転職活動にかかる期間は●ヶ月?! 計画的に転職するポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
calendar_image

「転職活動を始めたいけど、何ヶ月くらいかかるのかわからない」とお困りの方はいませんか。

この記事では、平均的な転職活動のスケジュールや活動が長引くケースなど、計画的に転職するために知っておくべきポイントを紹介します。

【目次】
1.平均的な転職活動期間は準備+3ヶ月
2.状況別・転職活動期間が長引くケース
・新卒採用の時期や繁忙期
・自分で応募する場合
・日程調整が上手くいかない場合
・人気企業や人気求人に応募する場合
・年齢が高めの場合
3.まとめ

 

1.平均的な転職活動期間は準備+3ヶ月

転職活動にかける平均的な期間は、応募を始めてから3ヶ月くらいといわれています。応募する前には、さらに準備期間(求人検索などの情報収集)が必要です。

転職活動は一般的に 書類選考⇒面接(1~3回、筆記試験が含まれる場合も)⇒内定⇒入社承諾⇒入社 の流れで進みます。1社あたりの所要期間の目安は下の通り。実際は複数社の選考を同時並行で受ける人が多いです。

書類選考……1~3週間
面接(筆記試験含む)……2週間~1.5ヶ月 ※面接1回につき1週間前後
内定(返答するまで)……1週間程度
入社準備(退職交渉など)……1ヶ月~2ヶ月

これに準備期間(情報収集や応募書類の作成など)を加えたものが、実質的な所要期間となります。

準備期間は個人差が大きい

準備期間については、個人差が大きく出てきます。

すでに行きたい会社がはっきりしている場合は短期で準備が整うこともありますが、ゼロから求人を探す場合には最低でも1ヶ月程度は必要と考えておいたほうがいいでしょう。なかには、条件のこだわりが強いために、求人探しに1年以上かかったという人もいます。

何より大切なのは納得できる転職先を見つけること。焦らず自分に合った方法で活動を進めましょう。

応募したい求人に出会った後、スムーズに活動を進めるには、いざという時すぐに魅力的な自己PRができるよう、早めに準備しておくことがポイントです。求人探しと並行して、これまでの経験や自分の強み・弱みの整理をしておけば、書類作成も面接準備もはかどります。

転職エージェント(人材紹介会社)に登録すれば、希望の求人を探してくれたり、経験や市場価値を客観的に評価してくれたりします。全て無料で利用できるサービスですので、活用してみるのも一つの手です。

 

2.状況別・転職活動期間が長引くケース

状況によっては、1章で説明した例よりも転職活動期間が長引くことがあります。ここでは、特に時間がかかりやすい状況を紹介します。

新卒採用の時期や繁忙期

新卒採用の時期(主に4~6月)や応募する企業の繁忙期は、選考スピードが遅くなる傾向にあります。

新卒採用の時期になると、多くの企業は一時的に中途採用よりも新卒を優先します。特に、新卒を大量採用する企業や採用担当を新卒と中途で分けていない企業は、選考の進みが遅くなりやすいといえます。

また応募する企業の繁忙期も、採用に割けるパワーが通常より減ってしまうことから、ややペースが遅くなることがあります。

短期間で活動を進めたい場合は、応募先の新卒採用時期や繁忙期を事前に確認し、できるだけその時期を避けるのがベターです。

自分で応募する場合


求人広告サイトや企業サイトを見て自分で応募する場合、書類選考に時間がかかりやすいといわれています。誰でも応募でき、多数の応募が集まりやすいためです。応募者の中には企業が想定するターゲットとは異なる人も含まれることから、どうしても選考に時間がかかってしまいます。

また求人広告サイトを使った募集の場合、ある程度応募が集まってから選考を始めるケースも少なくありません。「募集開始直後に応募したが、実際に書類を見てもらえたのは締め切りが過ぎた応募3週間後以降。結果が来たのは1ヶ月以上たった後だった」ということもあるようです。

ハローワークや転職エージェントを使えば、企業に直接働きかけてもらえるため、活動期間が短くなるかもしれません。

日程調整が上手くいかない場合

面接は基本的に平日に行われるため、日程調整が上手くいかないと面接に思った以上に時間がかかることがあります。

有休が取りづらい人や毎日夜遅くまで働いている人にありがちな事例ですが、場合によっては面接官側の都合がつかずに調整が難航することもあります。特に複数の面接官が出てくる面接や役員クラスとの面接は、日程調整が長引きやすいようです。

近年は1次面接を電話やSkypeで行うなど工夫する企業もあり、日中1時間程度の時間を確保できれば面接を受けられることも増えています。予定調整が難しい人も、昼休みをずらしたり外勤を活用したりして、時間を確保しましょう。面接官が多忙な場合は、事前に先方の都合を確認し、予定を調整するのがスムーズです。

人気企業や人気求人に応募する場合

popular_company企業の採用活動は基本的に、すべての応募者を選考した上で合否を判断していきます。人手不足の職種や募集人数が多い求人は比較的スムーズに進みやすいですが、応募が多くなるほど選考には時間がかかります。例えば5人の中から1人を選ぶよりも、50人の中から選ぶほうが時間も労力もかかると考えると、なんとなく想像がつくでしょう。

短期間で活動を進めたい場合は、複数の求人を並行して受けるのをオススメします。

年齢が高めの場合

年齢が高ければ高いほど、書類選考・面接ともに時間がかかりやすいといわれています。特に、30代後半以降になるとその傾向が強まります。採用する企業がその人に求める条件が複雑化し、より慎重に選考が行われるためです。

第二新卒を含む20代はポテンシャルや人柄重視で選考が進むことが多い一方、30代以降はこれまでの経験やスキルを含めて総合的に評価されます。評価すべきポイントが多くなるため、選考にかかる時間も増えてしまうというわけです。

 

3.まとめ

平均的な転職活動期間は準備+3ヶ月くらいといわれていますが、転職の目的や状況によって、実際の活動期間はさまざまです。「とにかく早く今の仕事を辞めたい」「時間がかかってでも納得行く転職先を見つけたい」など、状況によって所要期間は変わります。

より効率的に活動を進めたいのであれば、準備を入念にしておくのがポイント。選考を通過しやすいように応募書類の内容を充実させたり、自己PRの内容をブラッシュアップしたりと、求人探し以外にもできることはたくさんあります。退職交渉や引き継ぎをスムーズに進めるために、今勤めている会社の就業規則は事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

日頃から備えておけば、希望の求人に出会えたタイミングでスムーズに活動を進めることができるはずです。しっかりと準備を進め、納得できる転職を実現しましょう。