パートやバイトなら三つ折りもアリ? 正しい履歴書の折り方

更新

履歴書は二つ折り?それとも三つ折り?

正しい履歴書の折り方と封筒への入れ方について、わかりやすい画像とともに解説します。

履歴書は二つ折りが正解。三つ折りはNG

履歴書の折り方は、記入面を外側にして、中心線で二つ折りにするのが正解です。三つ折りや四つ折りはNGです。

履歴書のサイズがA3であればA4に、B4であればB5に折ります。これは、郵送する場合でも手渡しする場合でも同じです。

【記入面が外側に来るよう、中心線で二つ折りに】

市販の履歴書であれば、あらかじめついている折り目の通りに折ればOK。それ以上小さく折る必要はありません。

なぜ履歴書の三つ折りはだめ?

履歴書を三つ折りにしてはいけない理由は、ビジネス文書を必要以上に小さく折りたたむのは、見栄えが悪くマナー違反だからです。

また、ビジネスで使う書類はA4サイズが一般的なので、二つ折りの履歴書だと企業側も管理がしやすいという面もあります。三つ折り以上だとファイリングやコピーがしづらく、採用担当者の手を煩わせてしまうことにもなります。

【三つ折りや四つ折りは、見栄えが悪くマナー違反】

コラム:パートやバイトなら三つ折りでもOK?

パートやアルバイトに応募する場合は、三つ折りでも問題はないでしょう。そこまでマナーに厳格ではなく、持参する場合はその場で開いて読むこともあるためです。

ただし、「家に長封筒しかない」からと言って、履歴書を三つ折りするのは避けましょう。基本的には二つ折りの履歴書に合うよう、角形2号などの大きめの封筒を用意するのがベターです。

履歴書の正しい折り方・封筒への入れ方

「二つ折り」「三つ折り」にわけて、履歴書の折り方と封筒への入れ方を画像で紹介します。

二つ折りの方法

(1)汚れていない机の上に履歴書を置く (2)履歴書の端と端を合わせる (3)中心線で二つ折りになるよう、軽く折る (4)定規などで強めに折り目をつければ完成

  1. 汚れていない机の上に履歴書を置く
  2. 履歴書の端と端を合わせる
  3. 中心線で二つ折りになるよう、軽く折る
  4. 定規などで強めに折り目をつければ完成

二つ折り履歴書の封筒への入れ方

二つ折りにした履歴書を入れる封筒は、角形2号(角2)が適しています。

職務経歴書や送付状は、もともとA4サイズなら折らなくてOK。すべてクリアファイルにまとめてから入れると丁寧です。

封筒に書類を入れる順番は、上から送付状、履歴書、職務経歴書、その他の応募書類の順です。

▼送付状についてくわしくはこちら

三つ折りの方法

 (1)履歴書を二つ折りにする (2)履歴書の上1/3を残して山折り (3)残りの2/3を谷折りする (4)横から見て「N」になっていれば完成

  1. 履歴書を二つ折りにする
  2. 履歴書の上1/3を残して山折り
  3. 残りの2/3を谷折りする
  4. 横から見て「N」になっていれば完成

三つ折り履歴書の封筒への入れ方

三つ折りした履歴書を入れる封筒は、長形3号(長3)が適しています。

送付状は必須ではありませんが、同封する場合は二つ折りにした履歴書に重ねてから、まとめて三つ折りにしましょう。

クリアファイルなし、送付状と履歴書を重ねた上で三つ折りして入れている図。 送付状、履歴書の順。

履歴書を封筒に入れたあとは…

履歴書を正しく折って封筒に入れたら、封筒の宛名の書き方郵送・手渡しするときのマナーを確認しましょう。

▼封筒の宛名の書き方・郵送のマナーはこちら

▼手渡しするときのマナーはこちら

  • HOME
  • 正しい履歴書の折り方|パートやバイトなら三つ折りもアリ?