絶対に落ちない! 転職の最終面接|攻略ポイントと質問例

公開

いよいよ次は最終面接。ここまで来たからには、確実に内定を獲りたいですよね。転職でも就職でも、最終面接は“顔合わせの場”と言われ、一次・二次と比べると確かに通過率は高めの傾向に。しかしそれはあくまで傾向。決裁権を持った役員・社長などの最終面接官がNO!といえば、最終面接でも不合格になります。希望企業の内定を獲り逃がさないために、今回は役員・社長が面接官を務める最終面接を無事クリアするための攻略法を解説します。

転職の最終面接で見られるのは「人間性とマナーと意欲」

<面接でチェックされるポイントの違い>

面接でチェックされるポイントの違い一覧表。1次・2次面接では、スキル・経験:◎、人間性:◎、意欲:▲、ビジネスマナー:○。最終面接では、スキル・経験:▲、人間性:◎、意欲:○、ビジネスマナー:◎。

※会社により違いがあります。

経験やスキルについては1次、2次面接で人事や採用部署の担当者がチェックをし、合格の判断をしているため、最終面接では重視されない傾向にあります。では最終面接では何をチェックされるのでしょうか。

それは、“応募者が自社に合う人間性を持った人材かどうか”という点。社長や役員が忙しい合間をぬって採用の最終判断をするため、面接時間は30分~1時間ほど。そのため、短時間で自社に合う人材と認めてもらうことが重要になります。

面接時のビジネスマナー

最終面接の面接官は、役員・社長が務めるケースが多く、礼儀やマナーにうるさい年配の方も少なくありません。ビジネスパーソンの基本であるマナーができていないと、社会人としての基礎ができていないとみなされてしまうことも。最低限のビジネスマナーは事前に確認し、失礼のない対応を心がけましょう。

応募企業の考え方・方針に合った志望動機や自己PR

そもそも内定は、双方の考えや目指すべき目標が重なり合う場合に成り立つもの。応募者が話す内容に対し、面接官が共感や納得ができることが重要です。企業や面接官に対し否定的な考えを話したり、応募企業の方針とあきらかに食い違う意見を持っている場合は、“考え方が違う=相性が悪い”とみなされてしまいます。

最終面接の前には、必ず応募企業の企業研究をし、その会社の考え方に合わせた話し方を心掛けましょう。また面接官の話に対しても、あからさまに否定的な対応をするのは控えましょう。

入社意欲・仕事への意欲

最終面接は採用の最終判断の場なので、“入社したい”という応募者の意欲は非常に重視されます。面接時に意欲が感じられないと、入社しても意欲的に仕事に取り組んでもらえないのではないかという不安を面接官は抱きます。

面接官に”意欲的”と感じてもらうために、以下の3点を押さえて面接に臨みましょう。

・面接官の話は、やや前傾の姿勢で話し手の目を見て、しっかりと聴く
・志望動機を完璧にしておく
・企業の情報を事前にチェックし、それを踏まえた逆質問をする。

転職の最終面接は大きく分けて2パターン

最終面接の形式や面接官の人数は会社によって異なりますが、面接の内容は“通常質問型”と、“雑談型”の大きく2パターンに分かれます。

通常質問型の最終面接

面接官からの質問を受け、それに回答をする一般的なタイプの面接です。

<通常質問型の最終面接のポイント>

  • 回答は端的にわかりやすく
  • 面接官の突っ込みに備えた準備
  • 困った場合は少し時間をもらう

最終面接官の役員や社長は多忙なため、せっかちな人も多く、質問の回答は“端的に、わかりやすく”が鉄則です。質問内容は、自己紹介や志望動機などオーソドックスなものが中心になります。とはいえ、質問はオーソドックスでも突っ込みを入れたり、場合によっては揚げ足をとるような指摘をし、応募者の人間性を探ろうとすることがあるので注意が必要です。

<志望動機に突っ込みを入れられた例>

(応募者)
社員のみなさんが自ら手をあげて新たなサービスの開発に取り組むなど、意欲があればチャレンジできる社風に魅力を感じ、志望いたしました。

(面接官)
確かに社員からの提案で新しいサービス開発が始まることもありますが、トップダウンでやってもらう仕事の方が多いですよ。それでもいいですか。

しっかりと落ち着いて考えを述べることができれば、“考えが表面的ではなく軸がある”、“困ったときも冷静に対応できる”など、人間性に対する評価がグッと上がります。厳しい面接になることも想定し、自身の回答に突っ込まれた場合の返しも、事前に準備しておくと面接の際に困って口ごもってしまう事態を防げます。

※回答に困った場合は時間をもらう

質問の回答に困った場合は焦って適当なことを答えるのではなく、「少し考えるお時間をいただいてもよろしいでしょうか」とお願いし、考える時間(10秒が目安)をもらいましょう。また全く知らない時事問題などどうしても回答できない質問は、適当な答えを述べるよりは、「不勉強のためわかりません。今後勉強して参ります」と答えたほうが無難です。

いい加減な答えをして“適当な人”と思われるより、“知識は足りないけど、素直にわからないと言える人”の方が、印象がいいためです。ただ面接官からの質問が、応募者の考えや意見を問う内容の場合は、「わかりません」はNGです。短時間で考えを整理し、不十分な点はあったとしても自分の意見を述べましょう。

「不勉強のためわかりません」の回答が許される質問例

『今の中東情勢について、どうお考えですか』
→中東の情勢について不勉強なため、意見を言えるほどの考えがありません。今後勉強してまいります。

『A社(競合)から最近発売された製品について、どう思われますか』
→A社の新製品をまだ確認できておりませんでした。不勉強で申し訳ありません。面接後、チェックしたいと思います。

