もう迷わない!「最終学歴」の考え方と書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
160526_image

就職活動中、耳にすることが多い「最終学歴」。わかっているつもりでも実は誤解している方が多いキーワードです。

このページでは最終学歴の考え方をわかりやすく解説しながら、エントリーシートや履歴書にどう書けばいいか、具体的な記入例をご紹介します。

一部の企業や公務員試験では最終学歴が応募条件に関わることもあるので、正確に把握しておくことが大切です。

目次

1. そもそも「最終学歴」とは?
最終学歴は「最後」ではなく「最も高い」学歴
高専、専門学校、短大は直近に卒業した学校を
中退した場合は最終学歴にみなされない
2. 基本的な最終学歴の書き方
履歴書の学歴欄に書く場合は「高校卒業から」がキホン
社会人もしくは既卒者は「卒業」
在学中の場合は「卒業見込み」
3. この学歴は最終学歴になる? ~間違えやすいケース~
大卒で社会人になり、専門学校に入学した場合は「大卒」
博士課程の「単位取得退学」は院の「修士卒」
留学した場合、学士が取得できていれば最終学歴になる
語学スクール、予備校、職業訓練校は最終学歴に認められない
4. まとめ

1.そもそも「最終学歴」とは?

最終学歴は「最後」ではなく「最も高い」学歴

最終学歴とは、その人の学歴の中で最も高い教育機関の卒業歴のことをいいます。「最終」という言葉のイメージから、最後に卒業した学校だと勘違いする方が多いので注意が必要です。

たとえば、大学院を修了した後に大学の学部で学び直した場合、最終学歴は大学院修了となります。大学の学部を卒業した後に専門学校で学び直した場合、最終学歴は大学卒になります。

履歴書の学歴欄の一番下に書いた学校と最終学歴は違うこともあると覚えておきましょう。

高専、専門学校、短大は直近に卒業した学校を

高等専門学校(高専)と短期大学、専門学校は教育機関としての水準が近く、どこが上位か明確に区分することができないため名目上は同等になります。

たとえば、高専、短大、専門学校すべての卒業歴がある場合は、直近に卒業した学校を最終学歴としておけば問題ないでしょう。

中退した場合は最終学歴にみなされない

中退した場合は最終学歴として認められないため、ひとつ前に卒業した学校が最終学歴となります。たとえば、高校卒業後に大学を中退した場合、最終学歴は高校卒です。

高校卒業後に大学を中退し、その後、専門学校を卒業した場合、最終学歴は専門学校卒になります。

最終学歴にはなりませんが、履歴書の学歴欄に中退した旨を書くのは問題ありません。「家庭の事情のため」「進路志望変更のため」など、特別な事情や前向きな気持ちを添えて採用担当者にアピールしましょう。

2.基本的な最終学歴の書き方  

履歴書の学歴欄に書く場合は「高校卒業から」がキホン

160526_pixta_13530451_M_Rはじめに、基本的な学歴の書き方をおさらいしましょう。履歴書の学歴欄には、高校卒業から書くのが一般的です。その場合、学校名は「〇〇高校」などと略さず「〇〇高等学校」と正式名称を書きます。

大学や大学院の場合、学部だけではなく学科や専攻コースまできちんと書きましょう。また、卒業した年月を書くことも忘れずに。

職歴がない在学中の就活生や、できるだけ履歴書に空欄を作りたくないという場合は、中学卒業から書いても問題ありません。

書き方の詳しい説明は「すぐわかる!履歴書の学歴の書き方(見本付き)」を参照してください。

社会人もしくは既卒者は「卒業」

既卒者の場合、「〇〇学校卒業」と書き、大学院卒業の場合は「修了」とします。修了課程によって「修士課程修了」「博士課程修了」と書き分けるとより丁寧です。

大学院の場合、日常会話では「大学院卒業」「院卒」といった使い方をしますが、文部科学省が定める大学院設置基準では、修士課程や博士課程など各課程を終えることを「修了」と定めているため、履歴書にも「修了」と書きます。

在学中の場合は「卒業見込み」

就活中の大学生の場合、最終学歴は「大学卒業見込み」と書きます。ただし、卒業に必要な単位を取得していて、その年度末に卒業できる場合にかぎります。

「就活中に単位が足りなくなり卒業が遅れそうだ」「卒業試験をパスできず留年となってしまった」といった場合は、すみやかに応募企業の採用担当者に確認しましょう。

3.この学歴は最終学歴になる? ~間違えやすいケース~

大卒で社会人になり、専門学校に入学した場合は「大卒」

社会人になってから学校に入り直した場合も基本的な考え方は変わりません。たとえば、大学卒業後に就職し、資格取得のために専門学校を卒業したといった場合、最終学歴は大学卒です。

大学卒で社会人を経験してから、別の大学の学部に入り直した場合、直近に卒業した学部を最終学歴としましょう。

博士課程の「単位取得退学」は院の「修士卒」

大学院の博士課程では、修業年限内に博士号を取得できなかったけれど、必要な単位はすべて取得した場合、「単位取得退学」ということがあります。

こう書くことによって、必要な単位を取得せず中退したという状況と区別するためです。ほかに「単位取得修了」「満期退学」ということもあります。

いずれの場合も、博士課程修了とみなされないので、最終学歴は大学院の修士課程修了となります。

留学した場合、学士が取得できていれば最終学歴になる

海外の高校や大学に留学した場合、学位が取得できれば最終学歴として認められます。日本の大学に入学後、海外の大学に編入して卒業した場合、学位を取得した大学が最終学歴となります。

一部の単位のみを取得する短期留学や語学留学は最終学歴として認められません。

語学スクール、予備校、職業訓練校は最終学歴に認められない

語学や資格取得のためのスクール、職業訓練校や予備校などの各種学校は、一般的に学歴として認められないため、最終学歴にもなりません。

また、海外の大学に併設されている語学学校もスクール扱いとなるため最終学歴から除外します。

4.まとめ

最終学歴の考え方のポイントは、下記の4点です。

(1) 「最後」ではなく「最も高い」学歴が最終学歴となる。
(2) 高専、専門学校、短大は直近に卒業した学校を。
(3) 中退した場合は最終学歴にみなされない。
(4) 各種学校は最終学歴にみなされない。

最終学歴はエントリーシートなどへの記入が求められるだけではなく、応募資格にも関わってくることもあるので、正確に把握しておくことが大切です。