失礼にならない理由の伝え方 【例文あり】転職で内定を保留する方法

転職活動中に応募先の企業から内定が出たとき、内定を保留する方法と失礼にならない保留理由の伝え方を解説します。

今すぐ内定メールに返信したい方は「メール・電話で連絡するときのテンプレート」を確認してください。

転職活動でも、内定保留はできる?

そもそも内定には1週間ほどの回答期間がある

そもそも転職活動の内定には、1週間ほどの回答期間があるのが基本。期限内に回答できれば、内定を保留する必要はありません。

内定の連絡を受け取ったタイミングですぐに結論を出せない場合は、まず「内定のご連絡をありがとうございます。検討し、期限日までに回答いたします」などと返信しておけば、失礼な印象を与えることなく考える時間を確保できるでしょう。

なお、内定承諾の連絡は早ければ早いほど意欲の高さを伝えられるため、保留したい事情がないのであれば、すぐに承諾の連絡をするのがベストです。

▼内定承諾のメール例文はこちら

内定保留が必要な2つのケース

期限内に回答できれば、わざわざ内定を保留する必要はありませんが、下記の2つのケースに当てはまる場合、内定保留をお願いする必要があります。

期限日までに回答できない場合

企業からはじめに提示された回答期限日までに内定承諾・内定辞退の回答ができない場合は、内定を保留できないか交渉する必要があります。

長期の内定保留は受け入れてもらえないケースもあるため、あくまでもお願いベースで伝えるようにしましょう。

内定通知に期限日が記載されていない場合

内定通知のメールや文書に回答の期限日が記載されていなかった場合も、すぐに回答できない場合は内定保留のお願いをする必要があります。

保留のお願いをする・しないの判断ラインは、1日以内に返信できるかどうか。回答に2日以上かかるのであれば、内定通知日から1週間以内を目安に内定保留ができないか交渉するようにしましょう。

内定保留にはリスクもある

もちろん、内定保留にはリスクもつきものです。

内定を保留すれば入社意欲が低いとみなされるため「それなら今回はご縁がなかったということで…」などと、内定が取り消される可能性がないとは言い切れません。

保留後、内定が取り消されそうだと察して承諾したとしても、企業からのイメージが悪化していれば、入社後の働きづらさにつながってしまう可能性もあるでしょう。

内定を保留する前に、こうしたリスクを抱えてでも回答を先延ばしにしたいのか、きちんと考えることが大切です。

保留理由はどのように伝える?

内定保留をお願いをするとき、印象を左右するのが保留理由

4つの事情別に、失礼にならない保留理由の伝え方を解説します。

他社の選考結果を待ちたい場合

他社の選考結果を待ってから回答したい場合は「他社の結果を待ちたいが、貴社の志望度も高い」と示しておくことが、イメージを悪化させないポイント。

内定が出た企業も、第一志望群のうちの1社であることが伝わるようにしましょう。

 例文

先日の面接でも申し上げました通り、他社の選考結果が◯月◯日頃に出るため、それまで返事をお待ちいただくことは可能でしょうか。

面接を通して貴社への志望度がさらに高まったため、内定のご連絡をいただけて非常に喜ばしいのですが、最後まで転職活動をやり切ったうえで納得できる結論を出したいと考えております。

家族に相談したい場合

家族に相談してから返事をしたい場合は、事情をそのまま伝えましょう

家族への相談が理由なら「あくまで本人の入社意欲は高い」と伝わるので、印象が悪化する心配はありません。

家族に相談するタイミングの見通しが立っていることを伝えておくと、企業の担当者も安心して回答を待つことができます。

 例文

転職は家族の生活にも関わることですので、貴社から内定をいただいたことを本日中に家族に伝え、合意を得たうえで正式にお返事したいと考えております。

このため、◯月◯日まで返事をお待ちいただくことは可能でしょうか。

決め手に欠ける場合

ほかに志望度が高い企業があるわけではないものの、決め手に欠けて入社を迷っている場合は、何が懸念点なのかを伝えるようにしましょう。

「懸念点を伝えると印象が悪化してしまうのでは?」と思うかもしれませんが、長く働くことを考えると、不安は内定承諾前に払拭しておくのがベスト。懸念点によっては、改めて面談を設定してもらえる可能性もあります。

