これで解決!履歴書の電話番号の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
履歴書電話番号

履歴書の電話番号の記入欄に、携帯電話と固定電話のどちらを書けばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

このページでは、履歴書の電話番号欄の正しい書き方についてわかりやすく解説します。

【目次】
1. 履歴書の電話番号欄には最も連絡がつきやすい番号を書く
連絡がとりやすいなら携帯の番号でOK
履歴書に書いた電話は常に出られるようにしておく
会社支給の携帯はNG
2. 履歴書の電話番号の正しい書き方
電話番号はハイフンでつなぐのが一般的
最初からカッコ( )が記入されている場合
固定電話を引いていない人が固定電話欄のある履歴書を書く場合
履歴書に「方呼出」と書いてある場合
現住所以外に連絡先の欄がある場合
日中電話に出られそうにない場合
3.まとめ

1.履歴書の電話番号欄には最も連絡がつきやすい番号を書く

基本的に履歴書には、応募先企業と最も連絡がとりやすい電話番号を記入します。 

連絡がとりやすいなら携帯の番号でOK

「繋がりやすいのは断然携帯電話だけど、固定電話を書いた方がいいの?」または「携帯電話しか持っていないけれど…」と悩んでいる方も多いと思います。基本的には、いちばん連絡がつきやすい電話番号を書くことが重要なので、携帯電話の番号を記入すれば大丈夫です。
固定電話でないと信頼性が低いと思われていた時代もありますが、現在ではまず問題ありません。仮に固定電話を記入したとしても外出していることが多く、電話に出ないようでは採用担当者の心象も悪くなってしまいます。PHSやIP電話に関しても同様です。繋がりやすいのであれば、そちらを記入して構いません。 

履歴書に書いた電話は常に出られるようにしておく

携帯電話を複数台使い分けている人は、どの番号を書いてもよいのですが、履歴書に記入した電話はいつでも出られるように常に持ち歩いていることが肝心です。
採用担当者は、面接日の調整や合否の結果を電話で知らせる場合など、直接話す必要があるから電話をしているので、速やかに対応するのがマナーと言えます。 

会社支給の携帯はNG

会社支給の携帯番号を履歴書に記入するのはNGです。そもそも、会社から支給された携帯電話はあくまでも会社のもの。外出の多い営業職の場合、社用携帯がいちばん繋がりやすいかもしれませんが、くれぐれも記入しないようにしましょう。 

2.履歴書の電話番号の正しい書き方

では、実際に履歴書に電話番号を書くときの注意点を説明します。

基本的な履歴書への電話番号の書き方

電話番号はハイフンでつなぐのが一般的

ここでは、履歴書として最も一般的な、JIS規格の電話番号が1行タイプのものを例に挙げます。
携帯電話と固定電話どちらを記入する場合も、ハイフンでつなぐのが一般的です。
( )で区切るのは、固定電話から市内通話するとき、市外局番が不要という意味で使われ始めたといわれています。現在では、携帯電話からかける場合には市外局番も必要ということで、ハイフンが使われることが多いようです。 

最初からカッコ( )が記入されている場合

あらかじめカッコ( )が記入されている場合は、次のように書きます。 

  • カッコ( )が中央にある場合

固定電話の場合…03(1234)5678
携帯電話の場合…090(1234)5678

  • カッコ( )が左端にある場合

固定電話の場合…(03)1234-5678
携帯電話の場合…(080)1234-5678

固定電話を引いていない人が固定電話欄のある履歴書を書く場合

電話番号の記入欄が分かれていて、固定電話を引いていない場合は、「TEL」の欄を空欄にせず、「なし」と記入します。

固定電話がない場合の履歴書の書き方

履歴書に「方呼出」と書いてある場合

「方呼出」は、携帯電話を持っていなくて、自分に直接繋がる連絡手段がない場合、第三者に取り次いでもらう必要があるときに記入します。

「方呼出」と記載のある履歴書への書き方

上記は「佐藤さん宅の03-1234-5678で電話を取り次いでもらう」という意味です。「佐藤”様”方呼出」ではなく、「佐藤方呼出」と敬は省略するのがマナーです。
具体的なケースとしては、結婚して名字の変わった女性が里帰り中に転職活動をしていて、連絡先を実家にする場合などです。この場合、「○○方呼出」には旧姓を書くことになります。他にも、寮生活をしている、アパート等に下宿している、就職活動の間だけ友人宅に滞在している場合などが考えられます。
記入する必要がない場合は空欄でも問題ありませんが、空欄をつくるのを避けたい場合は「○○方呼出」の部分を二本線で消してもいいでしょう。

現住所以外に連絡先の欄がある場合

現住所以外に連絡先の欄がある場合、基本的に、現住所以外の連絡先を記入します。

そのほかの連絡先への書き方

事故や急病などで本人と連絡がとれない際の連絡先となる場合があるので、ひとり暮らしをしている人は実家の電話番号などを、自宅に家族がいる場合は自宅の固定電話の番号などを記入してもよいでしょう。記入する際は、電話番号は実家のもので、住所は以前のアパートのものだったなど不整合のないように注意しましょう。
なお、自宅以外の電話番号を「連絡先」として記入した場合、当事者が適切に対応できるように、連絡先に指定したことを必ず伝えておきましょう。
実家暮らしの場合など、記入すべきその他の連絡先が存在しない場合は、「同上」と記入します。ただし、「現住所以外にも連絡を希望する場合にのみ記入」という但し書きがある場合は、「同上」と書かずに、空欄にしておきましょう。その但し書きを理解していないと取られる可能性があります。

日中電話に出られそうにない場合

仕事をしながら転職活動をしていて、日中、応募先からの電話に出られないような場合は、電話番号の後に連絡のとりやすい時間帯を付け加えましょう。

<例>
「電話連絡がありましたら、休憩中(12~13時)または18時以降にお願い致します」

3.まとめ

履歴書と携帯電話いかがでしたか?
履歴書に電話番号を記入する際のポイントは以下の通りです。

  • 最も連絡のつきやすい電話番号を書く
  • 連絡がつきやすいなら携帯の番号でOK
  • 社用携帯の番号は書かない
  • 080と090を書き間違えるなど、ケアレスミスのないように

基本的なルールを守って、正確に電話番号を書きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料Ebook|転職hacks転職成功マニュアル

転職成功マニュアル

「自分に合う職場が見つかるだろうか」「無事にちゃんと転職できるだろうか」
…そんな悩みを抱えていませんか?
本書は、毎年2万人以上の転職者をサポートし、8万社以上の企業の採用現場を知り尽くした私たちの求人探しのノウハウを、60ページ以上に渡って解説したものです。

  • 企業選びに失敗しないで済む転職活動の進め方
  • 直近で最も有利に転職できる時期を見極める方法
  • 世の中のあらゆる企業の求人を一括で検索する方法
  • 転職成功率が格段にアップする求人の探し方

など、途方に暮れそうなほど求人が見つからない場面からでも転職成功を狙える術を、あますことなく解説しています。もちろん、履歴書や職務経歴書の作成方法や面接通過のためのコツなども紹介。

ぜひ、あなたの転職活動にご活用ください。