雑談型の最終面接

面接の内容が一見雑談のようというのも、転職の最終面接ではよくあります。面接官が1人~2人で、話好きな場合に多く見られます。面接官は雑談を通して、応募者の素の顔、本音を探ろうとしています。

<雑談型の最終面接のポイント>

  • 話を聴く姿勢も評価対象
  • 面接官の話や質問に対し、否定的な回答は控える
  • 場が和んでも礼節をわきまえ、面接に相応しい会話を

雑談型の面接では、自身が話す内容が重要なのはもちろんですが、面接官が喋る場面も多いため、それを聴く様子からも人間性を見ていることを忘れてはいけません。
相手の顔を見て、やや前のめりで頷きながら話を聞くと、関心を持って聴いてくれていると面接官は感じるでしょう。

また話し好きな経営者の多くは否定されることを嫌うため、面接官が話す内容や質問に対し、否定的な回答をすることは控えましょう。相手の話を共感と肯定の態度を示しながら聞き、スムーズに会話ができれば、雑談型の面接は概ねクリアできることでしょう。

※雑談型面接では、うっかりに注意

雑談をするなかで場が和んでくると、つい砕けた物言いをしてしまったり、言わなくてもいい本音がポロッと漏れてしまうことがあります。敬語を使うのを忘れたり、長話や面接に相応しくない話をしてしまったりすると、大きなマイナスになりかねないので注意しましょう。

よくある雑談型面接の失敗例

  • 話が弾んでつい本音が漏れ、これまでの面接でしてきた話と矛盾が生じてしまう
  • プライベートの話をしすぎる(先方が話題を振ってくるケースもありますが、プライベートの話は必要最小限に)
  • 調子に乗って、自分の話を長々としすぎてしまう

面接官が気さくに話してくれても、面接の場だということを忘れずに、礼節をわきまえ、丁寧な受け答えを心掛けましょう。

最終面接で『質問はありますか』と聞かれたら

最終面接でも、面接官から『質問はありますか』と逆質問を求められる場合があります。役員・社長に聞く質問もこれまでの質問と同じと考えてはいけません。経営を担う相手に相応しい、経営視点を意識した質問をする必要があります。具体的には、“どういう考えのもと会社を経営しているか、今後会社をどうしていきたいと考えているか”が経営者に対してするべき質問です。

最終面接でするべき質問例

  • 会社を経営される上で、一番大切と考えていることは何ですか
  • ■■様(面接官の名前)から見て、御社の一番の魅力は何ですか
  • 御社の今後のビジョンを差し支えない範囲でお教えいただけますでしょうか

※最終面接の逆質問について、詳しくは『最終面接の逆質問で印象アップ!社長・役員に聞く質問集』をご覧ください。

最終面接の結果が出るまでの期間はまちまち

転職の場合、最終面接後、結果が出るまでの期間は企業や採用状況により大きく異なります。面接のその場で内定をもらえることもあれば、10日経っても返事が来ないこともあります。最終面接の結果が遅い場合としては、以下のケースが考えられます。

少ない採用枠に、多くの応募者があった場合

採用数は少ないのに多くの応募があった場合、複数の応募者を比較し、一番いい人材を採用しようと企業は考えます。そのため、他の応募者の面接が終了するまで、結果がでない場合があります。

手続きに時間がかかる場合

大手企業や外資企業に多いケースです。大手企業では内定決定のための社内稟議に時間がかかる場合があります。また外資企業では本国の責任者に了承をとる必要がある場合などに、内定通知が遅くなります。数日経っても最終面接の結果が来ないからといって、必ずしも不採用というわけではありません。

合否の連絡が遅い場合は問合せをしてもいいの?

『一週間以内に連絡をします』など、連絡の期限を事前に伝えられている場合は、その期限がすぎるまで待ちましょう。その期限内に連絡が来ない場合は、採用窓口に問合せをしても構いません。連絡の期限を伝えられていない場合、1週間以上待っても連絡がければ、問い合わせをしても問題ありません。

その際、「もし行き違いがあったら申し訳ないのですが、最終面接の結果がまだ届いていないようですが、いつごろご連絡をいただけそうでしょうか」など、相手に失礼のない伝え方を忘れずに。

最終面接の場で合格といわれた場合の対応は?

最終面接の場で内定を伝えられ、入社意志を問われるケースがまれにあります。入社の意志がすでに固まっている場合は、「ぜひ入社したいです」で問題ありません。しかし、“他社がまだ選考中”、“給料や待遇などを見て判断したい”など、その場では答えづらい場合には、家族を理由に猶予をもらうのが無難です。

<回答例>
「(内定)ありがとうございます。御社に入社したいと考えておりますが、家族にも説明し、同意を得たうえで最終的なお返事をさせていただきたいと思っております。お待たせして恐縮ですが、数日お時間をいただけますでしょうか。」

返答を待ってもらえる場合も、基本的には1週間以内に連絡をするようにしましょう。あまり長く待たせてしまうと、内定が取り消されてしまうこともあります。

まとめ

最終面接で失敗しないためには事前の準備が重要

いかがでしたでしょうか。最終面接で不合格にならないためには、「ビジネスマナー」、「応募企業の考え方や方針に合った志望動機・自己PR」と「意欲」が欠かせません。
また最終面接で不合格になる原因として、“面接の雰囲気にのまれてしまう”こともあります。

これも風格のある面接官が複数並んでいる様をあらかじめ想定しておけば、最終面接の場で緊張して自分が出せないまま面接が終わってしまう、という事態も防げるはずです。最終面接の合格は前日までの準備に掛かっていると考え、しっかり面接のシミュレーションを行ったうえで面接日を迎えましょう。

  • HOME
  • 絶対に落ちない!転職の最終面接【攻略ポイントと質問例】