最速で書ける、受かる 履歴書の志望動機を書く方法と内定テク

履歴書の志望動機をどう書けば良いか、悩んでいませんか?

「なぜその企業に応募しようと思ったか」を書けば良いと思っているなら、それは間違いです。もしあなたが、なかなか書類選考を通過できないのだとしたら、この誤解が原因かもしれません。

このページでは、

  • 「最低限これだけ書けばOK」という志望動機の無難な書き方
  • 倍率の高い企業や応募書類を重視する企業に応募する際の、効果的な志望動機の書き方
  • ベテラン社会人や転職経験者であっても陥りがちな志望動機欄のミス

といった、履歴書の志望動機欄の書き方とポイントをご説明します。

初めて履歴書を書く人はもちろん、何度も転職を経験した人も、これを読めばより内定を獲得しやすくなるにはどうすべきか、すぐ見えてくるでしょう。

スピード重視・最低限押さえたい履歴書の志望動機の書き方

いくら書類選考を重視しない企業でも、どの会社にも当てはまるような、いかにも使い回しの志望動機で出すのは考えもの。とはいえ、自己分析や企業リサーチを入念にする時間もない…というあなたに。手間を掛けずにもうひと掘り下げできる方法をお伝えします。

空欄を埋めるだけで完成。カンタン履歴書志望動機作成キット

時間がない場合や、履歴書をあまり重視しない企業向けに書く場合など…「これさえ抑えれば大丈夫」という最低限の志望動機はどう書くのか。次の4つの「 」を埋めていけば、無難な志望動機が完成する、カンタン志望動機作成キットをご用意しました。

  1. 私は「    」の頃から「    」をしてきました。
  2. 今回「    」という理由から、転職を決意しました。
  3. 貴社の「    」に大変魅力を感じます。
  4. いち早く貴社に貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いします。

履歴書の志望動機欄のゴールは、相手に『だからこの人は応募してきたのか』と納得させること。

まず自分がどんな人間で、何ができるのかを示した上で、「だから御社の○○な部分に惹かれて応募しました」と説明できれば、相手が納得しやすい無難な内容が完成します。

-文例-
私は「学生」の頃から「コンピュータに興味を持ち、前職ではシステムエンジニア企業で営業」を行っていました。今回、「システムエンジニアリングに限らず、 IT部門の幅広い領域にスキルの幅を広げたい」という理由から、転職を決意しました。貴社の「webデザインやサーバー構築といったIT全般のサービスを 包括的に展開されている点」に大変魅力を感じます。いち早く貴社に貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いします。

なお、志望動機は、書類選考通過後、面接でも言及することになります。できれば面接までに、履歴書に書いた内容と矛盾しないよう注意しながら、より効果的な志望動機を練り上げられると良いですね。ポイントは、2と3に明確なつながりがあること。2の転職理由と3の応募企業の魅力が全く繋がらないようであれば、そもそも転職先として相応しくない可能性があります。改めて自分が何のために転職しようとしているか、相手のどこに魅力を感じるか、じっくり分析してみましょう。

 →より効果的な履歴書・志望動機の書き方

履歴書の志望望動機作成時に注意したい最低限のルール3つ

時間がない人も、最低限下記の3つには注意しましょう。

1.分量は150~250文字程度(書けそうならそれ以上も可)

分量の目安は志望動機欄の大きさに対して長すぎず、短すぎないくらい。
最も一般的なサイズ(履歴書片面の1/4~1/5程度)の志望動機欄を前提に解説すると…

  • 4~5行程度(文字数にして150~250文字くらい)が一般的。
  • もっと書ける人は出し惜しみせず書いても可。
  • 但し文字が小さくなりすぎたり、冗長だったり、欄からはみ出してしまうのはNG。

2.敬語で書くこと

  • 原則、敬語で記述。尊敬語・謙譲語は正しく使用
  • 応募先企業のことは「貴社」と書く。(「御社」は口頭のときに使う呼称)

3.ネガティブな内容は書かない

志望動機欄で退職理由に言及する際、後ろ向きだったり、前職の悪口になってしまう人がいます。また、自信のなさがにじんでしまう表現もNG。明るく前向きな表現を心がけましょう。

