資格なし・勉強中の場合も解説 履歴書の免許・資格欄の書き方

更新

履歴書の「免許・資格」欄の書き方を解説します。

履歴書の免許・資格欄の書き方

履歴書のの免許・資格欄の見本画像

履歴書の免許・資格欄を書くときは、以下の5つのルールを押さえましょう。

【履歴書の免許・資格欄の書き方・5つのルール】1|応募職種に関連するものだけ書く。2|検定は2級以上なら書いてOK。3|取得した順に書く	。4|正式名称で書く。5|「以上」は書かない。

1:応募職種に関連するものだけ書く

 履歴書に書く免許や資格は、応募先の仕事に関係のあるものだけに絞りましょう

それでも数が多くて書ききれないという場合は、免許・資格欄の枠の多い履歴書を使うか、「取得資格一覧」のような別紙を用意しましょう

また、同時に職務経歴書も提出する場合、「職務経歴書には書いてあるのに、履歴書に書いてない」というものがないよう、内容を統一してください

関係ないものは「趣味・特技」欄でアピール

「世界遺産検定」「日本酒検定」といった文化・教養に関する資格や検定は「免許・資格欄」ではなく、「趣味・特技」欄に書くのがおすすめ

業務に直結するような経験やスキルが重視される中途採用では、直接的なアピール材料になることは少ないでしょう。

2:検定は2級以上なら書いてOK

 英検や漢検などの検定は、2級以上であれば書いても構いません。2級=高校卒業程度のレベルなので、最低限の教養があるという目安になります。

ちなみに、TOEICは少なくても600点あれば書いてもOK。英語を使う職種の場合は750~800点以上(TOEFLは70点以上)あれば、アピール材料になるでしょう。

※詳しくは→TOEICのスコア、何点なら履歴書に書いていい?

3:取得した順に書く

履歴書の免許・資格は、取得した順に書きましょう

取得年月は、免許証や合格証明書、通知書に記載されています。試験を「受験した月」ではないので注意してください。

取得年月を忘れてしまった場合は、受験した協会や団体に直接問い合わせ、証明書などの再発行を依頼しましょう

また、取得年の西暦・和暦は「提出日」「学歴や職歴」欄など、他の項目と統一されていればどちらでも問題ありません

4:正式名称で書く

免許・資格を履歴書に書くときは、正式名称を書きましょう

国家資格は資格の名称だけでOK。民間資格は、漢検や英検などの有名なものではないマイナーな検定や資格であれば、資格名の前に実施団体も記載しましょう

正式名称が長すぎて収まらないという場合は、資格名を2つの行に分けて書いてもOK。また、面接官に伝わるのであれば適宜省略しても問題ありません

<例>
全国商業高等学校協会主催ビジネス文書実務検定
→全商協会ビジネス文書実務検定

ただし、1つの枠内に2行で書くのは、文字が小さくなり見づらいのでNGです。

自動車・バイク免許の正式名称

略称

正式名称

普通自動車

普通自動車第一種免許

普通二種

普通自動車第二種免許

大型自動車

大型自動車免許

大型二種

大型自動車第二種免許

原付

原動機付自転車免許

小型バイク

普通自動二輪車免許(小型)

中型バイク

普通自動二輪車免許

大型バイク

大型自動二輪車免許

自動車やバイクの免許取得の年月は、左下に書かれている「取得日」を参考に書いてください。青色や金色の帯に「〇〇まで有効」と書かれている「交付日」ではありません

※詳しくは→【見本付】履歴書・自動車免許の正しい表記

主な資格の正式名称

略称

正式名称

MOS

Microsoft Office Specialist

漢検

日本漢字能力検定

英検

実用英語技能検定

習字

毛筆書写検定

珠算

・日本商工会議所珠算能力検定

・全国珠算教育連盟珠算検定

秘書検

秘書技能検定

簿記

日本商工会議所簿記検定

初級シスアド

初級システムアドミニストレータ

宅建

宅地建物取引主任者

5:「以上」は書かない

履歴書の免許・資格欄では「以上」は必要ありません

ちなみに、学歴・職歴欄は2つの項目を1つの欄に書くことから、最終学歴・職歴がどこで終わるのかを示すために「以上」が必要になります。

 コラム:「合格」「取得」の違いは?

持っている資格の種類によって「合格」と「取得」どちらを書くかが異なります

文言

具体例

合格

英検、漢検、簿記、宅建 など

取得

自動車免許、看護師免許、TOEIC・TOEFL など

試験にレベル・階級があり、一定の点数や合格ラインが設定されているもの「◯級 合格」と書きます

それに対し、免許証が交付されるものや、その免許がないと業務などを行うことができないもの「取得」と書きます。TOEIC・TOEFLなどは点数が出るものの、レベル・階級がある訳ではないので「取得」と書いてOKです。

Q.「書ける資格が1つもない」場合は…?

A.「特になし」とだけ書けばOK

「書ける資格が1つもない」場合はどうする?のQ&A画像履歴書に書ける資格や免許がないときは、「特になし」とだけ書きましょう空欄のまま提出するのはNGです。

免許や資格はあくまで自己PRの付加要素なので、書くものがなくても問題はありません。書ける資格がないからといって、仕事に関係のないものを書いたり嘘を書いたりするのも、絶対にやめましょう。

Q.勉強中や取得予定の資格は書いてもいい?

A.「勉強中」「取得予定」として書いてOK

Q.勉強中や取得予定の資格は書いてもいい?のQ&A画像履歴書を書く時点で取得に向けて勉強している資格なら、正式名称に続けて「取得に向けて勉強中」と書いてもOK。年月は空欄のままで構いません。

また、受験済みで結果を待っている場合や、試験は済んでいないが合格の見込みがある場合は(○月取得予定)と付け加えてもOKです。

まとめ

履歴書の資格・免許欄には、以下の5つの基本ルールを守って書きましょう。

  1. 応募職種に関連するものだけ書く
  2. 検定は2級以上なら書いてOK
  3. 取得した順に書く
  4. 正式名称で書く
  5. 「以上」は書かない
  • HOME
  • 【完全版】履歴書の免許・資格欄の書き方|資格なし・勉強中は?