食品・化学など業界別に紹介 【例文】メーカー転職の志望動機の書き方

公開

メーカーは日本のものづくりを支える基幹産業で、採用人数も多いのが特徴です。

メーカーといってもさまざまな業種と会社があり、それぞれ志望動機を書く際に注意すべきポイントが異なります。

メーカーへの志望動機の書き方を業界別、例文付きで解説します。

メーカーへの志望動機で押さえるべきポイント

まずはどのメーカーにも共通するポイントを紹介します。志望動機を書く際の基本なので、しっかり心に留めておきましょう。

業界ごとの特性を把握する

メーカーの志望動機を書く際、真っ先に意識すべきなのがその業界の特性です。

一口にメーカーと言っても、自動車、化学、住宅、素材など、業界によって仕事内容や雰囲気は異なります。そのため、業界ごとの特性をしっかり把握しておかないと、採用担当者に本気度が伝わる志望動機にはなりません。

志望動機を書く際は会社四季報、ホームページなどで業界研究を入念に行い、なぜ自分がこの業界を志望するのかを明確にしてから書くようにしてください。

志望する会社への熱意を伝える

同じ業界の数ある会社の中でなぜこの会社に志望するのか、その理由を具体的に伝えましょう。単に「貴社のファンです」「貴社で頑張りたい」だけでは何も伝わりません。

「貴社の◯◯なところに共感を覚える」「高い△△力を持つ貴社で人々の暮らしに貢献したい」など、具体的にその会社を志望する理由や入社後の展望を記入するようにしましょう。そのためには入念な企業研究が必要です。

【職種別】メーカー転職の志望動機の例文

それでは例文を見ながら、営業職、事務職、技術・開発職それぞれの経験者の志望動機の書き方を学んでいきましょう。

営業職は即戦力となるスキルをアピール

例文

私はこれまで自動車メーカーで海外営業に従事しておりました。

多くの国で働くなかで貴社の事務用機器を目にし、特に新興国おける貴社製品の需要の多さには目を見張りました。こうしたことから新興国の発展により直接的に貢献したいと考え、貴社の営業職を志望しました。

アジアでの営業経験が豊富なため、アジアでの営業ネットワークを構築することに関しては自信があります。英語と中国語はビジネスレベルなので、語学力においても即戦力として貴社のお役に立てると思っております。よろしくお願いします。(235文字)

営業職は転職希望者が多い職種です。そのため「営業経験がある」だけでは人事担当者の目には止まりません。

「なぜその会社で営業職として働きたいのか」「即戦力としてどのように活躍できるか」の2点を明記すると、ほかの転職希望者と差をつけられます。

例えば、志望業界に近しい分野で営業ネットワークを構築した経験など、具体的な実績を語ると良いでしょう。

事務職は事務スキルをアピール

例文

私は大学卒業後、物販会社で営業事務に従事し、営業資料、見積もり、請求書の作成から顧客管理、売上管理を行ってきました。

しかし、この度地元にUターンすることになり、これまでの経験を生かして地域貢献したいと考えるようになりました。今回貴社を志望したのは、貴社が地場産業への協賛が多いメーカーであり、地域産業を支えていることから、地域に大きく貢献できると考えたからです。

これまで培ってきたOfficeソフト(Word、Excel、PowerPoint)のスキルと、事務職としての経験を生かして貴社並びに地域のものづくりをサポートしたいと思っております。(251文字)

事務職の経験者に最も求められるのは即戦力としての事務スキルです。

特にPCスキルは必須になるので、自分がどの程度のPCスキルを持っているかを必ずアピールしましょう。

技術・開発職は培った技術・開発力をアピール

例文

私は大学卒業後、5年間にわたり部品メーカーで技術開発に励んでまいりました。

小規模な会社ながら、大手医療機器メーカーからの発注も多く、技術開発者としての経験を積むことができました。その経験から、医療機器分野に特化した技術者としてより成長したいと考え、手術支援ロボットの研究・開発で躍進著しい貴社に応募させていただきました。

これまでに培ってきた微細な構造を設計する技術を発揮し、医療技術の進化に貢献したいと思います。よろしくお願い致します。(218文字)