より効果的な履歴書の志望動機の書き方

効果的な履歴書・志望動機の3要素

考え込む男性書類選考を重視する企業や、応募者の多い人気企業・難関企業に履歴書を提出する場合は、より効果的な志望動機を作成する必要がありますね。

人事担当者が志望動機欄を重視する理由は、そこを読めば「なぜこの人はウチで働くことがベストだと考えたのだろう」ということがわかるからです。熱意を持ってその疑問に応えるためには、下記3点を骨格に組み立てていくとスムーズです。

  • これまでの経歴と転職に至った理由(過去)
  • 企業のどこにどんな魅力に感じたか(現在)
  • 入社したらどんなことに挑戦していきたいか(未来)

履歴書を職務経歴書とセットで提出する場合は上記3点がキモとなりますが、もし職務経歴書を提出しない場合は、上記に加えて、MVPや売上1位など、前職で収めた実績で誇れるものをさりげなく盛り込めると理想的です。(職務経歴書をはじめ、履歴書以外の応募書類に「自己PR」を書かない場合も同様)。

人事担当者が欲しがるポイントは「共通項」

ある程度の規模の会社になると、人事担当者は、毎回何十・何百という数の応募書類に目を通しています。彼らが履歴書に目を通すのは、ほんの数十秒と言われ、その間に「この人は採用すべきか否か」を瞬時に判断しています。

このとき、人事担当者が判断軸にしているのは、次の3つ。

  • 応募条件に見合う経験・能力があるか
  • その会社の雰囲気・社風・考え方と合うか
  • 長く続けてくれそうか

この中でも志望動機欄で特に意識すべきなのは、2つめです。相手に、「この人は当社と近い考え方・理想を持っている」「この人なら長くいてくれそうだ」「相性がよさそうだ」と思ってもらえるよう、志望動機の書き方を工夫しましょう。具体的に次の3ステップです。

  • STEP1.ホームページや求人情報に目を通し、企業の理念やスタンス、求めるものを理解する
  • STEP2.自分の経歴・スキル・考え方で1.に近そうなものを探す
  • STEP3.STEP2.をSTEP1.と結びつけるように意識して志望動機を組み立てていく

共通項が多い人とは、すぐ親密な関係になれますね。採用も同じです。自分がいかにその企業に相応しいかが伝わるように心がけましょう。それさえ伝われば、自ずと「長く続けてくれそうか」という点もパスできるでしょう。

「わかりやすい説明」で人事担当者を味方に付ける

先述の通り、人事担当者は大量の応募書類に追われ、ほんの数十秒でその内容を見極めようとしています。そんな多忙な人事担当者に少しでも負荷を掛けないよう、できる限り簡潔でわかりやすい内容になるよう推敲を重ねましょう。

ちなみに人事担当者が「脈あり」と思った応募書類は、社長や役員、現場の責任者など…別の人の手にも渡ります。このとき、いちいち人事担当者が説明しなくても、その企業に合っていることが伝わる内容になっていれば、それだけで選考は有利に働くでしょう。間違っても、口頭で補足説明が要るような、不明瞭な内容にはしないことです。

就職活動と転職活動で履歴書の志望動機はどう変わる?

企業が新卒採用を行う際は、今まで社会に出ていなかった人の中から、自社に相応しい人を採用するため、人柄や考え方、理念といった、仕事と直接関係のないイメージで判断するしかありませんでした。ですが、中途採用ともなると、応募者は原則、既に社会を知っている人。

  • 前職での働きはどうだったのか
  • 具体的に何ができるのか
  • 将来はどんなビジネスパーソンになりたいのか

といった、社会人になってからの具体的な歩み=社会人としての実力を元に判断されることになります。転職者側からすると、就職活動の時よりも社会人としての実力がはっきり見えやすくなるわけです。そのため、表現が曖昧だとそれだけで不利になりますし、他の応募者と比べられた際に不利になりそうな箇所は、あらかじめ分析して補う文言を盛り込んでおく必要があります。

曖昧な理由は何も言っていないのと同じ。

×「貴社の将来性に惹かれて」
×「貴社の社風に魅力を感じて」
○「~といった理由から、貴社の積極的な海外展開に魅力を感じて」

不利になりそうな箇所は補う文言を。

×「未経験ですが応募させて頂きました」
○「未経験ではありますが、前職で培ったコミュニケーション力を活かし、少しでも早く貴社に貢献できるよう、精一杯努力して参ります」

