結婚を機に転職! 仕事と家庭を両立させる働き方のコツ

結婚は人生のターニングポイント。大切な人と家族になる喜びの一方で、生活の変化に戸惑うことも。特に女性は、結婚を機にさまざまな事情で転職を余儀なくされてしまう人も多いのではないでしょうか。

ここでは、「結婚」と「転職」という大きな波が一度に訪れたときにも、慌てずスムーズに新生活をスタートさせるためのコツをナビゲートします。

結婚に伴う転職でまず押さえておきたいこと

結婚を機に転職を考える、よくある4つの理由

スーツ姿の夫婦共働き家庭の急増や女性の社会進出が目覚ましい今、独身時代と変わりなく今の仕事を続けたいと希望する人が増えています。けれども、家庭を持つと、仕事を続けづらくなる場合も多いもの。結婚を機に転職を考えざるを得ないいくつかのケースを見ていきましょう。

 

  1. 通勤圏外に転居した
    結婚後に、将来のことを考えて新居を購入。しかし、今勤めている職場からは遠くなり、通勤することが不可能に。この場合は毎日の通勤が苦痛でない圏内に転職先を探す必要性が出てきます。
  2. 近いうちに妊娠・出産を考えている
    女性の場合、現職のポストや勤務形態、会社の方針によっては、妊娠・出産後も働くことが難しいケースも。妊娠する前に、より働きやすい職場を求めて転職する人も少なくありません。
  3. 理想のライフワークバランスを求めて
    仕事優先でバリバリ働いてきた人は、新しい家族との生活が始まっても、独身時代と同じような生活スタイルを押し通すのは難しいかもしれません。結婚したら、仕事と家庭のバランスをいかに保つかが大事。生活スタイルや働き方の見直しを必要とされる場合もあります。
  4. 給料アップを目的に
    結婚後の生活を支えていくには、やはりお金が必要です。今の給料では家計が苦しく、このまま働いていても給料のアップが見込めない会社であればきっぱりと見切りをつけ、次の職場を探すという人も。

転職するなら「結婚前」が一つのタイミング

ではもし、結婚を機に転職をするなら、いつのタイミングがベストなのでしょうか。
実際に結婚前後に転職した女性たちは、「結婚後(妊娠や出産の前)」のタイミングを選んだ人が多数。しかしその中には「やっぱり結婚前(結婚が決まる前から決まってからの間)が良かったかも……」という意見も多く聞かれます。
理由はさまざまですが、一般的には以下のようなことが考えられます。

  • 結婚前に新しい職場に慣れておくと、結婚後の仕事と家庭との両立がスムーズ
  • 結婚前のほうがフレキシブルに転職活動に取り組める
  • 結婚後に転職したものの、すぐに妊娠してしまうと仕事が中途半端。そのまま産休や育休に入ると同僚や上司に迷惑をかけてしまう

結婚後、大半の女性が家庭を優先するようになるため、採用する側からは制限が多いように見られるのも現実。また、妊娠・出産でかなりブランクができると、社会復帰に時間がかかるとみなされて、転職に不利になるケースもあります。

自分らしい転職のタイミングを見極めるためには、独身の時から結婚後のワーキングスタイルをある程度イメージしておくこと。そのうえで行動に移すほうが納得のいく転職ができそうです。

大事なのは「パートナーの理解と協力」

料理をする夫婦結婚に伴う転職では、パートナーや家族の理解と協力はなくてはならないもの。そのためには転職活動を始める前にしっかりと話し合いの時間を持つことが大切です。パートナーや家族の意見・考えを確認しておきたいポイントは大きく3つあります。

  1. 共働き夫婦の場合、家事の分担はどうするのか
  2. 出産に対するビジョンや子育てへの考え方
  3. 家計や収入など、お金のやりくりについて

特に”1.””2.”は女性が転職する際にポイントとなる事柄です。

女性が働き続けることに理解を示す男性が増えているとはいえ、実は「結婚したら家庭に入ってほしい」「子育ては妻に任せたい」と願う人もまだまだ多いからです。話し合いで出た結論をもとに、家庭生活に支障のない範囲で働き方を選ぶようにしましょう。