例文

貴社で働きたい気持ちは強いのですが、実は懸念点があり承諾の決断ができない状況です。

面接で「採用後しばらくはルート営業を担当する」と伺いましたが、可能であれば早い段階でこれまでの経験を活かせる新規営業に携わりたいと考えております。

可能でしたら、具体的にどのくらいの期間ルート営業を経験すれば新規営業に携わることができるのか、お聞かせいただけないでしょうか。

また、そのお話を伺ったうえで改めて検討したいため、◯月◯日までお返事をお待ちいただくことは可能でしょうか。

退職交渉が難航している場合

退職交渉が難航していて退職の見通しが立たない場合や、入社予定日までに退職ができる雰囲気ではない場合は、差支えのない範囲で事情を伝えるようにしましょう。

企業から「待ってでも入社してほしい」と思われていれば、入社日の調整に応じてくれる可能性もあります。

例文

貴社で働きたい気持ちは強いのですが、実は現職で強い引き止めにあっており、退職日の目処が立たない状況です。

交渉を進めたうえで正式にお返事したいと考えておりますので、◯月◯日までお返事をお待ちいただくことは可能でしょうか。

コラム:一貫性のない理由を伝えるのはNG

保留理由は正直に伝えるのが基本ですが、面接で伝えた内容と一貫性がない理由を伝えるのはNG

面接で「応募しているのは御社のみ」と言ったのに「他社の選考結果を待ちたい」と伝えたり、「家族も応援してくれている」と言ったのに「家族に相談できていない」と伝えたりすると、企業からの印象が悪くなってしまいます。

もし面接で事実と異なることを言ってしまっていた場合は、つじつまが合う保留理由を選び直すのが得策でしょう。

メール・電話で連絡するときのテンプレート

内定保留のお願いをメール・電話で連絡するときのテンプレートを、それぞれ用意しました。

内定保留をお願いするときに伝える内容は、1.内定へのお礼2.保留理由3.入社意思4.いつまでに回答できるかの4つ。保留理由にあたる部分に、先程紹介した4つの例文をあてはめて使用してください。

なお、内定保留の連絡はメールで行うのが一般的。「大切な連絡なので電話で直接伝えたい」と思う場合は、電話をかけた後に保留意思を伝えた証拠として、改めてメールを送っておくのがおすすめです。

メールで連絡する場合

件名:Re:◯月◯日の面接の選考結果につきまして【株式会社◯◯◯】

本文:
株式会社◯◯◯
人事部 △△様

お世話になっております。
[氏名]と申します。

この度は、内定のご連絡をありがとうございました。
実は、入社のお返事につきまして
しばらく猶予をいただきたいと思いご連絡差し上げました。

先日の面接でもお話をさせていただいた通り、
他社の選考結果が◯月◯日頃に出るため、
それまで返事をお待ちいただくことは可能でしょうか。

面接を通して貴社への志望度が高まったため
内定のご連絡をいただけて非常に喜ばしいのですが、
最後まで転職活動をやり切ったうえで
納得できる結論を出したいと考えております。

内定をいただいたにもかかわらず、
身勝手な申し出をしてしまい誠に申し訳ございません。

ご検討のほど、何卒よろしくお願いいたします。


氏名:○○○○
メールアドレス:○○○○@○○○○
電話番号:○○○○
住所:〒○○○-○○○○
(都道府県から市区町村、番地、建物名、号室を正確に記載)