ケース別・効果的な履歴書・志望動機の書き方文例

では、これまでに説明したポイントを盛り込んだ文例を実際に見てみましょう。

繰り返しになりますが、「これまでの経歴と転職に至った理由」「企業のどこにどんな魅力に感じたか」「入社したらどんなことに挑戦していきたいか」という三要素をベースに、応募先企業との「共通項」を上手く盛り込みながら、簡潔で「わかりやすい説明」を心がけることがポイントです。

経験のある職種に転職する場合の志望動機(事務職編)

一般事務経験者が、IT企業→自動車メーカーに転職する場合

【○良い例】
私は大学卒業後、IT企業で4年間一般事務として、社員のサポートや電話応対、売上集計(Excelを使用)、資料作成(Power pointを使用)(1)等を行ってきました。人の役に立つことが好きで、依頼された業務以外にも、社員の気持ちに先回りをし、オフィス環境の向上や業務フローの改善などを提案・実践(2)してきましたが、より幅広い業務に挑戦したく、貴社を志望いたしました。私は学生時代からずっと貴社の車のファンでした(3)ので、貴社の「未来をカタチにする」という理念の実現(4)に自分も貢献できるよう、力を尽くしたいと考えております。

【×惜しい例】
大学卒業後、IT企業で4年間一般事務として、社員のサポートや電話応対、パソコンを使った売上集計や資料作成を行っ てきました。人の役に立つことが好きな性格のため、依頼された業務は確実にこなそうとします。今回、培ってきた事務スキルを活かし、自動車業界に挑戦した く、貴社を志望致しました。社員の方々の力になることで、貴社の理念の実現に貢献できるよう、尽力して参ります。

【ここがポイント】

(1)PCスキルに言及する場合は、「Excel」や「Power point」といったソフト名も入れること

(2)職種にもよりますが、依頼された業務を正確にこなすのはいわば当たり前。指示されなくても自分から能動的に仕事を作り出せることをアピールすると効果的

(3)「貴社でなければならない理由」は相手が納得する明確なものを

(4)理念に言及する際は、原文を引用すると「ちゃんと理解している」ことが伝わり、かつ企業側との相性もよく見えるので効果的

どちらの文例も、「これまでの経歴と転職に至った理由(過去)」、「企業のどこにどんな魅力に感じたか(現在)」、「入社したらどんなことに挑戦していきたいか(未来)」の三要素が盛り込まれ、一見とても説得力のある内容に見えます。加えて、自動車に興味があったことが書かれており、企業側との共通項が明確に伝わる良い内容になっています。ですが、【悪い例】は細かな部分であと一歩配慮が足らず、他の応募者と比較された際に不利になる可能性があります。

経験のある職種に転職する場合の志望動機(営業編)

営業経験者が、不動産会社→人材紹介会社に転職する場合

【○良い例】
前職の不動産営業では、単に物件を提案するのではなく、買い物スポットや通勤ルートなど「この街での生活を一緒に組み立てる」つもりで取り組みました。より深くお客様のニーズを汲み取ったことで、『2016年最も感謝された営業』として社内で表彰されました(1)。この経験から、誰かの人生に関わる醍醐味を感じ、人生の転機である転職のお手伝いをできればと、人材業界の中でも特にニーズに即したマッチングを大切にされている貴社を志望致しました2。私自身、転職の大変さを今実感しておりますので、このリアルな気持ちと前職で培ったヒアリング力を活かし、一人でも多くの方のお役に立てるよう精進します。(3)よろしくお願い致します。

【×惜しい例】
前職の不動産営業では、単に物件を提案するのではなく、買い物スポットや通勤ルートなど「この街での生活を一緒に組み 立てる」つもりで取り組み、成果を出してきました。これまでの営業経験で、重要なのはヒアリング力だと確信しておりますので、貴社でも持ち前の傾聴力を活 かし、転職者のお手伝いができるのではないかと自負しております。また、営業経験者として若手の育成にも携わっていきたい所存です。よろしくお願い致します。

