「スーツじゃないとダメ?」 【男女別】転職時の面接の服装まとめ

転職の面接時の服装は、就活時とは異なり指定されないことがほとんどのため、悩む人は多いでしょう。

この記事では、転職の面接時の服装の基本的なルールと、アイテムごとにOKなラインを詳しく紹介します。

転職の面接の服装はスーツじゃないとダメ?

転職の面接時の服装は?→(1)転職の面接では、ビジネススーツが基本(持っていないのであれば、この際に購入する。男性は5~8万円前後、女性は3~5万円前後がおすすめ)。(2)新卒の就活で着ていたリクルートスーツはNG。(3)指定なしでもスーツを着るのが無難。(4)私服可はオフィスカジュアルがベター。

スーツが基本!リクルートスーツはNG

転職の面接に着ていく服装は、普段会社に着ていくビジネス向きのスーツが基本です。新卒の就職活動で着ていた、黒地で薄手のいわゆる「リクルートスーツ」は、垢抜けない印象になるので避けるのが無難です。

ビジネス向きのスーツを持っていない場合、スーツショップで一着買うのがベター。転職の面接が1回きりで終わることはありませんし、私服勤務の会社であっても試用期間や研修期間はスーツを着て臨む場合も多いので、買って損をすることはありません。

男性であれば5~8万円前後女性は上下で3~5万円前後のものがおすすめです。

▼【アイテム別】面接時のスーツの着こなしポイント

すでにスーツを持っている場合、今の体型に合っているか確認しましょう。小さすぎてボタンがはまらないのは論外ですが、逆に大きすぎてダボダボなのも頼りない印象になってしまいます。

何年も前に買ったスーツは、形が古いだけでなく身体に合わなくなっている可能性もあります。転職を機に買い直すのも良いでしょう。

「指定なし」でも、ビジネススーツが無難

転職活動での面接時の服装について、特に指定がない場合でもビジネス向きのスーツを着ていくのが無難です。面接といったフォーマルな場には、スーツを着ていけば基本的に失礼になることはありません。

「私服可」は、オフィスカジュアルがベター

「私服でも可」の面接には、オフィスカジュアルで行くのがベターです。私服面接は、IT業界やWeb業界といった、比較的ラフな格好で仕事をしている業界に多い傾向があります。

ただし、オフィスカジュアルと言えど、男女ともにジャケットは必ず着るようにしましょう。Tシャツやジーパンも入社後はOKでも、面接の場ではふさわしくありません。また、革靴やパンプスを履くのがマナー。スニーカーはNGです。

※私服面接について詳しくは→私服面接の正しい服装【画像あり】

コラム:スーツでの出社は転職活動がバレるかも…どうしたらいい?

普段私服やオフィスカジュアルで勤務している人が、終業後に中途採用の面接に向かう場合、家からスーツを着て行くと転職活動をしていることがバレてしまう可能性があります

そんなときは、スーツはスーツカバーに、靴は紙袋などに入れて、出社時に駅のコインロッカーに預けておくのがおすすめ。あるいは、会社付近のクリーニング店にスーツを出しておき、面接前に取りに行くのも良いでしょう。通勤カバンに無理やりスーツやワイシャツを入れるのは、しわになってしまうので絶対にNGです。

ただ、在職中の転職の面接は、服装のことも考えると、基本的には有給や半休を取得して対応するのがベター。午後休を取って、業務を済ませてから面接に向かう人が多いですが、そればかりだと怪しまれてしまう可能性もあるので、たまには午前中に面接を受けるのも賢い選択です。その場合、面接後は普段の服装に着替えてから、スーツをコインロッカーに預けて出社するようにしましょう。