コラム:男性の転職では「結婚」がプラスイメージにつながる

「家族のために今より収入をアップさせたい」「家族との時間をもっと持ちたい」などの理由から、結婚を機に転職を考える男性もいます。
男性の場合、家庭を優先するための転職は人事に対してプラスイメージにつながることも。家族を大事に思う人なら簡単には離職せず、仕事への責任感もあるだろうと期待を寄せる会社が多いようです。

あくまで志望動機の一つとして、家族のための転職であることを伝えるのなら、採用に有利に働くかもしれません。ただし、家族との時間を持ちたいがゆえに残業や休日出勤をしたくないなどと、自分勝手を強調しすぎるのはNG。気を付けましょう。

転職理由別 結婚してからの働くスタイルの選び方

家族写真結婚後は転職理由に適した働き方を見つけることで、より自分らしく活躍できる職場に出会えます。
ここでは、前述の「結婚を機に転職を考えるワケとは」の中で示した理由別に、おすすめの働き方を挙げてみました。さらに、それぞれの働き方を選んだ際のメリットとデメリットも押さえておきましょう。

転職理由 おすすめの働くスタイル
通勤圏外に転居した 正社員
近いうちに妊娠・出産を考えている パート・アルバイト
理想のライフワークバランスを求めて 派遣社員
給料アップを目的に 正社員

安定は保障の正社員。ただし仕事の責任や負担は大

通勤圏外に転居した場合、これまでと働き方を変えたくない人も多いでしょう。正社員として働いていたなら、以前と同様に正社員を目指しましょう。
また、マイホームを手にしてローン返済がある人や、給料アップが転職理由の場合は、ボーナスや昇給も期待できる正社員の道を選ぶことが得策です。

ただし、家族が待っていても残業や休日出勤を強いられたり、仕事の責任が重くなったりするなど、負担が大きいことは覚悟しましょう。また、採用する側としては、正社員には即戦力を求めるため、ブランクは少ないほうが有利。転居前から転職活動をするなど、できるだけブランクができないように努めることをおすすめします。

融通が利くのはパートかアルバイト

「近いうちに妊娠・出産を考えている」などの理由で負担の軽い仕事への転職を望む人は、働くペースや時間をやりくりできるパートかアルバイトがおすすめ。
短時間勤務では雇用保険の対象外になることもあり、高い収入は見込めませんが、マイペースに仕事ができ、正社員や派遣社員と比べると気軽に始めることができます。

仕事も家庭も同等にウエイトを置きたいなら派遣社員

仕事ばかりに縛られず、自分の時間を自由に持てるのが派遣社員のメリット。憧れの大手企業で働けたりいろんな職に就けるため、幅広く経験を積むことができ、家事を上手にこなしながら仕事にもやりがいを見出せます。

ボーナスはないですが、会社によってはパートやアルバイトより時給が高いので手取りはまずまず。長期契約であれば雇用保険、健康保険、厚生年金も付きます。しかし、会社の都合で急に契約を打ち切られることもあるので、安定を求める人には不向きです。

コラム:結婚をきっかけに「趣味で独立起業」の道も

結婚を機に会社で働くことを辞め、独立起業の道に進む人もいます。
起業といっても昨今は身近で、難しく捉える必要もなくなりました。ヨガやフラワーアレンジメントなど、独身時代に趣味で続けてきたことの技術を磨き、自宅をサロンや教室として開放するなど、フットワーク良くチャレンジする人も増えています。
仕事を暮らしの一部にしてしまえば自分のペースで進められ、家庭との両立も叶います。何より“好き”を仕事にできるのは幸せ。もちろんそれなりに資金は必要ですが、会社勤めでは得られない喜びを味わえるかもしれません。

結婚後も活躍できる転職先を探すには?