【ここがポイント】

(1)業務スタイルや実績が評価される職種の場合、経歴を説明する際にさりげなく盛り込む

(2)アピールだけでなく志望理由は必ず明記。前職と志望動機と「今後挑戦したいこと」にできるだけ一貫性を持たせること

(3)「熱意ある表現」はOKだが「偉そうな表現」はNG

良い例は、「これまでの経歴と転職に至った理由(過去)」で、営業スタイルと受賞実績を合わせてアピールしているほか、「企業のどこにどんな魅力に感じたか(現在)」「入社したらどんなことに挑戦していきたいか(未来)」が、それぞれ前職とのつながりで説得力ある説明がなされています。

一方、惜しい例では、「企業のどこにどんな魅力に感じたか(現在)」がすっぽり抜けてしまっています。自己アピールに走るあまり、肝心の志望動機を書き忘れてしまうのは、よくあるミス。また、「これまでの営業経験で、重要なのはヒアリング力だと確信」のような悟りきったような表現は、場合によっては「何様だ」と思われてしまうため、別の表現に変えた方が良いでしょう。その次の「営業経験者として若手の育成にも…」という気負った文面も同様です(自信がないのはNGですが、自信過剰なのも考え物です)。

未経験の職種に転職する場合の志望動機

営業→プログラマ/システムエンジニアに転職する場合

【○良い例】
前職では営業を担当していましたが、顧客のニーズを汲み取るうちに、自らより要望にあった商品を提供したいと思うようになり、貴社の未経験募集の求人に興味を持ちました(1)。プログラマ経験はゼロですが、現在スクールに通いながらJavaとPHPを修得中です(4月中にJava認定資格OCJ-P(旧SJC-P)取得を目指しています)(2)未経験ではありますが、営業として業界問わず50社以上の顧客と直にやりとりしてきた経験・コミュニケーション力を武器に(3)、1日も早く、ユーザー目線のプログラマとなれるよう頑張りますので、どうかよろしくお願い致します。

【×惜しい例】
前職では営業を担当しており、社内では売上トップを誇っていましたが、顧客のニーズを汲み取るうちに、自分でプログラ ムを書いてみたいと思いました。プログラマ経験ゼロの私にとって、貴社の募集要項にあった教育制度の充実はとても魅力に思います。ユーザー目線のプログラ マを目指しています。どうかご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

【ポイント】

(1) 未経験者が未経験歓迎の求人に応募する際は、まず「なぜ経験したことのない職種に応募してきたのか」納得いく説明を

(2)自主的にスキルアップに取り組んでいる姿勢や現在の習熟度を記載し「成長が早そうだ」という印象を与える

(3)はできれば盛り込みたい内容。「もしかするとこの人は未経験でも、却ってそれを武器にして頑張ってくれそうだ」という印象を与えることを狙う

良い例では、未経験なりに技術を習得する姿勢が修得のメドと共に記載されており、人事担当者にとっても習熟スピードを測る良い目安になります。また、営業として顧客と直接コミュニケーションを取っていたことが、今後のプログラマとしてのキャリアにどう生きるかが説得力あるかたちで明言されている点も高評価に繋がりやすいでしょう。

惜しい例では、営業成績への言及はあるものの、こうした習熟度の表記がなく、プログラマとしてのポテンシャルは未知数と判断されてしまいます。また、志望の理由も言葉足らずなせいか自分本位な印象に。自らスキルを伸ばそうという能動的な姿勢がなく、全て教育者任せという受け身なイメージを与えてしまうことも、マイナスポイントです。

さいごに

志望動機欄の付いていない履歴書は使っても良いの?

市販の履歴書や、サイトでダウンロードできる履歴書の中には、志望動機欄が付いていないフォーマットも存在します。但し、これはあくまで職務経歴書や別のエントリーシートに志望動機を書いている場合に使用するものです。転職活動をする以上、面接官の「なぜ当社に応募しようと思ったか」という疑問に答えることは、避けて通れない道。どんなに履歴書を重視しない企業でも、応募書類に志望動機が書かれていた方がプラスになることは、言うまでもありません。

  • HOME
  • 履歴書の志望動機|最速で書く方法と受かる書き方