【女性編】転職の面接での服装のポイント

ここでは、女性が転職の面接で服装をコーディネートする上でのポイントを、アイテムごとに紹介します。

【女性編】面接時のスーツの着こなしポイント→ジャケット…黒・濃紺・グレー、ボトム…膝の丈・裾の丈に注意、インナー…色や淡色の明るめの色、靴…かかとやつま先を出さない、時計…シルバーの金属製、カバン…無地の肩がけ、アクセサリー…小ぶりのものだけ、ネイル…無地のヌーディな色、髪型…鮎げや耳が見えるように眺めれば1つに結ぶ、髪色…ダークブラウンまで、メイク…薄付きでナチュラル

ジャケット|ビジネス向きな黒・濃紺・グレー

【女性編】面接時のジャケット(例)OK…ビジネス向きの黒・濃紺・グレー。NG…ツイードカラーのジャケット、華やかな色のスーツ。転職の面接で着るスーツの色は、ビジネス向きの黒・濃紺・グレーがベター。子どもの入学式に着るようなツイードカラーのジャケットや、華やかな色のオシャレスーツは面接には不向きです。

また、ジャケットのボタンはすべて閉めるのがマナーです。ブラウスでない限り、インナーの袖を見せる必要はありません。

ボトム|スカートでもパンツでもOK。丈に注意

【女性編】面接時のボトム(例)スカートかパンツ、どちらでもOK。ポイント→スカートは膝丈に。パンツは足首が隠れるくらい。ベルトの着用を忘れずに。面接時のボトムは、スカートでもパンツでも問題ありません

スカートは、立ったときに膝が半分隠れる丈に。座ったときは膝上10cmにくる丈がベストです。

パンツの場合、近年主流であるストレートのものだと、足首が隠れるくらいがちょうど良い長さ。裾広がり(フレア)のものなら、ヒールの付け根が半分隠れるくらいのやや長めで問題ありません。

インナーをタックインする場合は、ベルトの着用も忘れずに

インナー|白や淡色のワイシャツ・カットソーが良い

【女性編】面接時のインナー(例)明るい色のカットソーかワイシャツがおすすめ。面接時のインナーの色に決まりはありませんが、紺やグレーなどの暗い色よりも、白または淡色のワイシャツまたはカットソーがおすすめです。

ただし、白ブラウス&ダークスーツの組み合わせは、就活生のように見えてしまうので避けるのが無難。下着が透けないよう、インナーの下には同色のキャミソールを着用するとベターです。

コラム:【女性向け】スーツ・インナーの年齢別着こなしポイント

女性は、男性と比べて体型や似合う色味の変化が激しいもの。ここでは、年齢別にスーツの着こなしポイントを紹介します。

■年齢別スーツの着こなしポイント

年代

ポイント

20代
  • スーツは紺や黒でも野暮ったく見えないので問題ない
  • ワイシャツは首元が隠れるので、華やかにみえるフリル付きのものもあり
30代
  • スーツは落ち着きのあるグレーや濃紺がおすすめ
  • ベージュやブルーといった色味のインナーを合わせると、こなれ感が出る
40代
  • しっかりとサイズが合ったスーツを着ること
  • パンツスーツがおすすめ。脚を出さずに済み、「デキる」印象を与えられる
50代
  • 腰回りが隠れるスカートを選ぶと良い
  • 顔周りが華やかに見える白のインナーがおすすめ

靴|パンプスでも、つま先やかかとがでるものはNG

面接時の靴の画像(女性)転職の面接時の靴は、黒のシンプルなパンプスで、ヒールの高さは5cm程度のものがベター。スーツに合っていれば、紺やグレー、ベージュも良いでしょう。つま先やかかとが出るものはビジネス向きではないのでNGです。

歩いたときにカツカツ音のするものも避けましょう。面接前に磨く・修理に出すなどのケアを行うのがベターです。

※詳しくは→【写真でわかる】面接で履くべき靴は?

時計|つけたほうが良い。金属製のものがベスト

【女性】面接時につける腕時計の画像

スマートフォンを時計代わりにすることが多くなった今も、ビジネスシーンでは時計を着用したほうが良いでしょう。デジタル式ではなく、金属製でアナログタイプのものがベスト。ベルト部分が革のものでもOKですが、色は黒、茶色、ベージュや白のものが無難です。

※詳しくは→面接にふさわしい腕時計は?

