イラストつきで解説 履歴書封筒の手渡しマナー|書き方・渡し方

更新

面接の場などで履歴書を手渡しする場合、封筒のマナーは郵送とは若干異なります

手渡しする場合の封筒の書き方・渡し方などのポイントを、イラストつきでご紹介します。

手渡しの場合も、封筒は必要

履歴書を手渡しする場合でも、必ず封筒に入れて持参しましょう。

移動中に書類が折れたり、汚れたりすることを防げます。一般的なマナーとしても定着しているので、封筒は必ず用意してください。

白色・角形2号の封筒を用意しよう

履歴書を入れる封筒は、白色の角形2号サイズがおすすめです。

履歴書などは封筒に直接入れず、クリアファイルにまとめるのが一般的。角形2号の封筒であれば、A4サイズの書類を折らずにクリアファイルごと入れられます。

また、封筒の色は白が無難。茶封筒は事務的な用途で使うことが多いため、人によってはマナー違反だと感じてしまうリスクがあります。

履歴書を入れる封筒のサイズは、角形2号がおすすめです。書類を折らずに入れることができます。

手渡しする場合の、封筒の書き方

履歴書を手渡しする場合の封筒には、応募先の住所・会社名などの宛名を書く必要はありません

表面に枠囲いで「履歴書在中」を、裏面に持参日・自分の住所・名前を記入しましょう。

手渡しする場合、履歴書を入れる封筒には、表に履歴書在中と記入。裏には持参日と、住所・氏名を書きましょう。

(1)表面:「履歴書在中」と書く

表面の左下に、赤色の油性ボールペンで「履歴書在中」と書きましょう。文字のまわりは、定規を使って長方形で囲ってください。

直筆の代わりに「履歴書在中」のスタンプを使ってもOKです。きれいに書く自信が無い人や複数社に履歴書を出す人は、文房具店・100円ショップなどで購入しておくといいでしょう。

正しい「履歴書在中」の書き方
履歴書在中」スタンプを買える場所5つ

(2)裏面:持参日を書く

裏面の左上に、漢数字で持参日を縦書きしましょう。履歴書など、同封する書類の日付もすべてそろえます。

西暦・和暦どちらでも大丈夫ですが、これも同封する書類に合わせましょう。

(3)裏面:住所・氏名を書く

裏面の日付の下に、あなたの郵便番号・住所・氏名を記入しましょう。この書類が誰ものかを伝えるために、忘れずに記入してください。

履歴書の手渡しマナー

履歴書を手渡しする際、押さえておきたいマナーは次の3つです。

  1. 手渡しの場合、送付状(添え状)はつけない
  2. その場で書類を取り出せるよう、封筒はのりづけしない
  3. 面接官に渡す場合は中身を出して、受付に預ける場合は封筒のまま渡す

渡し方のマナーについて、面接官に手渡す場合受付に預ける場合にわけて見ていきましょう。

面接官に手渡す場合

面接官に直接手渡す場合、履歴書は封筒から取り出してクリアファイルごと渡します。取り出したクリアファイルを封筒の上に重ねて、面接官が文字を読める向きで渡してください。

面接官に履歴書を手渡しする場合、封筒からクリアファイルごと取り出し、封筒の上に重ねて渡します。面接官が文字を読める向きで渡すようにしてください。

「こちら私の履歴書です。本日はよろしくお願いいたします」などと一言添えて、お辞儀をしながら両手で渡すと印象が良くなります。

受付へ預ける場合

受付へ預ける場合は、履歴書は封筒から出さず、そのまま渡します。封筒の表面を上にして、封筒のフタを自分の方に向けて渡してください。

受付に履歴書を預ける場合は、履歴書は封筒から出さずに、そのまま渡します。封筒の表面を上にして、フタを自分の方に向けて渡しましょう。

相手が面接官でなくても「本日はよろしくお願いいたします」と一言添えて、お辞儀をしながら渡しましょう。あなたの第一印象が、受付の人から面接官に伝えられる場合があります。

当日役立つ、3つのテクニック

ここからは、当日役に立つテクニックを3点お伝えします。

面接官に好印象を与えられたり、評価を下げるリスクを減らせたりするので、ぜひ実践しましょう。

面接当日に役立つテクニックは3点。1、移動中は、封筒もクリアファイルにはさんでおく。2、封筒は、すぐ取り出せる場所に入れる。3、履歴書のコピーも持っていく。

移動中は、封筒もクリアファイルにはさんでおく

面接会場までの移動中は、封筒自体もクリアファイルにはさんでおくと、より安心です。封筒ごと履歴書が折れたり、汚れたりするリスクを更に減らせます。

角形2号の封筒を使う場合は、A4サイズのクリアファイルを2枚使って、上下から二重に挟むようにしましょう。

面接会場までの移動中は、封筒自体もクリアファイルにはさんでおくと、より安心です。封筒ごと履歴書が折れたり、汚れたりするリスクを更に減らせます。

なお、面接官などへ提出するタイミングでは不要になるので、面接会場へ着く直前に、クリアファイルは外しておきましょう

封筒は、すぐ取り出せる場所に入れる

履歴書を受付で預けるか、面接官に手渡しするかは、企業によって異なります。いつ提出を求められてもいいよう、封筒はカバンのすぐ取り出せる場所に入れておきましょう

書類が折れにくい大きめのカバンを用意し、サイドポケットなどに入れるのがおすすめです。

【男女別】面接のバッグの選び方

履歴書のコピーも持っていく

企業に提出する履歴書は自分用にコピーを取り、持っていくのがおすすめです。

面接官は、履歴書をもとに質問を考えることがほとんど。履歴書のコピーを用意することで、面接までの空き時間で内容のおさらいができ、質問に余裕を持って答えられるようになります。

封筒の準備を終えたら・・・

履歴書・封筒の準備が終わったら、面接当日の流れも軽くおさらいしておきましょう。

受付~面接中~退室のマナーや服装などをチェックしておくと、当日の心の余裕もできます。

  • HOME
  • 【イラスト解説】履歴書封筒の手渡しマナーガイド(書き方・渡し方)