技術・開発職はこれまで培った技術力・開発力が志望する会社でどのように生かせるのか、生かしたいのかを書きましょう。

技術・開発職は、転職において具体的なスキルが何より求められます。具体的に何ができるのかを伝えることがアピールポイントになります。

【未経験】メーカー転職の志望動機の例文

次に営業職、事務職、技術、開発職それぞれの未経験者の志望動機について考えていきましょう。

営業職は顧客に貢献したい気持ちをアピール

例文

私はこれまで通信会社のカスタマーセンターでお客様の携帯電話のトラブルなどの対応にあたってきました。

どんな話にも真剣に耳を傾けることを心がけたため顧客満足度は高く、会社からも高い評価をいただいておりましたが、よりお客さまの人生に大きく関わる幸せづくりに貢献したいと思い、住宅メーカーである貴社の営業職への転職を希望しました。

低価格で高品質な住宅を販売されている貴社ならば、多くの人々のマイホームの夢を実現するお手伝いができ、大きなやりがいを持って働けると考えております。カスタマーセンターで培った聞く力を、貴社で役立てたいです。(263文字)

メーカーの営業職の中でも、直接消費者や販売店の担当者などの顧客と接する場合、人と接する仕事に対するやる気をアピールすることが重要です。

その際、これまでお客様と接するなかで自分なりに考え工夫をしたエピソードを入れ込むと、コミュニケーション能力や課題解決力により説得力が出ます。

事務職は臨機応変さをアピール

例文

私は大学卒業後3年間、IT会社の営業職をしていましたが、営業資料や見積書作成など周囲の営業スタッフのサポートといった事務業務に適性があることに気付きました。

そしてこの度、安全性とデザイン性の高い自動車を販売している貴社で、直接お客様の笑顔に貢献する仕事がしたいと思い、転職を決意いたしました。前職ではお客様と開発スタッフそれぞれの意見をまとめ、全員が納得するような形を目指していました。

そのようなコミュニケーション能力を貴社のお役に立てられればと思っております。(230文字)

メーカーの事務職は請求書・見積書の作成や部署間の調整などが主な業務となり、丁寧な仕事ぶりや細やかな気遣いが求められます。

そのため、志望動機には相手やその場の状況に合わせた対応ができる臨機応変さが感じられるエピソードを入れると評価につながります。

技術・開発職は実務に生かせる経験をアピール

例文

私は医薬品メーカーで営業職として働いていましたが、さまざまな医薬品について勉強していくうちに、開発の面から医薬品に関わりたい気持ちが強くなり、この度転職を決意しました。

貴社の解熱鎮痛薬は国内のみならず、訪日客からも絶大な支持を誇っております。その開発の現場に私も携わり、開発者として成長したいと考えました。

理学系の大学を卒業し、実験や開発に対する知識を持っておりますので、いち早くノウハウを身に付け、貴社に貢献したいと思っております。(217文字)

即戦力として具体的なスキルが求められる技術・開発職ですが、それがない未経験者の場合、何らかの形で技術・開発職に生かせるような経験について盛り込みます。

志望する企業の商品に関わったエピソードや、過去に学んだ技術・開発系の知識があれば、それがどう生かせるのかを書きましょう。

【新卒】メーカーの志望動機の例文

次に例文を見ながら、新卒文系(営業職・事務職)、新卒理系(技術・開発職)の志望動機について考えていきましょう。

新卒文系(営業職・事務職希望者)はポテンシャルをアピール

例文

私は大学のサークルで中国語を学んでおりました。

活動の中で、アジア出身の留学生たちとの交流会を開いたり、中国に短期留学したりといった経験を積みました。こうした活動を通じ、アジアの国々は経済発展を続けている反面、環境汚染が大きな問題になっていることを知りました。

貴社は環境に配慮した自動車を手がけており、またアジア圏でのシェア獲得に力を入れているため、私の問題意識とマッチしており、またサークル活動での経験を生かせると考え、応募させていただきました。

いち早く貴社に貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。(258文字)