カバン|リュックはNG。無地の肩がけがベスト

【女性】面接時のかばんの画像面接時のカバンは、もらった書類を折らずに収納できる、A4サイズのシンプルなビジネスバッグが基本です。普段リュックで通勤している場合も、面接の場では肩がけできる無地のカバンにしましょう。色は黒が無難です。

※詳しくは→【男女別】面接のバッグ、これが正解

アクセサリー|ピアス・ネックレスはこぶりなものならOK

面接時のイヤリングのイメージ画像転職の面接では、ピアスやネックレスはこぶりなものなら身につけてもOK。カットソーを着る場合は、胸元がさみしく感じられるので、むしろなにか着けたほう良い場合もあります。

指輪は、結婚指輪であれば着けたままで問題ありません

※詳しくは→面接ではピアスを付けてもOK?

ネイル|無地でヌーディな色なら問題ない

面接時の爪についてOK・NGポイントをまとめた画像。OK:短い、肌色に近い自然な色、ナチュラルな爪の形。NG:長い、ラメ・パール・ストーン、派手な色・デザイン。※面接でネイルは基本的にNGです。TPOに合わせましょう。もともとピンクやベージュなどの無地のネイルであれば、面接にあわせてわざわざ落とす必要はないでしょう。長すぎる爪や、付け爪、ネイルアート、派手な色のマニキュアはNGです。

ただし、食品業界や医療業界など、業務上清潔さが必要な仕事の場合、ネイルを落として臨むようにしましょう

※詳しくは→ネイルしたまま面接に行くのはNG?

髪型・髪色|まとめ髪・黒髪がベター

【女性】面接時の髪型→ロングヘア・ミディアムヘアの場合、ボブヘアの場合、ショートヘアの場合転職の面接では、顔周りをスッキリとさせた髪型がベター。髪は耳にかけ、前髪が目にかからないように注意してください。髪が肩につくロングやミディアム程度の長さであれば、後ろで一つに結びましょう。

面接時の髪色は8トーン以下で(4~6が黒髪に見えやすい)

髪色は、外見で判断されないためには、黒髪が良いでしょう。明るい髪の色をしている場合は、黒く染め直すのが無難です。美容室で染めてもらう際には、8トーン以下を指定すれば問題ないでしょう。

※詳しくは→「見た目で落とされない」面接の髪型面接時の髪色は何色が正解?

メイク|普段よりも薄付きでナチュラルに

面接時のメイクのイメージ画像面接時のメイクは、プライベートのメイクよりも気持ち薄めを心がけましょう。

アイラインは目尻をはみ出さない程度に引き、アイメイクはブラウン系の落ち着いた色味がおすすめです。チークとリップは、華やかな赤系のものよりも、ピンクやオレンジ系のほうがスーツに合うでしょう。

※詳しくは→好印象な面接メイクのポイント5つ

【男性編】転職の面接での服装のポイント

ここでは、男性が転職の面接で服装をコーディネートする上でのポイントを、アイテムごとに紹介します。

【男性編】面接時のスーツの着こなしポイント→スーツ…黒・紺・暗めのグレー、ワイシャツ…ノーマルの白や青、ネクタイ…青やえんじがおすすめ、靴…黒や焦げ茶の革のもの、時計…シルバーの金属製、カバン…黒のビジネスバッグ、髪型…眉と額が見えるように短く、髪色…黒髪が基本

スーツ|チェックや幅の広いストライプ柄はNG

【男性編】面接時のスーツ(例)黒・紺・暗めのグレーの無地のものがベター。ポイント→ストライプは薄いものならOK。転職の面接で着るスーツは、黒・紺・暗めのグレーの無地のものがベターチェック柄や幅の広いストライプはNGです。銀行や保険会社、証券会社、ホテル産業などの業界では、堅めの服装が好まれるので、黒を貴重にしたシックな装いを心がけましょう。

