手続き方法・挨拶・お菓子etc… 派遣社員が契約期間中に退職するには?

公開

Q.契約期間中に派遣先を辞めることはできる? A.原則として、やむを得ない事由がない限り契約期間中に辞めることはできない。ただし、契約期間の終了とともに退職するのが基本

原則では、やむを得ない事由がない限り、派遣社員が契約期間中に派遣先を辞めることはできないようです。では、どのような理由であれば、退職することが可能なのでしょうか。

退職する際の手続き方法や、退職時に気になるお金に関する疑問にもお答えします。

契約期間中でも退職できる?方法は?

派遣社員は、契約期間中に派遣先を退職することはできるのでしょうか。ここでは、退職方法についても解説します。

原則として契約期間中の退職はできない

民法では、派遣社員として期間が決まっている雇用契約(有期雇用)のもとで働いている場合、「やむを得ない事由」がない限り契約期間中に退職することはできないと定められています(民法628条)。

派遣社員は、派遣会社に契約を更新しないことを伝え、契約期間の終了とともに退職するのが基本。契約満了日の1ヶ月ほど前に派遣会社から次回の更新についての説明があるので、その際に更新しない旨を伝えればOKです。

どんな理由なら退職可能?やむを得ない事由とは

派遣契約中に退職する場合、やむを得ない事由がない限り、退職は認められません。

やむを得ない事由として認められる退職理由には、以下のようなものがあります。

  • 家族の介護をすることになった
  • 家族が転勤することになった
  • 転居しなければならなくなった
  • うつ病などで勤務が困難になった

やむを得ない事由には、主に本人の病気や家族の介護、家庭の事情などが当てはまるとされていますが、法律で具体的に定められているものではありません。そのため、退職できるかどうかは実際に派遣元に相談してみないとわからないでしょう。

「派遣先を退職したい!」まずは派遣元に相談

派遣社員が雇用契約を結んでいるのはあくまで派遣会社派遣先を辞める派遣元との雇用契約を解消することになるので、どんな理由であってもまずは派遣会社に相談しましょう。派遣先の会社に直接退職の相談をするのは絶対にNGです。

派遣元にはまず、メールか電話で退職の意志を伝えましょう。この際、派遣元から退職理由などを詳しく説明するために、会社に来るように言われる可能性もあります。

契約期間の途中では退職届が必要になることも

契約期間の満了とともに退職する場合には退職届は不要ですが、契約期間の途中で退職する場合は必要になることもあります。派遣会社でフォーマットが用意されている場合は、記入するために会社に行ったり、郵送で送られてきたものに記入し送り返したりする必要があります。

派遣先への退職の挨拶やお菓子は必要?

派遣社員が退職する際、職場への挨拶やお世話になったお礼の品としてのお菓子は必要なのでしょうか?

求められない限りは退職の挨拶は必要ない

派遣会社や派遣先から求められない限りは、派遣先の社員の前で退職の挨拶をする必要ありません。挨拶をする場合は、最終出社日の朝か夕方に時間を設けてくれることが多いので、それまでに何を話すのか考えておきましょう。

退職の挨拶を求められていなかった場合でも、業務でお世話になった人たちに、最終出社日一言感謝の気持ちを伝えると丁寧です。感謝の気持ちをメールで伝えるのも◎。その際は、出社最終日の夕方に送るのが良いでしょう。

退職の挨拶の例文【スピーチ・メール】

ここでは、退職の挨拶をスピーチする際と、メールで送る際の例文を紹介します。

スピーチの例文

◯月◯日より勤務させていただいていた鈴木です。

本日を最終出社日として退職をさせていただくことになりました。短い間ではございましたが、株式会社□□の皆様にはたくさんのことを教えていただきました。皆様よりご指導いただいたこと、□□で学んだことを今後の人生で生かしていきたいと思います。

今まで本当にありがとうございました。

メールの例文

件名:退職のご挨拶

皆様

この度、一身上の都合により本日◯月◯日(△)を最終出社日として退職をさせていただくことになりました。

本来であれば直接ご挨拶をすべき所、メールにて失礼致します。

短い間ではございますが、株式会社□□の皆様には貴重なお時間を割いて頂き、たくさんのことをご指導頂きました。□□で学んだことを今後の人生で生かしていきたいと思います。

