退職手順やメリット・デメリットも解説 試用期間中なら即日退職が可能?

公開

「試用期間であれば、即日で簡単に退職することができる」と思っている人もいるかもしれません。

この記事では、試用期間に即日退職できるのかどうかを解説します。退職する際の手順と、試用期間に退職するメリットとデメリットも紹介するので、辞めるかどうか迷っている人は必見です。

試用期間中なら即日退職できる?

ここでは、試用期間中に即日退職することはできるのかを解説します。

試用期間中の即日退職は基本的にはできない

試用期間中であっても、基本的には即日退職することはできません

法律上では、試用期間でも労働契約が成立しています。

試用期間中に退職する際は、正社員、パート、アルバイトなど雇用形態に関わらず、会社が定める決まりに従って手続きを行う必要があります。

ただし、会社と合意が取れたら、例外的に即日退職できることもあります

試用期間中の退職を考えている場合は、できるだけ早めに上司に相談しましょう。

申し出から何日で退職できるかは企業によって異なる

申し出から何日で退職できるかは企業によって異なるため、就業規則の退職に関する部分を確認しましょう。多くの企業は、「退職の1ヶ月の前に申し出ること」としています。

民法では原則として、申し出てから2週間立てば退職できると定めています。

試用期間中に即日退職する際の注意点

試用期間中に退職する際も、一般的な退職と同じ手順を踏みます。退職時の手順は、以下の通りです。

  1. 上司に退職の相談をする
  2. 退職日を決定する
  3. 退職届を提出する
  4. 退職日になったら、備品などを返却する

ここでは、試用期間中に即日退職する際に気をつけるべきポイントを解説します。

退職理由を伝えるため上司と話し合いの時間を設ける

まずは上司と話し合いの時間を作り、退職したい旨とその理由を伝えましょう。

何の連絡もせずに勝手に退職して音信不通になることは、社会人として絶対にNGです。

退職に関する話をする際は、個室など他の人がいないところで行うのがマナー。「少々お時間よろしいですか」「ご相談があります」などと声をかけ、個別に時間を設けてもらえるか確認してからにしましょう。

※詳しくは→トラブらない退職の切り出し方

退職理由は場合によっては建前でもOK 

退職理由を伝える際は、本当のことを話すのがベストですが、ありのままの理由を伝えるとトラブルになりかねないというときもあるでしょう。

そのような場合は、「体調不良で働き続けることができない」「親の介護が必要になった」といった理由を建前にしてもかまいません。

※詳しくは→試用期間中の退職理由の伝え方

書類の理由には「一身上の都合により」でOK

退職する旨を上司に相談し、退職日が決定したら退職届を用意します。退職届に書く退職理由は、「一身上の都合により」でOKです。

※退職届のテンプレートは→退職届・退職願の書き方【例文・テンプレ】

※手続き方法の詳細は→退職時・退職後の手続きガイド【完全版】

コラム:退職を電話やメールで伝えてもいい?

試用期間中に退職の意志を電話やメールで伝えるのは、社会人のマナーとしてふさわしくありません

ただし、体調不良などでどうしても出勤が難しいという場合は、電話やメールで伝えることになっても仕方ないでしょう。

電話やメールで退職の意思を伝える際は、上司から現在の状況や詳しい理由を尋ねられる可能性があります。その際は、できるだけ素直に答えるようにし、今後どのような手続きを行うのかをしっかりと相談するようにしましょう。

電話で退職の意志を伝える場合、まずは電話での連絡になったことを謝罪した上で、「退職させていただきたい」と率直に伝えます。メールの場合は、今後について相談する形で連絡するといいでしょう。

※電話での退職連絡について詳しくは→退職を電話で伝えてもいい?【例文つき】

※メールでの退職連絡について詳しくは→退職願をメールで済ます時の注意点や書き方

試用期間で即日退職するメリット・デメリット

ここでは、試用期間中に即日退職するメリットとデメリットを紹介します。

【メリット】時間を無駄にせず次の転職を始めやすい

試用期間での即日退職は、時間を無駄にすることがなく、次の転職を始めやすいというメリットがあります。

勤め続けることが難しい環境にいつまでもいるより、早めに見切りをつけ新しい環境で頑張ったほうが良いという考え方もあるでしょう。

また、入社前に聞いていた話とは違う業務を任されたり、いざ働いてみると条件などが異なっており、会社に訴えても改善されなかったりする場合は、傷が浅いうち早めのうちに退職したほうがいいかもしれません。

【デメリット】次の転職での印象が良くない

試用期間で即日退職することのデメリットは、次の転職の際にあまり良い印象を与えないという点です。

試用期間という短い間で退職してしまうと、選考を受ける企業に「うちもすぐに辞めてしまうのではないか」と思われてしまう可能性あります。

また、面接などで短期間で退職した理由を聞かれた場合、答えづらいという人も多いので、きちんと話せるように準備しておきましょう

まとめ

試用期間中に即日退職することは、基本的にできません。

やむを得ない事情がありどうしても辞めたいということであれば、まずは上司に相談するようにしましょう。

  • HOME
  • 試用期間中なら即日退職できる?手順やメリット・デメリットも解説