電話で連絡する場合

【電話で内定保留する場合の会話例】あなた:お世話になっております。先ほど、メールにて御社の総合職の採用通知をいただきました[氏名]と申します。この度はメールへのお返事を直接お伝えしたくお電話いたしました。人事部の△△様はご在宅でしょうか?(取り次ぎ)あなた:お忙しいところ、失礼いたします。御社の総合職で内定をいただいた[氏名]です。ただいまお時間よろしいでしょうか?担当者:どうぞ、大丈夫です。あなた:ありがとうございます。この度は、内定のご連絡をいただき誠にありがとうございました。実は、入社のお返事につきましてしばらく猶予をいただきたいと思いご連絡差し上げました。担当者:ご連絡をありがとうございます。お返事までにかかる期間によって待てるかどうか判断したいのですが、いつまでにご回答いただけそうでしょうか?あなた:先日の面接でもお話をさせていただいたとおり、他社の選考結果が○月○日頃に出るため、それまで返事をお待ちいただくことは可能でしょうか。面接を通して御社への志望度が高まったため内定のご連絡をいただけて非常に喜ばしいのですが、最後まで転職活動をやり切った上で納得できる結論を出したいと考えております。担当者:○月○日ですね。承知しました。上の者に伝え、改めてご連絡させていただきます。あなた:内定をいただいたにもかかわらず、身勝手な申し出をしてしまい誠に申し訳ございません。ご検討のほど、何卒よろしくお願いいたします。

電話連絡後に送るメール例文

件名:Re:◯月◯日の面接の選考結果につきまして【株式会社◯◯◯】

本文:
株式会社◯◯◯
人事部 △△様

お世話になっております。
[氏名]と申します。

先程はお電話にてご対応いただき、
誠にありがとうございました。

口頭でのお伝えとなりましたので、
念のため改めて書面でもご連絡いたします。

先日の面接でも申し上げました通り、
他社の選考結果が◯月◯日頃に出るため、
それまで返事をお待ちいただきたく存じます。

面接を通して貴社への志望度が高まったため
内定のご連絡をいただけて非常に喜ばしいのですが、
最後まで転職活動をやり切ったうえで
納得できる結論を出したいと考えております。

内定をいただいたにもかかわらず、
身勝手な申し出をしてしまい誠に申し訳ございません。

ご検討のほど、何卒よろしくお願いいたします。


氏名:○○○○
メールアドレス:○○○○@○○○○
電話番号:○○○○
住所:〒○○○-○○○○
(都道府県から市区町村、番地、建物名、号室を正確に記載)

コラム:転職エージェントを利用している場合

転職エージェントを利用している場合は、担当者にメールや電話で内定を保留したいと伝えればOK。企業に直接連絡する必要はありません。

転職エージェントに伝えた内容がそのまま企業に伝わってしまうことはないので、保留理由はできるだけ正直に伝えるのがベスト。何が原因で保留したいのかを具体的に伝えると、その後、明確なアドバイスを受けやすくなります。

メールで連絡する場合は、下記の例文を参考にしてください。

件名:Re:選考結果のご連絡【株式会社◯◯◯】

本文:
株式会社◯◯◯
△△様

いつもお世話になっております。[氏名]です。

この度は、●●株式会社につきまして
内定のご連絡をいただき、誠にありがとうございました。

大変申し訳ございませんが、
入社のお返事につきまして
しばらく猶予をいただきたいと思いご連絡差し上げました。

先日の面談でもお話をさせていただいた通り、
◯◯社を第一志望にしておりますので、
◯月◯日頃に出る選考結果を待って
正式にお返事したいと考えております。

仕事内容はどちらも魅力的なのですが、
やはり条件面では◯◯社が上回るため
そちらで内定をいただけたら入社したい所存です。

何卒、よろしくお願いいたします。


氏名:○○○○
メールアドレス:○○○○@○○○○
電話番号:○○○○
住所:〒○○○-○○○○
(都道府県から市区町村、番地、建物名、号室を正確に記載)

内定保留後、承諾・辞退するときは?

内定保留後に承諾もしくは辞退の意志が固まったら、できるだけ早いタイミングで連絡をするようにしましょう。

保留後承諾する場合、辞退する場合の例文は「【保留】企業へのメール例文とポイント」で解説しています。

▼転職先が決まったら読みたい

  • HOME
  • 【例文あり】転職で内定を保留する方法|失礼にならない理由の伝え方