クールビズ指定の面接にもスーツで行くべき? 夏の軽装マナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

クールビズの浸透に伴い、面接でも「クールビズでお越しください」と案内する企業があります。

しかし、面接にノージャケット・ノーネクタイで行っていいものか迷う方も少なくないはず。ここではクールビズ指定の面接で参考にしたい服装のビジネスマナーをご紹介します。

【目次】
1.クールビズは基本的に企業の指示に従う
クールビズを指定された場合は従ってOK
指示がない場合はスーツを着用
公務員試験では指示を要確認
2.面接でのクールビズ(男性編)
3.面接でのクールビズ(女性編)
4.夏の面接おすすめアイテム
5.まとめ

1.クールビズは基本的に企業の指示に従う

面接について「クールビズでお越しください」と案内があった場合は、基本的にその指示に従って構いません。ただし、心配な人はいつもどおりのスーツが無難です。

クールビズを指定された場合は従ってOK

企業側から案内されている場合は、面接でもクールビズで構いません。ノージャケット・ノーネクタイのスタイルが一般的です。

ただしクールビズの定義は企業によって異なります。「ノージャケット・ノーネクタイで」などの具体的な指定がないときは、念のためジャケットとネクタイを持参し、周囲の雰囲気に合わせて着用するのもよいでしょう。

なお、クールビズ指定の面接にジャケット・ネクタイ着用で行ったからといって、合否に影響することはありません

「クールビズでお越しください」と案内しておきながら、「常識的にスーツで来るべきですよね?」と受験者を試すような企業は、例え内定を獲得しても別のトラブルを招く可能性があります。ご縁がなかったと考えて割り切りましょう。

クールビズの指示がない場合はスーツ着用がマナー

クールビズの指示がない限りは、一般的な面接にふさわしい服装(スーツ)で臨みましょう。面接のマナーに従って下さい。

企業からの指示がないにも関わらず、「暑いからクールビズで行こう」と自己判断してはいけません。また、社内でクールビズに取り組んでいる企業でも、面接の場ではジャケット・ネクタイの着用を求めることがあります。

面接の服装について詳しく知りたい方は「写真でわかる・転職時の面接の服装・マナー(スーツ編)」をご覧ください。

公務員試験では指示を要確認

教員採用試験や公務員試験の面接が夏場に行われる場合は、試験案内に「試験時の服装はクールビズ(上着、ネクタイなし)でお越しください」と記載されていることがあります。この場合は軽装(ジャケットとネクタイを省略したスーツ姿)で受験して問題ありません。上着を着ていったからといって高評価が得られるわけでもなければ、クールビズで減点されることもありません。

しかし、「会場に到着したら自分だけクールビズだった」という状況が不安な場合は、ジャケットとネクタイを持参し、周囲の服装に合わせて着用しても構いません。

2.面接にふさわしいクールビズのスタイル(男性編)

 

面接にふさわしい服装には一定のルールがありますが、クールビズなどのイレギュラーな対応になるとどこまでアレンジして良いか悩みがち。ここでは男性の就活生・転職活動者向けに、面接官に好印象を与えるクールビズのマナーをご紹介します。

