基本的なやり方・場所・服装 【初めてのWEB面接】注意点とやり方

公開

新型コロナウイルスの影響もあり、近頃、就活・転職の選考で「WEB面接(オンライン面接)」が増えてきました。

この記事では、WEB面接のやり方や注意点をはじめ、適切な場所や服装についてわかりやすく解説します。

WEB面接(オンライン面接)とは?

WEB面接とはビデオチャットでの面接のこと

WEB面接とは、オンライン通話サービスを使って行う、ビデオチャットでの面接のことです。

オンライン面接と呼ばれることもあり、パソコン・タブレット・スマートフォンなどの普及によって、選考方法の一つとして利用する企業も増えてきました。

WEB面接を行う際は、無料の「Skype」などのツールを利用する企業が多いようです。

※先にWEB面接(オンライン面接)のやり方や注意点を見る場合は

→「WEB面接の準備と注意点

WEB面接はどんな時に行われる?

WEB面接は、応募者が企業から遠方に住んでいるなど、実際に会うことが難しい場合に行われることが多いようです。

日本全国や海外から人材を集めている企業では、採用の機会を増やすためにWEB面接を取り入れていることも。

また、出社を必要としない在宅でのリモートワークを行う職種を募集する場合に、書類審査とWEB面接を行う企業もあります。

WEB面接は希望できる?

WEB面接は、企業側にビデオチャットを行う体制や設備が整っていることが前提なので、面接を受ける側が希望しても、叶えてもらえるとは限りません

普段からビデオチャットを活用している企業であれば、WEB面接をしてもらえるかもしれませんが、そうでない場合は難しいでしょう。

WEB面接のメリットとは?

WEB面接のメリットは、会社に出向く必要がないので、遠方でも移動時間や交通費などの心配せずに面接を受けられること。

応募している企業数が多い場合でも、移動時間や交通費がかからないWEB面接であれば、大幅な負担軽減になります。

また、オフィスでの面接は緊張してしまう方でも、画面を通したオンラインの面接なら自宅で行うことができ、心身ともにリラックスした状態で面接に臨むことができます。

WEB面接のデメリットとは?

WEB面接のデメリットは、面接中に通信機器のトラブルによって面接が中断してしまう可能性があること。

ちょっとした操作ミス、通信環境の不具合などがトラブルにつながりかねないので、あらかじめ操作の手順や電波状況を確認し、実際にテストしておくことが大切です。

また、WEB面接は画面越しのため、面接官との間合いが取りづらく、会話のリズムが噛み合わない恐れも。

気持ちよくコミュニケーションをとるためにも、相手の質問に対して簡潔に答えられるよう意識しつつ、話の区切りをわかりやすくしましょう。

WEB面接の準備と注意点

【場所】明るく静かでネットができる環境で

WEB面接を行うときは、以下のような条件がそろう場所で行いましょう。

▼WEB面接を行うときの3つの条件

  • 静か
  • 明るい
  • インターネットができる(Wi-Fiが使える/有線でLANケーブルが繋げる)

具体的には、自宅や個室のレンタルスペースなどが良いでしょう。

マイクは思った以上に周りの音を拾ってしまうので、できるだけ静かな場所を探しましょう。自宅で行う場合は、家族に「WEB面接を行うから部屋に来ないでほしい」などと伝えておきましょう。