結婚してからは腰を落ち着け、できるだけ長く同じ会社で働きたいと望む人も多いでしょう。とはいえ、安定したペースで仕事ができなくなる時がいつやってくるかもわかりません。ライフスタイルが変化しても働ける転職先を見つけるには、いくつかのポイントがあります。

自分の転職理由に合った職場を見つけよう

仕事中の妊婦さんまず一つは、あなたが転職を余儀なくされた理由をクリアにする職場を見つけることです。
たとえば、妊娠・出産のために現職を離れるなら、転職先として選ぶべきは産休制度や育休制度の整った会社。昔ながらの体質が残る会社や男性社員が多い職場では、産休・育休への理解が低いところもあります。

この場合、会社の評判を周囲から聞くなどして情報を集めるのも一案です。家族とふれあいの時間を持ちたくて転職するなら、残業や休日出勤がない会社がベスト。履歴書を出す前に、どんな働き方を望んで転職するのかをよく考えることが大事です。

既婚女性の転職に強い求人サイトや派遣会社をチェック

女性の転職は男性より厳しく、さらに既婚女性の場合は条件の合う求人になかなか出合えないこともあります。そんなときに頼りになるのは、とらばーゆやマイナビAGENTといった既婚女性の転職に強いとされる求人サイトや、既婚女性の就業支援に力を注ぐ派遣会社です。

知名度の高い女性向けの転職サイト。アパレル・サービス・美容関係など、女性が活躍できる職種や、女性の採用に積極的な企業の求人が充実。転職活動の情報や転職成功事例など女性の視点で集めたコンテンツは参考になりそう。掲載求人数(2018年6月時点)は4992件。

人材紹介サービス大手のマイナビが運営する女性転職支援サイト。キャリアアドバイザーによるマンツーマンカウンセリングで、個人の特性を熟知し仕事を紹介。履歴書の書き方や面接のコツなど転職成功のアドバイス、給与や入社日の交渉も代わって行い、忙しい女性をサポートしてくれる。

いつでも約7000企業から20000件の求人数を誇る派遣業界大手。大手企業からベンチャーまでを扱い、職種も広域。未経験OKの仕事もあり。各種社会保険制度、有給休暇制度が整い働きやすさをサポート。また資格取得講座やスキルアップ講座も開設している。仕事の悩みや相談があればキャリアカウンセリング(無料)が受けられる。

オフィス系・製造計・サービス系の求人を取り扱う人材派遣会社。登録スタッフのスキルや要望、ライフスタイルを理解して求人を紹介。ワークライフバランスを重視している点も、既婚女性にとっては心強い。

授かり婚ならハローワークも活用しよう

結婚に伴う転職でも、授かり婚だったときはまたハードルが上がります。生活が一旦落ち着いてから転職活動に取り掛かるのがベストですが、子育てしながらでは大変で心細いもの。思うように進まず困ったときは、マザーズハローワーク(またはマザーズコーナー)を頼ってみませんか。

マザーズハローワークは子育て中の女性の就職をサポートしてくれる機関。全国189カ所に設置されています。求人はハローワークと同じですが、その中から育児条件付きでもOKな求人を職員が探し支援してくれます。「マザーズハローワーク所在地一覧」は厚生労働省のホームページから確認できます。

転職の強みになる資格を味方につけよう

勉強中の女性転職活動の前にやっておいて良かったと、たびたび耳にするのが「資格取得」。資格を持つことで知識と技術が証明され、即戦力として採用者側に大きくアピールすることができます。
既婚女性にとっては、ライフステージに応じた働き方を求めていくときの強みにもなるでしょう。たくさんある資格の中から、既婚女性の感覚が活かせたり、再就職率の高いものをピックアップしてみました。