基本はノージャケット・ノーネクタイ

男性の場合、クールビズはノージャケット・ノーネクタイが基本です。白のワイシャツに夏用スーツのズボン(黒・紺など)を合わせましょう。

シャツは白色無地で長袖がおすすめ

シャツは無地の長袖シャツがおすすめです。クールビズではジャケットを着用しないため、背中や脇のシワが目立ちやすくなります。アイロンがけは忘れずに。

【袖】半袖ではなく長袖で

男性の場合、面接では長袖シャツを着用しましょう。

なお、半袖シャツの上にジャケットを羽織ることもマナー違反です。スーツを着る場合は、シャツの袖口が1~2センチ見える長さがベストとされています。

【柄・色】シャツの柄は無地、色は白で

面接では、白色無地のシャツ着用が適切です。ストライプ柄やパステルカラーのシャツは一般的なクールビズでOKですが、面接では控えましょう。

ボタンは第一ボタンのみ外しても構いません。襟の先端をボタンで留められる「ボタンダウンシャツ」は、ノーネクタイでも襟がきれいに立つのでクールビズではおすすめです。

下着も同様に白色無地かベージュ(肌色)。半袖にすると脇汗が目立ちにくくなります。

ズボンや靴下の色は黒・紺など

ズボンの色は黒・紺などの無地がおすすめです。転職活動ではピンストライプのようなシンプルな柄物も着用可能です。

靴下は黒・紺などの無地またはワンポイントのものを選びます。くるぶし丈ソックスや模様入りのソックスは面接に不適切です。

ベルトはシンプルなデザインで、靴は革靴を選ぶ

クールビズでも、ベルトや靴の選び方は一般的な面接スタイルと変わりません。ベルト・靴・カバンは就活生なら黒で、転職活動なら黒か茶色のどちらかで揃えましょう。

ベルトはシンプルなバックルで装飾がないものを。靴はオーソドックスな紐靴がおすすめです。

3.面接にふさわしいクールビズのスタイル(女性編)

女性の場合、面接に適切なクールビズスタイルはスーツからジャケットを省略した格好、あるは襟のないカットソーにジャケットを羽織ればOKです。

基本は白のシャツ&スーツのスカート・パンツ

女性は、白い無地のワイシャツにスーツのスカートやパンツを合わせるのが基本スタイルです。就活生なら転職活動者であれば黒、紺、グレーなど落ち着いた色のスーツのスカート・パンツを着用しましょう。

「ノージャケット」を指定されていなければ、襟なしのカットソーにジャケットでも構いません。

シャツは半袖~長袖、袖はまくらない

シャツは白色無地で、袖の長さは長袖~半袖の範囲であれば問題ありません。色柄もの、フリルの多いブラウス、パフスリーブやノースリーブはNGです。

インナーは白かベージュがおすすめ

汗で下着が透けることを防ぐため、キャミソールなどのインナー着用は必須です。シャツの上からでも目立たない白やベージュのインナーを着用します。

足元はストッキング着用でパンプスを

女性のストッキングはビジネスマナーの一つですから、クールビズでも必ず着用します。靴下や指先を覆うだけのカバーソックス、タイツ、黒色ストッキングは避けましょう。

靴については、転職活動であれば黒や茶色、ベージュ系のほか、スーツの色と合っていればパステルカラーなどの明るい色でも問題ありません。

4.夏の面接おすすめアイテム

面接で悪印象を与えないためには、面接直前に一手間かけて汗・ニオイをケアしたり、インナーにも気を遣いましょう。

着替えのインナーやシャツを持参

汗を大量にかいてしまう場合は、インナーやシャツの替えを持参して直前に着替えましょう。汗をかいたまま面接に臨むとあまり良い印象を与えませんし、自分でもニオイが気になり面接に集中できない可能性があります。

制汗スプレーや汗ふきシートをカバンに用意

汗のニオイを防ぐために、制汗スプレーや汗ふきシートをカバンに用意しておきましょう。面接前にトイレなどで汗を拭き取りニオイをケアしておけば、爽やかな印象を与えることができます。念のために制汗グッズは香りの強いものは避け、無香料の製品を選びましょう。

シャツのシワや汗ジミがないか確認

面接前は必ず鏡を見て、シャツにシワや汗ジミなどの汚れがないか確認しましょう。クールビズはジャケットを羽織らないため、シャツのシワや汚れが一段と目立ちます。汗をかきやすい体質であれば、事前に汗じみしにくいインナーを選ぶなど汗対策を行っておきましょう。

5.まとめ

面接で企業からクールビズの案内があった場合は、その指示に従いましょう。また、面接直前は制汗スプレーで汗・ニオイケアを行うことも忘れずに。

どんな服装がいいか迷う人は、一般の転職活動にふさわしいスーツでも構いません。