履歴書との違いも解説 職務経歴書の職務経歴(職歴)記入ガイド

職務経歴書のメインコンテンツとも言える「職務経歴(職歴)」。テンプレート&解説を見ながら、あなたの職歴を実際に書いてみましょう。

職務経歴(職歴)欄は、こう書く!

職務経歴書の【職務経歴(職歴)】欄は、あなたがこれまでに担当してきた業務や実績を記入する欄です。

下記の例のように、勤務した会社ごとに情報を入力していきます。複数社経験している場合、基本的には古い会社から順に記載しましょう。

※記入するのは、基本的には正社員・契約社員・派遣社員・業務委託経験です。アルバイト・パート経験は書きません。

【職務経歴のサンプル】 職務経歴書の職歴部分は、会社情報・期間・職務内容・実績の4つの要素を記入します。 (1)会社情報を記入する (2)期間を区切る (3)職務内容を書く (4)実績を書く

【1】会社情報を記入する

【職務経歴のサンプル】次の項目にそれぞれ番号を指定: 会社名→(1) |事業内容→(2) |従業員数→(3) |資本金→(4)

まずは会社の基本情報として、下記の5種類の情報を入力しましょう。

1、企業名 (株)などの略称を使わず、正式名称を記入する。
2、事業内容 「〇〇の開発・製造」「〇〇の販売」など、勤務先の事業がイメージできる情報を記入する。
3、売上高

4、従業員数

5、資本金

会社の規模をイメージできるよう、直近の売上高・従業員数・資本金を記入する。

もし企業のホームページがあるようなら、「会社概要」のページからコピーすると楽に埋められます

また、複数社経験している場合、会社ごとに5種類の情報をその都度記入しましょう。

【2】期間を区切る

【職務経歴書のサンプル】 職務内容の変わり目で、期間を区切る

会社情報を記入し終えたら、期間を区切って職務内容を記載します。期間は職務内容の変わり目で区切り、「2020年4月~9月」といった形で記入しましょう。

職務内容が変わるタイミングとして代表的なものは、下記の3つです。

  • 部署異動したタイミング
  • 新たなプロジェクトに参加したタイミング
  • チームリーダー等に昇格したタイミング

期間は、古い方から順番に書くのが一般的です。直近の経験をアピールしたい場合には新しいものから書いてもOKなので、臨機応変に調整しましょう。

なお、部署異動などがなく現在もその仕事に就いている場合は「2019年11月~現在」と記入します。履歴書と異なり「在職中/退職予定」と記入する必要はありません。

【3】職務内容を書く

【職務内容のサンプル】 次の項目にそれぞれ番号を指定: 職務内容の見出し→(1) |主な業務→(2)

【2】で区切った期間でどんな仕事を担当していたかを、箇条書きで記入します。下記の流れに沿って、業務内容を整理しましょう。

1その期間内の業務を、一文で説明する

読む人が拾い読みしやすくなるように、「○○職として、××業務に従事」などと、職種と業務内容を一文で簡単にまとめます。

2【主な業務】と見出しをつけ、具体的な仕事内容を解説する

対応件数などの具体的な数字や携わった商品の種類などを出して、具体的な「業務内容」を書き、補足説明を行います。

<補足説明の内容>

  • 業務範囲(担当した工程)
  • 関わっていた人(どんな顧客が相手か/誰のアシスタントをしていたか等)
  • 販売していた商品(営業職・サービス職の場合)
  • 使用していた機器・技術・ソフトウェア(技術職の場合)……など

※複数の情報を伝えたい場合は、話題ごとに箇条書きにして伝えましょう。

【4】実績を書く

 【実績のサンプル】  ■資料作成の代行により、営業1人あたり4時間/日の作業時間捻出を実現。営業活動に専念できる時間を確保できたことで、営業部全体の売上20%アップに貢献しました。 ■営業が作成した資料をアシスタントが確認することによって、書類の不備を削減。請求書等の差し戻し件数の削減に貢献しました。

業務内容の説明のあとに【実績】と見出しをつけ、得られた成果を書きます

営業成績、社内順位、取引顧客の数など、数字で示せるものは必ず数字を入れましょう

実績として使いやすいものは、下記の通りです。

<実績・成果として使いやすいもの>

  • 受注件数・対応した案件の数
  • 営業成績・売上高
  • 目標達成率
  • 前年比の伸び率
  • 職場改善の効果(不良品の発生率、削減できた作業時間)
  • 携わった商品・成果物の名前、規模
  • 第三者からの評価
  • 取得したスキル(資格、ソフトウェア、言語の名前)・・・など

ここで記入する実績は、「あなた個人の成果」でも「チーム全体の成果」でも構いません

チームの成果を出す場合、その成果にあなたがどのように貢献できたか、説明を加えましょう。

職歴に空白期間がある場合は?

