両者の違い・退社予定の場合も 退社と退職、履歴書にはどちらを書く?

履歴書の職歴には、退社と退職どちらを書くのが正しいのでしょうか?

正しい表記と両者の違い、退社予定の場合の書き方を解説します。

Q.履歴書では「退社」と「退職」どちらが正解?

A.履歴書の職歴では「退職」を使う

履歴書の職歴では、退社ではなく「退職」を使うのが一般的です

【履歴書の職歴では「退職」を使う】 学歴・職歴のサンプルで、「~一身上の都合により退職」と表記

ちなみに広辞苑では、それぞれ以下のように定義されています。

▼退職

  • 現職を退くこと

▼退社

  1. 社員がその会社をやめること
  2. 一日の仕事を終えて社員が会社から出ること
  3. 社団法人の構成員たる社員が、その法人から脱退し、法人との間の関係を絶つこと

「退社」も間違いではありませんが、「退社」には「会社をやめること」以外にも複数の意味があります。他の意味と混同されないためにも、履歴書では「退職」を使うのが確実でしょう。

退職理由は「一身上の都合」でOK

退職理由の記載は必須ではありませんが、記入する場合は基本的に「一身上の都合により」と書けばOK

アルバイトやパートを辞めた場合も「一身上の都合により」で問題ありません。

派遣社員や契約社員の場合、契約期間の満了日前に退職したときは「一身上の都合により」、契約満了で退職したときは「契約期間満了により」と書きましょう。

倒産などの会社都合退職や、このほかの退職理由の書き方については、下記の記事でくわしく解説しています。

Q.退社予定の場合はどう書く?

A.「現在に至る」と書けばOK

会社を辞めることが決まっているものの、まだ在職中の場合、会社名+「入社」と書いた1行下に「現在に至る」と書けばOKです。

【「現在に至る」+その一行下に「以上」と書く】

くわしい解説や、退職日が決まっている場合の職歴欄の書き方については、下記の記事で紹介します。

  • HOME
  • 退社と退職、履歴書にはどちらを書く?両者の違い・退社予定の場合も解説