インテリアコーディネーター

【取得難易度】★★★
新築やリフォーム時にお客さんの要望を聞き、空間に合う家具や照明などのアドバイスを行う。主婦の生活目線を発揮できる。
【活躍の場】
インテリアメーカー、販売店、住宅メーカー、リフォーム会社、不動産開発業者、建設設計事務所など。

ファイナンシャルプランナー

【取得難易度】★★★
顧客のライフプランに沿った資産設計を提案する。貯蓄計画や保険の見直しなどもサポートするため、主婦の家計感覚が活きる。最近人気上昇中の資格。
【活躍の場】
銀行、生命保険会社、証券会社、不動産、ノンバンクなど。フリーでも活躍可。

ケアマネージャー

【取得難易度】★★★
要介護の高齢者に介護サービスプランを立案して適切なサービスが受けられるようにする。今後よりニーズが高まる職種。
【活躍の場】
特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、在宅介護支援センターなど。

医療事務

【取得難易度】★★
医師が書いたカルテをもとに医療費や薬代を点数化。診療報酬明細書を作成し、患者が支払った分以外を国や自治体に請求する手続きを行う。女性が多く活躍し、長く働ける。
【活躍の場】
主に病院・診療所などの医療機関。

結婚に伴う転職活動で気を付けたい行動

慎重に進めたい採用までのステップ。思わぬところでつまずかないために、あらかじめ結婚に伴う転職活動で特に気を付けたい事柄を押さえておくことが大事です。特に注意したいのは次の3つです。

転職理由でココに注意! 「ライフプラン」に嘘はつかない

女性なら面接で必ずといっていいほど聞かれるのが、結婚後のライフプランのことです。採用する側としては、妊娠や出産を理由にすぐに会社を辞められないかが一番の心配事。また、夫が転勤の多い仕事に就いていないかも気になるところです。
こうした質問に正直に答えると、採用に不利になると思うかもしれませんが、決して嘘をついてはいけません。正直に自分の思いや事実を伝え、仕事への強い意欲を示すことでカバーしましょう。

志望動機でココに注意! 「結婚」をアピールしすぎない

結婚指輪選考を通過するためには、履歴書などの志望動機の書き方にもちょっとしたコツが必要です。
ここでポイントとなるのは、「結婚」がきっかけの転職であることを率直に述べていいかということ。女性の場合は結婚を前面に押し出しすぎると、家庭最優先で仕事をおろそかにするのではないかと思われがちです。

結婚はあくまで転職理由の一つとし、志望する会社のどこに魅力を感じたのか、これまでのキャリアをどう生かして働きたいかなどを具体的にアピールしましょう。家族のサポートが整っていることも伝えれば、採用者側の印象がアップします。

【例】
× 結婚を機に、土日休みの仕事に就きたいと考えたので、御社の営業事務を志望しています。新婚なので17時には毎日帰りたいです。

◯ 御社の△△という企業理念に魅力を感じ、御社を志望しています。営業事務は未経験ですが、前職ではコールセンターで働いていたので電話応対は得意です。この経験を生かし、御社のお役に立ちたいと考えております。

条件提示でココに注意! 「自分勝手」を並べない

家庭を大事にしたい思いが先走るあまり、「残業や休日出勤は避けたい」「遠方出張のあるポジションには就きたくない」など、自分に都合の良い条件ばかりを並べる人も。でもこれは大きなマイナスです。
魅力的なキャリアやスキルを持っていても、わがままが過ぎれば採用からは遠ざかります。予期せぬ事態に会社がどう対応してくれるかは重要ですが、条件を提示する際は節度をわきまえましょう。

まとめ

いかがでしたか。結婚後の働き方は人それぞれ。ライフプランをしっかりと見据え、結婚生活に無理のない転職先を選ぶことで、人生はより一層輝きを増すのではないでしょうか。

更新日:2018年7月13日
(公開日:2016年11月1日)

  • HOME
  • 結婚を機に転職! 仕事と家庭を両立させる働き方のコツ