Q&Aでわかりやすく解説! 試用期間中の退職は簡単にできる?

更新

試用期間中に退職したいときのQ&Aをまとめました。

Q1:試用期間中に退職したいのですが…

現在試用期間中なのですが、業務内容が合わず退職を考えています。簡単に退職できるのでしょうか…?

試用期間中であっても退職すること自体は可能です。ただし、即日退職は基本的にNGです。
「試用期間」=「本採用を前提としたお試し期間」と言っても、実は法律上では労働契約が成立しています。そのため、辞めたいと言っても即日で辞められるわけでありません。

申し出から何日で辞められるかは企業による

企業によって”退職は退職希望日の1ヶ月前までに申し出ること”などの「規定があり即日退職できない場合」や、「相談次第で即日退職できる場合」があります。円満に会社を辞めるためにも、退職を決めたら早めに会社に相談するのがオススメです。

※退職の相談の仕方や退職する際の手続きガイド→「退職時・退職後の手続きガイド【完全版】

なお、もし会社が退職を認めてくれずスムーズに退職の相談が進まなかったとしても、民法により、退職届を提出するなど意思表示をしてから2週間経てば退職が可能なので安心してください。

※2週間で退職する場合のガイド→「申告から2週間で退職可能って本当?

Q2:試用期間中の退職も履歴書に書く?

試用期間中に退職した場合、履歴書には退職歴を書かないといけないのでしょうか?

試用期間中の退職でも、必ず履歴書の職歴欄には書くようにしましょう。
短期間の在籍だったからと言って記載しないと、経歴詐称となってしまう可能性があります。

もし退職理由も書く必要がある場合は「一身上の都合により」と書けばOKです。

試用期間の退職が転職で不利になるとは限らない

試用期間中の退職など、在籍期間が極端に短い場合は当然良い評価にはなりません。しかし、事情があっての退職であり、それを面接できちんと説明できれば、特に転職で不利になることはありません。

しかし、試用期間中の退職を「隠すこと」はNGです。
履歴書に書かなくても、採用後に企業が保険の手続きをする際、前の企業との雇用関係がわかってしまいます。「後からバレた」となると、最悪の場合、経歴詐称により懲戒解雇の対象になることもあります。

Q3:試用期間の退職理由はどうすべき?

試用期間中ですが退職しようと思っています。上司へ退職を切り出したいのですが、退職理由を正直に伝えるべきか悩んでいます…。言いづらい場合は嘘の理由でも良いのでしょうか?

できれば、本当の理由を伝える方が良いでしょう。
ただ、場合によっては伝えにくいこともありますよね。そういった場合は、複数ある理由のうち、体調不良や家庭の事情など、伝えやすい理由(建前)を話しても良いでしょう。

退職理由は、伝え方によっては誤解されたり角が立ったりする可能性もあります。できるだけ円満に辞めるためにも、事前に退職理由の伝え方を考えておき、丁寧に話すようにしましょう。

退職理由と例文

以下に4つの退職理由とを退職を伝える際の例文をまとめたので、参考にしてください。

1体調をくずし、働き続けることが困難になった

本日はお時間をいただきありがとうございます。突然のお話で恐縮ですが、実は退職を考えています。少し前から体調が悪く、このまま仕事を続けるのが難しいと感じています…。

試用期間中にこのようなお話をすることになり、とても申し訳ないのですが、退職させていただきたく、本日ご相談させていただきました。

体調をくずしてしまった場合は短期間での退職もやむをえないので、正直に理由を伝えてOKです。

もし病院で医師から診断を受けた場合は、「病院に行ったところ、医師からしばらく休養する必要があると診断を受けました。」と伝えると、よりスムーズに退職の交渉が進むでしょう。

2家庭の事情による

本日はお時間をいただきありがとうございます。急なご相談なのですが、実は親の介護が必要になり、こちらで働き続けることが難しくなってしまいました。

試用期間という短い間に退職することになってしまい大変申し訳ないのですが、退職させていただければと思い、ご相談しました。

家族に介護・看護が必要になった場合や夫や妻の転勤など、家庭の事情で勤務が難しくなった場合は、正直に理由を伝えれば問題ありません。

3会社の雰囲気や風土、人間関係が合わない

本日はお時間をいただきありがとうございます。突然のご相談なのですが、実は退職を考えています。

正直にお話すると、年配の男性の比率が高く、女性社員が私だけという環境が自分には合わないと感じています…。また、オフィス内での喫煙が許可されていて、煙草を吸う方が多い環境で働くことが辛く、退職させていただきたいと思っています。

試用期間中にこのようなお話をすることになり、申し訳ございません。

会社の雰囲気や、どんな人が働いているかといった社内の様子を就職前に知るのは難しいことです。例えば社内の環境に問題があったり、人間関係がうまく築けそうになかったりした場合は、素直に伝えても良いでしょう。

4業務内容や環境が求めていたものと違った

本日はお時間をいただきありがとうございます。自分の中でも悩んだのですが、実は退職を考えています。

正直にお話すると、書籍の編集アシスタントとして校正などに携わると聞いていましたが、実際は請求書や契約書の管理など総務の業務を多く任せていただいており、業務内容にギャップを感じています…。

私自身の事前の確認不足もあり、試用期間中にこのようなお話をすることになってしまい大変申し訳ないのですが、退職させていただきたく、ご相談させていただけないでしょうか。

事前に聞いていた内容と実際の内容が違うと伝える場合は、言い方によって角が立つ可能性もあります。仕事を続けられないほどのギャップがある場合は、何がどう違ったのかを具体的に伝えるようにしましょう。

  • HOME
  • Q:試用期間中に退職したいのですが、簡単にできるのでしょうか?