スーツのボタンの閉め方のイラスト:2つボタンのスーツ…一番上のみ閉める。3つボタンのスーツ…真ん中のみ閉める、もしくは、一番上と真ん中を閉める。ジャケットのボタンは、2つボタンなら上のみ3つボタンなら真ん中のみ、もしくは上と真ん中を留めましょう

サイドポケットのフラップは、基本的には出しておけばOKです。

ワイシャツ|白・青が無難。ボタンダウンは避ける

【男性編】面接時のワイシャツ(例)OK…ノーマルなワイシャツ。ポイント→袖口が、スーツの袖から1~1.5cmほど出るのが理想。NG…ボタンダウンなど、カジュアルなもの。面接では、白や青のワイシャツが無難。カジュアルな印象を与えるボタンダウンは避けましょう

ワイシャツの袖口は、スーツの袖から1~1.5センチほど出るのが理想。また、袖口のボタンはしっかりと留めましょう。

ネクタイ|派手な色・柄はNG。青・えんじがおすすめ

【面接時に着用するのネクタイ】OK…青、えんじ。NG…ビビットなピンク、パープル、イエロー面接時のネクタイの色や柄に特に決まりはありませんが、青やえんじは、比較的どの色のスーツとも合わせやすいのでオススメです。

ビビッドなピンクやパープル、イエローは、好みが分かれるので避けるのが無難。柄も同様で、幅の大きなストライプやバンダナ柄は避けたほうが良いでしょう。

※詳しくは→面接のネクタイ、正解はこれだ!

靴|黒か茶色の紐付きの革靴がベスト

面接時の靴の画像(男性)…ストレートチップ、プレーントゥ、UチップはOK。ウィングチップはNG。面接には黒または焦げ茶の革靴がベスト

キャメルなどの明るい色や、つま先が尖っているなどの個性的なものは、避けた方が良いでしょう。また、必ず面接前に磨き、艶を出しておくこと。

靴下は黒が無難ですが、グレーや紺などでもOKです。

※詳しくは→面接で履くべき靴は?写真でわかる、面接時の靴下の選び方

時計|金属製or黒の革が無難。華美なものは避ける

【男性】面接時につける腕時計の画像面接時に着ける時計は、金属製もしくは黒の革製のものが無難です。普段は付けていなかったとしても、面接の時だけは身につけたほうが良いでしょう。

高価なものやゴージャスなものは、業界によっては似つかわしくない場合もあるので、避けるようにしましょう。

※詳しくは→面接にふさわしい腕時計は?

カバン|リュックは黒い自立式のものならOK

【男性】面接時のかばんの画像スーツに合わせる面接用のカバンは、黒のビジネスバッグがベター。ナイロン素材のものでも可ですが、手を離しても自立するものにしましょう。

最近、多くのビジネスマンが使用している自立式の黒のビジネスリュックも、持ち手がついているものであればOK。ただし面接時に向かう際は背負わず、手で持つのがマナーです。

※詳しくは→【男女別】面接のバッグ、これが正解面接にリュックはNG?

髪型・髪色|耳と眉毛が見える黒髪短髪がベスト

【男性】面接時の髪型の写真(正面・横・後ろ)

面接時の髪型は、耳周りを短く切りそろえた黒髪がベスト。前髪は、眉毛と額が見えるように上げると爽やかな印象を与えられます。

また、眉毛もきれいに整えたほうが清潔感が出るでしょう。ひげはカジュアルな職場ではない限り、剃っておくのがマナーです。

※詳しくは→「見た目で落とされない」面接の髪型

【Q&A】夏や冬の面接の服装はどうする?

ここでは、夏や冬のシーン別に面接時の服装について解説します。

Q.夏の面接はクールビズでも良い?

