なんて言えばいい? 面接の受付での挨拶・マナー

面接会場に到着したものの「受付ではどのように挨拶をすれば良いのか?」と不安に思う方も少なくないのではないでしょうか。

面接当日の受付での挨拶例文や、気をつけたいマナーについて解説します。

例文|面接の受付での挨拶・言い方

面接当日は、約束した時間の10分前までに会場の建物付近に到着し、5分前になったら受付をするのが一般的な流れです。

受付を行うときの挨拶例文や言い方・マナーについて、受付に内線電話のみ置いてある場合と、受付に人がいる場合に分けて解説します。

受付に内線電話のみ置いてある場合

内線電話のみ置いてある受付のイメージ画像受付に人がおらず、内線電話が置いてある企業では、電話で採用担当者を呼び出します

内線電話には2種類あり、受話器を取ってから担当部署の内線番号を押すタイプと、受話器を取るだけで自動的につながるタイプがあります。基本的には電話の近くに操作方法などの案内があるはずなので、よく確認した上で指示に従いましょう。

電話がつながったら、下記のように用件を伝えてください。

■内線電話で呼び出すときの挨拶例文

恐れ入ります。私、本日の15時からの面接で参りました「転職 太郎(自分のフルネーム)」と申します。採用担当の□□様(採用ご担当者様)をお願いできますでしょうか。

受付の挨拶で伝えるべき要素は「約束の時間と目的」「自分のフルネーム」「取り次いでもらいたい相手の3つです。学生の場合は学校名も伝えましょう。

受付に人がいる場合

人がいる受付のイメージ画像

受付に人がいる場合、採用担当者に取り次ぎを依頼します

早めに到着したら建物の外で待機し、約束している時間の5分前になったら受付に近づきましょう。受付の人に「こんにちは」と挨拶し、軽くお辞儀をした上で、下記のように用件を伝えてください。

■受付に人がいるときの挨拶例文

こんにちは。本日の15時からの面接で参りました「転職 太郎(自分のフルネーム)」と申します。□□様(採用ご担当者様)にお取り次ぎいただけますでしょうか。

受付の挨拶で伝えるべき要素は「約束の時間と目的」「自分のフルネーム」「取り次いでもらいたい相手の3つです。学生の場合は学校名も伝えましょう。

総合受付があるときはどうする?

複数の会社が入居している大きなビルを訪ねる場合、エントランスにある総合受付で呼び出しをすることはNGです

総合受付はあくまでビル全体の受付。各企業の受付は別にあるのが一般的です。ただし、事前に総合受付で面接の受付を済ませる指示があれば従ってください。

大きなビルで受付をする場合にはまず、エレベーターなどで面接を受ける会社の入口まで行き、内線電話やインターホンがないかを確認しましょう。

帰り際にも忘れずに挨拶をする

面接終了後、有人の受付を再度通りがかる場合は、帰り際にもお辞儀をし「ありがとうございました」と挨拶をしましょう

オフィス内ですれ違う社員にも、軽く会釈をしたり「こんにちは」「ありがとうございました」といった挨拶をすると好印象です。

コラム:受付挨拶の始めは「こんにちは」でOK

受付挨拶の始めは「こんにちは」で問題ありません。午前11時頃までは「おはようございます」にするなど、時間帯に合わせて挨拶の言葉を変えてもいいでしょう。また「お世話になっております」でもOKです。

「すみません」「あの」などの呼びかけや「お疲れ様です」「ご苦労様です」など、社員同士が交わす挨拶はふさわしくないため控えましょう。

受付前のチェックポイント5つ

「受付は面接開始の何分前にすべきか」など、受付前にチェックしておくべき5つのポイントをご紹介します。

面接当日|受付前のチェックポイント5つ|1.受付の時間は面接5分前 2.トイレを済ませておく 3.身だしなみの最終チェック 4.携帯電話の電源をオフに 5.提出書類を準備する

受付の時間は面接5分前

繰り返しになりますが、面接の受付は、約束した時間の5分前にするのがベスト。会場付近には10分前に到着することを目標にしてください。

早く着いたからといって、受付を早くしすぎないよう注意しましょう。まだ採用担当者の準備ができておらず、余計な気を使わせることにもなりかねません。

トイレを済ませておく

面接当日は受付の前にトイレを済ませておきましょう。受付後、面接終了までは長くて1時間以上かかることもあります。

トイレを使う場合、応募先の企業にあるトイレはNG。社員や面接官と鉢合わせする可能性があるからです。面接まで時間の余裕がある場合、駅や喫茶店などのトイレを使いましょう

その際、次に解説する「身だしなみの最終チェック」もあわせて行うとスムーズです。

身だしなみの最終チェック

受付に向かう前に、トイレなどで身だしなみの最終確認をしておきましょう。受付を済ませた後は、鏡を見たりトイレに行ったりする時間はありません。

男女別にチェックポイントを紹介します。

■男女共通

  • 寝ぐせはないか
  • 目やになど、顔に汚れが付いていないか
  • マスクにゴミが付いていないか
  • (マスクを外す可能性もあるため)口周りや歯が汚れていないか
  • スーツにほこりやフケがついていないか
  • 靴が汚れていないか

■男性

  • ネクタイがゆるんだり曲がったりしていないか
  • シャツの第一ボタンが留まっているか
  • シャツがパンツから出ていないか
  • 靴紐がほどけていないか

■女性

  • 頭を下げても前髪が下りてこないか
  • 襟もとから下着が見えていないか
  • スカートがまわっていないか
  • ブラウスがスカートやパンツから出ていないか
  • ストッキングは伝線していないか

その他、面接の服装マナーについて、詳しくは下記の記事で解説しています。

携帯電話の電源をオフにする

受付前に携帯電話の電源は切っておく、もしくはマナーモードにしておきましょう。よほど緊急の電話が控えている場合でなければ、電源を切っておくのが無難です。

提出書類の準備をする

履歴書など、面接の際に提出する書類があれば、カバンの中の取り出しやすい位置に移動しておきましょう。受付や面接会場で提出書類を探している様子は、決して良い印象には映りません。

面接当日に履歴書などを持参し、手渡しするときのマナーについては、下記の記事で詳しく解説しています。

待機中・入室のマナーも確認

受付後に待機しているとき、面接を行う部屋に入室するときのマナーもあわせて確認しておきましょう。

待機・入室のパターンは大きく「ロビーや控室で待つ場合」と「面接をする部屋で待つ場合」に別れます。それぞれの立ち居振る舞いのマナーについて、詳しくは下記の記事で解説しています。

  • HOME
  • 面接
  • 最終確認!面接の受付での挨拶・マナー|なんて言えばいい?