新卒文系の志望動機では、大学で何を学び、どのような活動をしたかを説明し、どのようなポテンシャルを持っているかをアピールしましょう。

大学での研究や部活動、サークル活動、アルバイトなどを通して、どのような問題意識を持ったかを基に、その企業で働きたい理由につなげると評価を受けやすくなります。

新卒理系(技術・開発希望者)は研究内容をアピール

例文

私は大学で栄養学を研究し、卒論ではお年寄りの栄養摂取について研究しました。

その過程で、貴社が栄養補助食品としてのお菓子を開発・販売していることを知りました。人々の心を豊かにするお菓子に栄養補助食品としての機能を持たせることで、世の中のニーズは今後も高まっていくだろうと予想しております。大学での研究内容を生かし、いち早く貴社に貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。(191文字)

新卒理系の場合は、大学での研究テーマを社会や志望する会社でどのように生かしたいかを志望動機で述べましょう。

仕事に直接生かせる研究内容は採用担当者にとって大きなアピールになるだけでなく、研究への熱意や真面目な人柄も伝えることもできます。 

【業界別】メーカーの志望動機のコツ

業界ごとの志望動機の書き方のコツについて説明します。メーカーは業界によって業務内容も求める人材も全く違います

業界別に、志望動機の書き方のコツと、盛り込むと効果的なキーワードを紹介します。

食品メーカーは食に対する関心を示す

食品メーカーの志望動機を書く際は「なぜ食品業界なのか」「なぜこの会社なのか」を明確にすることが重要です。

食品業界は一般の人でも製品に触れる機会が多く身近に感じやすいため、就職希望者が多く競争率が高い業界です。それだけにほかの志望者に埋もれないような独自の動機を、説得力を持って書くことが重要になります。

盛り込むと良いキーワード

食への関心を示すキーワード

私はかねてより日本の食文化に興味があり、食に貢献する仕事をしたいと考えておりました。

その会社を選んだ理由が伝わるキーワード

貴社は伝統的な日本の味をベースにさまざまな食品を開発し、人々のライフスタイルさえも変えてしまうような、便利で革新的な商品を販売されています。

素材メーカーはグローバルな視点を示す

素材メーカーはグローバルな視点を盛り込むと好評価を受けやすいです。素材メーカーでは海外との取引が発生することも多く、国際的な視野を持つ人材が求められるからです。

またスマートフォンや自動車、燃料電池からメディカル製品など、あらゆる製品に素材メーカーの技術・開発力が生かされているので、志望する会社の技術力、開発力で「広く世の中の製品づくりに貢献したい」と伝えても説得力を持たせやすいでしょう。

盛り込むと良いキーワード

グローバルに活躍したい気持ちが伝わるキーワード

貴社の開発した技術力を欧米、アジアはもちろん後進国にも自ら率先して普及させたいと思っております。

広く世の中の製品づくりに貢献したいとの思いが伝わるキーワード

貴社の持つ技術力は電気製品、自動車、衣料品、医薬品など業界を超え世界のさまざまな製品に利用されており、私も広く世の中の製品づくりに貢献したいと考えました。

住宅メーカーはお客様へのホスピタリティを示す

住宅メーカーを志望する人は、お客様へのホスピタリティをアピールしましょう。住宅は多くの人にとって生涯で最も大きな買い物になるため、時間をかけて慎重に検討すべき大きなライフイベントです。

住宅メーカーではそんなお客様の気持ちを汲み取り、どんな相談にも親身になって対応できるような高いホスピタリティが求められます。これまでに、人にとことん寄り添うことで成果を出した経験があれば、アピールとして効果的でしょう。

また自社の商品のどこが良いのかを説得力をもって語る必要があるため、業界・企業研究をしっかり行っていることをアピールするのも良いでしょう。

盛り込むと良いキーワード

お客様の夢に貢献したい気持ちが伝わるキーワード

貴社で高品質な木造住宅の低価格化を実現させ、お客様のマイホームという夢を叶えることに貢献したいと思っております。

業界研究を行っていることが伝わるキーワード

私は部屋の模様替えやDIYが好きだったことから住居に興味を持ち、雑誌やネットで住宅業界のトレンドについて調べるほか、休日に住宅展示場なども見て回ることも多く、将来は住宅に関わる仕事がしたいと思っておりました。