面接時にクールビズスタイルはNG。夏場でもジャケット・ネクタイ着用が基本です。

男性は長袖のワイシャツを着るようにしましょう。

夏場はクールビズを実施している企業が多いものの、それはあくまで従業員であればの話。面接に訪れる以上、ネクタイもジャケットも着用が鉄則です。面接会場の手前まではネクタイを外し、上着を脱いでおいても構いませんが、企業の建物に入る前に必ず着用するようにしましょう。

男性の場合、ワイシャツがジャケットから出ているのがマナーなので、スーツに半袖のワイシャツを着るのはNG。女性の場合は、上着を脱がないのであれば、半袖のワイシャツでも構いません。

Q.冬の面接でコートやベストは着てもOK?

冬の面接にコートやマフラーなどを身につけて行くのはOK。ただし、面接会場に入る前に脱ぐようにしましょう。

ベストは、スーツと同じ生地のスリーピースのものであればOK。セーターはラフな印象を与える可能性があるので、着用しないのが無難です。

コートは、受付の前に脱ぎ、二つ折りにして片手に掛けて持ちます。面接室に入った際は二つ折りにして、シワにならないよう椅子の背もたれに掛けておくか、立てたカバンの上にそっと畳んで置きましょう。帰る際も、必ず面接官が見えなくなってから着るのがマナーです。

マフラーを着用している場合も、コートと同様に椅子に掛けるかカバンの上に置きましょう。ただ、面接中に床に落ちたり、掛け方がだらしなくなったりするリスクがあるので、よほど寒い日以外は巻いていかないという選択肢もアリです。

コラム:業界別!面接官が見ているポイントとは?

面接時に採用担当者が見ている服装のポイントを、弊社のキャリアアドバイザーに聞いてみました。看護業界、介護業界、製薬業界、アパレル・コスメ業界について紹介します。

看護業界

ビジネス向けのスーツがベストです。20代前半まではリクルートスーツでもOK。用意できなければ、量販店で買える黒・紺・グレーなど落ち着いた色のジャケットと、白のインナーを着用してください。
髪色は評価に影響が出る可能性が高いので、明るすぎる場合は染め直すのがベター。面接と同時に見学がある場合、病棟は静かなので、ヒール音が鳴るような靴は履かないよう気を付けてください。

介護業界

清潔感が大切になるため、ビジネス向きのスーツが無難です。ジャケットがない場合は、明るい色のブラウスなど、綺麗めな印象を与える格好で行くのがベター。髪の毛は肩につくのであれば縛ってください。
仕事中の服装がポロシャツであることが多いため、施設によっては「面接は私服OK」なところもあります。しかし、面接時は、ジャケットを着用したオフィスカジュアルで向かうのが無難でしょう。

製薬業界

基本的にスーツ着用は大前提で、なおかつ清潔感のある身だしなみが重要になります。靴もきれいに磨きましょう。
女性はカットソーよりもかっちり感の出るブラウスのほうがおすすめです。男性であればスーツとベルト、靴の色味が揃っているかなどを見られる可能性もあります。ネクタイはディンプル(くぼみ)を作るようにすると、より好印象でしょう。

アパレル・コスメ業界

企業側が「個性が表れる服」を指定してくるケースが多いです。ジャケットの着用は必須ですが、比較的にカジュアルな服が好まれます。逆に、堅く見えるリクルートスーツはNGです。
オフィスカジュアルでも問題ありません。中小企業であれば、面接官も私服というところがほとんどです。

まとめ

面接の服装で大切なのは、個性ではなくマナーです。面接の場では、ファッション性の高さより、相手に合わせた行動ができる社会人としてのモラルが見られています。

転職時の面接でのゴールは、面接官に「この人なら当社で働いても違和感がなさそうだ」と思わせることです。ビジュアルで尖るより、相手に受け入れられやすい、清潔で健康そうな人を目指すことが重要です。

  • HOME
  • 写真あり|スーツじゃないとダメ?転職の面接での服装【男女別】