色と柄の選び方 面接のネクタイ、正解はこれだ!

更新

面接のネクタイについて、「このネクタイで行っていい?」「色は何色がいいんだろう」「面接官受けする柄はある?」と悩んでいませんか。

面接で好印象を残すため、ビジネスシーンにふさわしいネクタイの選び方を知っておきましょう。

身だしなみが命! 第一印象を決めるネクタイの選び方とは?

身だしなみは面接での第一印象を左右する重要なポイント。

なかでもネクタイは、「男子就活生の身だしなみ」に関する調査(パナソニック)で面接官がチェックするポイントとして1位に挙がっているほどです。

もっとも大切なのはきちんと締めていることですが、ネクタイの色や柄によっても印象をコントロールすることも可能です。選び方を見ていきましょう。

手持ちのネクタイから失礼にならないものを選べばOK

「全業界OK」青・グレー・えんじ。「一部業界のみOK」黄色・薄ピンク。

面接用のネクタイは、持っているものの中から落ち着いた色や柄のものを選びます。

青色やグレー、えんじ色などが無難ですが、業界によっては黄色や薄ピンクなども着用できます。レジメンタルや小紋柄なども派手すぎなければOKです。

よほど奇抜なデザインでない限り印象を悪くすることはありませんから、自分の好みやスーツのデザインに合わせてコーディネートしましょう。

なお、一次面接、二次面接など面接ごとにネクタイを変える必要はありません。

ネクタイは幅9センチ前後でシルクのものがおすすめ

ネクタイの大剣を図解したもの面接で使うネクタイは、大剣(ネクタイの太い方)の幅が9センチ前後で、シルク素材のものがおすすめです。幅が細くカジュアルなナロータイ(6センチ以下)や、ジャケットに合わない太すぎるものは避けましょう。

素材はウール、コットン、ポリエステルなど豊富にありますが、面接ではシルクが最適です。シルクのネクタイは上品で落ち着いた印象があり、スーツにもしっくり馴染みます。

ポリエステルは安価かつ自宅で洗濯できるメリットがありますが、独特の光沢があり安っぽく見えてしまいます。シルクと比べて結び目が緩みやすいのもデメリットです。

素材などがよくわからない場合は、売り場で「面接用を探しています」と尋ねてみましょう。

※面接にふさわしいネクタイの一例

 

 面接ではNG! 派手な柄やロゴ入りのネクタイ

面接では派手な色・柄や大きなロゴ入りのネクタイは避けましょう。冠婚葬祭に使う無地の黒色・白色ネクタイもNGです。

また、紫色のネクタイは「変わった色をわざわざ選ぶなんて、扱いにくい人物では」という印象を持たれかねません。柄の差し色で取り入れる程度に留めましょう。

ペイズリー柄やキャラクター物などの派手なデザインもNGです。ブランド物のネクタイを着用する際は、ロゴなどが目立たないものを選びましょう。

※面接でNGなネクタイの一例

派手な柄のネクタイ

業界or印象別に選ぶおすすめのネクタイ

面接ではこの色彩の力を活用して、「面接官に与えたいイメージ」に合わせてネクタイを選ぶと効果的です。ここでは業界や印象別におすすめの色をご紹介します。

ブルー系はオールマイティーに使える優れもの

知性や真面目さをアピールしたいときはブルー系のネクタイを選びましょう。

青色、紺色は知的で真面目、堅実なイメージを与えます。スーツとも合わせやすく、幅広い業界に使えるオールマイティーな色です。

青色はフレッシュで若々しい印象に、紺色はより上品で落ち着いた印象になります。水色は明るく爽やかな印象があり、夏に着用すれば季節感もあります。ただし、冬に水色のネクタイを合わせると寒々しく感じるので避けましょう。

グレーは公務員や金融系にぴったり

公務員や金融業界など、堅い業界の面接にはグレーのネクタイがおすすめです。

灰色は穏やかさや信頼感、落ち着きのある人物というイメージを与えます。ただし、控えめな色なので「自己主張が弱い」と感じられるケースもあります。柄物でメリハリをつけるなどコーディネートを工夫してみましょう。

レッド(えんじ)系は営業職や最終面接におすすめ

営業職志望で情熱的な性格をアピールしたいときや、最終面接で会社への熱意を訴えたいときは赤系のネクタイがおすすめです。

赤色は、活動的で情熱ある人物というイメージを与えます。アメリカのオバマ前大統領も重要な演説では赤色のネクタイを着用していました。

派手な赤色は攻撃的なイメージを抱かせるので、えんじ色やワインレッドなど暗めの赤が適切です。ここぞという場面で「勝負ネクタイ」として取り入れると、気持ちも引き締まります。