また、逆光で顔が見えなくなるのを防ぐために、明るい位置にパソコンをセッティングします。その際、部屋の風景が映らないように、壁などを背景にすると良いでしょう。

【服装】WEB面接でもスーツを

面接官に直接会わないWEB面接であっても、服装はスーツが基本です。

カメラには意外と広い範囲が映ります。

上半身しか見えないだろうと上だけスーツにしてしまうと、立ち上がったときなどふとした拍子に、手を抜いていたことがバレてしまいます

対面で面接するときと同じように、髪形や服装などの身だしなみはしっかり整えましょう

【ツール】WEB面接ではスマホではなくパソコンで

WEB面接ではスマホではなく、パソコンを使用しましょう

理由はスマートフォンやタブレットに比べ、パソコンの方が画質や音声が安定しているから

また、WEB面接では通信量を使うため、スマートフォンだと通信規制や高額な料金が発生しかねません。

音楽観賞用の大きなヘッドホンではなく、雑音が入りにくいマイク付きイヤホンがあると、面接に集中できて良いでしょう。

【確認】プロフィール写真やアカウント名に注意を

WEB面接で使うSkypeなどのプロフィール写真(アイコン)は、就活用の証明写真にしましょう。

プライベートの写真や好きなキャラクターのままでは、マイナス評価につながりかねません。

また、写真だけではなくアカウント名もあだ名などではなく本名にしておきましょう。

WEB面接中に気をつけたい3つのこと

【1】カメラの距離や角度に注意

WEB面接ではパソコンについているカメラを使います。その際、カメラとの距離や目線について、以下の点に気をつけましょう。

目線はまっすぐ・上半身が映るように

オンライン面接での適切なカメラの距離・角度のイメージ

相手にしっかり顔が見えるように、視線とカメラの位置がまっすぐになるようにして、上半身が映る距離を保ちましょう

カメラが下を向いていると顔が映らなくなってしまいますし、反対にカメラが上を向いていると、見下ろしているようなアングルになってしまうことも。

カメラの位置のせいで印象がマイナスにならないよう、WEB面接中は映り方に気をつけましょう。

相手の目ではなくカメラを見て話す

また、WEB面接中は画面上の相手の目ではなく、カメラを見て話すようにします。

なぜなら、画面上で視線を合わせても、カメラの位置とはずれているため、相手には視線が合っていないように見えてしまうからです。面接中は常に自分がカメラにどのように映っているかを意識しましょう。

【2】WEB面接中のパソコン操作はNG

WEB面接中は、極力パソコンを操作しないようにしましょう。

パソコンでメモをしたい人もいるかもしれませんが、マイクはマウスのクリック音やキーボードのタイピング音も拾ってしまいます。メモしたい場合は紙とペンを使いましょう。

また、アプリの通知音やエラー音なども聞こえてしまうので、使用するウィンドウ以外はすべて閉じておきます。

【3】通信が切れても冷静に対処する

もしWEB面接中に不具合が起きて接続が切れてしまっても、慌てる必要はありません。まずは電話やメールで「不具合が起きてしまったこと」を連絡しましょう。

そのあと、パソコンの再起動やアプリの再ログインなどを試します。それでも接続できなければ再度電話をかけ、判断を仰ぎましょう。

ここでの対処の仕方によってはトラブル時の対応力が低いとみなされ、合否に響く可能性もあるので、落ち着いて行動することが大切です。

SkypeでのWEB面接のやり方

ビデオチャットアプリとしてよく使われるSkypeを利用したオンライン面接のやり方について説明します。

1Skypeをインストールする

まずはパソコンもしくはスマートフォンやタブレットにSkypeをインストールします。

2IDを取得する

必要事項を入力してアカウントを取得します。アカウントを取得したらIDを企業に伝えておきましょう

面接用としてアカウント表示名は本名、アイコンは就活用の証明写真に設定しておきます。

3音声や映像の動作確認

音声とカメラのテストを行っておきましょう

万が一のトラブルのために、基本的な設定方法などもあわせて確認します。

4面接時間の10分前から待機する

WEB面接が始まる前にパソコンを起動しておき、どこか不具合がないか、通信状況は安定しているかを確認します。

5企業から着信がきたらスタート

Skypeで企業から着信がきたら、そのまま受け取りWEB面接を開始します。

コラム:Skype以外でWEB面接によく使われるツールは?

オンライン面接のツールとしてはSkypeが一般的ですが、企業によっては無料で利用できる他のツールを指定するところも。

▼よく使われているオンライン面接ツール

  • Googleハングアウト
  • interview maker(インタビューメーカー)
  • Calling
  • FaceHub
  • BioGraph
  • i-web MOVE
  • HARUTAKA

アプリのインストールやアカウント作成が必要になるケースがあるので、当日焦らないように事前に確認と準備をするようにしましょう。

まとめ

WEB面接とは、Skypeなどを使ったビデオチャットでの面接のことです。

企業に直接出向く必要がないため、遠方の企業でも気軽に選考を受けられるというメリットがあります。

一方、WEB面接ならではの注意点も。インターネット環境を整えてカメラの位置や服装などにも注意して受けることが大切です。

事前にしっかり動作確認をしてWEB面接に臨みましょう。

  • HOME
  • 【初めてのWEB面接】注意点と基本的なやり方・場所・服装