OK・NG質問例を紹介 面接の「逆質問」攻略法

逆質問とは、面接の終盤に「何か質問はありませんか?」と、転職者に与えられる質問の機会のこと。どんな逆質問が正解なのか、面接官に聞いてみました。

逆質問は、最後のアピールチャンス

逆質問の場は、単なる質疑応答の場ではなく、あなたの熱意や志望度の高さを伝えられる、最後のアピールチャンスです。

そのため「特にありません」と答えると、入社意欲が低いと思われかねません。企業研究や面接の中で気になったことや、入社後の働き方について曖昧な部分などを、何かしら質問しましょう。

「何か質問はありますか?」と逆質問の機会をもらったとき、即座に「ありません」と答えるのはNG。「私はこの会社に興味がありません」と言っているようなものなので、必ず質問を用意した方がいい。

(40代男性、執行役員)

もしどうしても質問が無ければ、「これまでの面接で疑問は解消できているので、質問は特にございません」など、丁寧な言い方で断りましょう。

面接官がチェックする3つのポイント

逆質問の場で面接官がチェックしているポイントは、下記の3点。経歴や実績では測れないヒューマンスキルや意欲が見られています。

【面接官がチェックしている3つのポイント】 (1)入社意欲があるか (2)コミュニケーション能力があるか (3)社風に合っているか

入社意欲があるか

面接官がまず確かめたいのが、入社意欲の高さ会社や仕事に興味を持って、深掘りするような質問をするかどうかで、意欲を見ようとしています。下記のような逆質問をすれば、意欲の高さが伝わりやすいでしょう。

【入社意欲をアピールできる質問】 ○面接で出た話題を膨らませた質問 |○HPなどの情報に、一歩踏み込んだ質問 |×待遇・条件に関する質問

面接で出た話題を膨らませた質問

企業への興味・関心を伝えやすい代表的な質問が、その日の面接で出た話題を膨らませたもの。気になった話題について、社員だからこそ知りえる「生の声」を聞いてみましょう。

「先ほど、私と同世代の方が活躍されているとおっしゃっていたのですが、具体的にどのようなプロジェクトを担当されていますか?」

HPなどの情報に、一歩踏み込んだ質問

HPなどに書かれた情報に一歩踏み込んだ質問も、入社意欲を伝えられる定番の質問です。事前にHPや求人票などを確認していたことが伝わり、企業に興味・関心があることをアピールできます。

「御社の○○という経営理念に共感しているのですが、どのようなお考えからこの理念を掲げられたのですか?」

【NG】待遇・条件に関する質問

一方で、入社意欲を疑われる「NG質問」も存在します。それが、待遇・条件に関する質問です。仕事内容よりも待遇に惹かれて応募していると思われ、ネガティブな印象を残してしまいます。

「年収はいくらになりますか?」

「月にどれくらい残業しますか?」

コミュニケーション能力があるか

面接官は、あなたの質問内容から基本的なコミュニケーション能力が備わっているかも確認しています。下記のような面接官の立場に合った質問をすることで、コミュニケーション能力の高さをアピールできます。

「実際の現場で取り組まれていることを教えてください」

「経営者から見て、従業員に最も求められる資質は何でしょうか?」

加えて注意したいのは、質問時の態度です。会話中のリアクションなどからもコミュニケーション能力が見られているので、「相手の話に適度に相槌を打つ」「面接官の話を遮らない」といった態度を心がけましょう。

【入社意欲をアピールできる質問】 ○面接で出た話題を膨らませた質問 |○HPなどの情報に、一歩踏み込んだ質問 |×待遇・条件に関する質問

社風にマッチしているか

質問内容から、あなたが社風とマッチしているかを見ています。特に企業がもつ「仕事に対する姿勢・価値観」に共感しているか興味を持っているかで相性をみるようです。

明確な正解はありませんが、たとえば主体性を尊重する企業であれば、「どのくらい主体的に動ける社風なのか」「社員が実際どのように過ごしているのか」など具体的な働き方について質問することで、主体的な社風への共感・興味を示せるでしょう。

【質問例】逆質問の定番パターン

【一次・二次面接】【最終面接】など、面接のタイミングごとに定番の質問例をご紹介します。この中から23個ピックアップするのがおすすめです。

【一次・二次面接】人事・部門長向けの逆質問

  • 私はこれまで「○○○○」といった取り組みを続けてきました。
    この経験は、御社でも活かせそうでしょうか?
  • 今回募集されているルート営業では、1人あたり何件のお客様を、どのようにフォローされているのでしょうか?
  • 個人目標の設定方法と、数字以外での評価基準があれば教えていただけますか?
  • 「○○○○」という御社の経営理念に大変共感しています。
    理念を実現するために現場で取り組まれていることについて、差し支えなければ教えてください。
  • ○○様(面接官の名前)が、仕事をしていて印象的だったこと(嬉しかったこと)を教えていただけますでしょうか?