グリーン系はグループワークにおすすめ

他者との協力が求められるグループワークでは緑系のネクタイも良いでしょう。

緑色は協調性をアピールし、周囲をリラックスさせる効果があります。フレッシュさもありながら落ち着いた印象にまとまるので、就職活動にも最適です。春に若草色のネクタイを着けるなど、季節に合わせて取り入れるのも良いですね。

淡いピンクや黄色はアパレル・クリエイティブ業界志望ならOK

ピンクや黄色はカジュアルな雰囲気があり、面接で着用するのは一般的ではありません。

ただし、アパレル業界やクリエイティブな職種など服装が比較的自由な業界・職種なら面接に着けていっても問題ありません。ピンクは優しく穏やかな印象に、黄色は明るく活発な印象になります。明るく派手になりがちな色なので、落ち着いた色や淡い色合いのものを選びましょう。

面接のネクタイは無地や控えめな柄物がおすすめ

色と同じく、ネクタイの柄も印象を左右します。

面接では無地のネクタイか、レジメンタル・小紋柄などのオーソドックスな柄物がおすすめです。スーツと合わせて違和感がないか、面接前に必ず試着しておきましょう。

レジメンタル(ストライプ)はスーツとよく似合う

レジメンタル(ストライプ)のネクタイ

レジメンタルは最もベーシックな柄で、知的で洗練された印象を与えます。

ビジネスマンが使うネクタイの定番です。おすすめはストライプの幅が細く2~3色でまとまったデザインです。スーツに合わせやすくビジネスシーンにもふさわしいコーディネートになります。

ストライプの幅が太いとカジュアルな装いになりますし、色が多いと派手な印象になるため注意してください。

小紋柄は落ち着いた印象に

小紋柄のネクタイ

小さな柄が入った小紋柄やドット柄のネクタイは落ち着いた雰囲気があり、誠実な印象を与えます。

レジメンタルと比べて色数が少なく、コーディネートしやすいのもメリットです。柄が大きいとカジュアルで大ざっぱな印象になるため、面接では柄の小さなものがおすすめです。

無地(ソリッド)のネクタイも面接には最適

無地のネクタイは清潔感がありフォーマルな印象を与えます。

どんなスーツにも合わせやすいので就職活動や面接にはおすすめのネクタイです。ただし、柄がない分、色の印象が強くなるので色選びが肝心になります。無地のネクタイを選ぶ場合は、悪目立ちしないオーソドックスなカラー(紺色やえんじ色など)がおすすめです。

チェック柄はカジュアルな業界ならOK

チェック柄のネクタイ

チェック柄はカジュアルで親しみやすい印象を与えます。

無地やレジメンタルと比べてくだけた雰囲気になるため、アパレル業界や広告業界など比較的服装が自由な業界での着用がおすすめです。色数が少なく、チェックの幅が細いものを選びましょう。

公務員や金融、ホテル、保険などの堅い業界では避けてください。

ビジネス向けのネクタイの結び方を覚えよう

ネクタイには数多くの結び方があるため、TPOに適した結び方を選ぶことも大切です。

面接時におすすめなのはスタンダードな「プレーンノット」です。シンプルで汎用性が高く、ビジネス以外にも幅広いシーンで活躍します。結び方も簡単で、初心者にも挑戦しやすいでしょう。

なお、ネクタイは太い方を「大剣」、細い方を「小剣」と呼びます。首にかけるときは小剣を利き手側に持ってくると、ネクタイをクロスさせる際に結びやすくなります。大剣側の長さに余裕を持たせておくと、バランス良く結べます。

※結び方はこちらの動画を参考にしてください

コラム:ネクタイピンはつけてもつけなくても問題ない

ネクタイピンの有無が面接の結果を左右することはないため、つけてもつけなくても構いません。

ネクタイピンをつけるとネクタイが曲がりにくくなりますが、ピンの形状やつけ方が不適切だと面接官の心証を害する可能性があります。デザインやつけ方に注意しましょう。

面接で使うネクタイピンは、シルバーのクリップ式またはワニ口式で、装飾が少ないシンプルなデザインを選びましょう。

留めるときはネクタイの大剣、小剣、シャツをまとめて右から左へ差し込みます。位置はジャケットの第一ボタンより少し上で、ジャケットに隠れるか、少し見える程度が適切とされています。

まとめ

面接用のネクタイは、手持ちのネクタイから落ち着いたデザインのものを選びましょう。シルク素材で幅が9センチほどのネクタイがビジネスシーンに適しています。

色や柄によって与えるイメージも異なるため、自己アピールや志望業界に適したデザインを選ぶとさらに効果的です。

  • HOME
  • 面接のネクタイはどれが正解? 色と柄の選び方