面接でしくじらない「御社」の正しい使い方

更新

就活時や転職活動時に何気なく使っている「御社」という言葉。正しく使えていますか?

面接で恥ずかしい思いをしないためにも、きちんと理解しておきましょう。

「御社」「貴社」の使い分けを理解しよう

「御社」ってどういう意味?

「御社」とは相手の会社に対する尊敬を表す言葉です。ビジネス上では、取引先などの会社を指す際に頻繁に使われています。

就職・転職活動では、採用担当者や面接官に対し、応募している会社を指すときに使用します。 

「御社」と「貴社」の違いは?

「御社」と「貴社」は、書き言葉と話し言葉という違いがあります。

御社「話し言葉」…面接時の会話・電話問い合わせ。貴社「書き言葉」…エントリーシート・履歴書・メール。POINT:「御社」は書き言葉で用いても問題ないが、「貴社」と混在させるのはNG!

それぞれを使用する場面は以下の通り。

【御社の使用例】
… 面接中の会話で使用。

面接官「〇〇さんの志望動機をお聞かせください」

応募者「はい。私は御社がブランドコンセプトとして掲げておられる一人一人のお客様を大事にする販売方針に大変共感しております。私自身も……」

【貴社の使用例】
… 履歴書などにある志望動機の欄への記入で使用。

「私は貴社がブランドコンセプトとして掲げておられる一人一人のお客様を大事にする販売方針に大変共感しております。前職では店長としてお客様と……」

書き言葉で「御社」を使用しても間違いではありませんが、「貴社」も混在させて使うのはNG。

1枚のエントリーシート内で「貴社の経営方針に……」と書いておきながら、「これまで培ってきた経験を御社で発揮できれば……」と2つの言葉を使用することがないよう注意しましょう。

「弊社」との混同に注意しよう

「弊社」は自分の会社のことを言い表す言葉です。「御社」「貴社」とはまったく意味が違うので、混同しないよう注意しましょう。

「御社」と「貴社」は多少誤って使ったところで大きな支障はありませんが、「御社」と「弊社」を間違って使ってしまうと、会話や書面の意味合いがまったく変わってきてしまいます。

また、「弊社」と似た単語に「当社」があります。使い分けは以下の通り。

  • 弊社…商談など、社外に対して自分の会社を表現するときに使用
  • 当社…身内同士で話す際や、クレーム対応時などのときに使用

「弊社」「当社」は就職・転職活動ではあまり使わないので、意識しなくても問題ありません。

覚えておくと必ず役立つ敬称マナー

就職・転職活動の面接時に役に立つのが敬称のマナーです。

敬称とは相手や第三者に対して敬意を表す言葉のこと。誤ったまま使っている人も多いので、今一度確認してみましょう。

銀行、病院、市役所、学校は「御社」以外の敬称で

先に述べた「御社」「貴社」はあくまで一般的な企業に対して用いる言葉であり、その他の言葉で表現するのが正しい機関もあります。

以下に間違いやすい例を示しましたので、自分がどんな仕事に応募するのかに合わせて使い分けましょう

機関名:敬称。銀行:銀行・貴行(信用金庫は御庫or御金庫・貴庫or貴金庫)。病院:病院・貴院。市役所:御庁・貴庁。省庁:御省・貴省。学校:御校・貴校。組合:御組合・貴組合。

「〇〇社」+「さん」「様」はNG?

面接で「ほかにどんな会社を受けましたか?」と質問された場合は、「◯◯社」などと呼び捨てにしてかまいませんむしろ会社名に「さん」「様」を付けるほうが不自然です。

賛否両論ありますが、ビジネスマナーの視点から見ると「〇〇会社さん」や「○○会社様」といった表現は過剰とされています。会社名を呼び捨てにすることに抵抗があるかもしれませんが、この場合は決して失礼にはあたりません。

同様に「○○社長様」「○○課長さん」と役職にも「様」や「さん」を付けるのはタブー

役職名には「様」「さん」と等しく相手を尊ぶ意味合いがすでに含まれています。「〇〇社長」だけでも相手を不快な気持ちにさせることはありません。

まとめ

「御社」「貴社」や敬称は正しく使い分けができていると、きちんとした教養を身に付けた人と印象付けることができ、面接官の評価もアップします。

完璧にマスターしてスマートに使いこなし、面接を乗り切りましょう。

  • HOME
  • 面接でしくじらない「御社」の正しい使い方