1次・2次面接では人事担当者のほかに、入社後に直属の上司になる人物(現場の部門長など)が面接官になることがあります。

「業務や職場に関する具体的な質問」や「面接官個人の仕事の話・意見を尋ねる質問」をすることで、志望度の高さや前向きな姿勢を印象付けられます。

【最終面接】社長・役員向けの逆質問

  • 企業経営をされている中で、従業員に最も求めている資質は何ですか?
  • 御社の「○○○○」という経営理念に大変共感したのですが、どのようなお考えからこの理念を掲げられたのですか?
  • 決算書では○○年の利益が○%上がっていたようですが、これはどういった取り組みの成果が現れたのでしょうか?

最終面接は、社長・役員クラスが面接官になって「入社志望度が本当に高い応募者」を見極めています。

興味・関心が高いことを伝えるために「経営戦略や今後の方針など、会社全体に関わること」を質問しましょう。逆に「具体的な業務内容」など現場寄りの質問は、最終面接の場にふさわしくありません。

なお、面接官によっては「君はどう思う?」と質問を返してくる場合もあります。言葉に詰まることがないよう、自分なりの意見もまとめておきましょう。

【どの面接でもOK】熱意・やる気をアピール

    • 入社までに勉強しておくべきことがあれば、教えてください。
    • 御社で活躍されている方々に「共通する特徴」は、何かありますか?
    • 私と同世代で中途入社した方がいらっしゃいましたら、現在どのようにご活躍されているか教えてください。
    • 1日でも早く御社に貢献したいと考えています。
      入社後はどのようなステップを踏んで実務に入るか、お伝えいただけますか?
  • 将来的にリーダーやマネージャーを目指したいと考えております。
    御社ではどのような評価・昇進制度をとっていらっしゃいますか?

熱意・やる気をアピールする逆質問は、どのタイミングの面接でも使える定番のものです。

いち早く活躍したい」「向上心がある」というメッセージを伝え、面接官に「この人は戦力になってくれそうだ」と印象づけましょう。

コラム:逆質問の終わらせ方

逆質問を終わらせる際は、一言お礼を述べるといい印象を残せます

面接官から「他にも質問はありますか?」を尋ねられた後に、答えてくれたことへの感謝や、回答を受けて抱いた印象などを伝えて逆質問を終えましょう。

例:逆質問の終わらせ方

  • こちらで知りたい内容は全てお聞きできたため、特にございません。
  • 「○○○○」ということをお聞きできたことで、御社で働くイメージがより明確になりました。ご回答いただき、ありがとうございました。

年収や残業など、働き方は逆質問していい?

できれば、質問しない方がいい

待遇や条件についての質問は「残業したくない」「仕事より制度に惹かれている」といった印象を与える可能性があり、できれば質問しないのがベターです。

もしどうしても質問したい場合は、下記のように嫌な印象を与えない聞き方を心がけましょう。

どうしても聞きたい場合の、逆質問方法

年収について

入社後の年収について聞きたい場合、「年収はいくらですか」と具体的な数字を問うストレートな聞き方はNG。転職先の規定・評価に従う姿勢を述べた上で、自分に近い人のモデル年収を聞くていで質問しましょう。

  • 条件面については御社の規定に従う考えですが、私と近しい年齢・経験の方の年収はどのくらいか教えていただけますか?
  • 年齢と実績から給与が決まるとお聞きしていますが、参考までに「どのくらいの経験を積むと○○万円になる」といった事例を教えていただけますか?

転勤について

「転勤がある」とあらかじめわかっている場合は、頻度・エリアについてストレートに質問して問題ありません。どこでその情報を見たかを伝えた上で、具体的に質問しましょう。

  • 求人情報には「転勤あり」と記載がありましたが、転勤の頻度や転勤先のエリアを教えていただけないでしょうか?