自動車メーカーはビジョンへの共感を示す

自動車メーカーは志望する企業が持つビジョンへの共感が重要です。志望する自動車メーカーの持つ技術や歴史を研究し、会社への理解と共感を深めてください。

また、近年はAI搭載の自動運転車や環境に優しい電気自動車が登場するなど、自動車産業にとって大きな転換点であることから、チャレンジ精神を持った人材が求められています。志望する企業でどのようなことに挑戦し、どのように社会に貢献したいかを明確にすると本気度が伝わりやすくなります。

盛り込むと良いキーワード

志望する会社が持つビジョンへの共感が伝わるキーワード

貴社は他社に先駆けて電気自動車の開発・販売を行うなど、環境に配慮した次世代の自動車文化の形成に努めておられ、こうした企業姿勢に以前から共感していました。

入社後に挑戦したいことが伝わるキーワード

私はかねてより、スポーツカーはまだまだ人気を高められるポテンシャルを秘めていると考えておりました。貴社で環境や燃費にも配慮したスポーツカーの開発に携わり、「クルマで遊ぶ」文化を日本に定着させたいと考えております。

化粧品メーカーは美と健康への関心を示す

化粧品メーカーは美しさと健康への関心を示しましょう。また、化粧品業界は流行に敏感なので、流行をキャッチする姿勢もアピールポイントになります。

CMで有名な会社が多いのも特徴ですが、「昔からCMで見て貴社に憧れていました」や「貴社の商品のファンです」などの志望動機は、単なるミーハー心で応募しているとも取られかねないため、避けた方が無難でしょう。

盛り込むと良いキーワード

女性の美しさと健康への関心がわかるキーワード

高齢者や病気の女性が化粧をすると心も体も健康になることを知り、化粧品の開発で女性の美と健康に貢献したいと思っております。

流行への関心がわかるキーワード

近年は、安価で発色の良いコスメが人気ですが、常に変わりゆく消費者のニーズを捉えながら、すべての女性の肌に優しくかつ時代にマッチした商品開発に努めたいと思っております。

電機・機械メーカーは実現したい社会を示す

電機・機械メーカーでは志望する会社の商品を通して、どんな社会を実現したいかを明確にすることが重要です。電機・機械メーカーは製品を通して世界中の人々の暮らしに大きな貢献をしているからです。そこで「この会社の○○という商品でこんな社会を実現したい」というビジョンを伝えましょう。自分の実体験を通して伝えるとより説得力を持って伝わります。

盛り込むと良いキーワード

実現したい社会がわかるキーワード

世界有数のスマートフォン販売台数を誇る貴社で、さらに高品質のスマートフォンを開発し、スマホ1台でなんでもできる社会を実現したいと思っております。

実体験を元に説得力を持たせるキーワード

アジア旅行中、スマートフォンが人々の生活インフラとして想像以上に多くの用途に使用されているのを見て、スマートフォンのさらなる可能性に気が付きました。

電子部品メーカーは技術への関心を示す

電子部品メーカーは完成品を製造する電機・機械メーカーなどに部品を供給する会社です。日本の電子部品メーカーには世界有数の技術を持つ会社が多いので、志望動機では最新技術への関心を伝えましょう。

また電機・機械メーカーといった近しい業界になく、電子部品メーカーだけにある魅力について言及するとより説得力を持たせられます。

盛り込むと良いキーワード

志望する会社の技術への関心がわかるキーワード

貴社の開発した○○は□□の分野において世界トップレベルの性能を持ち、IoTの進化に不可欠なところに魅力を感じます。

電子部品メーカーだけにある魅力についてのキーワード

電子部品メーカーは、あらゆる分野の研究開発に貢献でき、世界中のものづくり企業と取引できることに魅力を感じます。

まとめ

メーカーは日本のものづくり産業の基幹であり、その仕事は会社や職種などを問わず魅力的でやりがいにあふれています。

ぜひこの記事を参考に採用担当者の心をつかむ志望動機を練り上げ、書類選考を突破してください。

  • HOME
  • 【例文】メーカー転職の志望動機の書き方 食品・化学など業界別に紹介