封筒の選び方も 職務経歴書のサイズはA4?B5?

公開

職務経歴書を書くとき、サイズ選びで悩む人も多いのではないでしょうか?

ここではB5やA4など、履歴書のサイズはどれを選べば良いのか、わかりやすく解説します。

職務経歴書のサイズはA4

企業からの指定がない場合、職務経歴書はA4サイズ(210 × 297ミリ)を用いるのが良いでしょう。

ビジネスで用いられる多くの書類はA4サイズでつくられているため、職務経歴書もA4の方が、企業は管理しやすいのです。

片面印刷にして、枚数は多くても2枚程度に収めるようにしましょう。多すぎると要点がつかみづらくなってしまいます。逆に少なすぎると、十分なアピールができません。

履歴書とサイズを揃える必要はない

職務経歴書と履歴書のサイズを揃える必要はありません

履歴書のサイズも管理しやすいA4がおすすめですが、市販の履歴書にはB5サイズ(257 × 182ミリ)もあります。B5の履歴書に合わせて職務経歴書もB5サイズにすると、経験やスキルを十分にアピールするにはスペースが足りなくなるため、職務経歴書はA4のままでOKです。

ただし、企業側からサイズの指定がある場合はそれに従いましょう。

※履歴書のサイズについて詳しくは→履歴書サイズ【就職・転職・バイト対応】

封筒のサイズは角2号もしくは角型A4

封筒のサイズは角2号(240 × 332ミリ)もしくは角形A4(228 × 312ミリ)を用いましょう。

これは、A4サイズの書類を折らずに入れることができるサイズです。職務経歴書・履歴書は正式な書類なので、長封筒に折って入れるのは好ましくありません

また、封筒は事務用の茶封筒ではなく白を選びましょう。

※封筒のマナーについて詳しくは→履歴書郵送の方法・封筒の書き方・マナー

封筒と応募書類送付での使用適正

書類を入れるときは折れたり汚れたりするのを防ぐために、透明のクリアファイルに入れるのがマナーです。

職務経歴書の書き方と種類

次に、職務経歴書の書き方を確認していきましょう。

手書きではなくパソコン作成が基本

職務経歴書はパソコンで作成するのが基本です。

履歴書と比べて情報量が多くなるため、手書きでは読みにくくなる恐れがあります。また、パソコンの基本操作ができるというアピールにもつながります。

罫線、箇条書きなどを用いてわかりやすく簡潔にまとめましょう。

逆編年体・編年体・キャリア式を使い分けよう

職務経歴書の書き方には、編年体・逆編年体・キャリア式の3通りあります。

どれを選んでもかまわないので、自分の経験してきた仕事を一番的確にアピールできる書き方を選びましょう。

それぞれの違いは以下の通りです。

編年体

過去から現在へと、時系列で経歴を並べて行く書き方。真面目にキャリアを積んできたことがアピールできる。経験年数が少ない人や初めて転職する人にオススメ。

▼例文を詳しく見たい人はこちら
サンプル(編年体)ダウンロード

▼すぐに書き始めたい人はこちら
テンプレート(編年体)ダウンロード

逆編年体

直近の経歴から1社目までを遡って行く書き方。現職での経験を目立たせることができる。即戦力を生かせる職場に転職する人にオススメ。

▼例文を詳しく見たい人はこちら
サンプル(逆編年体)ダウンロード

▼すぐに書き始めたい人はこちら
テンプレート(逆編年体)ダウンロード

キャリア式

経験職種やプロジェクトごとにまとめる書き方。転職回数が多い人やキャリアチェンジした人にオススメ。

▼例文を詳しく見たい人はこちら
サンプル(キャリア式)ダウンロード

▼すぐに書き始めたい人はこちら
テンプレート(キャリア式)ダウンロード

職務経歴書に入れるべき項目は?

職歴書に必ず入れるべき項目は以下の通りです。

職務内容や経歴のほか、志望動機や自己PRなど、面接に必要と思われる事項を盛り込みましょう。

  • 日付・氏名
  • ページ番号
  • 職務要約(経歴概略)
  • 職務経歴(在籍年月、勤務先名)
  • 勤務先情報
  • 職務内容
  • 所属部署、役職
  • 実績
  • 保有資格、スキル、語学力など
  • 志望動機
  • 自己PR

技術職の方はこのほかに仕事で使っているツール、論文や特許などを書くと良いでしょう。

※書き方について詳しくは→職務経歴書の基本の書き方と受かる秘訣

まとめ

職務履歴書のサイズは、企業が管理しやすいA4が無難です。作成する前に、封筒の大きさや種類も確認しておきましょう。

もちろん、一番重要なのは中身です。最も自分自身をアピールできる形式を選び、企業が求める職務経歴書ができるように工夫してみましょう。

  • HOME
  • 職務経歴書のサイズはどれが良い? A4? B5? 封筒は?