転勤の有無がわからない場合、遠回しに質問しましょう。「転勤している社員はいるのか」と、他の社員の事情を聞く形が無難です。

  • ○○県や△△県に支店をお持ちですが、転勤する方はいらっしゃいますか?いらっしゃる場合は、どのくらいの頻度で転勤されているのでしょうか。

残業について

残業時間を知りたい場合は、「残業への拒否感」が出ないように注意しましょう。あくまでも残業前提の仕事を受け入れていると伝えた上で、実態としてどれくらい残業しているのか、モデルケースを聞くのが無難です。

  • 一日も早く社員の方と同じペースで働きたいと考えているのですが、社員の方々は何時頃まで仕事をされていますか?
  • 今の会社では残業するケースが多いのですが、御社の社員の方々は通常何時頃まで残業されていますか?

休日について

具体的な休日数を知りたくても、ストレートに聞くのはNGです。繁忙期や長期休暇中の勤務について質問し、おおよその休日のイメージをつけましょう。

  • 休日は部署によって異なるのでしょうか?
  • 仕事の繁忙期はいつ頃でしょうか?
  • 年末年始やお盆はどのような勤務になっているのでしょうか?

また、そもそも求人票に書いてある情報を質問するのは印象が良くありません。求人票に書いてあることを詳しく知りたいと前置きして、具体的な情報を聞くようにしましょう。

逆質問のNGパターン

「特にありません」と答える以外にも、逆質問のNGパターンがあります。これらも避けるようにしましょう。

【逆質問のNGパターン】 ×後ろ向きな考え方が伝わってしまう質問 |事前に調べればわかる質問 |×前聞いたものと全く同じ質問 |×「面接の感想をたずねる」質問

後ろ向きな考え方が伝わってしまう質問

  • 能力を伸ばしてもらえる環境でしょうか?
  • ノルマが達成できない場合どうなりますか?
  • 入社してから覚えれば問題ないでしょうか?

こうした後ろ向きな質問は、向上心が無いと捉えられるため避けましょう。

また、受け身の姿勢も伝わってしまいます。

事前に調べればわかる質問

  • 経営理念は何ですか?
  • 売上高を教えてください
  • 主要取引先はどのような企業でしょうか?

求人票や会社のホームページなどで調べられるような、安易な質問もNGです。

「下調べが足りない=志望度が高くない」と思われてしまいます。

実際の業務や面接官本人の考え方など、面接の場だからこそ聞けることを質問しましょう。

以前聞いたものと全く同じ質問

  • (これまでの選考の中で説明されたのに)入社までに勉強しておくことはありますか?

一度説明を受けていることについて、改めて質問するのはNGです。入社意欲や学習能力に疑問を抱かれかねません。

全く同じ質問はNGですが、一度聞いたことを深掘りするのはOKです。質問の際は「以前〇〇と説明していただいたのですが~」と前置きして、以前の内容を覚えていることを伝えましょう。

「面接の感想をたずねる」質問

  • 今日の面接での私の印象はいかがでしたか?

面接の感想をたずねる質問は、面接の練習に来たのかと思われてしまう可能性があります

面接官が答えにくい上に、自信が無い印象も与えてしまうので、この質問も避けましょう。

「はい・いいえ」で答えられる質問

  • 仕事は楽しいですか?
  • 仕事にやりがいは感じますか?
  • 部署異動は可能ですか?

面接官が「はい・いいえ」で答えられる質問内容は、話が広がりません

逆質問ではコミュニケーション能力も見られているため、「どのようなところに仕事のやりがいを感じますか?」といった、面接官が話を続けやすい質問をしましょう。

コラム:メモをとったり、見たりしてもいい?

逆質問で聞いたことを記録するために、メモをとることは問題ありません。メモ帳を取り出す前に、面接官に一言「メモをとってもよろしいでしょうか?」と断りを入れるといいでしょう。

また、メモ帳に事前に書いておいた内容を見ながら質問するのもOKです。この際も「事前に書いたメモを見ながら質問してもよろしいでしょうか?」と断りを入れるようにしてください。

ただし、メモの方に集中しすぎて面接官の目を見なかったり、待たせたりすることのないよう注意しましょう。

通常の質問やマナーも要対策

面接では逆質問の前に、いくつかの質問がされます。よくある質問と回答例について、下記の記事でまるっと解説しています。

また、面接当日のマナーについても確認しておくと安心です。

  • HOME
  • 面接の「逆質問」攻略法|OK・NG質問例をそれぞれ紹介