履歴書を持参する場合の、封筒の書き方・渡し方マナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「履歴書在中」印字封筒

履歴書を持参するよう企業に求められ、
「封筒に入れて持っていくべきなのか」
「持っていくとしたら、どんな封筒がいいのか」
「封筒はなんと書けばいいのか」
「手渡しするときに、履歴書を封筒から出すのか」
など、悩んでいませんか?
ここでは履歴書を持参する際の封筒の書き方や、渡す際のマナーをあまさず解説します。

【目次】
1.履歴書を持参する際の注意点
履歴書は必ず封筒に入れて持っていく
履歴書のコピーも持っていく
封筒・履歴書が折れないようにどちらもクリアファイルに入れる
提出書類はぱっと取り出せる場所にしまう
2.履歴書を持参する際の封筒の書き方
色は白・サイズはA4の封筒が無難
封筒 表面の書き方
封筒 裏面の書き方
3.履歴書を渡す時のマナー
面接官に直接渡す場合・・・履歴書を取り出して渡す
受付で渡す場合・・・封筒のまま渡す
4.まとめ

 

1.履歴書を持参する際の注意点

履歴書は必ず封筒に入れて持っていく

履歴書は必ず封筒に入れて持参しましょう。
履歴書は、あなたの学歴・経歴などを証明する重要な書類です。
履歴書を封筒に入れず、むきだしのまま持参すると、
その重要な書類が汚れてしまったり、折れてしまったりする可能性があるため、
採用担当者によっては、「マナーがなってない」と思う可能性があります。
マイナス印象を抱かれないために、履歴書は封筒に入れて持参しましょう。

履歴書のコピーも持っていく

企業に履歴書を持参する前に履歴書のコピーをとり、
原本とは別にクリアファイルに入れて企業に持っていきましょう。

コピーを持っておくことで、面接までの空き時間に自分が何を書いたのか確認することができます。
採用担当者は履歴書をもとに質問することもあるため、直前まで履歴書の内容を確認できると、
履歴書に書かれていることに関して質問されても、自分が何を書いたのか覚えているため落ち着いて答えることができます。

封筒・履歴書が折れないようにどちらもクリアファイルに入れる

履歴書を封筒に入れる際は、その封筒・履歴書が折れたり、汚れてしまわないよう、
クリアファイルに入れましょう。

【クリアファイルの入れ方】
履歴書を封筒に入れます。
↓↓↓
履歴書の入った封筒を上下から二重にクリアファイルではさみます。

封筒をクリアファイルに入れる場合の図解

提出書類はぱっと取り出せる場所にしまう

履歴書の提出を求められるタイミングは企業によって、まちまち。
面接時に求められることもあれば、企業に着いてすぐ受付で求められることもあります。
いつ提出を求められてもぱっと取り出せるように、履歴書入りの封筒はカバンのサイドポケットなど、
すぐに取り出せる場所にしまっておきましょう。
また、書類をしまうカバンは、書類が折れにくいカバンを選びます。
くれぐれも小さめのカバンに無理やり履歴書をつめこむことのないようにしましょう。

2.履歴書を持参する際の封筒の書き方

色は白・サイズはA4用の封筒(角形A4か角2号)が無難

封筒に必要事項を書く前に、そもそもどのような封筒を選ぶべきなのでしょうか?
無難なのは色は白・サイズはA4用の封筒(角形A4か角2号)です。

最近はあまり聞かなくなったものの、以前は茶封筒がマナー違反という意見が多くありました。
そのため、白封筒の方が無難です。
封筒のサイズは履歴書を折りたたまずに入るサイズであればかまいません。
ただ、履歴書に対して封筒が大きすぎると不恰好なので、履歴書のサイズを考慮して封筒を選びましょう。

履歴書のサイズは大きくわけてB5サイズかA4サイズ(A3を二つ折りしたものも含む)しかないため、
A4用の封筒(角形A4か角2号の封筒)を選んでおけばどちらのサイズでも履歴書を折らずに封筒に入れることができます。

封筒 表面の書き方

封筒表面の書き方
履歴書を持参する際の封筒の表面には、手渡しとなるため宛名を書く必要はありません。
また、添え状も必要ありません。

封筒の表面は、左下に赤いボールペンで「履歴書在中」と書き、定規を使って四角く囲えば完成です。
多くの企業に履歴書を出す可能性がある人や、きれいに書ける自信のない人は、
文房具店や100円ショップなどで「履歴書在中」のスタンプを購入するという手もあります。
ネットでも販売しています。

楽天 ゴム印(履歴書在中)枠あり シャチハタタイプ

・封筒 裏面の書き方

封筒裏面の書き方
履歴書を持参する際の封筒の裏面は、履歴書を提出する年月日・あなたの住所と氏名を書けば完成です。
封筒の中の履歴書のみ提出することを求められることもありますので、
封にのりづけはしないようにしましょう。

3.履歴書を渡す時のマナー

履歴書を渡す際のマナー・気をつけるべき点は、履歴書を渡すシチュエーションによって異なります。

面接官に直接渡す場合・・・履歴書を取り出して渡す

面接時に面接官に直接履歴書を取り出して渡す場合は、
①封筒から履歴書を取り出し、
②履歴書を封筒の上に重ね、
③面接官の読みやすい向きで渡します。
面接官にくれぐれも履歴書を取り出させる手間をかけないようにしましょう。

また、渡す際には「こちら私の履歴書です。本日は宜しくお願い致します。」と一言添えて、
両手でお辞儀をしながら渡しましょう。
履歴書を渡すタイミングは、面接官に履歴書を渡すよう指示を受けたときです。
指示を受けなかった場合は、面接官に聞いてみましょう。

受付で渡す場合・・・封筒のまま渡す

面接を受ける前に、受付で担当者に履歴書を渡す場合、履歴書を封筒に入れたまま、
相手の読みやすい向きで渡しましょう。
面接官のもとに履歴書が届くまでに、履歴書が折れたり、傷ついたりしないように封筒のまま渡すのが原則です。ただ、封筒から履歴書を出すようにいわれた場合は、担当者の指示に従いましょう。
学生が説明会で履歴書を提出する際も同様です。

渡す相手が面接官でなくとも、渡す際には「宜しくお願い致します。」と挨拶をし、
両手でお辞儀をしながら渡します。
丁寧な対応をしておくことで、あなたのいい印象が履歴書を受け取った人から面接官に伝わることもあります。

4.まとめ

いかがでしたか。
履歴書を持参する際には、封筒の選び方や封筒の書き方、封筒・履歴書のしまい方、履歴書の提出の仕方など、気をつけるべき点が実はたくさんあります。
ただ、受け取る側の気持ちになってみれば、難しいことではありません。
採用担当者にマイナス印象を抱かれないように、マナーをふまえて履歴書を渡しましょう。