面接での回答例&ポイント解説! 面接で「ほかに受けている企業は?」と聞かれたら?

公開

面接官から「いま、ほかに受けている企業はありますか?選考状況はどうですか?」と聞かれたとき、回答に迷いますよね。

この記事では、回答例とともに、ポイントを解説していきます。

【回答例】面接での「ほかに受けている企業は?」の答え方

「ほかに受けている企業は?」と聞かれた時の回答ポイント。OK:・志望動機や企業選びに一貫性がある(企業名を伝えてもOK)・選考状況が具体的にわかる・志望度の強さ NG:・応募業界がバラバラ&多すぎる・「他社が第一志望」と伝える・不採用になった企業名を出す「ほかに受けている企業は?」という質問に対するOK回答とNG回答の例文とポイントを見てみましょう。

「ほかに受けている企業は?」のOK回答例

選考の軸を伝えて一貫性をアピールする回答

面接官「ほかに受けている企業はありますか?」
「はい。現在、前職の営業経験を生かすことができる人材サービスの業界を中心に、御社の他に4社ほど受けております。」

【ポイント】
ただ単に「はい、4社くらい受けています。」と答えるだけでなく、「〇〇の業界を中心に」や、「〇〇ができることを軸にして」などの企業選びの軸を伝えることで、一貫性を持って就職活動をしていることが面接官に伝わります

もし企業名を聞かれたら、その際は企業名を答えてもOKです。

具体的な選考状況などを聞かれたときの回答

面接官「具体的な選考状況なども教えて下さい」
「4社のうち1社は最終選考まで進んでおり、●日後に面接を受ける予定です。他の3社は、2次選考の結果待ちをしております。」

【ポイント】
具体的な選考状況を聞かれたら、選考の段階と一緒にスケジュールも答えましょう
人事担当者が今後のスケジュールを把握し、イメージしやすくなります。

また、最終選考に残っている場合は、「他社からも評価をされている」というプラスの印象を持たれる可能性があります。

第一志望の企業を聞かれたときの回答

面接官「第一志望はどこですか?」
(1)「お客様にも企業にも心強いパートナーと思ってもらえるような働き方が実現できることを軸に考えておりますので、その思いを叶えることのできる御社が第一志望です。」
(2)「お客様にも企業にも心強いパートナーと思ってもらえるような働き方が実現できることを軸に考えておりますので、御社や、■■や〇〇などの企業が第一志望群です。」

【ポイント】
たとえ第一志望が面接中の企業ではなくても、基本的にはその企業への志望度が高いとアピールすることがマスト。

第一志望が絞りきれてない、複数あるなどの場合は、(2)のように、「第一志望群」として面接を受けている企業+同じ業界の2-3社をピックアップして伝えても大丈夫です。

ほかに受けている企業は?」のNG回答例

受けている業界がバラバラ&応募企業が多すぎる

面接官「ほかに受けている企業はありますか?」
「私は現在、人材サービス業界の営業と経理・事務職を中心に選考を受けております。今現在20社の選考にエントリーしています。」

【ポイント】
営業と事務職では仕事内容の傾向が異なり、将来やりたいことなどの一貫性がない印象に。

応募企業が多すぎるのも、「うちじゃなくてもどこでもいいのか」と面接官にマイナスイメージを与えかねません。

また、企業名を伝える場合、あまりにも業種や職種がかけ離れている企業名を伝えるのは避けたほうがよいでしょう。

第一志望が他社であることを正直に伝えてしまう

面接官「具体的な選考状況なども教えて下さい」
「第一志望の〇〇は最終選考の結果待ちをしております。
△△、✕✕、□□は2次選考まで進んでおります。また、▲▲、◆◆、▽▽は3次選考を終えて、結果待ちの状態です。」

