マナー・隠し方も紹介 面接ではピアスを付けてもOK?

公開

面接にピアスを付けていってもよいのか、気になる人は多いはず。そもそもピアスの穴が空いていること自体が、選考に影響するのか不安という人もいるでしょう。

「面接にピアスを付けていってもよいのか」、「ピアスを付けていくと面接官からの印象が悪いのか」など、面接でのピアスのマナーに関する疑問を解説します。

Q.面接ではピアスを外すべき?

これから、面接を受けるのですが、ピアスは付けたままでも良いでしょうか?外すべきでしょうか?

面接では、原則としてピアスなどのアクセサリーは付けていかないほうが良いでしょう。

面接ではピアスは付けないのがマナー

就職活動や転職活動の面接では、基本的にはピアスなどのアクセサリーは身に付けていかないのがマナーです。

アルバイトの面接の場合も、基本的には付けていくのはNG。特に飲食関係では異物混入を恐れから、ピアスは禁止としているところも多いです。

ただし、女性の転職活動の場合は、シルバーやパールの一粒のものなら付けていってもOK。色味が派手なものや揺れるタイプのものは控えましょう。

【ピアスを付けていっても良い面接】「就職」女性…×、男性…×「転職」女性…○(シルバーやパールの一粒のものなど)、男性…×「アルバイトなど」女性…×、男性…×

Q.ピアスをしていると面接での印象が悪い?

なぜ面接ではピアスを外さないといけないのでしょうか?ピアスホールがあることすら良くないですか?

業界によっては、ピアスに良い印象を抱かない面接官がいることもあるためです。ピアスの穴までは見えないので、気にしすぎなくて良いでしょう。

ピアスに良い印象を抱かない面接官もいる

業界によっては、ピアス自体に良い印象を抱かない面接官がいることもあります。金融業界や公務員といったいわゆる堅い人の多い職種では、「不真面目そう」「常識的ではない」を思われてしまう可能性もあるので、ピアスは付けずに行ったほうが良いでしょう。

面接官が耳元をじっくりと見ない限りは、ピアスの穴が目立つことはありません。外していればOKので、気にしすぎなくて良いでしょう。

Q.穴を開けたばかりでピアスを外せない場合は?

最近ピアスの穴を開けたばかりなので外したくありません。対処方法はありませんか?

透明なピアスや肌色の医療用テープを使えば、目につきにくいでしょう。

透明なピアスや医療用テープを使えば目立ちにくい

【ピアスを外せないときの対処法(図例)】:「透明なピアスを付ける」「肌色の医療用テープを貼る」

ピアスを開けたばかりでどうしても外したくない場合は、透明ピアスに付け替えるなどで対応しましょう。傷跡やタトゥーなどを隠すための肌色の医療用テープをピアスの上から貼るのも一つの手です。

化粧品のコンシーラーでピアスの穴を埋める方法もありますが、スーツや髪の毛を汚してしまう可能性もあるのでやめたほうがいいでしょう。

Q.私服での面接にはどんなピアスが良い?

私服での面接には、どんなピアスを付けていくのがおすすめですか?

オフィスカジュアルが求められる私服面接の場合は、付けていかないのが無難。「自分らしさ」が求められる面接では、できるだけ落ち着いたものを選びましょう。

私服面接でもピアスはしないのが無難

【私服面接のときはどうしたら良い?(図例)】:「オフィスカジュアルの場合」…付けないのが無難「『自分らしさ』が求められる場合」ワントーンで奇抜すぎないもの

オフィスカジュアルが求められる私服面接の場合は、ピアスなどのアクセサリーは付けていかないのが無難です。

アクセサリーや服装から「自分らしさ」が求められるような面接であれば、ワントーンで奇抜すぎないものを選ぶのがベター。アパレルブランドやアクセサリーメーカーなどの面接であれば、そのブランドのイメージに合ったものが良いでしょう。

※私服面接について詳しくは→【画像あり】面接で私服を指定された際の正しい服装【男女別】

  • HOME
  • Q.面接ではピアスは外したほうがいい? 印象が良くないって本当?