退職後、次の企業に転職するまで職歴に空白期間があった場合は、職歴が無い事情(病気・家庭の都合)や、その間に何をしていたのかを書きましょう

空白のまま提出すると、採用担当者に疑問を持たれる可能性があります。

空白期間の代表的な例と書き方は、下記の通りです。

転職活動をしていた場合

退職後に転職活動をしていた場合、ストレートにその事実を書きましょう。

【期間のサンプル】 2019年9月 ~2019年12月 |自己都合で退職後、転職活動。

病気療養していた場合

病気が原因で退職し、治療のために離職期間ができた場合も正直に伝えましょう。もし治療が完了しているようなら、現在は業務に支障がないことを必ず記入してください。

【期間のサンプル】  2019年9月 ~2019年12月 |病気療養のため、退職。その後完治し、現在は業務に支障ありません。

親の介護をしていた場合

親の介護で退職した場合も、理由を正直に伝えて構いません。復職できるようになった理由も添えてあると、入社後の業務に支障が出ないという安心感を持ってもらえます。

【期間のサンプル】  2019年9月 ~2019年12月 |親の介護のため退職。現在は介護施設を利用しており、業務に支障はありません。

資格取得の勉強などをしていた場合

離職期間中に資格取得などのアピールにつながる活動をしていた場合、それについても触れるようにしましょう。前向きな姿勢を伝えることができます。

結果的に資格が取得できなかった場合も、何をして過ごしていたか伝えるために、勉強していた事実を書いておくのがおすすめです。

【期間のサンプル】 2019年9月 ~2019年12月 |自己都合で退職後、離職期間中に○○資格を取得。

【期間のサンプル】 2019年9月 ~2019年12月 |自己都合で退職後、離職期間中は○○資格の取得に向けて講座を受講。

履歴書の「職歴」との違いは?

履歴書の職歴は「入社・退社」の事実を古いものから順にまとめたもの。あくまで、応募者のプロフィールを簡単に把握するためのものです。

一方、職務経歴書の職歴は、経験・実績を通じて「あなたが何をできるのか」を伝えるもの。履歴書とは別物という感覚で、あなたの実績などを具体的に伝えましょう。

職歴がまったくない場合、どうする?

職歴がない場合の書き方は、あなたの経歴により異なってきます。下記を参考に記入してください。

  • 正社員・契約社員・派遣社員・業務委託としての経験がない場合
  • 働いた経験がまったくない場合

正社員・契約社員・派遣社員・業務委託の経験がない場合

正社員・契約社員・派遣社員・業務委託としての経験がない場合、アルバイト・パート経験を職歴に記入しましょう。書き方自体は、前述の基本的な書き方と同様で問題ありません。

評価を得るコツは、応募先の仕事とアルバイト・パート経験との共通点を強調すること。

たとえば接客業に応募する際は、接客経験・実績を具体的に書くことで、入社後に活躍するイメージを持ってもらえます。

働いた経験がまったくない場合

就職した経験が無い場合(アルバイト・パートも含めて働いた経験が無い場合)でも、企業から求められれば職務経歴書を用意する必要があります。

この場合、職歴欄には【職歴なし】と記入してください。

その後、フォローのために自己PR欄に就職への意気込みを記入しておきましょう。

【期間のサンプル】 職歴なし

職歴が多い場合はどうする?省略してOK?

職歴が多くて文章が長くなってしまう場合でも、省略はNGです。すべての職歴を書きましょう。経歴に空白期間があることで、不信感を持たれかねません。

職歴が多い場合、どうしても文字数が多くなってしまうため、下記の2つのポイントにそって文章量にメリハリをつけて書くといいでしょう。

  • 募集する職種に関係する経歴のみ、詳しく書く
  • アピールしたい経歴のみ、説明を手厚くする

→それ以外の経歴では、職務内容・実績をシンプルに記入にして構いません。

【記入例】営業職に転職する場合(事務職のボリュームを抑えた例)

【記入例:事務職から営業職に転職する場合(事務職のボリュームを抑えた例)】 主な業務:応募先に関係ない業務はシンプルに |営業スタイル:応募先に関係のある業務は詳しく

  • HOME
  • 職務経歴書の職務経歴(職歴)記入ガイド|履歴書との違いは?