【ポイント】
面接を受けている企業ではないところが第一志望でも、
その場では「第一志望」または「第一志望群」であると伝えるべきです。

正直すぎる回答は、かえって採用に不利になることもあるので注意しましょう。

面接で「ほかに受けている企業」を聞かれる4つの理由

面接官「ほかに受けている企業は?」と尋ねながら、選考のスケジュール、一貫性、内定承諾の回答期限、志望度の強さを考えている。

応募者が複数社の選考を受けていることは、企業側も当然、理解しています。その上で、他社の選考状況を尋ねる理由は4つ。

適切に回答するためのポイントになるので、順番にチェックしていきましょう。

1選考のスケジュールを組むため

企業は、複数社の選考を受けている応募者の状況を考慮してスケジュールを組んでいます。また、応募者に状況を聞くことによって他社の選考状況の情報収集をしているという側面もあります。

選考スケジュールを細かく説明する必要はありませんが、聞かれたときに簡単に答えられるように準備をしておきましょう。

 2内定を出す場合、回答期限などの設定をするため

選考の具体的な状況を聞くのは、「採用したい人材に他社から先に内定が出されないように、内定通知や内定承諾の回答期限を他社よりも先に設定したい」からです。

詳しい日程などを面接官に聞かれたら、スケジュールを確認して答えるのがベストです。

3志望動機や応募する企業に一貫性があるか確認するため

企業は、「応募者の志望する業界や職種」、「将来のビジョン」に一貫性があり、中途の場合は転職理由と矛盾がないかも確認しています。

そのため、選考を受けている企業と業界や業種が大きく異なったり、あまりにも多くの企業を受けていたりすると、「手当たり次第に応募していて、うちで採用しなくてもよさそう」という悪い印象を持たれる可能性も。

応募する企業は一貫した軸で厳選し、もし業界や業種の異なる企業も受けている場合は、面接官が納得できる理由を添えて説明するとよいでしょう。

4自社への志望度の強さを確認するため

複数社を応募していることを理解していても、自社への志望度の強さは重要視されるもの。志望度が強ければ、内定を出したときに辞退されるリスクを回避できるため、企業としては確認しておきたいポイントです。もし、第一志望ではない会社だったとしても、すべての企業に対して「御社が第一志望(群)です」と伝えるのが基本です。

面接で聞かれる「ほかに受けている企業は?」にまつわるQ&A

応募者1:「御社しか受けておりません」と意気込んでいるが、それは企業にとってはあまり印象がよくない。応募者2:「〇〇社は不採用になりました」と正直すぎる回答をするのはマイナスの印象になってしまうのでよくない。応募者3:「応募している企業がバラバラ」で、企業からの印象がよくない

面接で「ほかに受けている企業は?」と質問されたら、マイナスになる発言は避けたいもの。伝えるべきか迷う3つの疑問に答えます。

「ほかに受けている企業はない」と面接で伝えても大丈夫?

ほかに受けている企業がない場合は、その理由を説明しながら伝えましょう。

例えば、「転職活動を始めたばかりで1社目の選考」という場合や、「現職で働きながらの転職活動のため、スケジュール的に1社ずつしか受けられない」などの場合は素直に伝えてOKです。

「御社しか受けておりません」と答えても、志望度の強さをアピールすることにはつながりません。特に離職中であれば、他社を受けていないという回答はかえって不自然だと感じる採用担当者もいます。

落ちた企業の話はしてもいいの?

企業側から質問がない限り、不採用になった企業名を出すのは控えましょう。

他社の選考を不採用になっているという情報によって、いま受けている企業からマイナスの評価を受けてしまう可能性があるからです。

企業への応募と公務員試験を併願していることは伝えてもいいの?

公務員試験と併願していることは、面接官に伝えても問題ありません。

ただし、注意したいのは、回答のポイントにもなっていた「一貫性」や「志望度の強さ」を意識して答えることです。

例えば、「市役所の事務職と警察官、消防士の公務員試験を受けています。」という回答は、一貫性がなく、志望度も伝わりません。嘘をつく必要はありませんが、受けている企業の業種や職種と合ったものをピックアップして答えましょう

まとめ

面接でよく聞かれる「ほかに受けている企業は?」という質問。答え方によっては選考スケジュールや内定通知のタイミングなども左右する大事な質問です。

回答のシミュレーションを行い、適切な回答をできるようにしておきましょう。

  • HOME
  • 【例文付き】面接で「ほかに受けている企業は?と聞かれたら?