの受け取り

企業によっては応募後に、採用に関する資料や記入が必要な書類が送られてくるケースも。

郵送も可能ですが、メールであればファイルを送受信できるため、書類のやりとりがスピーディーに行えます。

面接に関する情報の確認

電話でのやり取りだと、後々になって面接の日時や会場などの重要な記憶があやふやになってしまうこともありますが、メールなら大事な情報を残しておけるため安心です。

後から確認できますし、情報の行き違いも生じないので就職活動がスムーズに行えます。

まとめ

メールは今や就活において必要不可欠なツールなので、マナーや注意点をしっかり把握しておきましょう。

ただの連絡手段と軽く考えず、メールアドレスに関するマナーを守って記載することで、採用担当者とのやり取りをスムーズに進めていきましょう。

  • HOME
  • 履歴書のメールアドレスの書き方とは?なぜ必要?理由も解説