今まで本当にありがとうございました。

最後になりますが、皆様の更なるご活躍を心からお祈り申し上げます。

鈴木

お菓子などはあくまでお礼の気持ちとして

退職の際、お世話になったお礼にお菓子などを用意する人もいますが、これはあくまで気持ちなので、必ず用意しなければならないというわけではありません。

最終出社日&個包装のお菓子がおすすめ

お礼のお菓子を用意した場合は、最終出社日に持っていきましょう。退職の挨拶をしたり感謝のメールを送ったりするタイミングがあれば、用意した旨を合わせて伝えましょう。特にお世話になった人には、ひとりひとり渡すと丁寧です。

お菓子は個包装になっており、日持ちするものが良いでしょう。ケーキなどの生モノは日持ちしない上、包丁でカットする必要があるため、ふさわしくありません。

※参考:失敗しない退職時のお菓子選び

 派遣社員が退職で気になるお金のアレコレ

ここでは、退職する際に気になるお金の疑問に答えていきます。気になるものは、以下からチェックしてください。

派遣社員でも退職金はもらえる?

派遣社員が退職金をもらえることはほぼないでしょう。

現状では、退職金制度を設けている派遣会社はほとんどありません。退職金制度は会社の福利厚生の一つ。制度を設けるか設けないかは、それぞれの企業が決めることになっています。

退職前に有給休暇を消化したいけど可能?

有給休暇をすべて消化してから退職することができるかどうかは、派遣会社によって異なります

派遣社員の有給は、雇用関係にある派遣会社から付与されています。有給を消化できるかどうかは派遣会社の判断になるので、派遣先ではなく派遣会社に相談しましょう。

有給休暇の買い取りはしてもらえる?

派遣元との交渉次第では、余った有給休暇を買い取ってもらえる可能性があります

有給の買い取りは労働基準法で禁止されていますが、退職時に残っている有給の買い取りは例外的に認められています。ただし、買い取るか買い取らないかは派遣会社が判断することなので、退職の相談時に聞いてみると良いでしょう。

※参考:有給休暇の買い取りは可能?

退職後に失業保険はもらえる?

雇用保険に入っていた場合失業保険(失業手当)をもらうことができます。失業保険の支給は、退職後に離職票を持ってハローワークで求職の申し込みを行い、そこから7日間の待機期間+3ヶ月後に始まります。

雇用保険には、(1)31日以上継続して雇用されている(2)1週間の所定労働時間が20時間以上の人であれば、だれでも入ることができます。ただし、雇用保険に加入していた期間が退職日以前の2年間のうち12ヶ月以上ないと失業保険をもらうことはできません。

社会保険の手続き方法が知りたい!

社会保険の変更手続きは、次の職場が決まっているかどうかで異なります

「次の職場が決まっている」状態での退職

次の職場が決まっている場合は、以下の必要書類を次の職場に提出すればOKです。

▼必要書類

・雇用保険被保険者証
・年金手帳
・健康保険資格喪失証明書
・健康保険被扶養者異動届(扶養家族がいる場合)
・源泉徴収票(提出を求められたタイミングで提出)

「次の職場が決まっていない」状態での退職

次の職場決まっていない場合は、自分で社会保険の変更手続きをしなければなりません。以下の加入先からそれぞれどれか一つを選んで、変更手続きを行います。

▼厚生年金

  1. 国民年金に加入する(退職後14日以内)
  2. 家族の社会保険の扶養に入る(できるだけ早く)

▼健康保険

  1. 国民健康保険に加入する(退職後14日以内)
  2. 家族の社会保険の扶養に入る(できるだけ早く)
  3. 派遣会社で加入していた健康保険を継続する(退職後20日以内)

厚生年金・健康保険ともに、(1)の場合は、住んでいる市区町村の役所の国民年金窓口で、(2)の場合は、家族の勤める会社を通して手続きを行いましょう。

健康保険の(3)は、勤めていた派遣会社健康保険組合で手続きすることができます(郵送でも可)。

まとめ

  • やむを得ない事由がない限り、原則として契約期間中に退職することはできません
  • 契約期間中に退職したい場合、まずは派遣元の会社に相談しましょう
  • HOME
  • 派遣社員が契約期間中に退職するには|手続き方法・挨拶・お菓子etc…